東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 内科学講座 呼吸器内科学分野(大森)
 Division of Respiratory Medicine, Department of Internal Medicine (Omori)

教授:
  岸 一馬
  本間 栄
准教授:
  磯部 和順
  坂本 晋
  高井 雄二郎
講師:
  杉野 圭史
■ 概要
1.特発性間質性肺炎に関する研究
1)特発性肺線維症に対するN-アセチルシステイン療法と酸化ストレスに関する研究
2)特発性間質性肺炎に合併する肺癌の発生機序に関する研究
3)特発性間質性肺炎の周術期管理に関する研究
4)マウスブレオマイシン肺臓炎モデルにおけるNアセルシステインおよびピルフェニドンの併用効果とレドックス制御
5)IPFにおけるピルフェニドン(PFD)およびPFD+N-アセチルシステイン(NAC)併用療法の効果とレドックス制御
6)気腫合併特発性肺線維症における肺癌発生メカニズムの病理学的検討
2.閉塞性細気管支炎に関する研究
1)閉塞性細気管支炎の病理学的再構築に関する研究
2)閉塞性細気管支炎の発症機序に関する研究
3.呼吸器感染症の病態と治療に関する研究
1)院内肺炎の疫学と原因菌に関する研究
2)慢性気道感染症に対するマクロライド療法に関する研究
3)肺炎球菌性肺炎における尿中抗原の診断的意義に関する研究
4.呼吸不全の病態と治療に関する研究
1)睡眠時呼吸異常に関する研究
2)COPDのリハビリテーションに関する研究
3)慢性呼吸不全患者に対するNIPPVに関する研究
4)インフルエンザ(H5N1)の死因となる急性肺障害の病態解析
5.難治性血管炎に関する研究
1)難治性血管炎に合併する肺病変の画像的特徴
■ Keywords
院内感染, 耐性菌, 迅速診断, 無呼吸, 呼吸筋訓練, 人工呼吸, 急性増悪, 閉塞性細気管支炎, びまん性肺疾患, 間質性肺炎, 難治性血管炎, 肺癌
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第42回東邦大学呼吸器セミナー    2019/06
2.  第43回東邦大学呼吸器セミナー    2019/10
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















岸 一馬   教授
       1       
 13
(5)
 
 
 
 
本間 栄   教授
    3          
 15
(5)
 
 1
(1)
 
 
磯部 和順   准教授
              
 7
(2)
 
 1
(1)
 
 
坂本 晋   准教授
    3          
 10
(1)
 
 
 
 
高井 雄二郎   准教授
    1          2
 4
(1)
 
 
 
 
杉野 圭史   講師
              
 
 
 
 
 
一色 琢磨   助教
   2 1          2
 6
(1)
 
 
 
 
伊藤 貴文   助教
              
 
 
 
 
 
卜部 尚久   助教
              1
 5
(1)
 
 
 
 
太田 宏樹   助教
              
 
 
 
 
 
鏑木 教平   助教
              
 4
 
 
 
 
草野 英美子   助教
              
 
 
 
 
 
黒澤 武介   助教
              1
 5
(1)
 
 
 
 
佐藤 敬太   助教
              
 
 
 
 
 
佐藤 大輔   助教
              
 2
 
 
 
 
佐野 剛   助教
              
 2
 
 
 
 
澤田 哲郎   助教
              
 1
 
 
 
 
関谷 宗之   助教
              
 2
 
 
 
 
仲村 泰彦   助教
              1
 7
(4)
 
 
 
 
三好 嗣臣   助教
              1
 5
(1)
 
 
 
 
 0 2  0 0  0  8
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Matsuyama H, Isshiki T, Chiba A, Yamaguchi T, Murayama G, Akasaka Y, Eishi Y, Sakamoto S, Homma S, Miyake S.:  Activation of mucosal-associated invariant T cells in the lungs of sarcoidosis patients.  Scientific Reports  9 (1) :13181 , 2019
総説及び解説
1. Isshiki T, Sakamoto S, Homma S.:  Therapeutic Role of Recombinant Human Soluble Thrombomodulin for Acute Exacerbation of Idiopathic Pulmonary Fibrosis.  Medicina  55 (5) :- -- , 2019
症例報告
1. Isshiki T, Matsuyama H, Sakamoto S, Honma N, Mikami T, Shibuya K, Eishi Y, Homma S.:  Development of Propionibacterium acnes-associated Sarcoidosis During Etanercept Therapy.  Internal Medicine  58 (10) :1473 -1477 , 2019
■ 著書
1. 岸一馬(監修):    特発性肺線維症(IPF)と向き合う患者さんとそのご家族へ  2-43.  日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社,  東京, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎竹山照明, 島田長人, 高地良介, 伊藤悠子, 皆川輝彦, 本田善子, 山本 咲, 鈴木銀河, 渡辺雅之, 酒井浩多, 一林 亮, 佐藤大輔, 田巻一義, 原 健介, 本多 満: 正中弓状靱帯症候群に伴う下膵十二指腸動脈瘤破裂に対して、経カテーテル的動脈塞栓術を行った2例.  第81回日本臨床外科学会総会,  高知市,  2019/11
2. ◎海老原 賢人, 岩波 裕治, 山崎 馨子, 佐藤 直文, 竹村 あやめ, 臼井 優介, 仲村 泰彦, 岸 一馬, 本間 栄, 海老原 覚: 特発性間質性肺炎患者に対する抗線維化薬併用下での呼吸リハビリテーションの効果.  第29回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  愛知,  2019/11
3. ◎海老原 賢人, 岩波 裕治, 山崎 馨子, 佐藤 直文, 竹村 あやめ, 臼井 優介, 仲村 泰彦, 岸 一馬, 本間 栄, 海老原 覚: 特発性肺線維症患者における筋横断面積と身体機能との関係.  第29回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  愛知,  2019/11
4. ◎一林亮、山本咲、鈴木銀河、中道嘉、渡辺雅之、酒井浩多、竹山照明、佐藤大輔、田巻一義、本多満: 都内大学病院の救命救急センターの働き方改革.  第47回日本救急医学会総会・学術集会,  東京,  2019/10
5. ◎西尾早百合, 越川一誠, 島田誓子, 清水あさみ, 黒澤亮子, 後藤麻佑, 小林紘, 松本高広, 坂本真紀, 中村陽一, 西澤健司: 当院のがん診療における緩和ケアチームの取り組みとその評価.  日本病院薬剤師会関東ブロック第49回学術大会,  甲府,  2019/08
6. ◎平野幸世、卜部尚久、古河まりえ、黒澤武介、小林 紘、仲村泰彦、三好嗣臣、鈴木亜衣香、一色琢磨、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、定本聡太、若山 恵、二本柳康博、栃木直文、岸 一馬: 診断に苦慮した縦隔・腹腔内リンパ節結核の1例.  第235 回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2019/07
7. ◎肥塚 智、東 陽子、佐野 厚、大塚 創、牧野 崇、坂井 貴志、坂本 晋、定本 聡太、若山 恵、岸 一馬、渋谷 和俊、伊豫田 明: 病勢進行を認めるCombined Pulmonary Fibrosis and Emphysema (CPFE)を合併した肺癌の1切除例.  第185回日本肺癌学会 関東支部学術集会,  東京都,  2019/07
8. ◎酒匂崇史、森口修平、高橋由以、小川和雅、村瀬享子、花田豪郎、宇留賀公紀、宮本篤、諸川納早、髙谷久史、岸一馬: アファチニブが奏功したHER2遺伝子変異陽性肺腺癌の1例.  第185回日本肺癌学会関東支部学術集会,  東京,  2019/07
9. ◎島貫結衣、鏑木教平、坂本晋、磯部和順、一色琢磨、卜部尚久、鈴木亜衣香、 仲村泰彦、小林紘、黒澤武介、三好嗣臣、伊橡田明、栃木直文、岸一馬: 小細胞癌、扇平上皮癌、腺癌の各成分を含んだ混合型小細胞癌切除例の1例.  第185回日本肺癌学会関東支部学術集会,  東京,  2019/07
10. ◎三好嗣臣、髙井雄二郎、臼井優介、松本洋祐、黒澤武介、仲村泰彦、卜部尚久、一色琢磨、澤田哲郎、鏑木教平、磯部和順、坂本晋、寺島光一、塚越秀行、本間栄: 気管支末梢部に自動で到達可能な自走式カテーテルの創製.  第42 回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  東京 日本,  2019/07
11. ◎仲村泰彦、古河まりえ、臼井優介、清水宏繁、関谷宗之、黒澤武介、三好嗣臣、卜部尚久、一色琢磨、磯部和順、坂本晋、髙井雄二郎、本間栄: 経気管支生検で診断しえたメソトレキセート関連リンパ増殖性疾患の2 例.  第42 回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  東京 日本,  2019/07
12. ◎臼井優介、三好嗣臣、仲村泰彦、卜部尚久、松本洋祐、関谷宗之、黒澤武介、一色琢磨、澤田哲郎、鏑木教平、磯部和順、坂本晋、髙井雄二郎、本間栄: 気管支鏡術者による患者苦痛度予測の妥当性の検討:ペチジンに対するミダゾラム併用の有用性.  第42 回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  東京、日本,  2019/07
13. ◎高井雄二郎、島田豊、渡邊正志、松本洋祐、小林紘、鏑木教平、佐野剛、磯部和順、坂本晋、本間栄: 胸部 X 線骨組織透過・検出ソフトによる肺癌結節影の一次読影の有用性について.  第59回 日本呼吸器学会学術講演会,  東京、日本,  2019/04
14. ◎黒津武介、三好嗣臣史、山崎創、仁科隆志、中野 裕康、本 間 栄: 急性肺障害モデルを用いた肺胞上皮細胞の増殖因子同定.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京 日本,  2019/04
15. ◎松山尚世、一色琢磨、千葉麻子、山口哲生、村山豪、赤坂喜、三宅幸子、本間栄: MAIT 細胞がサルコイドーシス病態形成に果たす役割の検討.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京 日本,  2019/04
16. ◎卜部尚久、坂本晋、佐野剛、伊藤愛、関口亮、本間栄: Non-HIV Pneumocystis jirovecii pneumonia 患者の治療 導入後の血清マーカー推移の検討.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京、日本,  2019/04
17. ◎一色 琢磨、坂本 晋、本間 栄: 特発性肺線維症の急性増悪におけるト口ンポモジュリンの有用性.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京 日本,  2019/04
18. ◎一色琢磨、坂本晋、清水宏繁、澤田哲郎、本間栄: 抗線維化薬使用下における特発性肺線維症の急性増悪発症頻度の比較検討.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京 日本,  2019/04
19. ◎字留賀公紀、大森美和子、峯岸裕司、本間栄、杉山幸比古、高橋和久、杉山温人、弦間昭彦、岸一馬: 特発性間質性肺炎合併非扁平上皮非小細胞肺癌に対するカルポプラチン+分割パクリタキセル+ベパシズマブ療法の認容性試験.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京 日本,  2019/04
20. ◎小川和雅、森口修平、高橋由以、村瀬享子、花田豪郎、字留賀公紀、高谷久史、宮本篤、諸川納早、黒崎敦子、岸一馬: 間質性肺炎合併小細胞肺癌に対するノギテカン療法の検討.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京 日本,  2019/04
21. ◎森口修平、高橋由以、小川和雅、村瀬享子、花田豪郎、字留賀公紀、宮本 篤、高谷久史、諸川納早、 岸一馬: 当院におけるNivolumab投与後2年以上経過した長期投与例の検討.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京、日本,  2019/04
22. ◎森口修平,高橋由以,小川和雅,村瀬享子,花田豪郎,字留賀公紀,宮本篤,高谷久史,諸川納早,岸一馬: 当院におけるNivolumab投与後2年以上経過した長期投与例の検討.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京 日本,  2019/04
23. ◎村瀬享子、森口修平、高橋由以、小川和雅、花田豪郎、字留賀公紀、宮本篤、高谷久史、諸川納早、藤井丈士、黒崎敦子、岸一馬: 抗ARS抗体陽性間質性肺炎の臨床的特徴の検討.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京、日本,  2019/04
24. ◎藤津朋幸、福岡順也、上甲剛、近藤康博、小倉高志、井上義一、長谷川好規、稲瀬直彦、本間栄、須田隆文: 特発性間質性肺炎におけるクラウド型臨床・画像・病理統合データベースを用いた遠隔MDDの有用性.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京 日本,  2019/04
25. ◎門田宰、藤田雄、荒屋潤、皆川俊介、原弘道、宮本篤、河野匡、岸一馬、桑野和善、落谷孝広: IPF病態形成における線維芽細胞由来エクソソームの関与.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京 日本,  2019/04
国際学会
1. ◎Hisanaga K, Uchino H, Yoshikawa F, Nagashima T, Shigiyama F, Miyagi M, Kato D, Kumashiro N, Yoshino H, Ando Y, Ikehara K, Isobe K, Homma S, Hirose T: Pretreatment diabetes has lower mortality rate, independent of immune-related adverse events, in cancer patients with immune-check point inhibitor.  79th American Diabetes Association Scientific Sessions (ADA),  San Francisco, USA,  2019/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者