<<< 前 2020年度 | 2021年度 | 2022年度
 医学部 医学科 内科学講座 呼吸器内科学分野(大森)
 Division of Respiratory Medicine, Department of Internal Medicine (Omori)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















岸 一馬   教授
  1  8          1
(1)
 23
(20)
 1
(1)
 1
(1)
 
 
磯部 和順   准教授
    1          
 15
(14)
 
 1
(1)
 
 
坂本 晋   准教授
 1   7          1
(1)
 20
(17)
 
 
 
 
高井 雄二郎   准教授
  1            2
(1)
 14
(13)
 
 
 
 
一色 琢磨   講師
   1           
 6
(6)
 
 
 
 
卜部 尚久   講師
   1 1          2
(1)
 13
(13)
 
 
 
 
臼井 優介   助教
   1 1          1
(1)
 6
(6)
 
 
 
 
清水 宏繁   助教
    1          
 14
(12)
 
 
 
 
関谷 宗之   助教
              
 8
(8)
 
 
 
 
仲村 泰彦   助教
 1   3          1
(1)
 11
(10)
 
 
 
 
三好 嗣臣   助教
  1  2          1
(1)
 10
(9)
 
 
 
 
 2 3  0 0  0  9
(7)
 1
(1)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














岸 一馬   教授
         1
(1)
 1
(1)
 
磯部 和順   准教授
         
 
 
坂本 晋   准教授
 1        1
(1)
 
 
高井 雄二郎   准教授
         2
(1)
 
 
一色 琢磨   講師
  1       
 
 
卜部 尚久   講師
  1       2
(1)
 
 
臼井 優介   助教
  1       1
(1)
 
 
清水 宏繁   助教
         
 
 
関谷 宗之   助教
         
 
 
仲村 泰彦   助教
 1        1
(1)
 
 
三好 嗣臣   助教
         1
(1)
 
 
 2 3  0 0  0  9
(7)
 1
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 小泉光,塚越秀行,三好嗣臣, 高井雄二郎:  気管支末梢への到達を目指したTwin-wire式カテーテル-第1報:気管支の分岐を選択する方策-.  Proceeding of the JSME Conference on Robotics and Mechatronics  :1A1-R03(1) -1A1-R03(3) , 2022
2. ◎Urabe N、Sakamoto S、Shimanuki Y、Kanokogi T、Motohashi T、Anzai N、Kato C、Yamaguchi A
Tokita N、Homma S、Kishi K、:  Impact of chronic co-infection in pulmonary Mycobacterium avium complex disease after treatment initiation.  BMC Pulmonary Medicine  22 ((1)) :157 , 2022
3. Sato N, Iwanami Y, Ebihara K, Nakao K, Miyagi M, Nakamura Y, Kishi K, Homma S, Ebihara S:  Determinants of Six-Minute Walk Distance in Idiopathic Pulmonary Fibrosis and Idiopathic Pleuroparenchymal Fibroelastosis.  Biomedicines  10 (10) : , 2022
4. ◎Usui Y、Sasada S、Kirita K、 Nagayama S、Murata S、Tsuchiya Y、Ishioka K、Takahashi S、
Nakamura M、Kishi K:  A Prospective Observational Study on the Tolerability of Transnasal Bronchoscopy With a Surgical Mask for Aerosol Control.  Cureus  14 (8) :e28197 , 2022
5. Isshiki T, Shimizu H, Sakamoto S, Yamasaki A, Miyoshi S, Nakamura Y, Homma S, Kishi K:  Serum autotaxin levels in chronic disease and acute exacerbation of fibrosing interstitial lung disease.  ERJ open research  8 (2) :00683-2021 , 2022
6. Yoko Azuma, Susumu Sakamoto, Sakae Homma, Atsushi Sano, Takashi Sakai, Satoshi Koezuka, Hajime Otsuka, Naobumi Tochigi, Kazuma Kishi, Akira Iyoda:  Impact of accurate diagnosis of interstitial lung diseases on postoperative outcomes in lung cancer.  General Thoracic and Cardiovascular Surgery (2022)  : , 2022
7. Yasushi Goto, Atsuhisa Tamura, Hirotaka Matsumoto,Kazutoshi Isobe, Tomohiro Ozaki, Melissa L.Santorelli,
Kazuko Taniguchi, Tetsu Kamitani, Masato Irisawa, Kingo Kanda,
Machiko Abe, Thomas Burke, Hiroshi Nokihara,:  First-Line Pembrolizumab Monotherapy for Advanced NSCLC With Programmed Death-Ligand 1 Expression Greater Than or Equal to 50%: Real-World Study Including Older Patients in Japan.  JTO Clinical and Research Reports  3 (9) :100397 , 2022
8. Hajime Otsuka, Atsushi Sano, Yoko Azuma, Takashi Sakai, Satoshi Koezuka, Keishi Sugino, Susumu Sakamoto, Naobumi Tochigi, Sakae Homma, Akira Iyoda:  Surgical lung biopsy for interstitial lung diseases-a single center study of 129 patients.  Journal of Thoracic Disease  14 (6) :1972 -1979 , 2022
9. Iwanami Y, Ebihara K, Nakano K, Sato N, Miyagi M, Nakamura Y, Sakamoto S, Kishi K, Homma S, Ebihara S,:  Benefits of Pulmonary Rehabilitation in Patients with Idiopathic Pulmonary Fibrosis Receiving Antifibrotic Drug Treatment.  Journal of clinical medicine  11 (18) : , 2022
10. Okuda R, Ogura T, Hisata S, Baba T,Kondoh T, Suda T,Johkoh T,Iwasawa T, Tomioka T,Bando M, Azuma A,
Inoue Y, Arai T,Nakamura Y,Miyamoto A,Miyazaki Y,Chiba H,Ishii H, Hamada N,Terasaki Y, Kuwahira I,Sato S,
Kato S,Suzuki T,Sakamoto S, Nishioka Y, Hattori N,
Hashimoto N, Morita S, Ichihara N, Miyata H, Hagiwara H, Nukiwa T, Kobayashi K:  Design and rationale of the Japanese Idiopathic Interstitial Pneumonias (JIPS) Registry.  Respiratory Investigation  November 2022 (Available online15) : , 2022
総説及び解説
1. 仲村 泰彦、岸 一馬:  知っておくべきリンパ節腫大の原因疾患と悪性リンパ腫の最新治療サルコイドーシスの診療.  Medical Practice  39 (4) :575 -579 , 2022
2. 坂本晋:  コロナ禍で増加している意外と身近な間質性肺疾患 -過敏性肺炎として認知されにくい加湿器肺について-.  日本肺サーファクタント界面医学会雑誌  53 :7 -12 , 2022
症例報告
1. ◎Yui Shimanuki, Shion Miyoshi , Nanami Anzai , Yusuke Usui , Nobuyuki Shiraga , Kazuma Kishi:  Utility of contrast-enhanced magnetic resonance lymphangiography for yellow nail syndrome with lymphangiopathy: a case report.  Oxford Medical Case Reports  7 (omac077) : , 2022
2. ◎Tokita N、Urabe N、 Sakamoto S、Yamaguchi A、 Sekiguchi R、Kishi K、:  Co-infection with Nocardia spp. in a patient with Mycobacterium avium complex pulmonary disease: A case report.  Respirology Case Reports  10 (10) :e01036 , 2022
■ 学会発表
国内学会
1. ◎時田 望、清水 宏繁、鹿子木 拓海、臼井 優介、関谷 宗之、三好 嗣臣、仲村 泰彦、卜部 尚久
磯部 和順 、 坂本晋、高井 雄二郎、岸 一馬、: フィルチグラム(G-CSF)により大動脈炎をきたした原発性肺腺癌の1例.  第252回日本呼吸器学会地方会,  秋葉原コンベンションホール,  2022/11
2. 関谷宗之、坂本 晋、関口 亮、砂川泉子、臼井優介、清水宏繁、松本敬子(放射線科・退職),本間 栄、岸 一馬、: 漢方薬による薬剤性間質性肺炎の臨床放射線学的検討.  日本アレルギー学会,  東京(国際フォーラム),  2022/10
3. 一色琢磨、江石義信(東京医科歯科大学医学部人体病理学分野)、矢部マツ子、小山壱也(徳島大学大学院医師薬学研究部呼吸器・膠原病内科学分野)、西岡安彦(徳島大学大学院医師薬学研究部呼吸器・膠原病内科学分野)、山口哲生(新宿つるかめクリニック)、内田圭介(東京医科歯科大学医学部人体病理学分野)、
山本くらら(東京医科歯科大学医学部人体病理学分野)、大橋建一(東京医科歯科大学医学部人体病理学分野)、荒川 敦(順天堂大学医学部人体病理病態学講座)、渋谷和俊、(病院病理学講座(大森)・教授)、坂本晋、岸一馬、: サルコイドーシス診断におけるPAB抗体免疫染色の有用性と肉芽腫アクネ菌検出率の手法間差に関する検討.  第42回日本サルコイドーシス・肉芽腫性疾患学会総会,  長野県:軽井沢プリンスホテルウエスト,  2022/10
4. 関口 亮、関谷宗之,、坂本 晋,、砂川泉子、臼井優介、卜部尚久
佐々木雅一、(東邦大学医療センター大森病院臨床検査部), 岸 一馬、: 慢性下気道感染を合併したアレルギー性気管支肺真菌症の臨床放射線学的検討.  第71回日本アレルギー学会学術集会,  東京国際フォーラム,  2022/10
5. ◎岸一馬: 間質性合併肺癌の薬物療法.  第58回日本肺サーファクタント・界面医学会,  東京,  2022/09
6. ◎鹿子木拓海、清水 宏繁、 臼井 優介、 関谷 宗之、 三好 嗣臣、 仲村 泰彦、卜部 尚久、 磯部 和順
坂本 晋、 高井 雄二郎、東 陽子、二本柳 康博、栃木直文、澁谷 和俊、本間 栄、宍戸 清一郎
伊豫田 明、岸 一馬、: ループス腎炎・腎移植後の経過中に出現した肺胞蛋白症の一例.  第251回日本呼吸器学会 関東地方会,  東京都,  2022/09
7. ◎肥塚 智, 坂井 貴志, 東 陽子, 草野 萌, 清水 宏繁, 坂本 晋, 栃木 直文, 岸 一馬, 澁谷 和俊, 伊豫田 明: 夏型過敏性肺炎に合併した気胸に対し胸腔鏡下肺嚢胞切除術を施行した 1 例.  第26回日本気胸・嚢胞性肺疾患学会総会,  東京都,  2022/09
8. ◎渡邉 学, 浅井浩司, 森山穂高, 鯨岡 学, 渡邉隆太郎, 萩原令彦, 榎本俊行, 長田拓哉, 二渡信江, 斉田芳久: 腹腔鏡下胆嚢摘出術施行困難症例に対するbailout proceduresの有用性.  第77回日本消化器外科学会大会,  横浜(Web開催),  2022/07
9. ◎吉澤剛、吉澤孝浩、山﨑彰、臼井優介、磯部和順、若山恵、二本柳康博、栃木直文、本間栄、岸一馬: Osimertinib耐性時にBRAF V600Eを検出したEGFR遺伝子変異陽性肺腺癌.  第193回日本肺癌学会関東支部学術集会,  東京都 新宿区,  2022/07
10. ◎関口亮、 仲村泰彦、臼井優介、三好嗣臣、卜部尚久、坂本 晋
若山 恵(病院病理学講座 客員教授),本間尚子(病理学講座 准教授),
赤坂喜清(大学院医学研究科先端医科学研究センター 教授),
本間栄、岸一馬: クライオバイオプシーで診断したクリプトコッカスによる器質化肺炎の一例.  第250回日本呼吸器学会 関東地方会,  秋葉原コンベンションホール,  2022/07
11. ◎高井雄二郎, 加藤大樹, 降旗理恵, 森田典子, 古澤圭壱, 川下政幸, 藤田 茂, 前村俊満: 研究用検査項目の電子カルテ登録について.  第24回日本医療マネジメント学術総会,  神戸, 日本,  2022/07
12. ◎卜部尚久、坂本晋、清水宏繁、磯部和順、高井雄二郎、岸一馬、: 肺 Mycobacterrium avium complex 症の診断のための喀痰検査回数の検討.  第97回日本結核・非結核性抗酸菌症学会学術講演会 講演集/旭川,  北海道 旭川市 星野リゾートOMO7旭川,  2022/07
13. ◎高井雄二郎: 睡眠時無呼吸症候群(SAS)における地域連携と診療所のコミュニケーション.  日本睡眠学会第47回定期学術集会,  京都, 日本,  2022/07
14. ◎吉田博道、仲村泰彦、関口亮、山﨑彰、臼井優介、関谷宗之、清水宏繁、三好嗣臣、卜部尚久、一色琢磨、磯部和順、高井雄二郎、坂本晋、定本聡太、若山恵、澁谷和俊、本間栄、岸一馬、: 経気管支凍結肺生検で診断した間接リウマチ関連器質化肺炎に嚢胞形成を伴った1例.  第181回日本呼吸器内視鏡学会 関東支部会,  東京都 西新宿,  2022/06
15. ◎三好嗣臣、臼井優介、清水宏繁、関谷宗之、仲村泰彦、卜部尚久、磯部和順、坂本晋、高井雄二郎、渋谷和俊、本間栄、岸一馬: クライオ生検の有効性、妥当性と限界の検証.  第45回日本呼吸器内視鏡学会学術集会「Oralセッション22クライオバイオプシー1」,  岐阜市 長良福光2695-2,  2022/05
16. ◎鹿子木拓海、卜部尚久、坂本晋、磯部和順、高井雄二郎、本間栄、岸一馬: 肺結核に対する感染対策未実施症例の危険因子の検討.  第62回日本呼吸器学会学術講演会,  京都府,  2022/04
17. ◎小山壱也、本間栄、清水宏繁、仲村泰彦、一色琢磨、坂本晋、岸一馬: 間質性肺炎におけるバイタルサイン変動と入院リスクの検討.  第62回日本呼吸器学会学術講演会,  京都府,  2022/04
18. ◎仲村泰彦、吉澤孝浩、清水宏繁、三好嗣臣、卜部尚久、一色琢磨、磯部和順、坂本晋、高井雄二郎、本間栄、岸一馬: 間質性肺炎合併肺癌における免疫チェックポイント阻害剤の安全性と有効性に関する後方視的研究.  第62回日本呼吸器学会学術講演会,  京都府,  2022/04
19. ◎卜部尚久、坂本晋、清水宏繁、磯部和順、高井雄二郎、本間栄、岸一馬: 肺Mycobacterium avium complex症診断のための喀痰検査回数の検討.  第62回日本呼吸器学会学術講演会,  京都府,  2022/04
20. ◎鹿子木拓海、卜部尚久、坂本 晋、磯部和順、髙井雄二郎、本間 栄、岸 一馬、: 肺結核に対する感染対策未実施症例の危険因子の検討.  日本呼吸器学会,  京都,  2022/04
21. ◎加藤千明、清水宏繁、坂本晋、関谷宗之、三好嗣臣、仲村泰彦、卜部尚久、一色琢磨、磯部和順、高井雄二郎、本間栄、岸一馬: 特発性間質性肺炎急性増悪再燃例の検討.  第62回日本呼吸器学会学術講演会,  京都府,  2022/04
22. ◎清水宏繁、坂本晋、一色琢磨、仲村泰彦、卜部尚久、三好嗣臣、関谷宗之、磯部和順、高井雄二郎、本間栄、岸一馬、: 特発性間質性肺炎急性増悪初発例と再燃例の臨床的特徴.  第62回日本呼吸器学会学術講演会,  京都府,  2022/04
23. 本橋 巧、成本 治、佐藤 亮太 、田下 浩之 、鈴川 真穂、 守尾 嘉晃、田村 厚久 、永井 英明、松井 弘稔: 過敏性肺炎における沈降抗体反応の検討.  第62回 日本呼吸器学会学術講演会,  国立京都国際会館,  2022/04
24. ◎磯部和順、吉澤孝浩、卜部尚久、坂本晋、高井雄二郎、岸一馬: 非小細胞肺癌におけるSP142抗体によるPD-L1検査の有用性の検討.  第62回日本呼吸器学会学術講演会,  京都府,  2022/04
25. ◎臼井優介、三好嗣臣、関谷宗之、清水宏繁、仲村泰彦、卜部尚久、磯部和順、坂本晋、高井雄二郎、本間栄、岸一馬: 経気管支鏡下クライオバイオプシーを施行したびまん性肺疾患の臨床放射線病理学.  第62回日本呼吸器学会学術講演会,  京都府,  2022/04
26. ◎坂本晋、臼井優介、鈴木亜衣香、清水宏繁、関谷宗之、三好嗣臣、仲村泰彦、卜部尚久、一色琢磨、磯部和順、高井雄二郎、本間栄、岸一馬: ANCA陽性間質性肺疾患はprogressive fibrosing interstitial lung diseaseとなり得るか?.  第62回日本呼吸器学会学術講演会,  京都府,  2022/04
国際学会
1. ◎岸一馬: Chest Imaging in Diagnosing Interstitial Lung Disease.  The 2 nd Indonesian Chronic Lung Disease International Meeting,  Jakarta, Indonesia,  2022/09
2. ◎岸一馬: HRCT in interstitial Lung Disease.  The 2 nd Indonesian Chronic Lung Disease International Meeting,  Jakarta, Indonesia,  2022/09
3. Kazutoshi Isobe: A phase Ⅱ study of durvalumab (MEDI4736) immwdiately after completion of chemoradiotherapy in unresectable stage Ⅲ non-small cell lung cancer:TORG1937(DATE study).  2022 ASCO Annual Meeting,  アメリカ シカゴ,  2022/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者