東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 総合診療・救急医学講座(大森)
 Faculty of Medicine, Department of General Medicine and Emergency Care (Omori)

教授:
  瓜田 純久
  本多 満
臨床教授:
  島田 長人
講師:
  財 裕明
  横室 浩樹
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















瓜田 純久   教授
    3          
 
 
 
 
 
本多 満   教授
    1  1 1       
 7
(5)
 
 
 
 
島田 長人   臨床教授
    1          
 
 
 
 
 
財 裕明   講師
              
 
 
 
 
 
横室 浩樹   講師
              
 
 
 
 
 
石井 孝政   助教
   2           
 
 
 
 
 
一林 亮   助教
    1  1 1       4
(4)
 3
(1)
 
 
 
 
貴島 祥   助教
    2          
 
 
 
 
 
城戸 秀倫   助教
              
 
 
 
 
 
木下 綾   助教
              
 
 
 
 
 
熊手 絵璃   助教
              
 
 
 
 
 
佐々木 陽典   助教
   1 2          
 
 
 
 
 
鈴木 銀河   助教
   1           1
 6
(5)
 
 
 
 
竹本 育聖   助教
    1          
 
 
 
 
 
原 規子   助教
              
 
 
 
 
 
本田 善子   助教
    1          
 
 
 
 
 
前田 正   助教
    3          
 
 
 
 
 
三浦 健   助教
              
 
 
 
 
 
宮崎 泰斗   助教
    1          
 
 
 
 
 
渡辺 雅之   助教
    1          
 7
(5)
 
 
 
 
 0 4  2 0  0  5
(4)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Ginga Suzuki, Ryo Ichibayashi, Saki Yamamoto, Yoshimi Nakamichi, Masayuki Watanabe and Mitsuru Honda:  Clinical significance of urinary L-FABP in the emergency department.  International Journal of Emergency Medicine  12 :24 , 2019
2. Ishi T、Sasaki Y, Maeda T, komatsu F, Suzuki T, Urita Y,:  Antithrombotic Agents are not Associated with Outcomes of Diverticular Bleeding but Prolonged the Length of Hospital Stay.  Toho Journal of Medicine  5 (2) :54 -61 , 2019
3. Ishii T、Sasaki Y, Komatsu F, Kijima S, Maeda T, Urita Y:  Evaluation of Changes in the Neutrophil-Lymphocyte Ratio ajter Helicobacter Pylori Eradication.  Toho Journal of Medicine  5 (2) :62 -68 , 2019
症例報告
1. Sasaki Y, Komatsu F, Kashima N, Sato T, Takemoto I, Kijima S, Maeda T, Ishii T,Miyazaki T, Honnda Y, Shimada N, Urita Y,:  Clinical differentiation lf acute appendicitis and right colonic diverticulitis:A case-control study.  World Journal of Clinical Cases  7 (12) :1393 -1402 , 2019
■ 著書
1. 本多満,一林亮:  傍腫瘍性神経症候群.  意識障害の初期診療標準化ACECガイドブック2019  156-158.  へるす出版,  東京,日本, 2019
2. 一林亮,本多満:  意識障害の病態生理と臨床像.  意識障害の初期診療標準化ACECガイドブック2019  38-46.  へるす出版,  東京,日本, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎一林亮,鈴木銀河,渡辺雅之,川下正幸,森田典子,寺田享志,古澤圭壱,降旗理恵,古橋龍彦,渡邊正志,本多満: 当院での中心静脈穿刺合併症に 対する医療安全管理部の取り組み.  日本集中治療医学会第3回関東甲信越支部学術集会,  甲府,  2019/07
2. ◎山本咲,鈴木銀河,渡辺雅之,一林亮,本多満: 縦隔気腫を伴った 十二指腸潰瘍穿孔の1例.  日本集中治療医学会第3回関東甲信越地方会支部学術集会,  甲府,  2019/07
3. ◎一林亮,山本咲,鈴木銀河,中道嘉,渡辺雅之,青山剛一,本多満: 当院に搬送されたカフェイン中毒患者の報告.  第41回日本中毒学会総会・学術集会,  埼玉,  2019/07
4. ◎一林亮、中村聡子、鈴木銀河、渡辺雅之、渕本雅昭、本多満: ICUより気管挿管のまま自宅退院し家族の希望する終末期医療を迎えることができた 1症例.  第22回日本臨床救急医学会総会・学術集会,  和歌山,  2019/06
5. ◎一林亮、鈴木銀河、渡辺雅之、本多満: 超高齢社会における呼吸管理.  第22回日本臨床救急医学会総会・学術集会,  和歌山,  2019/06
6. ◎小柴光央, 渡辺雅之, 鈴木銀河, 一林亮, 本多満: 頸部壊死性筋膜炎に対して局所陰圧閉鎖療法で治療した1例.  第22回日本臨床救急医学会総会・学術集会,  和歌山,  2019/06
7. ◎鈴木銀河, 渡辺雅之, 一林亮, 本多満: 急性胆嚢炎を合併した心筋梗塞の一例.  第22回臨床救急医学会総会・学術集会,  和歌山県和歌山市,  2019/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者