<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 総合診療・救急医学講座(大森)
 Faculty of Medicine, Department of General Medicine and Emergency Care (Omori)

教授:
  瓜田 純久
  本多 満
臨床教授:
  島田 長人
講師:
  財 裕明
  横室 浩樹
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















瓜田 純久   教授
    5          
 17
 
 1
 
 
本多 満   教授
  3  1  1 1       1
(1)
 18
(10)
 
 
 
 
島田 長人   臨床教授
    1          1
 14
 
 1
 1
(1)
 
財 裕明   講師
              
 
 
 
 
 
横室 浩樹   講師
              
 
 
 
 
 
石井 孝政   助教
   2 1          
 1
 
 
 
 
一林 亮   助教
 1 2  1  1 1       6
(5)
 13
(6)
 
 
 
 
貴島 祥   助教
    2          
 12
 
 
 
 
城戸 秀倫   助教
              1
 
 
 
 
 
木下 綾   助教
              
 9
 
 
 
 
熊手 絵璃   助教
              
 9
 
 
 
 
髙地 良介   助教
   1           1
 1
 
 1
 
 
佐々木 陽典   助教
   1 4   3       5
(3)
 14
(1)
 
 
 
 
鈴木 銀河   助教
 2 1 1           3
 16
(11)
 
 
 
 
竹本 育聖   助教
    1          
 12
 
 
 
 
原 規子   助教
  1            
 
 
 
 
 
本田 善子   助教
    1          2
 13
 1
 
 
 
前田 正   助教
  1  3          2
 12
 
 
 2
 1
宮崎 泰斗   助教
    1          
 10
 
 
 
 
渡辺 雅之   助教
  3  1          1
 17
(10)
 
 
 
 
 3 5  2 0  0  23
(9)
 1
(0)
 3
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kochi R, Suzuki T, Yajima S, Oshima Y, Ito M, Funahashi K, Shimada H:  Does preoperative low HbA1c predict esophageal cancer outcomes?.  Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia  :Online , 2019
2. Ginga Suzuki, Ryo Ichibayashi, Saki Yamamoto, Yoshimi Nakamichi, Masayuki Watanabe and Mitsuru Honda:  Clinical significance of urinary L-FABP in the emergency department.  International Journal of Emergency Medicine  12 :24 , 2019
3. Komatsu F, Sasaki Y, Urita Y,:  Ovarian vein thrombosis: a potentially fatal differential of pyelonephritis.  Journal of hospital general medicine  2 (1) :28 -33 , 2020
4. Nagai Y, Yamabe F, Sasaki Y, Ishii T, Nakanishi K, Nakajima K, Shibuya K, Mikami T, Akasaka Y, Urita Y, Yamanaka N.:  A Study of Morphological Changes in Renal Afferent Arterioles induced by Angiotensin II Type 1 Receptor Blockers in Hypertensive Patients.  Kidney & blood pressure research  16 :1 -15 , 2020
5. Ishi T、Sasaki Y, Maeda T, komatsu F, Suzuki T, Urita Y,:  Antithrombotic Agents are not Associated with Outcomes of Diverticular Bleeding but Prolonged the Length of Hospital Stay.  Toho Journal of Medicine  5 (2) :54 -61 , 2019
6. Ishii T、Sasaki Y, Komatsu F, Kijima S, Maeda T, Urita Y:  Evaluation of Changes in the Neutrophil-Lymphocyte Ratio ajter Helicobacter Pylori Eradication.  Toho Journal of Medicine  5 (2) :62 -68 , 2019
総説及び解説
1. 一林亮,本多満,鈴木銀河,渡辺雅之,野口晃司,豊田幸樹年,田巻一義,籾山浩一,原規子,吉原克則:  東京国際空港利用客の増加に伴う空港医療体制の現状と課題.  日本臨床救急医学会雑誌  22 (4) :593 -601 , 2019
2. 前田正,:  感染性心内膜炎.  臨床検査 緊急重要疾患レッドページ  :434 -435 , 2019
症例報告
1. 鈴木銀河, 一林亮, 山本咲, 渡辺雅之, 酒井浩多, 本多満:  VV-ECMOにアドレナリン気道内散布を併用した喘息重積発作の1例.  気管支学  41 (6) :619 -623 , 2019
2. 鈴木銀河, 一林亮, 渡辺雅之, 酒井浩多, 山本咲, 本多満:  VA-ECMO導入後の出血傾向にフィブリノゲン製剤を投与した肺血栓塞栓症の1例.  日本輸血細胞治療学会誌  65 (5) :823 -827 , 2019
3. Sasaki Y, Komatsu F, Kashima N, Sato T, Takemoto I, Kijima S, Maeda T, Ishii T,Miyazaki T, Honnda Y, Shimada N, Urita Y,:  Clinical differentiation of acute appendicitis and right colonic diverticulitis:A case-control study.  World Journal of Clinical Cases  7 (12) :1393 -1402 , 2019
■ 著書
1. 本多満,一林亮:  傍腫瘍性神経症候群.  意識障害の初期診療標準化ACECガイドブック2019  156-158.  へるす出版,  東京,日本, 2019
2. 一林亮,本多満:  意識障害の病態生理と臨床像.  意識障害の初期診療標準化ACECガイドブック2019  38-46.  へるす出版,  東京,日本, 2019
3. 佐々木陽典,:    新・総合診療医学−病院総合診療医学編 第3版  158-163.  カイ書林,  さいたま市, 2019
4. 佐々木陽典,:    誤診はなくせるのか? (綿貫 聡, 徳田 安春 監訳)  49-63.  医学書院,  東京, 2019
5. 佐々木陽典,:    身体所見のメカニズム A to Zハンドブック 原著2版 (内藤 俊夫 監訳)  162-231.  丸善出版株式会社,  東京, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎渡辺 雅之,山本 咲,中道 嘉,鈴木 銀河,酒井浩多,一林亮,本多 満: ECMO中の抗凝固療法における2種類の測定器を使用したACTの比較検討.  集中治療学会,  愛知,  2020/03
2. ◎一林亮,山本咲,鈴木銀河,中道嘉,渡辺雅之,酒井浩多,佐藤大輔,本多満: 自動瞳孔記録計(NPi200)を用いて院外心停止後患者を評価する.  第47回日本集中治療医学会学術集会,  名古屋,  2020/03
3. ◎酒井浩多,一林亮,山本 咲,中道 嘉,鈴木 銀河,渡辺 雅之,本多 満: VAV-ECMOを用いて救命し得た糖尿病性ケトアシドーシス,ARDS合併劇症1型糖尿病の一例.  第47回日本集中治療医学会学術集会,  名古屋,  2020/03
4. 鈴木銀河, 山本咲, 中道嘉, 渡辺雅之, 酒井浩多, 一林亮, 佐藤大輔, 本多満: 尿中L-FABPとCRPを用いた敗血症に対するRRTの導入基準を考える.  第47回日本集中治療医学会学術集会,  名古屋,  2020/03
5. ◎古田雅, 鈴木銀河, 一林亮, 本多満, 鷲澤尚宏: 集中治療における侵襲下の重症患者に対する蛋白質投与量に関する検討.  第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会,  京都,  2020/02
6. ◎前田正, 財裕明, 加藤禎史, 柏木克仁, 小松史哉,佐藤高広, 熊手絵璃, 竹本育聖,佐々木陽典,古庄憲浩,瓜田純久,: Helicobacter pylori(H.pylori)による十二指腸細菌叢の変化と代謝産物への影響.  第20回日本病院総合診療医学会学術総会,  福岡,  2020/02
7. 小田浩之,近藤猛,佐々木陽典,山下駿: 指導医へのステップ~明日から使えるFaculty Development「どのような医療チームが期待されているのか?」.  第20回日本病院総合診療医学会学術総会,  福岡,  2020/02
8. ◎森岳雄, 前田正,: 治療反応に乏しい髄膜炎に対して、培養結果判明前に治療介入した結核性髄膜炎の一例.  第155回東邦医学会例会,  東京,  2020/02
9. ◎前田正,: Helicobacter pylori(H.pylori)による十二指腸細菌叢の変化と代謝産物への影響.  第155回東邦医学会例会,  東京,  2020/02
10. ◎竹内泰三, 鈴木健志, 佐々木陽典, 新井優紀, 柏木克仁, 小松史哉, 山田篤史, 木下綾, 熊手絵璃, 貴島祥, 竹本育聖, 前田正, 宮﨑泰斗, 本田善子, 島田長人, 瓜田純久,: 結節性紅斑を伴った溶連菌感染後反応性関節炎を発症した高齢女性の一例.  第155回東邦医学会例会,  東京,  2020/02
11. ◎判治永律香, 佐々木陽典,: 診断に難渋したビタミンB12欠乏による血栓性微小血管障害の一例.  第155回東邦医学会例会,  東京,  2020/02
12. ◎小池伶奈, 酒井浩多, 中道 嘉, 保坂達明, 西川雄祐, 山本咲, 鈴木銀河, 渡辺雅之,一林亮, 本多満: プロカルシトニン高値を認めた非労作性熱中症2例.  第70回日本救急医学会関東地方会,  前橋,  2020/01
13. ◎本田善子, 皆川輝彦, 瓜田純久, 島田英昭, 船橋公彦, 島田長人: 再発鼡径部ヘルニア手術症例の検討.  第81回日本臨床外科学会総会,  高知市,  2019/11
14. ◎清水聖奈, 前田正,: インフルエンザ羅患後に原因不明のショックとなった一例.  第73回東邦医学会総会,  東京,  2019/11
15. ◎竹山照明, 島田長人, 高地良介, 伊藤悠子, 皆川輝彦, 本田善子, 山本 咲, 鈴木銀河, 渡辺雅之, 酒井浩多, 一林 亮, 佐藤大輔, 田巻一義, 原 健介, 本多 満: 正中弓状靱帯症候群に伴う下膵十二指腸動脈瘤破裂に対して、経カテーテル的動脈塞栓術を行った2例.  第81回日本臨床外科学会総会,  高知市,  2019/11
16. ◎安藤礼, 貴島祥, 竹本育聖,: 繰り返し再燃し、治療に難渋したClostridium difficile腸炎(CD腸炎)の一例.  第73回東邦医学会総会,  東京,  2019/11
17. ◎半田貴之, 貴島祥, 廣田愛: 周期的発熱を呈した一例.  第73回東邦医学会総会,  東京,  2019/11
18. ◎本多 満、駒井幸人、一林 亮、鈴木銀河、渡辺雅之、中道 嘉、山本 咲、岸 太一: 東京国際空港ターミナルにおける病院前救急診療.  第26回日本航空医療学会総会,  富山,  2019/11
19. ◎城戸 秀倫、水村 直、石井 宣友、大久保 卓史、佐々木 陽典、船橋 公彦、澁谷 和俊、堀 正明、加藤 俊介: 大腸がんでの、予後を示唆するMTVやTLGの最適な閾値について.  第59回日本核医学会学術総会,  松山、日本,  2019/11
20. ◎佐々木陽典,: 血清ナトリウムの調節と血清ナトリウム異常へのアプローチ.  第50回消化吸収学会総会,  東京,  2019/10
21. ◎一林亮、山本咲、鈴木銀河、中道嘉、渡辺雅之、酒井浩多、竹山照明、佐藤大輔、田巻一義、本多満: 都内大学病院の救命救急センターの働き方改革.  第47回日本救急医学会総会・学術集会,  東京,  2019/10
22. ◎山本咲, 鈴木銀河, 中道嘉, 渡辺雅之, 一林亮, 本多満: Stanford A型急性大動脈解離の術後感染を予測する因子についての検討.  第47回日本救急医学会総会・学術集会,  東京,  2019/10
23. ◎中道嘉,山本咲,鈴木銀河,渡辺雅之,一林亮,本多満: ECPRを施行した院外心停止患者に対する経管栄養開始時期の検討.  第47回日本救急医学会総会・学術集会,  東京,  2019/10
24. ◎渡辺雅之, 山本咲, 中道嘉, 鈴木銀河, 一林亮, 本多満: SGLT2阻害薬の大量服薬により低血糖が遷延した一例.  第47回日本救急医学会総会・学術集会,  東京都,  2019/10
25. ◎鈴木銀河, 山本咲, 中道嘉, 渡辺雅之, 一林亮, 本多満: ペプタメンインテンスでBUNは上昇するか.  第47回日本救急医学会総会・学術集会,  東京,  2019/10
26. ◎古谷賢太,佐々木陽典, 新井優紀, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 鈴木健志, 竹内泰三, 山田篤史,木下綾, 熊手絵璃, 貴島祥, 竹本育聖, 前田正, 宮﨑泰斗, 本田善子, 島田長人, 瓜田純久,: 右半結腸憩室炎と急性虫垂炎の鑑別.  第19回日本病院総合診療医学会学術総会,  佐賀,  2019/09
27. ◎佐々木陽典, 新井優紀, 竹下智史,柏木克仁, 小松史哉, 鈴木健志, 竹内泰三, 山田篤史, 古谷賢太, 木下綾, 熊手絵璃, 貴島祥, 竹本育聖, 前田正, 宮﨑泰斗, 本田善子, 島田長人, 瓜田純久,: 深部静脈血栓症を疑って施行したCT読影で診断医至ったBaker囊胞破裂の一例.  第19回日本病院総合診療医学会学術総会,  佐賀,  2019/09
28. ◎山田篤史, 佐々木陽典, 新井優紀, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉,鈴木健志,竹内泰三,古谷賢太, 木下綾, 熊手絵璃, 貴島祥, 竹本育聖, 前田正, 宮﨑泰斗, 本田善子, 島田長人, 瓜田純久,: 胸部X線でDouble contourとNiveauを呈した食道裂孔ヘルニアの一例.  第19回日本病院総合診療医学会学術総会,  佐賀,  2019/09
29. ◎小松史哉, 佐々木陽典, 新井優紀, 竹下智史, 柏木克仁, 鈴木健志, 竹内泰三, 山田篤史, 古谷
賢太, 木下綾, 熊手絵璃, 貴島祥, 竹本育聖, 前田正, 宮﨑泰斗, 本田善子, 島田長人, 瓜田純久,: カテーテル塞栓術により治療した感染性肺動脈瘤の一例.  第19回日本病院総合診療医学会学術総会,  佐賀,  2019/09
30. ◎小川真喜子, 佐々木陽典, 新井優紀, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 鈴木健志, 竹内泰三,山田篤史,古谷賢太, 木下綾, 熊手絵璃,貴島祥, 竹本育聖, 前田正, 宮﨑泰斗, 本田善子, 島田長人, 瓜田純久,: SpO2モニターでの奇脈により診断に至った大量胸水の一例.  第19回日本病院総合診療医学会学術総会,  佐賀,  2019/09
31. ◎松本愛子, 佐々木陽典,新井優紀, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 鈴木健志, 竹内泰三, 山田篤史, 古谷賢太, 木下綾, 熊手絵璃, 貴島祥, 竹本育聖, 前田正,宮﨑泰斗, 本田善子, 島田長人, 瓜田純久,: 大動脈炎を呈して診断に苦慮した多発血管炎性肉芽腫症の一例.  第19回日本病院総合診療医学会学術総会,  佐賀,  2019/09
32. ◎柏木克仁,佐々木陽典,本田善子,新井優紀, 竹下智史,小松史哉, 鈴木健志, 竹内泰三,山田篤史, 古谷賢太, 木下綾, 熊手絵璃, 貴島祥, 竹本育聖, 前田正, 宮﨑泰斗, 島田長人, 瓜田純久,: 鶏の内臓の生食によりランブル鞭毛虫症と赤痢アメーバ腸炎に罹患したと考えられた一例.  第19回日本病院総合診療医学会学術総会,  佐賀,  2019/09
33. ◎繁田知之, 佐々木陽典, 吉川芙久美, 宮下菜穂子, 宮城匡彦, 瓜田純久,広瀬貴久,: 腫瘍の脊髄圧迫症状で受診して低Na血症の精査により診断に至った原発不明異所性ACTH産生腫瘍の一例.  第19回日本病院総合診療医学会学術総会,  佐賀,  2019/09
34. ◎山田篤史, 佐々木陽典, 新井優紀, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 鈴木健志, 竹内泰三, 古谷賢太, 木下綾, 熊手絵璃, 貴島祥, 竹本育聖, 前田正, 宮﨑泰斗, 本田善子, 島田長人, 瓜田純久,: Cheyne-Stokes呼吸が診断のきっかけとなった脳梗塞の一例.  第19回日本病院総合診療医学会,  佐賀,  2019/09
35. ◎佐々木陽典,: 病院総合診療と救急・集中治療の連携.  第19回日本病院総合診療医学会学術総会,  佐賀,  2019/09
36. ◎佐々木陽典,: 病院総合医育成のcore module by JUCLER第2部-意見交換を中心に-.  第19回日本病院総合診療医学会学術総会,  佐賀,  2019/09
37. ◎佐々木陽典,: 病院総合医育成のcore module by JUGLER完結編-提言と未来に向けて-.  第19回日本病院総合診療医学会学術総会,  佐賀,  2019/09
38. ◎鈴木健志, 佐々木陽典, 新井優紀, 古谷賢太, 柏木克仁, 小松史哉, 竹内泰三, 山田篤史, 木下綾, 熊手絵璃, 貴島祥, 竹本育聖, 前田正, 宮﨑泰斗, 本田善子, 島田長人, 瓜田純久,: 頸髄損傷と下顎打撲と誤診された破傷風の一例.  第19回日本病院総合診療医学会学術総会,  佐賀,  2019/09
39. ◎一林亮,鈴木銀河,渡辺雅之,川下正幸,森田典子,寺田享志,古澤圭壱,降旗理恵,古橋龍彦,渡邊正志,本多満: 当院での中心静脈穿刺合併症に 対する医療安全管理部の取り組み.  日本集中治療医学会第3回関東甲信越支部学術集会,  甲府,  2019/07
40. ◎山本咲,鈴木銀河,渡辺雅之,一林亮,本多満: 縦隔気腫を伴った 十二指腸潰瘍穿孔の1例.  日本集中治療医学会第3回関東甲信越地方会支部学術集会,  甲府,  2019/07
41. ◎一林亮,山本咲,鈴木銀河,中道嘉,渡辺雅之,青山剛一,本多満: 当院に搬送されたカフェイン中毒患者の報告.  第41回日本中毒学会総会・学術集会,  埼玉,  2019/07
42. ◎高橋洋充, 石井孝政: 抗生剤治療抵抗性の感染性腎嚢胞に対して嚢胞穿刺ならびにドレーン留置術を施行した一例.  第154回東邦医学会例会,  東京,  2019/06
43. ◎小松史哉, 瓜田純久,: 甲状腺超音波画像のフラクタル解析による定量的数理解析.  第154回東邦医学会例会,  東京,  2019/06
44. ◎一林亮、中村聡子、鈴木銀河、渡辺雅之、渕本雅昭、本多満: ICUより気管挿管のまま自宅退院し家族の希望する終末期医療を迎えることができた 1症例.  第22回日本臨床救急医学会総会・学術集会,  和歌山,  2019/06
45. ◎一林亮、鈴木銀河、渡辺雅之、本多満: 超高齢社会における呼吸管理.  第22回日本臨床救急医学会総会・学術集会,  和歌山,  2019/06
46. ◎小柴光央, 渡辺雅之, 鈴木銀河, 一林亮, 本多満: 頸部壊死性筋膜炎に対して局所陰圧閉鎖療法で治療した1例.  第22回日本臨床救急医学会総会・学術集会,  和歌山,  2019/06
47. ◎鈴木銀河, 渡辺雅之, 一林亮, 本多満: 急性胆嚢炎を合併した心筋梗塞の一例.  第22回臨床救急医学会総会・学術集会,  和歌山県和歌山市,  2019/05
48. ◎髙地良介,: 術前画像検査が鼠径部ヘルニア術後成績に及ぼす影響.  第17回日本ヘルニア学会学術集会,  四日市,  2019/05
49. ◎皆川輝彦, 本田善子, 高地良介, 船橋公彦, 瓜田純久, 島田長人,: 当科における臍ヘルニア手術手技.  第17回日本ヘルニア学会学術集会,  四日市,  2019/05
50. ◎島田長人, 髙地良介, 皆川輝彦, 本田善子, 船橋公彦, 瓜田純久,: 腹壁瘢痕ヘルニアに対するPosterior CS+TARを用いた修復術.  第17回日本ヘルニア学会学術集会,  四日市,  2019/05
51. ◎本田善子, 髙地良介, 皆川輝彦,船橋公彦, 瓜田純久,島田長人,: Direct Kugel Patch使用症例の術後成績.  第17回日本ヘルニア学会学術集会,  四日市,  2019/05
国際学会
1. Honda Y, Kouchi R, Minagawa T, Urita Y, Shimada N,: Surgical Outcomes of Infuinal Hernia Repair Using a Modified Kugel Patch.  Asia Pacific Hernia Society(APHS),  Bali.Indonesia,  2019/10
その他
1. ◎前田正,: 産業医が行う職場の感染症対策.  東京都医師会産業医講習会,  東京,  2019/12
2. ◎前田正,: 産業医が行う職場の感染症対策.  東京都医師会産業医講習会,  東京,  2019/12
3. ◎島田長人,: 前方アプローチによる鼠径部ヘルニア修復術(腹膜前修復法).  浜松大学ヘルニアセミナー,  浜松,  2019/10
4. ◎小川麻喜子, 前田正,: 壊死性筋膜炎を契機に劇症1型糖尿病,壊死性食道炎を発症した1例.  第154回 東邦医学会例会,  東京,  2019/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者