<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 病理学講座
 Department of Pathology

■ 当該年度の研究費受入状況
1.  基盤研究(C)一般  (研究課題番号:19K10017)
 研究課題:間葉系幹細胞を標的化するmicroRNAによる包括的な瘢痕抑制法開発の基盤形成  (研究代表者:赤坂喜清)
 研究補助金:1100000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















赤坂 喜清   教授
              
 
 1
 
 
 
三上 哲夫   教授
    3          
 
 
 1
 
 
本間 尚子   准教授
              
 
 
 1
 
 
深澤 由里   講師
              
 
 
 1
 
 
金田 幸枝   助教
              
 
 
 1
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 1
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Nakada N, Mikami T, Horie K, Nagashio R, Sakurai Y, Sanoyama I, Yoshida T, Sato Y, Okayasu I, Murakumo Y:  Expression of CA2 and CA9 carbonic anhydrases in ulcerative colitis and ulcerative colitis-associated colorectal cancer.  Pathology International  :E pub , 2020
2. Takeshi Sakata T, Hana K, Mikami T, Yoshida T, Endou H, Okayasu I:  Positive Correlation of Expression of L-type Amino-Acid Transporter 1 With Colorectal Tumor Progression and Prognosis: Higher Expression in Sporadic Colorectal Tumors Compared With Ulcerative Colitis-Associated Neoplasia.  Pathology, research and practice  :E pub , 2020
■ 学会発表
国際学会
1. Yoshikiyo Akasaka, Chie Fujisawa, Tetsuya Okaneya, Miho Nakamichi, Kiyoshi Onishi, Yuri Akishima-Fukasawa, Sachie Kanada, Naoko Honma, Tetuo Mikami: Induction of angiogenic fibrocytes by basic fibroblast growth factor in vitro.  2020 WHS Annual Meeting,  San Diego, California,  2020/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者