東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 病理学講座
 Department of Pathology

教授:
  赤坂 喜清
  三上 哲夫
准教授:
  本間 尚子
講師:
  深澤 由里
■ 概要
当研究室では、東邦大学医療センター大森病院の病理診断を日常業務として行いながら、臨床病理学的研究、分子病理学的研究を行っています。 実際の症例から学び、そこから派生した疑問を様々な手法を取り入れて、病気・病態を解明する研究に展開させるよう心掛けています。 免疫組織化学染色、がん遺伝子の解析、蛋白解析、培養細胞を用いた蛋白機能解析などにより、遺伝子、蛋白レベルの研究から、 ヒト疾患の病理組織学的解析まで、幅広い研究を実施している。
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
 研究課題:自己免疫疾患の制御をめざす研究拠点形成  (研究分担者:赤坂喜清)
 研究補助金:2000000円  (分担)
2.  文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C)一般
 研究課題:骨髄間葉系前駆細胞を用いた次世代型血管新生療法の基礎的解析  (研究分担者:赤坂喜清)
 研究補助金:300000円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  赤坂喜清 :東京大学大学院医学系研究科 非常勤講師
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  赤坂 喜清 :日本創傷治癒学会 理事・学術評議員、日本病理学会 学術評議員
2.  三上 哲夫 :日本病理学会 学術評議員
3.  本間 尚子 :日本病理学会 学術評議員
4.  深澤 由里 :日本病理学会 学術評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















赤坂 喜清   教授
  1            
 5
(2)
 2
(1)
 
 
 
三上 哲夫   教授
 1 1  5          
 10
(4)
 
 3
(1)
 
 
本間 尚子   准教授
    2          
 4
(2)
 
 2
(1)
 
 
深澤 由里   講師
    1          
 1
(1)
 
 2
(1)
 
 
金田 幸枝   助教
              
 
 
 1
 
 
 1 0  0 0  0  0
(0)
 2
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Deguchi Y, Nishina T, Asano K, Ohmuraya M, Nakagawa Y, Nakagata N, Sakuma T,
Yamamoto T, Araki K, Mikami T, Tanaka M, Nakano H.:  Generation of and characterization of anti-IL-11 antibodies using newly established Il11-deficient mice.  Biochemical and Biophysical Research Communications  505 (2) :453 -459 , 2018
2. Ogata H, Mitsuzuka Y, Honma N, Yoshida M, Sumazaki M, Saito F, Kobayashi M, Shibuya K, Mikami T, Kaneko H:  Sonographic visualization of nipple blood flow can help differentiate Paget disease from benign eczematous nipple lesions.  PLoS One  13 (5) :e0197156 , 2018
3. Kagami S, Funahashi K, Ushigome M, Koike J, Kaneko T, Koda T, Kurihara A, Nagashima Y, Yoshino Y, Goto M, Mikami T, Chino K:  Comparative study between colonic metallic stent and anal tube decompression for Japanese patients with left-sided malignant large bowel obstruction.  World journal of surgical oncology  16 (1) :210 , 2018
総説及び解説
1. 三上哲夫:  炎症性腸疾患における発がん機序.  日本臨牀  76 (増刊号) :537 -541 , 2018
2. 関谷秀樹, 三上哲夫:  口腔カンジダ症.  病理と臨床  36 (増刊号) :131 -133 , 2018
症例報告
1. 松本旭生、高野公徳、金井歳雄、山本聖一郎、赤坂喜清、中川基人:  肝転移を切除したfibrolamellar hepatocellular carcinomaの1例.  日本臨床外科学会雑誌  79 (7) :1499 -1505 , 2018
2. Hashimoto A, Yoshino H, Yoshikawa F, Kumashiro N, Ando Y, Yamabe F, Akishima-Fukasawa Y, Honma N, Uchino H, Hirose T:  Giant Cavernous hemangioma of the Adrenal gland in an Elder patient.  Internal Medicine  57 (9) :1317 -1319 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎岡根谷哲哉、中道美保 、藤澤千恵 、青木茂久 、荻野晶弘 、岡田恵美 、三上哲夫、大西 清、赤坂喜清: 創部組織からの骨髄間葉系前駆細胞(Fibrocyte)の誘導と bFGF の関与. 要望演題:創傷治癒のプロセスとメカニズム.  第48回日本創傷治癒学会,  東京,  2018/11
2. ◎須磨崎真, 本間尚子, 大久保和範, 齊藤芙美, 尾作忠知, 緒方秀昭: 長期生存が得られている乳癌肝転移切除の一例.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
3. ◎牛込充則, 小池淳一, 吉野 優, 酒井隆光, 吉田公彦, 長嶋康雄, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 栗原聰元, 栃木直文, 深澤由佳, 三上哲夫, 本間尚子, 金田幸枝, 渋谷和俊, 島田英昭, 船橋公彦: 直腸癌に対する術前化学放射線療法(CRT)の効果とPET 検査を用いた評価.  第73回日本大腸肛門病学会学術集会,  東京都,  2018/11
4. ◎岡根谷哲哉、中道美保、藤澤千恵、青木茂久、荻野晶弘、岡田恵美、三上哲夫、大西 清、赤坂喜清: コラーゲンゲル3次元培養による肉芽組織からの骨髄間葉系前駆細胞(Fibrocyte)の誘導.  第27回日本形成外科学会基礎学術集会,  東京,  2018/10
5. ◎肥塚智、三上哲夫、栃木直文、大塚創、牧野崇、東陽子、秦美暢、渋谷和俊、伊豫田明: 2cm 以下の小型肺腺癌のCT 所見・FDG-PET のSUVmax 値とSpread Through Air Spaces(STAS)との相関および治療成績の検討.  第71回日本胸部外科学会定期学術集会,  東京都港区,  2018/10
6. ◎永井洋子, 山辺史人, 佐々木陽典, 石井孝政, 中島耕一, 三上哲夫, 渋谷和俊, 赤坂喜清, 瓜田純久, 山中宣昭.: アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬による腎輸入細動脈の病理形態学的変化の検討.  第41回日本高血圧学会総会,  旭川,  2018/09
7. ◎岡根谷哲哉、中道美保、藤澤千恵,青木茂久,三上哲夫,大西清,赤坂喜清: 組織修復における骨髄間葉系前駆細胞(Fibrocyte)による血管新生メカニズム.  第37回分子病理学研究会,  佐賀,  2018/07
8. ◎藤澤 千恵、青木 茂久、岡根谷 哲哉、中道 美保、深澤 由里、 本間 尚子、大西 清、三上 哲夫、赤坂 喜清: コラーゲンゲル三次元培養による骨髄間葉系前駆細胞(Fibrocyte)の誘導 と管腔様構造の形成.  第 107 回日本病理学会総会,  札幌、日本,  2018/06
9. ◎Takashi Nishina, Yutaka Deguchi, Wakami Takeda, Tetuo Mikami, Hiroyasu Nakano: IL-11 is a novel marker of stromal fibroblasts that promote tumors in a murine model of colitis-associated cancer.  第77回日本癌学会学術総会,  Osaka International Convention Center,  2018/09
国際学会
1. ◎Yoshikiyo Akasaka, Chie Fujisawa, Tetsuya Okaneya, Miho Nakamichi, Yuri Akishima-Fukasawa, Naoko Honma, Sachie Kanada, Tetsuo Mikami: Possible role of bFGF-induced miR146b-5p expression in wounds for tissue repair.  The 107th Annual Meeting of The Japanese Society of Pathology,  Sapporo, Japan,  2018/06
2. ◎Yoshikiyo Akasaka, Tetsuya Okaneya, Chie Fujisawa, Miho Nakamichi, Kiyoshi Onishi, Yuri Akishima-Fukasawa, Naoko Honma, Tetuo Mikami: Phenotypic Change In Angiogenic Fibrocytes In Planter Decubitus Ulcers In Rats.  2018 WHS Annual Meeting,  Charlotte, NC, USA,  2018/04
その他
1. ◎竹田 若水、仁科 隆史、出口 裕、西山 千春、中野 裕康: 家族性大腸腺腫症モデルマウスにおけるインターロイキン-11 産生細胞の解析.  平成30 年度研究ブランディング事業リトリート,  湯河原、神奈川,  2018/08
  :Corresponding Author
  :本学研究者