<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 生理学講座/細胞生理学
 Division of Cellular Physiology, Department of Physiology

教授:
  内藤 篤彦
講師:
  田丸 輝也
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















内藤 篤彦   教授
  1  1          
 2
 
 
 
 
間木 重行   助教
  1 1     1      2
(1)
 1
 
 
 
 
山口 優也   助教
    1          
 
 
 
 
 
 0 1  0 1  0  2
(1)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














内藤 篤彦   教授
         
 
 
間木 重行   助教
  1   1    2
(1)
 
 
山口 優也   助教
         
 
 
 0 1  0 1  0  2
(1)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Torrung Vetchapitak, Mohammad Shohel Rana, Satomi Sasaki, Takako Taniguchi, Susumu Sugiyama, Junichiro Soejima, Taradon Luangtongkum, Yuya Yamaguchi, Naoaki Misawa:  A new disinfectant technique for Campylobacter jejuni and spoilage bacteria on chicken skin using a high-pressure pulsed jet spray apparatus.  Food Control  125 :107989 -107989 , 2021
2. Magi S, Ki S, Ukai M, Hüttinger ED, Naito AT, Suzuki Y, Okada M:  A combination approach of pseudotime analysis and mathematical modeling for understanding drug-resistant mechanisms.  Scientific Reports  11 (18511) :1 -13 , 2021
■ 著書
1. Shigeyuki Magi:  Mathematical modeling of cancer signaling addressing tumor heterogeneity.  Methods of Mathematical Oncology  141-152.  Springer, Singapore,  Singapore, 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎中瀨古(泉)寛子, 佐塚文乃, 後藤愛, 神林隆一, 松本明郎, 武井義則, 諫田泰成, 内藤篤彦, 杉山篤: 心筋再生細胞シートの基本構成要素である単純2次元細胞シートにおける収縮弛緩能の最適化技術の探索.  第2回細胞シート工学イノベーションフォーラム,  Web,  2021/11
2. ◎間木重行: 最近の医療AIの動向に関する話題提供.  第158回東邦医学会例会,  東京、 日本,  2021/06
3. ◎間木重行、丸山貴大、髙木誠二、堀裕一、内藤篤彦: 機械学習による眼血流データの有用性の検討.  第3回日本メディカルAI学会,  オンライン,  2021/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者