東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ナイトウ アツヒコ   Naitou Atsuhiko
  内藤 篤彦
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   准教授
    (最終更新日:2018-07-12 10:06:38)
■ 刊行論文
1. 原著  DNA single-strand break-induced DNA damage response causes heart failure. 2017/04
2. 総説  ヒトiPS細胞由来心筋細胞を用いた創薬研究 2017/02
■ 学会発表
1. iPS細胞の最前線−幹細胞を用いた創薬研究− (口頭発表,特別・招待講演等) 2018/08/04
2. パターン培養したヒトiPS細胞由来心筋細胞を用いた抗がん薬の心毒性評価 (口頭発表,一般) 2018/07/18
3. TRPC3 Inhibitor Pyr3 Corrects the Disease-specific Phenotype of the Induced Pluripotent Stem Cell-derived Cardiomyocytes from the Patients with Infantile Hypertrophic Cardiomyopathy. (ポスター,一般) 2018/07/05
4. Assessment of the drug-induced cardiac functional toxicity by pattern-cultured hiPSC-CMs. (ポスター,一般) 2018/07/04
5. Pathogenic role of DNA single-strand break accumulation and DNA damage response in pressure overload-induced heart failure. (口頭発表,一般) 2018/07/02
6. 女性ファブリー病患者由来iPS細胞を用いたファブリー心筋症モデルの構築及び表現型解析 (ポスター,一般) 2018/06/02
7. ヒトiPS細胞由来心筋細胞を用いた薬物の心機能毒性評価 (口頭発表) 2018/05/24
8. ヒトiPS細胞由来心筋細胞を利用した医薬品の安全性評価 (口頭発表) 2018/04/29
9. 日本人健康成人iPS細胞由来心筋細胞の個体・クローン間差に関する検討 (口頭発表,一般) 2017/12/01
10. Activation of DNA damage response and cellular senescence in cardiac fibroblasts limit cardiac fibrosis after myocardial infarction (ポスター,一般) 2017/11/14
全件表示(13件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~  ヒトiPS分化細胞技術を活用した医薬品の次世代毒性・安全性評価試験系の開発と国際標準化に関する研究  
2. 2017~2019/03  Bcr/Abl阻害剤による心筋細胞障害メカニズムの解明  
3. 2017~  小児がん治療に伴う心不全発症のメカニズム解明  
4. 2017/10~  アカデミア創薬支援を目的とした統合的な心血管安全性評価試験系の開発  (キーワード:安全性薬理学、心毒性、ヒトiPS細胞由来心筋細胞、マイクロミニピッグ)