<<< 前 2022年度 | 2023年度 | 2024年度
 医学部 医学科 臨床腫瘍学講座
 Department of Clinical Oncology

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















島田 英昭   教授
医学博士
  1  12          
 14
(1)
 
 
 
 
菊池 由宣   准教授
  1 1           
 
 
 
 
 
 0 1  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














島田 英昭   教授
医学博士
         
 
 
菊池 由宣   准教授
  1       
 
 
 0 1  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Suzuki T, Yajima S, Okamura A, Yoshida N, Taniyama Y, Murakami K, Ohkura Y, Nakajima Y, Yagi K, Fukuda T, Ogawa R, Hoshino I, Kunisaki C, Narumiya K, Tsubosa Y, Yamada K, Shimada H:  Prognostic Impact of Serum SCC Antigen in the 566 Upfront Surgery Group of Esophageal Squamous Cell Carcinoma: A Multi-Institutional Study of the Japan Esophageal Society.  Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery  30 (1) :24-00028 , 2024
2. Ito M, Yajima S, Suzuki T, Oshima Y, Nanami T, Sumazaki M, Shiratori F, Takizawa H, Li SY, Zhang BS, Yoshida Y, Matsutani T, Hiwasa T, Shimada H:  Combination of high anti-SKI and low anti-TMED5 antibody levels is preferable prognostic factor in esophageal carcinoma.  Cancer science  :Epub ahead of print , 2024
3. Ishikawa M, Nakamura K, Kawano R, Hayashi H, Ikeda T, Saito M, Niida Y, Sasaki J, Okuda H, Ishihara S, Yamaguchi M, Shimada H, Isobe T, Yuza Y, Yoshimura A, Kuroda H, Yukisawa S, Aoki T, Takeshita K, Ueno S, Nakazawa J, Sunakawa Y, Nohara S, Okada C, Nishimiya K, Tanishima S, Nishihara H:  Clinical and diagnostic utility of genomic profiling for digestive cancers: real-world evidence from Japan.  Cancers  16 (8) :1504 , 2024
4. Moriyama J, Shimada H, Oshima Y, Suzuki T, Yajima S, Shiratori F, Funahashi K:  Prognostic Impact of Perioperative CA125 Status in Gastric Cancer Based on New Cutoff Values.  Cureus  16 (6) :e61609 , 2024
5. Sasajima N, Sumazaki M, Oshima Y, Ito M, Yajima S, Takizawa H, Wang H, Li SY, Zhang BS, Yoshida Y, Hiwasa T, Shimada H:  Stage-Specific Alteration and Prognostic Relationship of Serum Fumarate Hydratase Autoantibodies in Gastric Cancer.  International Journal of Molecular Sciences  25 (10) :5470 , 2024
6. Zhang B, Zhang X, Ito M, Yajima S, Yoshida K, Ohno M, Nishi E, Wang H, Li S, Kubota M, Yoshida Y, Matsutani T, Mine S, Machida T, Takemoto M, Yamagata H, Hayashi A, Yokote K, Kobayashi Y, Takizawa H, Kuroda H, Shimada H, Iwadate Y, Hiwasa T:  JMJD6 Autoantibodies as a Potential Biomarker for Atherosclerosis-Related Diseases.  International Journal of Molecular Sciences  25 :4935 , 2024
7. Ushigome M, Shimada H, Kaneko T, Miura Y, Yoshida K, Suzuki T, Kagami S, Kurihara A, Funahashi K:  Preoperative Low Creatine Kinase as a Poor Prognostic Factor in Patients with Colorectal Cancer.  Journal of gastrointestinal cancer  :Online ahead of print , 2024
8. Hiwasa T, Yoshida Y, Kubota M, Li SY, Zhang BS, Matsutani T, Mine S, Machida T, Ito M, Yajima S, Shirouzu M, Yokoyama S, Seta M, Yamagishi K, Iso H, Sawada N, Tsugane S, Takemoto M, Hayashi A, Yokote K, Kobayashi Y, Martsushita K, Tatsumi K, Takizawa H, Tomiyoshi G, Shimada H, Higuchi Y:  Serum anti‑KIAA0513 antibody as a common biomarker for mortal atherosclerotic and cancerous diseases.  Medicine international.  4 (5) :45 , 2024
9. Okada R, Otsuka Y, Kajiwara Y, Maeda T, Ishii J, Kimura K, Matsumoto Y, Ito Y, Funahashi K, Shimada H:  Prognostic and diagnostic effects of high serum midkine levels in patients with hepatocellular carcinoma.  Oncology letters  27 (6) :283 , 2024
総説及び解説
1. 鈴木隆, 谷島聡, 大嶋陽幸, 島田英昭:  食道癌の診断 食道癌腫瘍マーカー.  日本臨床  82 (増刊3) :239 -244 , 2024
2. Kikuchi Y, Shimada H, Yamasaki F, Yamashita T, Araki K, Horimoto K, Yajima S, Yashiro M, Yokoi K, Cho H, Ehira T, Nakahara K, Yasuda H, Isobe K, Hayashida T, Hatakeyama S, Akakura K, Aoki D, Nomura H, Tada Y, Yoshimatsu Y, Miyachi H, Takebayashi C, Hanamura I, Takahashi H:  Clinical practice guidelines for molecular tumor marker, 2nd edition review part 2.  International journal of clinical oncology  29 (5) :512 -534 , 2024
症例報告
1. 平岡友美, 菊池由宣, 石井 侃, 佐藤信維, 山田悠人, 藤本 愛, 栃木直文, 澁谷和俊, 松田尚久:  ダビガトラン起因性食道炎を契機に食道癌を診断しえた1 例.  Gastroenterological Endoscopy  66 (4) :403 -410 , 2024
その他
1. Sato S, Shimada H:  Can Immune Checkpoint Inhibitors Pave the New Way for “Conversion Surgery” in Unresectable Esophageal Cancer?.  Annals of surgical oncology  : , 2024
■ 学会発表
国内学会
1. ◎岡田 嶺, 木村和孝, 伊藤悠子, 梶原庸司, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭: 切除膵癌症例における血漿フィブリノゲン値の予後因子としての意義.  第79回日本消化器外科学会総会,  下関市,  2024/07
2. ◎牛込充則, 船橋公彦, 鏡 哲, 笹嶋奈津子, 吉田公彦, 三浦康之, 鈴木孝之, 金子奉暁, 島田英昭 , 栗原聰元: R0切除pStageIVa大腸癌の長期予後の検討.  第79回日本消化器外科学会総会,  下関市,  2024/07
3. ◎大嶋陽幸, 白鳥史明, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 胃癌患者における術前術後NLRの意義.  第79回日本消化器外科学会総会,  下関市,  2024/07
4. ◎山川輝記, 鈴木 隆, 大久保和範, 名波竜規, 白鳥史明, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 船橋公彦, 大塚由一郎, 島田英昭: 当院におけるロボット支援下食道癌中下縦隔郭清の工夫.  第79回日本消化器外科学会総会,  下関市,  2024/07
5. ◎谷島 聡, 鈴木 隆, 白鳥史明, 名波竜規, 大嶋陽幸, 山川輝記, 大久保和範, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭: NAC後食道癌手術症例におけるニボルマブによる術後補助療法 ~初期22例の報告~.  第79回日本消化器外科学会総会,  下関市,  2024/07
6. ◎鈴木 隆, 大久保和範, 山川輝記, 白鳥史明, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 船橋公彦, 大塚由一郎, 島田英昭: 当院におけるロボット支援下食道癌上縦隔左側郭清術の工夫.  第79回日本消化器外科学会総会,  下関市,  2024/07
7. ◎佐藤 渉, 島田英昭, 河野浩二, 小坂隆司, 市川靖史, 佐藤 弘, 外村修一, 矢野文章, 山口博紀: 切除不能・再発食道癌に対する免疫チェックポイント阻害薬併用療法の治療成績(パネルディスカッション).  第78回日本食道学会学術集会,  東京都,  2024/07
8. ◎山川輝記, 鈴木 隆, 大久保和範, 白鳥史明, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 内視鏡用拡張バルーンを併用して胸腔鏡下に核出術を施行した食道平滑筋腫の一例.  第78回日本食道学会学術集会,  東京都,  2024/07
9. ◎鈴木 隆, 大久保和範, 山川輝記, 白鳥史明, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 荻野昌弘, 中村省吾, 島田英昭: 食道亜全摘胃管再建後の頸部食道癌に対し頸部食道切除大胸筋皮弁管再建を施行した1例.  第78回日本食道学会学術集会,  東京都,  2024/07
10. ◎栗原聰元, 三浦康之, 吉田公彦, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 鈴木孝之, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 大塚由一郎, 島田英昭, 船橋公彦: 直腸脱に対する経会陰手術と経腹手術の比較検討.  第124回日本外科学会定期学術集会,  常滑市,  2024/04
11. ◎白鳥史明, 名波竜規, 瀧田尚仁, 前田徹也, 土屋 勝, 島田英昭, 船橋公彦: 大腸癌患者における乳酸デヒドロゲナーゼ対アルブミン比(LAR)の予後予測因子としての有用性.  第124回日本外科学会定期学術集会,  常滑市,  2024/04
12. ◎岡田 嶺, 濱田雄行, 吉田汐里, 大塚由一郎, 島田英昭: リポソーム加工腫瘍融解ウイルスによる難治性膵臓癌特異的遺伝子治療の開発.  第124回日本外科学会定期学術集会,  常滑市,  2024/04
13. ◎大嶋陽幸, 白鳥史明, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 胃癌患者における術前脂質代謝の意義.  第124回日本外科学会定期学術集会,  常滑市,  2024/04
14. ◎鈴木 隆, 大久保和範, 山川輝記, 白鳥史明, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 船橋公彦, 大塚由一郎, 島田英昭: 当院における食道癌のロボット支援手術,開胸・胸腔鏡との短期成績の比較.  第124回日本外科学会定期学術集会,  常滑市,  2024/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者