東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度
 医学部医学科臨床腫瘍学講座
 Department of Clinical Oncology

教授:
  島田 英昭
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















島田 英昭   教授
医学博士
 1 4 2 10   1 1   1   6
(1)
 61
(7)
 1
 1
 
 
中村 陽一   准教授
博士(医学)
 3 5     1       4
(1)
 3
(1)
 
 3
(2)
 2
(2)
 4
(1)
中村 陽一   准教授
博士(医学)
 3 5     1       4
(1)
 3
(1)
 
 3
(2)
 2
(2)
 4
(1)
森山 彩子   助教
    1          
 4
 
 
 
 1
 7 2  0 1  1  14
(3)
 1
(0)
 4
(4)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 橋本礼輔, 桑島明子, 黒田慶子, 小島和夫, 島田英昭:  抗p53抗体測定試薬「ステイシアMEBLuxTMテストanti-p53」の基礎的検討.  医学と薬学  75 (8) :955 -964 , 2018
2. 小林正明, 原 文彦, 中村陽一, 中田亜希子, 岸 太一, 岡田弥生, 土井範子, 並木 温, 佐藤二美, 廣井直樹:  新しい医学教育の潮流2017 ―第49回日本医学教育学会大会報告1― ~質保証に向けた医学教育の新展開~.  東邦医学会雑誌  65 (2) :98 -103 , 2018
3. 小林正明, 原 文彦, 中村陽一, 中田亜希子, 岸 太一, 岡田弥生, 土井範子, 並木 温, 佐藤二美, 廣井直樹:  新しい医学教育の潮流2017 ―第49回日本医学教育学会大会報告2― ~卒前卒後教育の質的変化~.  東邦医学会雑誌  65 (3) :141 -146 , 2018
4. Ito M, Oshima Y, Yajima S, Suzuki Takashi, Nanami T, Shiratori F, Funahashi K, Nemoto T, Shimada H:  Is high serum programmed death ligand 1 level a risk factor for poor survival in patients with gastric cancer?.  Annals of Gastroenterological Surgery  2 (4) :313 -318 , 2018
5. Isozaki Y, Yasuda S, Akutsu Y, Shimada H, Okazumi S, Nabeya Y, Hoshino I, Murakami K, Ebner DK, Tsuji H, Kamada T, Yamada S, Matsubara H:  Salvage Carbon-ion Radiotherapy for Isolated Lymph Node Recurrence Following Curative Resection of Esophageal Cancer.  Anticancer research  38 (11) :6453 -6458 , 2018
6. Ushigome M, Nabeya Y, Soda H, Takiguchi N, Kuwajima A, Tagawa M, Matsushita K, Koike J, Funahashi K, Shimada H:  Multi-panel assay of serum autoantibodies in colorectal cancer.  International Journal of Clinical Oncology  23 (5) :917 -923 , 2018
7. Kobayashi S, Hiwasa T, Arasawa T, Kagaya A, Ishii S, Shimada H, Ito M, Suzuki M, Kano M, Rahmutulla B, Kitamura K, Sawabe Y, Shin H, Takiguchi M, Nomura F, Matsubara H, Matsushita K:  Identification of specific and common diagnostic antibody markers for gastrointestinal cancers by SEREX screening using testis cDNA phage library.  Oncotarget  9 (26) :18559 -18569 , 2018
8. Chai K, Ning X, Nguyễn TTT, Zhong B, Morinaga T, Li Z, Shingyoji M, Tada Y, Tatsumi K, Shimada H, Hiroshima K, Yamaguchi N, Tagawa M:  Heat shock protein 90 inhibitors augment endogenous wild-type p53 expression but down-regulate the adenovirally-induced expression by inhibiting a proteasome activity.  Oncotarget  9 (40) :26130 -26143 , 2018
9. Hamada K, Takagi S, Kuboshima H, Shimada H, Takagi K, Yasuoka T, Matsubara K, Sassa Y, Furuya T, Suzuki K, Uchide T, Mizutani T, Tani K, Itoh H, Sugiyama T:  Cloning of carrier cells infected with oncolytic adenovirus driven by midkine promoter and biosafety studies.  The journal of gene medicine  :in print , 2018
10. Kikuchi Y, Ito K, Nemoto T, Yajima S, Shiozawa K, Suzuki T, Oshima Y, Nanami T, Watanabe M, Igarashi Y, Shimada H:  Thymidine Phosphorylase Expression in Gastric Cancer Tissues is Associated with Thrombocytosis but not with Serum Thymidine Phosphorylase Concentration.  Toho Journal of Medicine  4 (2) :66 -73 , 2018
11. Oshima Y, Nanami T, Suzuki Takashi, Yajima S, Shiratori F, Funahashi K, Shimada H:  Impact of Immunological and Biochemical Parameters of Intake of Agaricus Blazei Murill (ABM) on Patients after Esophageal or Gastric Cancer Surgery.  Toho Journal of Medicine  4 (3) :90 -94 , 2018
総説及び解説
1. 中村陽一:  はじめに:Dr.イタミトリ現る!痛みに悩むトウコちゃんの救世主に!?.  YORi-SOUがんナーシング  8 (3) :215 -217 , 2018
2. 中村陽一:  気を抜いちゃダメ!〜クスリの量を減らすには・・・〜 継続アセスメントはどこをどう見る?.  YORi-SOUがんナーシング  8 (3) :248 -251 , 2018
3. 大嶋陽幸, 島田英昭:  高齢化社会における胃癌-高齢者胃癌治療の考え方.  医学のあゆみ  266 (9) :661 -665 , 2018
4. 谷島 聡, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 島田英昭:  【外科医が知っておくべき最新のゲノム医療】胃癌のゲノム医療.  外科  80 (12) :1214 -1217 , 2018
5. 大嶋陽幸, 島田英昭:  高齢化社会における癌診療 胃癌80歳超時代のガイドラインの使い方.  成人病と生活習慣病  48 (5) :489 -494 , 2018
6. 島田英昭:  【胃癌治療ガイドライン最新版を読み解く-改定のポイントとその背景】胃癌治療ガイドラインの特徴と使い方.  臨床外科  73 (10) :1182 -1185 , 2018
7. Shimada H:  p53 molecular approach to diagnosis and treatment of esophageal squamous cell carcinoma.  Annals of Gastroenterological Surgery  2 (4) :266 -273 , 2018
8. Shimada H:  Surgical Treatment: Evidence in Gastric Cancer Surgery Based on Japanese Clinical Trials.  Gastric cancer  :Epub ahead of print , 2018
症例報告
1. 樋口 格,森山穂高,髙橋亜紗子,渡邊良平,長尾さやか,榎本俊行,中村陽一,渡邉 学,斉田芳久,草地信也:  食道狭窄を来した食道癌肉腫の1例.  癌と化学療法  45 (10) :1445 -1447 , 2018
2. 樋口 格,中村陽一,森山穂高,渡邊良平,髙橋亜紗子,長尾さやか,榎本俊行,渡邉 学,斉田芳久,草地信也:  眼窩転移により眼瞼下垂を呈した進行胃癌の1例.  癌と化学療法  45 (7) :1109 -1111 , 2018
3. Kochi R, Yajima S, Nanami T, Suzuki Takashi, Oshima Y, Tokura N, Takatsuka J, Funahashi K, Tochigi N, Shimada H:  Five-year postsurgical monitoring of serum p53 antibody for locally advanced esophageal squamous cell carcinoma.  Clinical Journal of Gastroenterology  11 (4) :278 -281 , 2018
その他
1. 中村陽一(監修):  年間特別企画 ポケイチ!PYC12 WHO方式の三段階除痛(鎮痛)ラダー、WHO方式がん疼痛治療薬の鎮痛薬リスト、主な抗がん薬で頻度の高い有害事象(副作用).  YORi-SOUがんナーシング  8 (3) :年間特別企画 , 2018
2. 中村陽一(監修):  年間特別企画 ポケイチ!PYC12 抗がん薬の曝露対策.  YORi-SOUがんナーシング  8 (4) :年間特別企画 , 2018
3. 島田英昭:  (会員のための企画)本邦における学術集会のグローバリズム-英語による発表は必須か?-.  日本外科学会雑誌  119 (6) :666 -670 , 2018
4. 森 正樹, 三吉範克, 島田英昭, 遠藤 格, 瀬戸泰之:  (臨床研究セミナー記録)日本外科学会第20回臨床研究セミナー.第3部外科臨床研究の実践.1.消化器外科の臨床研究:英文誌"Annals of Gastroenterological Surgery"の創刊.  日本外科学会雑誌  119 (6) :721 -723 , 2018
■ 著書
1. 谷島 聡, 島田英昭:  総論 漏れない、狭窄しない吻合法の概念 5.自動縫合機の針の種類.  消化管吻合法バイブル  22-23.  医学書院,  東京都, 2018
2. 中村陽一:  胸水.  がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発  139-147.  技術情報協会,  東京, 2018
3. Shimada H:  Surgical Treatment: Evidence in Gastric Cancer Surgery Based on Japanese Clinical Trials.  Gastric Cancer -With Special Focus on Studies from Japan  161-172.  Springer, Singapore,  Singapore, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎中村陽一: virtual realityによる「悪い知らせの伝え方」と「看取りの態度と技能」に関する教育コンテンツ作成の試み.  第42回日本死の臨床研究会年次大会,  新潟,  2018/12
2. ◎吉田公彦, 谷島 聡, 名波竜規, 大嶋陽幸, 鈴木 隆, 大塚由一郎, 島田英昭, 船橋公彦: 巨大食道裂孔ヘルニア術後,食道内に迷入するメッシュを腹腔鏡下に摘出した1例.  第31回日本内視鏡外科学会総会,  福岡市,  2018/12
3. ◎大嶋陽幸, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 島田英昭: 新しい針付縫合糸ホルダの開発.  第31回日本内視鏡外科学会総会,  福岡市,  2018/12
4. ◎本田善子, 高地良介, 皆川輝彦, 大塚由一郎, 瓜田純久, 島田長人, 島田英昭, 船橋公彦: 膿瘍形成性虫垂炎の治療成績(ワークショップ).  第31回日本内視鏡外科学会総会,  福岡市,  2018/12
5. ◎桐林孝治,草地信也,渡邉 学,有馬陽一,齋藤智明, 渡邊良平 ,西牟田浩伸,萩原令彦,新妻 徹, 岡本 康,中村陽一,浅井浩司,榎本俊行,片桐美和,斉田芳久: 外科病棟の呼吸器管理患者に対する非スクリーニングで予防的な個室管理および集団管理-コスパの良いMRSA交差感染対策-.  第31回日本外科感染症学会総会学術集会,  大阪,  2018/11
6. ◎吉野 翔, 鈴木 隆, 保坂浩加, 大西 賢, 白鳥史明, 吉田公彦, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 肺食道重複癌同時切除2例の検討.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
7. ◎牛込充則, 鏡 哲, 小池淳一, 酒井隆光, 吉野 優, 甲田貴丸, 金子奉暁, 栗原聰元, 根本哲生, 栃木直文, 密田亜希, 塩川洋之, 金子弘真, 島田英昭, 船橋公彦: 大腸ステントの有用性の検討.(ワークショップ).  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
8. ◎栗原聰元, 吉野 優, 小池淳一, 吉田公彦, 鈴木孝之, 石岡伸規, 吉野 翔, 後藤麻佑, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 渡邊正志, 島田英昭, 金子弘真, 船橋公彦: 痔核に対する安全な外科的治療について.(パネルディスカッション).  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
9. ◎中村陽一: 外科臨床におけるがん疼痛治療と緩和ケア.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
10. ◎保坂浩加, 鈴木 隆, 大西 賢, 吉野 翔, 白鳥史明, 吉田公彦, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 島田英昭, 船橋公彦: 食道癌胃転移の1例.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
11. ◎栗原聰元, 吉野 優, 牛込充則, 鏡 哲, 後藤麻佑, 吉田公彦, 長嶋康雄, 甲田貴丸, 鈴木孝之, 金子奉暁, 塩川洋之, 小池淳一, 渡邊正志, 島田英昭, 船橋公彦: 複雑痔瘻に対する括約筋温存術について.(パネルディスカッション).  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
12. ◎長嶋康雄, 小池淳一, 酒井隆光, 吉野 優, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 栗原聰元, 根本哲生, 島田英昭, 船橋公彦: pSM大腸癌のリンパ節転移についての検討.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
13. ◎小池淳一, 牛込充則, 金子奉暁, 鏡 哲, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 吉野 優, 酒井隆光, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦: 進行下部直腸癌における術前mFOLFOX6療法の検討.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
14. ◎土屋 勝, 前田徹也, 伊藤悠子, 松本 悠, 木村和孝, 吉野 翔, 石岡伸規, 保坂浩加, 久保田喜久, 大塚由一郎, 金子弘真, 島田英昭, 船橋公彦: IPMN に対する膵全摘術の適応.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
15. ◎本田善子, 石岡伸規, 皆川輝彦, 島田英昭, 船橋公彦, 瓜田純久, 島田長人: 臍から排膿したS 状結腸憩室穿孔による膿瘍形成の1例.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
16. ◎小林正明, 岸 太一, 中村陽一, 中田亜希子, 土井範子, 佐藤二美, 廣井 直樹: ビデオ講義視聴 (Video Lecture Delivery: VLD) システムの利用状況に関する調査報告.  第72回東邦医学会総会,  東京,  2018/11
17. ◎栗原聰元, 吉野 優, 牛込充則, 小池淳一, 塩川洋之, 甲田貴丸, 鈴木孝之, 長嶋康雄, 後藤麻佑, 吉野 翔, 金子奉暁, 鏡 哲, 石岡伸規, 渡邊正志, 島田英昭, 金子弘真, 船橋公彦: 骨盤臓器脱に対する治療法.  第73回日本大腸肛門病学会学術集会,  東京都,  2018/11
18. ◎長嶋康雄, 酒井隆光, 吉野 優, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 栗原聰元, 小池淳一, 島田英昭, 船橋公彦: 小腸緩和ストーマと結腸緩和ストーマの比較.  第73回日本大腸肛門病学会学術集会,  東京都,  2018/11
19. ◎牛込充則, 小池淳一, 吉野 優, 酒井隆光, 吉田公彦, 長嶋康雄, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 栗原聰元, 栃木直文, 深澤由佳, 三上哲夫, 本間尚子, 金田幸枝, 渋谷和俊, 島田英昭, 船橋公彦: 直腸癌に対する術前化学放射線療法(CRT)の効果とPET 検査を用いた評価.  第73回日本大腸肛門病学会学術集会,  東京都,  2018/11
20. ◎鏡 哲, 小池淳一, 牛込充則, 金子奉暁, 栗原聰元, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 吉野 優, 酒井隆光, 島田英昭, 船橋公彦: 大腸癌術後新規肺腫瘤病変に対する治療方針.  第73回日本大腸肛門病学会学術集会,  東京都,  2018/11
21. ◎小池淳一, 牛込充則, 金子奉暁, 鏡 哲, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 吉野 優, 後藤麻佑, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦: 下部直腸癌に対するtaTME の課題と今後の展望.  第73回日本大腸肛門病学会学術集会,  東京都,  2018/11
22. ◎吉田公彦, 田村 晃, 石井 淳, 馬越俊輔, 金子弘真, 島田英昭, 船橋公彦: 胃癌肉腫の1例.  第16回日本消化器外科学会大会(JDDW2018),  神戸市,  2018/11
23. ◎牛込充則, 鏡 哲, 酒井隆光, 吉野 優, 長嶋康雄, 金子奉暁, 栗原聰元, 小池淳一, 島田英昭, 船橋公彦: 左側閉塞性大腸癌の治療成績.  第16回日本消化器外科学会大会(JDDW2018),  神戸市,  2018/11
24. ◎石岡伸規, 伊藤正朗, 白鳥史明, 吉田公彦, 大嶋陽幸, 鈴木 隆, 谷島 聡, 島田英昭, 船橋公彦: 食道癌患者における血清SIRT3と予後の関連性の検討.  第16回日本消化器外科学会大会(JDDW2018),  神戸市,  2018/11
25. ◎松野高久, 三上哲夫, 本間尚子, 澁谷和俊, 五十嵐良典: 潰瘍性大腸炎関連腫瘍におけるエストロゲン受容体β発現について.  第16回日本消化器外科学会大会(JDDW2018),  神戸市,  2018/11
26. ◎栗原聰元, 吉野 優, 塩川洋之, 吉野 翔, 栗原奈津子, 後藤麻佑, 石岡伸規, 吉田公彦, 長嶋康雄, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 金子弘真, 松島 誠, 渡邊正志, 島田英昭, 船橋公彦: 高齢者に対する直腸脱の治療戦略.  第16回日本消化器外科学会大会(JDDW2018),  神戸市,  2018/11
27. ◎大嶋陽幸, 白鳥史明, 鈴木 隆, 名波竜規, 谷島 聡, 大塚由一郎, 船橋公彦, 根本哲生, 島田 英昭: 胃内分泌細胞性腫瘍切除例の12例の検討.  第16回日本消化器外科学会大会(JDDW2018),  神戸市,  2018/11
28. ◎谷島 聡, 鈴木 隆, 白鳥史明, 石岡伸規, 吉田公彦, 名波竜規, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田 英昭: 胸骨後胃管再建における胃管留置と縫合不全・呼吸器合併症との関連.  第16回日本消化器外科学会大会(JDDW2018),  神戸市,  2018/11
29. ◎岡田嶺, 大塚由一郎, 久保田喜久, 石井淳, 前田徹也, 土屋勝, 金子弘真, 島田英昭: 術後モニタリングが無再発を反映していた血清p53 抗体単独陽性胆管癌の切除例.  第56回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2018/10
30. ◎菊池由宣, 山口和久, 島田英昭, 五十嵐良典: 本邦における食道神経内分泌細胞癌の検討.  第56回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2018/10
31. ◎須磨崎真, 齊藤芙美, 緒方秀昭, 島田英昭: 乳癌治療中に発症した劇症型レンサ球菌症の2例.  第56回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2018/10
32. ◎石岡伸規, 大嶋陽幸, 村山健二, 白鳥史明, 吉田公彦, 鈴木隆, 谷島聡, 船橋公彦, 島田英昭: 胃癌術後再発に対するトラスツズマブ投与中に起きた肥大型心筋症の心尖部菲薄化の1 例.  第56回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2018/10
33. ◎白鳥史明, 大嶋陽幸, 大西賢, 吉田公彦, 鈴木隆, 谷島聡, 島田英昭: 進行再発胃癌における2nd line 治療としてnab-paclitaxel 投与が著効した一例.  第56回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2018/10
34. ◎牛込充則, 鍋谷圭宏, 早田浩明, 滝口伸浩, 小池淳一, 田川雅敏, 船橋公彦., 島田英昭: 大腸癌における自己抗体の陽性頻度の検討.  第56回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2018/10
35. ◎須磨崎真, 小西惇, 長山聡, 島田英昭, 植田幸嗣: 切除組織分泌エクソソーム網羅的プロテオーム解析による大腸癌診断バイオマーカー開発.  第56回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2018/10
36. ◎⽥川雅敏, 盛永敬郎, 鐘 博雅, グエン タオ, 久保秀司, 多⽥裕司, 巽 浩⼀郎, 島⽥英昭, 廣島健三, ⼭⼝直⼈: HSP90阻害剤は内因性p53発現を上昇させるが外因性p53発現をプロテアソーム活性で抑制する.  第77回日本癌学会学術総会,  大阪市,  2018/09
37. ◎グエン タオ, 盛永敬郎, 鐘 博雅, 久保秀司, 多⽥裕司, 巽 浩⼀郎, 島⽥英昭, 廣島健三, ⽥川雅敏: MDM2阻害剤による内因性p53発現上昇は、転写調節因⼦NF1発現を上昇させ腫瘍融解性ウイルスの増殖を増強させる.  第77回日本癌学会学術総会,  大阪市,  2018/09
38. ◎小西 惇, 須磨崎真, 長山 聡, 植田幸嗣: ⼤腸がん組織由来エクソソーム特異的表⾯抗原の同定とリキッドバイオプシーへの応⽤.  第77回日本癌学会学術総会,  大阪市,  2018/09
39. ◎島田英昭: p53・NY-ESO-1に対する⾃⼰抗体は⾷道扁平上⽪癌における有⽤なバイオマーカーである.  第77回日本癌学会学術総会,  大阪市,  2018/09
40. ◎須磨崎真, 小西惇, 長山聡, 島田英昭, 植田幸嗣: 切除組織培養分泌エクソソームの網羅的プロテオーム解析による大腸癌早期診断バイオマーカー開発.  第38回日本分子腫瘍マーカー研究会,  大阪市,  2018/09
41. ◎島田英昭, 谷島聡, 大嶋陽幸, 鈴木隆, 名波竜規, 白鳥史明, 須磨崎真, 石岡伸規, 岡田嶺, 村山健二, 船橋公彦, 日和佐隆樹: 固形癌に対する自己抗体パネル検査法開発の展望.  第38回日本分子腫瘍マーカー研究会,  大阪市,  2018/09
42. ◎伊藤悠子, 大塚由一郎, 松本 悠, 木村和孝, 久保田喜久, 前田徹也, 土屋 勝, 島田英昭, 船橋公彦, 金子弘真: マイクロターゼを使用した初めての腹腔鏡下肝切除術の経験.  第37回Microwave Surgery研究会,  東京都,  2018/08
43. ◎小林正明, 岸 太一, 中村陽一, 中田亜希子, 土井範子, 浜之上 誠, 佐藤二美, 廣井直樹: ビデオ講義視聴(Video Lecture Delivery: VLD)システムの利用状況に関する調査報告.  第50回日本医学教育学会大会,  東京,  2018/08
44. ◎中村陽一, 中田亜希子, 島田長人, 神部雅子, 木村伊都紀, 祖父江由起子, 永井由美子, 平田香苗, 渕本雅昭, 松本幸則, 廣井直樹: 「多職種で考える臨床倫理検討会」の定期開催への取り組み.  第50回日本医学教育学会大会,  東京,  2018/08
45. ◎中村陽一, 島田英昭, 土井範子, 中田亜希子, 原 文彦, 岸 太一, 小林正明, 廣井直樹, 並木 温, 佐藤二美: 卒前医学教育における看取りの態度と技能を学修するための演習の試み.  第50回日本医学教育学会大会,  東京,  2018/08
46. ◎長嶋康雄, 吉野 優, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 小池淳一, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦: 一時的ストーマ造設術後のイレウスについての検討.  第73回日本消化器外科学会総会,  鹿児島市,  2018/07
47. ◎岡田 嶺, 大塚由一郎, 土屋 勝, 前田徹也, 石井 淳, 片桐敏雄, 久保田喜久, 船橋公彦, 島田英昭: 膵癌切除症例における血漿フィブリノゲン値の予後因子としての意義.  第73回日本消化器外科学会総会,  鹿児島市,  2018/07
48. ◎牛込充則, 小池淳一, 栗原聰元, 金子奉暁, 鏡 哲, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 吉野 優, 島田英昭, 船橋公彦: 原発巣切除を行なった同時性肝転移(H2,H3) を伴った大腸癌症例における予後因子の検討.  第73回日本消化器外科学会総会,  鹿児島市,  2018/07
49. ◎小池淳一, 牛込充則, 金子奉暁, 鏡 哲, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦: 下部直腸癌に対するdown to up surgery の有用性に関する検討.  第73回日本消化器外科学会総会,  鹿児島市,  2018/07
50. ◎竹山照明, 船橋公彦, 保坂浩加, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 栗原聰元, 小池淳一, 島田英昭: 外科手術における砕石位に関する合併症のリスクマネジメント.  第73回日本消化器外科学会総会,  鹿児島市,  2018/07
51. ◎鈴木 隆, 石岡伸規, 山川輝記, 吉野 優, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 当院における噴門側胃切除術ダブルトラクト再建の検討.  第73回日本消化器外科学会総会,  鹿児島市,  2018/07
52. ◎栗原聰元, 船橋公彦, 小池淳一, 吉野 優, 牛込充則, 金子奉暁, 鏡 哲, 島田英昭, 松島 誠, 金子弘真: 189 例の直腸脱に対するAltemeier 法(経会陰手術) とRectopexy(腹腔鏡手術) との比較検討.  第73回日本消化器外科学会総会,  鹿児島市,  2018/07
53. ◎谷島聡, 鈴木 隆, 白鳥史明, 名波竜規, 伊藤正朗, 村山健二, 大嶋陽幸, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌術後晩期合併症; 最近10 年間経験した手術症例の検討.  第73回日本消化器外科学会総会,  鹿児島市,  2018/07
54. ◎大西 賢, 谷島 聡, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 名波竜規, 吉田公彦, 白鳥史明, 石岡伸規, 船橋公彦, 島田英昭: 血液透析を行っている末期腎不全を併存した胃癌患者における周術期手術成績.  第849回外科集談会,  東京都,  2018/07
55. ◎谷島 聡, 鈴木 隆, 大熊新之助, 藤井毅郎, 名波竜規, 大嶋陽幸, 白鳥史明, 根本哲生, 船橋公彦, 島田英昭: 縦隔鏡・左開胸アプローチで大動脈合併切除を施行した進行バレット食道癌の一例.  第72回日本食道学会学術集会,  宇都宮市,  2018/06
56. ◎島田脩平, 白鳥史明, 吉田公彦, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 術後1年半で再発し急激な経過をたどったStage 1A 食道癌の1例.  第72回日本食道学会学術集会,  宇都宮市,  2018/06
57. ◎鈴木 隆, 谷島 聡, 名波竜規, 大嶋陽幸, 大熊新之介, 藤井毅郎, 根本哲生, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌術後(T1aN0M0),#112Ao リンパ節再発に対する下行大動脈置換を施行した1例.  第72回日本食道学会学術集会,  宇都宮市,  2018/06
58. ◎渕之上和弘, 根本哲生, 若山 恵, 栃木直文, 鈴木 隆, 谷島 聡, 島田英昭, 五十嵐良典, 澁谷和俊: 食道表在癌におけるリンパ節転移の予測因子の臨床病理学的検討.  第72回日本食道学会学術集会,  宇都宮市,  2018/06
59. ◎石岡伸規, 鈴木 隆, 白鳥史明, 吉田公彦, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌気管支食道瘻に対して気管支ステント留置後に食道胃管バイパス術を施行した1例.  第72回日本食道学会学術集会,  宇都宮市,  2018/06
60. ◎島田英昭: 査読者にとって魅力的な食道癌臨床論文とは?.  第72回日本食道学会学術集会,  宇都宮市,  2018/06
61. ◎島田英昭: 腫瘍外科領域の論文執筆の留意点とは?.  第177回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  東京都,  2018/06
62. ◎長嶋康雄, 吉野 優, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 栗原聰元, 小池淳一, 島田英昭, 船橋公彦: 消化管緩和ストーマ造設の治療成績.  第43回日本外科系連合学会学術集会,  東京都,  2018/06
63. ◎渕之上和弘, 根本哲生, 若山 恵, 栃木直文, 島田英昭, 五十嵐良典, 澁谷和俊: 表在型食道癌におけるリンパ節転移の予測因子の臨床病理学的検討.  第107回日本病理学会総会,  札幌市,  2018/06
64. ◎小池淳一, 牛込充則, 金子奉暁, 鏡 哲, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦: 前立腺浸潤直腸癌に対する肛門操作の有用性について.  第28回骨盤外科機能温存研究会,  千葉市,  2018/06
65. ◎中村陽一, 高宮有介, 斎藤真理, 黒子幸一, 大嶋健三郎, 伊藤優子, 三宅智, 廣井直樹, 佐藤二美, 島田英昭: 医学部における緩和医療教育の現状と課題.  第12回日本緩和医療薬学会,  東京,  2018/05
66. ◎木村和孝, 土屋 勝, 吉野 翔, 澤口悠子, 松本 悠, 久保田喜久, 前田徹也, 片桐敏雄, 大塚由一郎, 島田英昭, 金子弘真, 船橋公彦: 膵尾部インスリノーマに対する腹腔鏡下膵縮小手術.  第72回手術手技研究会,  徳島市,  2018/05
67. ◎島田英昭: シンポジウム1「臨床検体を用いたトランスレーショナルリサーチ」血清SEREX 抗体を利用した消化器癌診断の工夫.  第104回日本消化器病学会総会,  東京都,  2018/04
68. ◎伊藤正朗, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 鈴木 隆, 名波竜規, 白鳥史明, 大塚由一郎, 船橋公彦, 根本哲生, 島田英昭: 血清PD-L1 は胃癌予後因子となるか?.  第118回日本外科学会定期学術集会,  東京都,  2018/04
69. ◎石岡伸規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 大島陽幸, 名波竜規, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌扁平上皮癌における血清SCC 抗原値の基準値と予後との関係について.  第118回日本外科学会定期学術集会,  東京都,  2018/04
70. ◎村山健二, 石岡伸規, 名波竜規, 鈴木隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌周術期におけるsystemic inflammatory index の予後因子としての意義.  第118回日本外科学会定期学術集会,  東京都,  2018/04
71. ◎土屋 勝, 大塚由一郎, 鷲澤尚宏, 前田徹也, 片桐敏雄, 久保田喜久, 澤口悠子, 木村和孝, 吉野 翔, 山川輝記, 栗原奈津子, 島田英昭, 金子弘真, 船橋公彦: 非切除膵癌に対するバイパス術例の術前栄養評価と予後の検討.  第118回日本外科学会定期学術集会,  東京都,  2018/04
72. ◎岡田 嶺, 星野 敢, 鍋谷圭宏, 大塚由一郎, 島田英昭: 肝細胞癌における腫瘍関連抗原に対する自己抗体の解析.  第118回日本外科学会定期学術集会,  東京都,  2018/04
73. ◎牛込充則, 小池淳一, 鈴木孝之, 早田浩明, 滝口信浩, 田川雅敏, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭: SEREX 法により抽出した4 抗原による大腸癌血清の解析.  第118回日本外科学会定期学術集会,  東京都,  2018/04
74. ◎大嶋陽幸, 栗原奈津子, 石岡伸規, 吉野 優, 長嶋康雄, 鈴木 隆, 名波竜規, 谷島 聡, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭: 胃癌手術症例における血清p53 抗体価の意義(CEA,CA19-9 との比較).  第118回日本外科学会定期学術集会,  東京都,  2018/04
75. ◎的場周一郎, 黒柳洋弥, 森山 仁, 戸田重夫, 花岡 裕, 富沢賢治, 島田英昭: 術前放射線治療を施行した局所進行下部直腸癌における血液バイオマーカーの予後因子としての意義.  第118回日本外科学会定期学術集会,  東京都,  2018/04
76. ◎鈴木 隆, 栗原奈津子, 石岡伸規, 吉野 優, 長嶋康雄, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌における術前prognostic nutritional index 値と術後変化および予後との関連性についての検討.  第118回日本外科学会定期学術集会,  東京都,  2018/04
77. ◎名波竜規, 島田英昭, 白鳥史明, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 大塚由一郎, 鷲澤尚宏, 船橋公彦: 胃癌患者における血清RalA 抗体の臨床病理学的検討.  第118回日本外科学会定期学術集会,  東京都,  2018/04
78. ◎Shimada H(Special Remarks): Symposia17 [English] Current status and prospects in translational research.  77th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association(第77回日本癌学会学術総会),  Osaka,  2018/09
79. ◎Morinaga T, Nguyen TT, Zhong B, Kubo S, Sekine I, Tada Y, Tatsumi K, Shimada H, Hiroshima K, Tagawa M: A Wee1 kinase inhibitor enhances replication and infectivity of oncolytic adenoviruses in p53-deficient cells.  77th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association(第77回日本癌学会学術総会),  Osaka,  2018/09
80. ◎Okada R, Otsuka Y, Tsuchiya M, Ishii J, Katagiri T, Maeda T, Kubota Yoshihisa, Kaneko H, Shimada H: Serum p53 antibody as a potential tumor marker in extrahepatic cholangiocarcinoma and pancreatic cancer.  30th Meeting of the Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery (JSHBPS),  Yokohama,  2018/06
81. ◎Kimura K, Kubota Yoshihisa, Yoshino S. Ito Y, Matsumoto Y, Maeda T, Katagiri T, Otsuka Y, Shimada H, Kaneko H, Funahashi K: a case of hand assisted laparoscopic surgery for liver metastasis after surgery for abdominal wall penetration of sigmoid colon cancer.  30th Meeting of the Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery (JSHBPS),  Yokohama,  2018/06
国際学会
1. ◎Shimada H: Auto-Antibodies against Tumor Anigens Are Useful Biomarkers in Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma.  16th World Congress of the International Society for Diseases of the Esophagus(ISDE2018),  Vienna, Austria,  2018/09
2. ◎Yajima S, Suzuki Takashi, Nanami T, Oshima Y, Shiratori F, Shimada H: Radical Esophagectomy Combined with Resection of Invaded Descending Aorta for t4 Barrett's Esophageal Cancer.  16th World Congress of the International Society for Diseases of the Esophagus(ISDE2018),  Vienna, Austria,  2018/09
3. ◎Kakizaki N, Asai K, Watanabe M, Matsukiyo H, Saito T, Moriyama H, Kujiraoka M, Nakamura Y, Enomoto T, Saida Y, Enomoto Y, Kusachi S: A case of lower bile duct adenosquamous carcinoma.  The64th Annual Congress of International College of Surgeons JAPAN Section,  Nagasaki, Japan,  2018/06
4. ◎Kiribayashi.T,Saida.Y,Watanabe.M,Nakamura.Yo,Okamoto.Y,Asai.K,Enomoto.T,Nishimuta.H,Hagiwara.O,Niitsuma.T,Ito.K,Kusachi.S: Evaluation of cases thoracoscopic extended thymectomy for thymoma of large diameter.  The64th Annual Congress of International College of Surgeons JAPAN Section,  Nagasaki, Japan,  2018/06
その他
1. ◎中村陽一: 緩和ケアを「6W1H」で考える.  東京都病院薬剤師会 城南・島しょ支部勉強会,  東京,  2018/12
2. ◎中村陽一: 倦怠感・食欲不振.  がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(国際医療福祉大学三田病院),  東京,  2018/11
3. ◎中村陽一: 消化器症状.  がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(東邦大学医療センター佐倉病院),  千葉,  2018/09
4. ◎中村陽一: オピオイドを開始するとき.  がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(東邦大学医療センター佐倉病院),  千葉,  2018/09
5. ◎中村陽一: 有痛性骨転移に対するオピオイドによる治療戦略.  学術講演会〜骨転移 up to date〜,  東京,  2018/07
6. ◎中村陽一: つらさの包括的評価と症状緩和.  栃木県緩和ケア研修会(獨協医科大学主催),  栃木県,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者