東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部医学科研究推進室
 

講師:
  藤澤 千恵
  吉澤 定子
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















藤澤 千恵   講師
              1
(1)
 3
 
 2
(1)
 
 
 0 0  0 0  0  1
(1)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. ◎岡根谷哲哉、中道美保、藤澤千恵、青木茂久、荻野晶弘、岡田恵美、三上哲夫、大西 清、赤坂喜清: コラーゲンゲル3次元培養による肉芽組織からの骨髄間葉系前駆細胞(Fibrocyte)の誘導.  第27回日本形成外科学会基礎学術集会,  東京,  2018/10
2. ◎岡根谷哲哉、中道美保、藤澤千恵,青木茂久,三上哲夫,大西清,赤坂喜清: 組織修復における骨髄間葉系前駆細胞(Fibrocyte)による血管新生メカニズム.  第37回分子病理学研究会,  佐賀,  2018/07
3. ◎藤澤 千恵、青木 茂久、岡根谷 哲哉、中道 美保、深澤 由里、 本間 尚子、大西 清、三上 哲夫、赤坂 喜清: コラーゲンゲル三次元培養による骨髄間葉系前駆細胞(Fibrocyte)の誘導 と管腔様構造の形成.  第 107 回日本病理学会総会,  札幌、日本,  2018/06
4. ◎吉田友英,: 前庭神経炎1ヶ月後の患側別の体平衡機能の変化.  第119回日本耳鼻咽喉科学会,  横浜,  2018/05
国際学会
1. ◎Yoshikiyo Akasaka, Chie Fujisawa, Tetsuya Okaneya, Miho Nakamichi, Yuri Akishima-Fukasawa, Naoko Honma, Sachie Kanada, Tetsuo Mikami: Possible role of bFGF-induced miR146b-5p expression in wounds for tissue repair.  The 107th Annual Meeting of The Japanese Society of Pathology,  Sapporo, Japan,  2018/06
2. ◎Yoshikiyo Akasaka, Tetsuya Okaneya, Chie Fujisawa, Miho Nakamichi, Kiyoshi Onishi, Yuri Akishima-Fukasawa, Naoko Honma, Tetuo Mikami: Phenotypic Change In Angiogenic Fibrocytes In Planter Decubitus Ulcers In Rats.  2018 WHS Annual Meeting,  Charlotte, NC, USA,  2018/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者