東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部医学科研究推進室
 

講師:
  藤澤 千恵
  吉澤 定子
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















藤澤 千恵   講師
              1
(1)
 3
 
 2
(1)
 
 
吉澤 定子   講師
  1 1 1   1       1
 4
(4)
 
 
 
 2
(2)
 0 1  0 0  0  2
(1)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Igarashi Y, Tashiro S, Enoki Y, Taguchi K, Matsumoto K, Ohge H, Suzuki H, Nakamura A, Mori N, Morinaga Y, Yamagishi Y, Yoshizawa S, Yanagihara K, Mikamo H, Kunishima H.:  Oral vancomycin versus metronidazole for the treatment of Clostridioides difficile infection: Meta-analysis of randomized controlled trials.  Journal of Infection and Chemotherapy  24 (11) :907 -914 , 2018
2. Yoshizawa S, Matsumura T, Ikebe T, Ichibayashi R, Fukui Y, Satoh T, Tsubota T, Honda M, Ishii Y, Tateda K, Ato M.:  Streptococcal toxic shock syndrome caused by β-hemolytic streptococci: Clinical features and cytokine and chemokine analyses of 15 cases.  Journal of Infection and Chemotherapy  ahead of print :ahead of print , 2019
その他
1. 國島 広之, 大毛 宏喜, 鈴木 広道, 中村 敦, 松元 一明, 三鴨 廣繁, 森 伸晃, 森永 芳智, 柳原 克紀, 山岸 由佳, 吉澤 定子:  Clostridioides(Clostridium) difficile感染症診療ガイドライン.  感染症学雑誌  92 (6) :819 -854 , 2018
■ 著書
1. 吉澤 定子:  免疫再構築症候群(HIV及びnon-HIV).  感染症 最新の治療、2019-2021  241-244.  南江堂,  東京、日本, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. 吉澤 定子: シンポジウム1. 蔓延する性感染症への対策と検査.梅毒の検査・治療における留意点..  第30回日本臨床微生物学会総会,  東京,  2019/02
2. ◎岡根谷哲哉、中道美保、藤澤千恵、青木茂久、荻野晶弘、岡田恵美、三上哲夫、大西 清、赤坂喜清: コラーゲンゲル3次元培養による肉芽組織からの骨髄間葉系前駆細胞(Fibrocyte)の誘導.  第27回日本形成外科学会基礎学術集会,  東京,  2018/10
3. 吉澤 定子: 第43回抗菌薬適正使用生涯教育セミナー 高齢者肺炎における抗菌薬のmisuse/overuse..  第65回日本化学療法学会東日本支部総会,  東京,  2018/10
4. ◎岡根谷哲哉、中道美保、藤澤千恵,青木茂久,三上哲夫,大西清,赤坂喜清: 組織修復における骨髄間葉系前駆細胞(Fibrocyte)による血管新生メカニズム.  第37回分子病理学研究会,  佐賀,  2018/07
5. ◎藤澤 千恵、青木 茂久、岡根谷 哲哉、中道 美保、深澤 由里、 本間 尚子、大西 清、三上 哲夫、赤坂 喜清: コラーゲンゲル三次元培養による骨髄間葉系前駆細胞(Fibrocyte)の誘導 と管腔様構造の形成.  第 107 回日本病理学会総会,  札幌、日本,  2018/06
6. ◎吉田友英,: 前庭神経炎1ヶ月後の患側別の体平衡機能の変化.  第119回日本耳鼻咽喉科学会,  横浜,  2018/05
7. 吉澤 定子: 第23回症例から学ぶ感染症セミナー、壊死性筋膜炎の疫学と病態生理.  第92回日本感染症学会学術講演,  岡山,  2018/05
8. ◎吉澤 定子, 前田 正, 佐藤 高広, 福井 悠人, 宮崎 泰斗, 石井 良和, 舘田 一博.: 梅毒診療に関する臨床的検討 日米ガイドラインによる治療の比較.  第92回日本感染症学会総会,  岡山,  2018/05
9. 吉澤 定子: シンポジウム6. CDI診療ガイドライン CDIの定義とリスクファクター 重症・難治性・再発..  第92回日本感染症学会総会,  岡山,  2018/05
国際学会
1. ◎Yoshikiyo Akasaka, Chie Fujisawa, Tetsuya Okaneya, Miho Nakamichi, Yuri Akishima-Fukasawa, Naoko Honma, Sachie Kanada, Tetsuo Mikami: Possible role of bFGF-induced miR146b-5p expression in wounds for tissue repair.  The 107th Annual Meeting of The Japanese Society of Pathology,  Sapporo, Japan,  2018/06
2. ◎Yoshikiyo Akasaka, Tetsuya Okaneya, Chie Fujisawa, Miho Nakamichi, Kiyoshi Onishi, Yuri Akishima-Fukasawa, Naoko Honma, Tetuo Mikami: Phenotypic Change In Angiogenic Fibrocytes In Planter Decubitus Ulcers In Rats.  2018 WHS Annual Meeting,  Charlotte, NC, USA,  2018/04
その他
1. 吉澤 定子: 特別講演、CDIに関する最近の話題.  第19回感染症フォーラム,  新潟,  2019/01
2. 吉澤 定子: 本邦におけるインフルエンザ診療の現状..  第33回東邦会東京城東支部総会,  東京,  2018/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者