東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 臨床検査医学研究室(佐倉)
 Department of Laboratory Medicine (Sakura)

教授:
  武城 英明
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















武城 英明   教授
  1  3          
 2
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Vongpromek R, Bos S, Ten Kate GR, Bujo H, Jiang M, Nieman K, Schneider W, Roeters van Lennep JE, Verhoeven AJM, Sijbrands EJG, Mulder MT.:  Soluble LR11 associates with aortic root calcification in asymptomatic treated male patients with familial hypercholesterolemia.  Atherosclerosis  DOI :010.1016/j.atherosclerosis.2017.06.018 , 2017
2. Hashimoto1 R, Jiang M, Shiba T, Hiruta N, Takahashi M, Higashi M, Hori Y, Bujo H, Maeno T:  Soluble form of LR11 is highly increased in the vitreous fluids of patients with idiopathic epiretinal membrane.  Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol.  255 (5) :885 -891 , 2017
総説及び解説
1. 渡部俊之, 平山 哲, 三井田孝, 根間敏郎, 武城英明:  トリグリセライド(TG)の代謝と測定法の問題点.  臨床化学  46 :127 -132 , 2017
その他
1. Ota Y, Ishikawa F, Sato T, Hiruta N, Kitamura M, Ikemiyagi Y, Bujo H, Fujiwara M, Suzuki M:  A case of refractory chronic rhinosinusitis with anti-desmoglein 3 IgG4 autoantibody.  Allergology International  66 :1 -3 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎武城英明: 脂質異常症の診療と治療.  地域包括ケアを考える病病連携の会2017,  佐倉市,  2017/08
2. ◎橋本りゅう也, 武城英明, 柴友明, 蛭田啓之, 高橋真生, 堀裕一, 前野貴俊: 特発性黄斑前膜において増加する硝子体可溶型LR11の病的意義の検討.  第121回日本眼科学会総会,  東京,  2017/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者