東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 東洋医学研究室(大森)
 Department of Traditional Medicine (Omori)

講師:
  田中 耕一郎
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















田中 耕一郎   准教授
 1 1  2          
 1
(1)
 
 
 
 
田中 耕一郎   講師
 1 1  2          
 1
(1)
 
 
 
 
奈良 和彦   助教
  1            
 
 
 
 
 
 2 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Chiba K, Wada T, Nakamura Y, Cao X, Hagiwara-Nagasawa M, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Tanaka K, Naito AT, Sugiyama A:  Analysis of proarrhythmic potential of an atypical antipsychotic drug paliperidone in the halothane-anesthetized dogs.  Journal of pharmacological sciences  134 (4) :239 -246 , 2017
総説及び解説
1. 田中耕一郎:  漢方薬と身近な植物 日本の土壌と文化のルーツ 中南米の食材.  医と食  9 :93 -95 , 2017
症例報告
1. 國嶋徹,髙橋浩子,奈良和彦,千葉浩輝,田中耕一郎:  漢方と鍼灸の併用による春の病の治療.76: 93-95, 2017.  医道の日本  76 :68 -74 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎千葉浩輝, 和田剛, 中村裕二, Xin Cao, 長澤(萩原)美帆子, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 田中耕一郎, 内藤篤彦, 杉山篤: 非定型抗精神病薬paliperidoneの催不整脈作用の評価.  第71回東邦医学会総会,  東京,  2017/11
国際学会
1. ◎Goto A, Nakamura Y, Chiba K, Lubna NJ, Hagiwara-Nagasawa M, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Naito AT, Sugiyama A: Electropharmacological effects of antibiotic azithromycin in microminipigs: Propose of new potential mechanisms for lethal arrhythmia leading to sudden death.  10th Joint Seminar on Biomedical Sciences,  Tokyo,  2017/11
  :Corresponding Author
  :本学研究者