東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 病院病理学講座(大森)
 Department of Surgical Pathology (Omori)

教授:
 澁谷 和俊
准教授:
 根本 哲生
講師:
 若山 恵
 栃木 直文
 大久保 陽一郎
助教:
 密田 亜希
 石渡 誉郎
 江嶋 梢
■ 概要
臨床医学としての病理学との立場から、日常の病理診断検体を対象とした人体病理学研究、臨床各科と共同の臨床病理学研究、これらを補完する疾患モデル動物研究を3つの柱として研究を行っている。医療の現場から新たな研究が生まれ、その成果が医療に還元されることが理想と考える。
1.深在性真菌症に関する病理学的研究:
臓器移植における免疫抑制や HIV 感染等,感染防御能の撹乱状態の中で,致死的な感染症として発症する深在性真菌症に関する病態解析や形態・分子生物学的診断法についての研究を行っている。また、いまだ不明な点の多い真菌に由来する生物活性物質の構造と生体活性について、難治性疾患との関連を中心として研究を行っている。
2.腫瘍病理学に関する研究:
消化管癌を中心とした腫瘍病理学研究を今後推進する計画である。1)早期食道癌における血管形態解析、2)食道癌発生に関与するエピジェネティック変化の解析、3)胃癌におけるHER2関連分子発現解析が進行中である。
3.稀少人体例に関する病理学的解析
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)  (研究課題番号:25461516)
 研究課題:新規蛋白抗原を用いた接合菌症の早期診断法および免疫治療法の開発  (研究分担者:澁谷 和俊)
 研究補助金:130000円  (分担)
2.  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)若手研究(B)  (研究課題番号:26860250)
 研究課題:病理標本を用いた深在性糸状菌症に対する発生動向調査  (研究代表者:栃木 直文)
 研究補助金:3770000円  (代表)
3.  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)若手研究(C)
 研究課題:肺高血圧症の肺動脈構築改変機構に関与する遺伝子発現局在の解析  (研究代表者:若山 恵)
 研究補助金:2800000円  (代表)
4.  国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)委託研究開発感染症実用化研究事業  (研究課題番号:15fk0108004h003)
 研究課題:真菌感染症の病態解明及び検査・治療法の確立とサーベイランスに関する研究  (研究分担者:澁谷 和俊)
 研究補助金:597600円  (分担)
5.  国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)感染症実用化研究事業 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発研究事業  (研究課題番号:15fk0108026h0202)
 研究課題:酵母様真菌感染症の病原性解明と疫学・診断法・制御法の研究  (研究分担者:澁谷 和俊)
 研究補助金:700000円  (分担)
6.  平成27年度額田奨学金
 研究課題:病理標本を用いた深在性糸状菌症に対する発生動向調査  (研究代表者:栃木直文)
 研究補助金:300000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















渋谷 和俊   教授
  6  21          2
 68
(10)
 
 8
 4
(3)
 2
(2)
根本 哲生   准教授
 3 7  7  1        
 52
(6)
 
 7
 
 1
(1)
大久保 陽一郎   講師
  2 1 8  1        1
 20
(2)
 2
 5
 
 
栃木 直文   講師
  3 1 10   1       4
(1)
 29
(2)
 1
 7
 
 1
(1)
若山 恵   講師
 1 3  8          2
(1)
 19
(3)
 1
 6
 
 
石渡 誉郎   助教
  1  4          3
 12
(3)
 1
 5
 
 
密田 亜希   助教
              
 3
 
 3
 
 
 4 2  2 0  0  12
(2)
 5
(0)
 4
(3)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 若山恵, 篠崎稔, 澁谷和俊:  なぜ確定診断すべきなのか~治療への影響~.  医薬ジャーナル  51 (6) :69 -72 , 2015
2. 根本哲生:  バレット腺癌.  病理と臨床  (33) :75 , 2015
3. 根本哲生, 小林純子, 若山恵:  カンジダ症.  病理と臨床  (33) :81 , 2015
4. 根本哲生:  ヘルペス感染.  病理と臨床  (33) :82 , 2015
5. Okubo Y, Nemoto T, Wakayama M, Tochigi N, Shinozaki M, Ishiwatari T, Aki K, Tsuchiya M, Aoyama H, Katsura K, Fujii T, Nishigami T, Yokose T, Ohkura Y, Shibuya K:  Gangliocytic paraganglioma: a multi-institutional retrospective study in Japan.  BMC Cancer  15 (269) :online journal , 2015
6. Kurosaka Y, Shiroya Y, Yamauchi H, Kaneko T, Okubo Y, Shibuya K, Minato K:  Effects of habitual exercise and dietary restriction on intrahepatic and periepididymal fat accumulationin Zucker fatty rats.  BMC Research Notes  8 (121) :online journal , 2015
7. Tochigi N, Ishiwatari T, Okubo Y, Ando T, Shinozaki M, Aki K, Gocho K, Hata Y, Murayama S, Wakayama M, Nemoto T, Hori Y, Shibuya K:  Histological study of chronic pulmonary aspergillosis.  Diagnostic Pathology  10 :153 , 2015
8. Fukutake K, Ishiwatari T, Takahashi H, Tsuchiya K, Okubo Y, Shinozaki M, Tochigi N, Wakayama M, Nemoto N, Shibuya K, Wada A:  Investigation of ossification in the posterior longitudinal ligament using micro-focus X-ray CT scanning and histological Examination.  Diagnostic Pathology  :published on line , 2015
9. Urai M, Kaneko Y, Ueno K, Okubo Y, Aizawa T, Fukazawa H, Sugita T, Ohno H, Shibuya K, Kinjo Y, Miyazaki Y.:  Evasion of Innate Immune Responses by the Highly Virulent Cryptococcus gattii by Altering Capsule Glucuronoxylomannan Structure.  Frontiers in Cellular and Infection Microbiology  5 (101) :online journal -Online journal , 2016
10. Ueno K, Kinjo Y, Okubo Y, Aki K, Urai M, Kaneko Y, Shimizu K, Wang D, Okawara A, Nara T, Ohkouchi K, Mizuguchi Y, Kawamoto S, Kamei K, Ohno H, Niki Y, Shibuya K, Miyazaki Y:  Dendritic cell-based immunization ameliorates pulmonary infection with highly virulent Cryptococcus gattii.  Infection and Immunity  83 (4) :1577 -1586 , 2015
11. Hata Y, Otsuka H, Makino T, Koezuka S, Sugino K, Shiraga N, Tochigi N, Shibuya K, Homma S, Iyoda A:  Surgical treatment of chronic pulmonary aspergillosis using preventive latissimus dorsi muscle flaps.  J Cardiothorac Surg  10 :151 , 2015
12. Aki K, Okubo Y, Nanjo H, Ishiwatari T, Nihonyanagi Y, Tochigi N, Wakayama M, Nemoto T, Fukutake K, Shinozaki M, Hori Y, Masuda H, Shibuya K:  Genomic analysis for single nucleotide polymorphisms (Asp299Gly and Thr399lle) in Japanese patients with invasive aspergillosis.  Japanese Journal of Infectious Diseases  68 (4) :330 -332 , 2015
13. Makino T, Hata Y, Otsuka H, Koezuka S, Isobe K, Tochigi N, Shiraga N, Shibuya K, Homma S, Iyoda A:  Predicted extracapsular invasion of hilar lymph node metastasis by fusion positron emission tomography/computed tomography
in patients with lung cancer.  MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY  3 (5) :1035 -1040 , 2015
14. Koezuka S, Hata Y, Otsuka H, Makino T, Tochigi N, Shibuya K, Iyoda A:  Metachronous second primary lung cancer surgically treated 5 years or after the initial surgery.  Molecular and Clinical Oncology  3 (5) :1025 -1028 , 2015
15. Keishi Sugino, Kyoko Gocho, Naoshi Kikuchi, Kazutoshi Shibuya,Toshimasa Uekusa, Sakae Homma:  Acute exacerbation of combined pulmonary fibrosis and emphysema associated with Hermansky–Pudlak syndrome.  Respirology Case Reports  (4) :13 -15 , 2016
総説及び解説
1. 根本哲生.:  病理からみた咽頭・食道表在癌の深達度診断.  胃と腸  50 (5) :507 -514 , 2015
2. 木村和孝, 船橋公彦, 小池淳一, 金子弘真, 井内亜美, 根本哲生:  巨大リンパ節転移を伴った小型下行結腸低分化腺癌.  外科  77 (5) :561 -567 , 2015
3. 若山 恵、大久保陽一郎、栃木直文:  新興・再興感染症と病理ー話題の真菌症.  病理と臨床  33 (8) :855 -861 , 2015
4. 根本哲生.:  【病理診断クイックリファレンス】(第5章)食道・胃 バレット腺癌.  病理と臨床  33 (臨時増刊) :75 -75 , 2015
5. 根本哲生.:  【病理診断クイックリファレンス】(第5章)食道・胃 ヘルペス感染.  病理と臨床  33 (臨時増刊) :82 -82 , 2015
症例報告
1. 塩澤一恵, 渡邉学, 池原孝, 荻野悠, 馬越智子, 衛藤綾, 石渡誉郎, 根本哲生, 渋谷和俊, 三塚幸夫, 工藤岳秀, 八鍬恒芳, 丸山憲一, 五十嵐良典, 住野泰清:  薬剤溶出ビーズによる肝動脈化学塞栓術(DEB-TACE)後に造影超音波で腫瘍内出血と治療評価ができた肝細胞癌の2症例.  Rad Fan  13 (5) :40 -43 , 2015
2. 仲村泰彦, 杉野圭史, 後町杏子, 伊豫田明, 大久保陽一郎, 植草利公, 本間栄:  長期経過を追えた濾胞性細気管支炎を合併した関節リウマチの1例.  Therapeutic Research  36 (6) :555 -556 , 2015
3. 三上栄, 丸尾正幸, 山下幸政, 孫永基, 板井良輔, 小野洋嗣, 安村聡樹, 池田英司, 高田 真理子, 住友靖彦, 勝山栄治, 根本哲生.:  早期胃癌研究会症例 小腸多発悪性黒色腫の1例.  胃と腸  50 (7) :957 -966 , 2015
4. 小林康次郎, 菊池由宣, 池原孝, 三村享彦, 木村隆輔, 松清靖, 吉本憲介, 五十嵐良典, 住野泰清, 大津秀一, 根本哲生, 渋谷和俊:  化学療法でDisseminated Intravascular Coagulation(DIC)の改善と長期生存が得られた胃癌骨髄癌腫症の1例.  東邦医学会会誌  62 (2) :124 -129 , 2015
5. 土橋七絵, 片山雄治, 権田恭広, 杤久保哲男, 堀裕一, 栃木直文, 澁谷和俊:  上眼瞼脂腺癌に対し腫瘍切除術および眼瞼再建術を施行した1例.  東邦医学会雑誌  62 (4) :261 -264 , 2015
6. 鵜木勉, 中島陽太, 中西雄亮, 田村公嗣, 永田雅人, 山辺史人, 小林秀行, 田中祝江, 青木九里, 中島耕一, 二本柳康博, 栃木直文, 渋谷和俊:  外傷性陳旧性巨大陰嚢内血腫の1例.  泌尿器外科  28 (11) :1853 -1856 , 2015
7. 鵜木勉, 中島陽太, 中西雄亮, 田村公嗣, 永田雅人, 山辺史人, 小林秀行, 田中祝江, 鈴木九里, 中島耕一, 三上哲夫, 石川由紀雄, 澁谷和俊:  限局性膀胱アミロイドーシスの1例.  泌尿器外科  29 (2) :169 -172 , 2016
8. Yao T,Otsuka H, Koezuka S, Makino T, Hata Y, Ishiwatari T, Shibuya K, Iyoda A:  Intraosseous schwannoma of rib with severe back pain and characteristic pathological findings.  Annals of thoracic surgery  102 :e155 -e157 , 2016
9. Nihon-Yanagi Y, Ishiwatari T, Otsuka Y, Okubo Y, Tochigi N, Wakayama M, Nemoto T, Watanabe M, Kaneko H, Sumino Y, Shibuya K:  A case of postoperative hepatic granuloma presumptively caused by surgical staples/clipping materials.  Diagnostic Pathology  10 (90) :online journal , 2015
10. Furuya K, Otsuka H, Koezuka S, Makino T, Hata Y, Wakayama M, Shibuya K, Iyoda A:  Resection of pulmonary endometriosis using video-assisted thoracoscopic surgery under preoperative CT-guided marking.  General thoracic and cardiovascular surgery  :1 -4 , 2015
11. Saito T, Makino T, Hata Y, Koezuka S, Otsuka H, Isobe K, Tochigi N, Shibuya K, Homma S, Iyoda A:  Giant thymoma successfully resected via anterolateral thoracotomy: a case report.  Journal of Cardiothoracic Surgery  10 :110 -112 , 2015
12. Makino T, Hata Y, Otsuka H, Koezuka S, Okubo Y, Isobe K, Tochigi N, Shibuya K, Homma S, Iyoda A:  Simultaneous resection of bilateral anomalous systemic supply to the basal segments of the lungs: a case report.  Journal of Cardiothoracic Surgery  10 :140 -143 , 2015
13. Kameda T, Makino T, Sakai T, Koezuka S, Otsuka H, Hata Y, Tochigi N, Shibuya K, Iyoda A:  Asymptomatic costal exostosis with thickening in the pericardium: a case report.  Journal of cardiothoracic surgery  11 :36 , 2016
14. Furuya K, Isobe K, Sano G, Kaburaki K, Gocho K, Ishida F, Kikuchi N, Sugino K, Sakamoto S, Takai Y, Otsuka H, Hata Y, Iyoda A, Wakayama M, Shibuya K, Homma S:  Thymoma exhibiting spontaneous regression in size, pleural effusion and serum cytokeratin fragment level: A case report.  Molecular and Clinical Oncology  3 (5) :1058 -1062 , 2015
15. Fukano R, Iida Y, Hasegawa K, Yokoyama Y, Wada A, Takeuchi S, Shibuya K, Takahashi H:  Spinal Epidural Cavernous Hemangioma of the Thoracic Spine: A Case Report.  Open Journal of Orthopedics  5 (10) :311 -318 , 2015
16. Takeuchi S, Yokoyama Y, Iida Y, Hasegawa K, Wada A, Fukano R, Shibuya K, Takahashi H:  A Case of Thoracic Disc Herniation Extruded to the Dorsal Epidural Space.  Open Journal of Orthopedics  (5) :229 -234 , 2015
17. Funahashi K, Nemoto T, Koike J, Kurihara A, Shiokawa H, Ushigome M, Kaneko T, Arai K, Nagashima Y, Koda T, Suzuki Takayuki, Kagami S, Suitsu Y, Kaneko H, Shibuya K.:  Chemoradiation therapy with S-1 for primary squamous cell carcinoma of the rectum: report of three cases.  Surgical Case Reports  1 (1) :14 , 2015
18. Asahata-Tago S, Hirai Y, Ainoda Y, Fujita T, Muraosa Y, Kamei K, Wakayama M, Shibuya K, Kikuchi K.:  Pulmonary Histoplasmosis in a Japanese Man Infected During Travel to Mexico and Management of His Wife's Condition: A Case Report.  The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases.  90 (1) :83 -7 , 2016
19. Kubota Yorichika, Shimada H, Magoshi S, Saito F, Osaku T, Nemoto T, Ogata H, Kaneko H:  Serum p53 antibody is a useful biomarker for long-term monitoring of breast cancer: Report of a recurrent case after surgery.  Toho Journal of Medicine  2 (1) :22 -25 , 2016
■ 著書
1. 大久保陽一郎, 栃木直文:  その他の真菌症.  新 呼吸器専門医テキスト  304-304.  南江堂,  東京, 日本, 2015
2. 根本哲生, 江嶋梢,土方一範,:  第3部 鑑別ポイント I. 内視鏡切除検体の組織診断ー深達度, 脈管侵襲, 切除断端の判定を中心に.  胃癌 (腫瘍病理鑑別診断アトラス)  240-246.  文光堂,  東京,日本, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. ◎松村正文,米倉尚志,兵頭洋二,河村 毅,村松真樹,板橋淑裕,高橋雄介,二瓶 大,大橋 靖,酒井 謙,宍戸清一郎,相川 厚,栃木直文,根本哲生,渋谷和俊.: 移植腎に発症した腎癌に部分切除を施行した一例.  第49回 日本臨床腎移植学会,  米子 鳥取,  2016/03
2. ◎須磨崎真, 大嶋陽幸, 鈴木隆, 名波竜規, 白鳥史明, 谷島聡, 島田英昭, 金子弘真, 若山恵, 渋谷和俊: 血清p53抗体seroconversionを契機に診断された胃癌の1例.  第88回日本胃癌学会総会,  別府市,  2016/03
3. ◎牧野崇、肥塚智、秦美暢、栃木直文、新家雄一、渋谷和俊、伊豫田明: すりガラス陰影を呈した肺原発MALTリンパ腫の1例.  第170回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  横浜市,  2016/03
4. ◎栄山雄紀,桝田博之,渕之上裕,小此木信一、寺園 明,安藤俊平,福島大輔,野本 淳,近藤康介,原田直幸,根本匡章,若山 恵,渋谷和俊,周郷延雄: 進行性多発性白質脳症と鑑別を要したLymphomatosis cerebriの1例.  第19回 脳神経外科疾患の臨床と病理のJOINT CONFERENCE,  東京,  2016/03
5. ◎肥塚智,秦美暢,大塚創,牧野崇,栃木直文,石原晋,渋谷和俊,伊豫田明: 血小板凝集能低下を伴う骨髄異形成症候群を合併した肺癌の1切除例.  第175回日本肺癌学会関東支部学術集会,  東京都(新宿区),  2016/03
6. ◎牛込充則, 金子奉暁, 長嶋康雄, 岡田 嶺, 吉田公彦, 塩川洋之, 栗原聰元, 小池淳一, 栃木直文, 根本哲生, 渋谷和俊, 甲田貴丸, 澤口悠子, 鏡 哲, 島田英昭, 船橋公彦, 保坂達明, 小林達彦, 金子弘真: 大腸ステント追加留置を施行したS状結腸癌の2例.  第52回日本腹部救急医学会総会,  東京都,  2016/03
7. ◎中山晴雄, 松岡千賀子, 太田登志子, 大塚昌信, 小玉健太郎, 渋谷和俊, 草地信也, 松瀬厚人, 岩渕聡: 細菌性髄膜炎における髄液中バンコマイシン動態(ポスター).  第31回日本環境感染学会総会・学術集会,  京都,  2016/02
8. 関谷宗之, 定本聡太: 肺癌治療中に胸水増多により治療に難渋した1例.  第149回東邦医学会例会,  東京,  2016/02
9. ◎清水 良, 佐藤真司, 山下沙季, 榎本有里, 團 宣博, 菊池由宣, 五十嵐良典, 住野泰清, 関谷宗之, 卜部尚久, 鏑木教平, 深沢由里, 赤坂善清, 渋谷和俊: 肺小細胞癌の大腸転移の1例.  日本消化器病学会関東支部第338回例会,  東京,  2016/02
10. ◎M. Kobayashi, N. Shiraga, K. Matsumoto, K. Suzuki, H. Suzuki, J. Kodera, T. Akashiba, A. Ishiko,
Y. Akasaka, K. Shibuya: Bednar tumor (pigmented dermatofibrosarcoma protuberance): a case report.  第27回日本骨軟部放射線研究会,  Tokyo, Japan,  2016/01
11. ◎澁谷和俊: 真菌感染症の検査法.  第27回日本臨床微生物学会総会・学術集会,  仙台,  2016/01
12. ◎鈴木亜衣香, 杉野圭史, 古谷賢太, 大畠孝則, 後町杏子, 菊池直, 秦美暢, 伊豫田明, 澁谷和俊, 蛇澤晶, 本間栄: Cellular bronchiolitis obliteransを合併した原発性シェーグレン症候群の1VATS例.  第42回難治性気道疾患研究会,  東京,  2016/01
13. ◎牛込充則, 船橋公彦, 小池淳一, 塩川洋之, 金子奉暁, 岡田嶺, 吉野優, 鈴木孝之, 鏡 哲, 栃木直文, 三上哲夫, 根本哲生, 吉田公彦, 島田英昭, 金子弘真: 大腸ステント留置後に腹腔鏡手術を施行した左側の閉塞性大腸癌の13例.  第28回日本内視鏡外科学会総会,  大阪市,  2015/12
14. ◎中山晴雄, 松岡千賀子, 太田登志子, 小玉健太郎, 大塚昌信, 草地信也, 岩渕聡, 本城小径, 成島佐和子, 渋谷和俊: PICC使用によるカテーテル関連血流感染症減少の可能性-脳神経外科領域において-(シンポジウム).  第28回日本外科感染症学会総会学術集会,  名古屋,  2015/12
15. ◎磯部和順,秦美暢,栃木直文,鏑木教平,吉澤孝浩,小林紘,佐野剛,杉野圭史,坂本晋,高井雄二郎,柿本篤志,伊豫田明,三上哲夫,本間栄: EGFR遺伝子変異陽性肺腺癌におけるBIM遺伝子多型と原発巣のBIM蛋白発現の関連性の検討.  第56回日本肺癌学会学術集会,  横浜市(みなとみらい),  2015/11
16. ◎牧野崇,三上哲夫,栃木直文,秦美暢,肥塚智,大塚創,磯部和順,本間栄,渋谷和俊,伊豫田明: LCNEC切除例におけるEGFR遺伝子変異の検討 -遺伝子検査と免疫組織学的検査を用いた肺腺癌との比較検討-.  第56回日本肺癌学会総会,  横浜市(みなとみらい),  2015/11
17. ◎小林紘,磯部和順,鏑木教平,吉澤孝浩,佐野剛,杉野圭史,坂本晋,高井雄二郎,栃木直文,秦美暢,伊豫田明,本間栄: EGFR変異陽性肺腺癌gefitinib既治療後のerlotinibに対するプロトンポンプ阻害剤の影響の検討.  第56回日本肺癌学会学術集会,  横浜市(みなとみらい),  2015/11
18. ◎吉田公彦, 土屋 勝, 白鳥史明, 竹山照明, 久保田喜久, 前田徹也, 片桐敏雄, 石井 淳, 田村 晃, 大塚由一郎, 金子弘真, 石渡誉郎, 栃木直文, 根本哲生, 渋谷和俊: 他臓器浸潤を伴う膵原発悪性リンパ腫の一切除例.  第77回日本臨床外科学会総会,  福岡市,  2015/11
19. ◎高地良介, 島田長人, 本田善子, 布井啓雄, 吉野 翔, 皆川輝彦, 三浦康之, 伊東俊秀, 中島 均, 瓜田純久, 金子弘真, 若山 恵, 根本哲生: 赤痢アメーバ性大腸炎に虫垂炎を合併した一例.  第77回日本臨床外科学会総会,  福岡市,  2015/11
20. ◎長嶋康雄, 小池淳一, 吉野 優, 今村茂樹, 鈴木孝之, 新井賢一郎, 萩野晶弘, 中道美保, 大西清, 二本柳康博, 根本哲生, 渋谷和俊, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真: 拡大腹直筋皮弁と大腿筋膜を用いた腹膜再建による腹壁形成を行うことで1期的治癒切除を施行し得た腹壁浸潤を伴う上行結腸癌の1例.  第77回日本臨床外科学会総会,  福岡市,  2015/11
21. ◎三好嗣臣, 杉野圭史, 松本洋祐, 小林紘, 菊池直, 廣田直, 澁谷和俊, 植草利公, 本間栄: 10年以上にわたり長期経過観察されている抗EJ抗体陽性間質性肺炎の1VATS例.  第217回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2015/11
22. ◎今村茂樹, 牛込充則, 船橋公彦, 吉野 優, 長嶋康雄, 鈴木孝之, 新井賢一郎, 金子奉暁, 塩川洋之, 栗原聰元, 小池淳一, 根本哲生, 島田英昭, 金子弘真: レゴラフェニブ使用中に消化管穿孔を来した回盲部癌再発の1例.  第70回日本大腸肛門病学会学術集会,  名古屋市,  2015/11
23. ◎鏡 哲, 船橋公彦, 小池淳一, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 新井賢一郎, 大嶋陽幸, 鈴木 隆, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 根本哲生, 島田英昭, 金子弘真: 胃癌大腸転移の3例.  第70回日本大腸肛門病学会学術集会,  名古屋市,  2015/11
24. ◎金子奉暁, 船橋公彦, 根本哲生, 小池淳一, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 新井賢一郎, 長嶋康雄, 鈴木孝之, 鏡 哲, 今村茂樹, 吉野 優, 金子弘真: 内肛門括約筋支配神経の年齢、性別による違いについての組織学的検討.  第70回日本大腸肛門病学会学術集会,  名古屋市,  2015/11
25. ◎牛込充則, 船橋公彦, 小池淳一, 鏡 哲, 久保田喜久, 新井賢一郎, 金子奉暁, 塩川洋之, 根本哲生, 渋谷和俊, 大久保陽⼀郎, 石渡誉郎, 鈴木孝之, 島田英昭, 金子弘真: Panitumumabを含む大腸癌化学療法中に腸管気腫症を呈した1例.  第53回日本癌治療学会学術集会,  京都市,  2015/10
26. ◎西川雄祐, 菊池由宣, 山口和久, 天沼 誠, 岡野直樹, 塩澤一惠, 渡辺 学, 五十嵐良典, 住野泰清, 島田英昭, 若山 恵, 根本哲生: 膵臓平滑筋肉腫の1例.  第53回日本癌治療学会学術集会,  京都市,  2015/10
27. ◎久保田伊哉, 坪井久美子, 浅田俊樹, 乾山光子, 尾作忠知, 馬越俊輔, 金澤真作, 緒方秀昭, 三上哲夫, 赤坂喜清, 渋谷和俊, 金子弘真: 心臓腫瘍切除後に診断した甲状腺未分化多形肉腫の1例.  第48回日本甲状腺外科学会学術集会,  東京,  2015/10
28. ◎馬越俊輔, 久保田伊哉, 尾作忠知, 緒方秀昭, 坪井久美子, 渋谷和俊: Cowden 症候群で甲状腺腫を合併した1例.  第48回日本甲状腺外科学会学術集会,  東京,  2015/10
29. ◎福武勝典, 和田明人, 石渡誉郎, 大久保陽一郎, 篠崎稔, 横山雄一郎, 飯田泰明, 井上泰裕, 長谷川敬二, 柘植新太郎, 高橋寛, 土谷一晃, 澁谷和俊: 剖検例の後縦靭帯内に観察される硬組織解析-Micro-focus X-ray CTを用いた検討-.  第30回日本整形外科学会基礎学術集会,  富山,  2015/10
30. ◎渕之上 裕,桝田博之,榮山雄紀,小此木信一,寺園 明,安藤俊平,福島大輔,野本 淳,近藤康介,原田直幸,根本匡章,若山 恵,周郷延雄,: 男性乳癌による転移性脳腫瘍の1例.  第74回日本脳神経外科学会学術総会,  札幌,  2015/10
31. ◎榮山雄紀,桝田博之,渕之上 裕,小此木信一,寺園 明,安藤俊平,福島大輔,野本 淳,近藤康介,原田直幸,根本匡章,根本哲生,周郷延雄: 自然破裂をきたした頭蓋内類表皮嚢胞の一例.  第74回日本脳神経外科学会学術総会,  札幌,  2015/10
32. ◎中山晴雄, 澁谷和俊: DPCデータを用いた深在性真菌症ターゲット・サーベイランスの実際.  第59回日本医真菌学会総会・学術集会,  札幌,  2015/10
33. ◎澁谷和俊: 病理解剖と動物モデル-実験動物から見えてくる臨床病態-.  第59回日本医真菌学会総会・学術集会,  札幌,  2015/10
34. 栃木直文, 若山恵: ヒト侵襲性糸状菌症における病変内菌形態ならびに菌糸相互の定位解析.  第59回日本医真菌学会総会・学術集会,  札幌,  2015/10
35. ◎村山健二, 島田英昭, 今村茂樹, 尾作忠知, 名波竜規, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 根本哲生, 金子弘真: 術後930日目に抗体陰性化した血清p53抗体単独陽性胃癌の一切除例.  第13回日本消化器外科学会大会(JDDW2015),  東京都,  2015/10
36. ◎石渡誉郎, 二本柳康博, 大久保陽一郎, 定本聡太, 小林純子, 江嶋梢, 栃木直文, 篠崎稔, 若山恵, 根本哲生, 澁谷和俊: クリプトコックス剖検例の病理組織学的解析.  第59回日本医真菌学会総会・学術集会,  札幌,  2015/10
37. ◎定本聡太, 若山恵, 大久保陽一郎, 石渡誉郎, 篠崎稔, 二本柳康博, 江嶋梢, 密田亜希, 栃木直文, 根本哲生, 澁谷和俊: 剖検例を用いたin situ hybridization法による酵母血流感染症の多施設共同後方視的発生動向調査.  第59回日本医真菌学会総会・学術集会,  札幌,  2015/10
38. ◎吉澤孝浩, 杉野圭史, 仲村泰彦, 後町杏子, 鏑木教平, 佐野剛, 磯部和順, 坂本晋, 高井雄二郎, 澁谷和俊, 植草利公, 本間栄: 亜急性に発症し抗MDA5抗体陽性の皮膚筋炎に合併した間質性肺炎のIVATS例.  第168回日本結核病学会関東支部学会 第216回日本呼吸器学会関東地方会 合同学会,  群馬,  2015/09
39. ◎井本匡哉、中島陽太, 田村公嗣, 永田雅人, 田井俊宏, 山辺史人, 鈴木九里, 田中祝江, 小林秀行, 永尾光一, 中島耕一, 大久保陽一郎, 渋谷和俊: 進行性前立腺癌に併発し、治療に難渋したTrousseau症候群の一例.  第80回 日本泌尿器科学会東部総会,  新宿,  2015/09
40. ◎前田徹也, 土屋 勝, 吉田公彦, 石井 淳, 久保田喜久, 片桐敏雄, 田村 晃, 大塚由一郎, 菊池由宣, 大久保陽一郎, 根本哲生, 渋谷和俊, 金子弘真: 十二指腸乳頭部原発神経内分泌癌の1例.  第51回日本胆道学会学術集会,  宇都宮市,  2015/09
41. ◎栄山雄紀,桝田博之,渕之上 裕,小此木信一,寺園 明,安藤俊平,福島大輔,野本 淳,近藤康介,原田直幸,根本匡章,根本哲生,周郷延雄: 自然破裂をきたした頭蓋内類表皮嚢胞の一例.  第127回 一般社団法人 日本脳神経外科学会 関東支部学術集会,  東京,  2015/09
42. ◎長嶋康雄, 船橋公彦, 三上哲夫, 本間尚子, 吉野優, 岡田嶺, 吉田公彦, 甲田貴丸, 鈴木孝之, 新井賢一郎, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 栗原聰元, 小池淳一, 渋谷和俊, 島田英昭, 金子弘真: 骨盤内臓全摘術術後の人工肛門周囲に発生した皮膚潰瘍の1例.  第47回東京ストーマリハビリテーション研究会,  東京都,  2015/09
43. ◎菊池由宣, 小林俊介, 釘宮剛城, 塩澤一惠, 渡邉学, 二本柳康博, 根本哲生, 島田英昭, 五十嵐良典, 住野泰清: Krukenberg 腫瘍切除を契機として診断された胃癌にSOX 療法を施行した1例.  第13回日本臨床腫瘍学会学術集会,  札幌市,  2015/07
44. ◎名波竜規, 島田英昭, 松本 悠, 竹山照明, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 鷲澤尚宏, 根本哲生, 金子弘真: 食道癌治癒切除症例における術前血清RALA 抗体と免疫組織学的検討.  第70回日本消化器外科学会総会,  浜松市,  2015/07
45. ◎石渡誉郎, 二本柳康宏, 定本聡太, 小林純子, 江嶋梢, 大久保陽一郎, 栃木直文, 若山恵, 根本哲生, 澁谷和俊: クリプトコックス症剖検例の病理組織学的解析.  第26回日本生体防御学会学術総会,  東京,  2015/07
46. ◎栃木直文, 石渡誉郎, 大久保陽一郎, 若山恵, 根本哲生, 澁谷和俊: 剖検例を用いたムーコル症の組織学的検討.  第26回日本生体防御学会学術総会,  東京,  2015/07
47. ◎大塚創,秦美暢,牧野崇,肥塚智,石渡誉郎,根本哲生,渋谷和俊,伊豫田明: 悪性腫瘍との鑑別を要する特異な経過を示したbenign nerve sheath tumorの1切除例.  第173回日本肺癌学会関東支部会,  東京都,  2015/07
48. ◎尾作忠知, 緒方秀昭, 三上哲夫, 金澤真作, 久保田伊哉, 馬越俊輔, 片岡明美, 高塚 純, 中野太郎, 根本哲生, 金子弘真: 当科における原発性乳癌に対する術前化学療法.  第23回日本乳癌学会学術総会,  東京都,  2015/07
49. ◎谷島聡,鈴木隆,名波竜規,大嶋陽幸,松本悠,澤口悠子,鷲澤尚宏,根本哲生
島田英昭,金子弘真: 当科における局所進行食道癌に対する術前化学放射線療法の成績.  第69回日本食道学会学術集会,  横浜市,  2015/07
50. ◎牛込充則, 船橋公彦, 小池淳一, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 鈴木孝之, 吉野優, 澤口悠子, 新井賢一郎, 金子奉暁, 塩川洋之, 栗原聰元, 根本哲生, 島田英昭, 金子弘真: 当科におけるStage4大腸癌症例の現状.  第83回大腸癌研究会,  久留米市,  2015/07
51. ◎久保田伊哉, 島田英昭, 尾作忠知, 馬越俊輔, 金澤真作, 緒方秀昭, 金子弘真, 大久保陽一郎, 渋谷和俊: 術後の血清p53抗体のモニタリングが有用であった乳癌の1例.  第23回日本乳癌学会学術総会,  東京都,  2015/07
52. ◎金澤真作, 三塚幸夫, 齊藤芙美, 尾作忠知, 久保田伊哉, 馬越俊輔, 片岡明美, 中野太郎, 高塚 純, 根本哲生, 渋谷和俊, 緒方秀昭: 薬物療法奏功例におけるべバシズマブ併用の有無と造影超音波所見の関係.  第23回日本乳癌学会学術総会,  東京都,  2015/07
53. ◎肥塚智,牧野崇,秦美暢,大塚創,磯部和順,若山恵,栃木直文,本間栄,渋谷和俊,伊豫田明: 筋転移を伴った肺癌の1切除例.  第168回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  東京都,  2015/06
54. ◎石渡誉郎, 二本柳康宏, 大久保陽一郎, 栃木直文, 若山恵, 根本哲生, 澁谷和俊: クリプトコックス剖検例の病理組織学的解析.  第36回関東医真菌懇話会,  東京,  2015/06
55. ◎栃木直文, 小浦真嗣, 篠崎稔, 石渡誉郎, 大久保陽一郎, 若山恵, 根本哲生, 澁谷和俊: 多元交点仰角解析アプリケーションを用いたムーコル症の画像解析.  第36回関東医真菌懇話会,  東京,  2015/06
56. ◎矢尾尊英,秦美暢,牧野崇,肥塚智,大塚創,石田文昭,本間栄,栃木直文,赤坂喜清,伊豫田明: 分離換気チューブで挿管管理後にDumonステントを留置した右主気管支狭窄の1例.  第153回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会,  さいたま市,  2015/06
57. ◎小池淳一, 船橋公彦, 根本哲生, 二本柳康博, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 新井賢一郎, 鈴木孝之, 長嶋康雄, 吉野 優, 栗原聰元, 渋谷和俊, 島田英昭金子弘真: Rs 大腸癌術後に虫垂播種と回腸転移が疑われた1 例.  第40回日本外科系連合学会学術集会,  東京都,  2015/06
58. ◎石井淳, 土屋勝, 久保田喜久, 片桐敏雄, 前田徹也, 田村晃, 石渡誉郎, 根本哲生, 澁谷和俊, 金子弘真: 術後3年無再発生存中の紡錘細胞型退形成性膵肝管癌の1切除例.  第46回日本膵臓学会大会,  名古屋市,  2015/06
59. ◎前田徹也, 土屋 勝, 石井 淳, 久保田喜久, 片桐敏雄, 田村 晃, 大塚由一郎, 池原孝, 若山 恵, 澁谷和俊, 金子弘真: 原発巣切除後4年目に多発肝転移をきたした膵神経内分泌腫瘍の1例.  第46回日本膵臓学会大会,  名古屋市,  2015/06
60. ◎竹山照明, 片桐敏雄, 久保田喜久, 前田徹也, 石井 淳, 土屋 勝, 田村 晃, 大塚由一郎, 島田英昭, 大久保陽一郎, 渋谷和俊, 金子弘真: 肝原発悪性リンパ腫の1例.  第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  東京都,  2015/06
61. ◎梶原庸司, 前田徹也, 土屋 勝, 石井 淳, 久保田喜久, 片桐敏雄, 田村 晃, 大塚由一郎, 菊池由宣, 大久保陽一郎, 根本哲生, 渋谷和俊, 金子弘真: 十二指腸乳頭部原発神経内分泌癌の1例.  第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  東京都,  2015/06
62. ◎吉田公彦, 土屋 勝, 白鳥史明, 竹山照明, 前田徹也, 石井 淳, 片桐敏雄, 田村 晃, 大塚由一郎, 久保田喜久, 大久保陽一郎, 栃木直文, 渋谷和俊, 金子弘真: 原発巣切除後、多発肝転移を伴う膵神経内分泌腫瘍の長期生存例.  第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  東京都,  2015/06
63. ◎白鳥史明, 島田英昭, 久保田喜久, 根本哲生, 大塚由一郎, 田村 晃, 土屋 勝, 前田徹也, 石井 淳, 片桐敏雄, 金子弘真: 当科における肝細胞癌とガレクチン-1の関係.  第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  東京都,  2015/06
64. ◎馬越智子, 岡野直樹, 岸本有為, 松井哲平, 五十嵐良典, 吉田公彦, 前田徹也, 大塚由一郎, 小林純子, 栃木直文, 若山恵, 根本哲生, 渋谷和俊: EUS-FNAが診断に有用であった十二指腸癌の一例.  第100回日本消化器内視鏡学会関東地方会,  東京,  2015/06
65. ◎野手康宏,内野 圭,小此木信一,寺園 明,安藤俊平,福島大輔,桝田博之,野本淳,近藤康介,原田直幸,石渡誉郎,根本哲生,澁谷和俊,根本匡章,周郷延雄: 両側小脳橋角部への転移性脳腫瘍の一例.  第33回 日本脳腫瘍病理学会,  香川,  2015/05
66. ◎塩澤一恵、渡邉学、五十嵐良典、工藤岳秀、丸山憲一、石渡誉郎、大久保陽一郎、根本哲生、渋谷和俊、住野泰清: ソナゾイド造影超音波が施行できた肝内胆管腺腫の2例.  日本超音波医学会第88回学術集会,  東京,  2015/05
67. ◎塩澤一恵、渡邉学、田村晃、二本柳康博、三塚幸夫、工藤岳秀、丸山憲一、渋谷和俊、五十嵐良典、住野泰清: 胆嚢隆起性病変における造影超音波所見の検討.  日本超音波医学会第88回学術集会,  東京,  2015/05
68. ◎関谷宗之, 佐野剛, 仲村泰彦, 清水宏繁, 山本愛, 黒澤武介, 大畠孝則, 卜部尚久, 鏑木教平, 後町杏子, 太田宏樹, 菊池直, 石田文昭, 杉野圭史, 磯部和順, 坂本晋, 高井雄二郎, 篠崎稔, 澁谷和俊, 本間栄: 肺MAC症に続発したアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)の1例.  第214回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2015/05
69. ◎金澤真作, 齊藤芙美, 尾作忠知, 久保田伊哉, 馬越俊輔, 片岡明美, 渋谷和俊, 寺原敦朗, 緒方秀昭: 乳房造影超音波検査で観察した術前化学療法による腫瘍径の変化とtime to peakの関連.  第88回日本超音波医学会学術集会,  品川,  2015/05
70. ◎秦美暢,大塚創,牧野崇,肥塚智,磯部和順,本間栄,栃木直文,渋谷和俊,伊豫田明: cN2非小細胞肺癌に対するCBDCA/DOCを用いた導入化学放射線療法の検討.  第32回日本呼吸器外科学会総会,  高松市,  2015/05
71. ◎二本柳康博, 石渡誉郎, 大久保陽一郎, 栃木直文, 若山恵, 根本哲生, 後町杏子, 本間栄, 澁谷和俊: 胸膜アスペルギルス症の1例.  第104回日本病理学会総会,  名古屋,  2015/05
72. ◎若山恵, 下平佳代子, 大久保陽一郎, 石渡誉郎, 二本柳康博, 栃木直文, 密田亜希, 根本哲生, 澁谷和俊: 肺動脈性肺高血圧症におけるWNT/PCP pathway 関連遺伝子の発現に関する免疫組織学的検討.  第104回日本病理学会総会,  名古屋,  2015/05
73. ◎石渡誉郎, 二本柳康博, 大久保陽一郎, 栃木直文, 若山恵, 根本哲生, 澁谷和俊: 剖検例を用いたクリプトコックス症の病理学的解析.  第104回日本病理学会総会,  名古屋,  2015/05
74. ◎大久保陽一郎, 大野秀明, 上野圭吾, 石渡誉郎, 栃木直文, 若山恵, 根本哲生, 金城雄樹, 宮崎義継, 澁谷和俊: マウス肺を用いたクリプトコックス感染症に対する組織学的解析:感染防御機構の観点から.  第104回日本病理学会総会,  名古屋,  2015/05
75. ◎栃木直文, 石渡誉郎, 大久保陽一郎, 若山恵, 根本哲生, 澁谷和俊: 剖検例を用いたムーコル症の組織学的検討.  第104回日本病理学会総会,  名古屋,  2015/05
76. ◎佐野直樹, 小川真澄, 塩沢由美子, 堀口慎一郎, 元井亨, 根本哲生, 大橋一輝, 原正樹, 安藤稔, 比島恒和: 造血幹細胞移植後の腎生検11例の臨床病理学的検討.  第104回日本病理学会総会,  名古屋,  2015/04
77. ◎深澤由里, 石川由紀夫, 赤坂喜清, 井内亜美, 澁谷和俊, 下川怜子, 石井壽晴, 三上哲夫: 圧負荷潅流固定した左冠状動脈前下行枝の内腔狭窄度に対する心筋架橋の影響.  第104回日本病理学会総会,  名古屋,  2015/04
78. ◎仲村泰彦, 杉野圭史, 古谷賢太, 大畠孝則, 小山壱也, 一色琢磨, 後町杏子, 澁谷和俊, 植草利公, 本間栄: 特発性分類不能型間質性肺炎の臨床画像病理学的特徴.  第55回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2015/04
79. ◎秦美暢,大塚創,牧野崇,肥塚智,磯部和順,本間栄,栃木直文,渋谷和俊,伊豫田明: cN2IIIA非小細胞肺癌に対するCBDCA/DOCを用いた術前導入化学放射線療法.  第115回日本外科学会学術集会,  名古屋市,  2015/04
80. ◎谷島聡, 島田英昭, 澤口悠子, 松本 悠, 竹山照明, 鈴木 隆, 名波竜規, 大嶋陽幸, 鷲澤尚宏, 根本哲生, 金子弘真: 新規胃癌バイオマーカーとしての血清p53 抗体と組織アレイを用いた免疫染色の意義.  第115回日本外科学会定期学術集会,  名古屋市,  2015/04
81. ◎牧野崇,秦美暢,肥塚智,大塚創,磯部和順,本間栄,栃木直文,渋谷和俊,伊豫田明: cT4非小細胞肺癌に対するCBDCA/DOCを用いた術前導入化学放射線療法.  第115回日本外科学会定期学術集会,  名古屋市,  2015/04
82. ◎牛込充則, 船橋公彦, 長嶋康雄, 松本 悠, 竹山照明, 松田 聡, 金子奉暁, 新井賢一郎, 塩川洋之, 栗原聰元, 鏡 哲, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 水津 優, 根本哲生, 渋谷和俊, 島田英昭, 金子弘真: 当科における骨盤内臓全摘出術(TPE)の手術成績の検討.  第115回日本外科学会定期学術集会,  名古屋市,  2015/04
83. ◎福武勝典, 和田明人, 石渡誉郎, 大久保陽一郎, 飯田泰明, 横山雄一郎, 高橋寛, 土谷一晃, 澁谷和俊: マイクロフォーカスX線CTシステムを用いた後縦靭帯骨化の解析.  第44回日本脊椎脊髄学術集会,  福岡,  2015/04
84. ◎後町杏子, 杉野圭史, 澁谷和俊, 植草利公, 本間栄: 特発性上葉優位型特発性間質性肺炎の臨床的特徴.  第55回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2015/04
85. ◎肥塚智,秦美暢,大塚創,牧野崇,栃木直文,渋谷和俊,伊豫田明: 肺癌術後5年以上経過後の第二癌手術例に対する検討.  第115回日本外科学会定期学術集会,  名古屋市,  2015/04
86. ◎磯部和順,一色琢磨,杉野圭史,坂本晋,高井雄二郎,栃木直文,秦美暢,伊豫田明,本間栄: 特発性間質性肺炎におけるBCL2L11遺伝子多型の検討.  第55回日本呼吸器学会学術集会,  東京,  2015/04
国際学会
1. ◎Kanazawa S, Ogata H, Nemoto T, Shimada H, Kaneko H, Kato R: Clinical efficacy of Neoadjuvant chemotherapy with trastuzumab analysed by contrast-enhanced breast ultrasound.  The 74th Annual Meeting of the Japaneses Cancer Association.,  Nagoya,  2015/10
2. ◎Megumi Wakayama, Kayoko Shimondaira, Eri Ochiai, Yoichiro Okubo, Minoru Shinozaki, Kyoko Aki, Kozue Ejima, Takao Ishiawatari, Yasuhiro Nihonyanagi, Naobumi Tochigi, Aki Mitsuda, Tetsuo Nemoto, Somay Yamagata Murayama, Katsuhiko Kamei, Kazutoshi Shibuya: Pathological study of WNT/PCP signaling system inducing pulmonary arterial remodelling in mice by intratracheal injection of Stachybotrys chartarum.  19th Congress of the International Society for Human and Animal Mycology,  Melbourne, Australia,  2015/05
3. ◎Ishiwatari T, Nihonyanagi Y, Ejima K, Okubo Y, Tochigi N, Shinozaki M, Wakayama M, Nemoto T, Shibuya K: Histopathological study of autopsy subjects with cryptococcosis.  19th Congress of the International Society for Human and Animal Mycology,  Melbourne, Australia,  2015/05
4. ◎Murayama S, Okushi H, Yokokawa A, Wakayama M, Aki K, Shinozaki M, Okubo Y, Tochigi N, Kano R, Tanaka Y, Kosuge Y, Hirose D, Shibuya K: In situ detection of Mucorales 26S ribosomal RNA in invasive pulmonary mucormycosis.  19th Congress of the International Society for Human and Animal Mycology,  Melbourne, Australia,  2015/05
5. ◎Okubo Y, Aki K, Shinozaki M, Nihonyanagi Y, Ejima K, Ishiwatari, T, Tochigi N, Mitsuda A, Wakayama M, Nemoto T, Hori Y, Shibuya k: Identification of dimorphic yeast in FFPE tissue sections by in situ hybridization using PNA probes.  19th Congress of the International Society for Human and Animal Mycology,  Melbourne, Australia,  2015/05
6. ◎Okubo Y, Ohno H, Ueno K, Aki K, Shinozaki M, Nihonyanagi Y, Ejima K, Ishiwatari T, Tochigi N, Mitsuda A, Wakayama M, Nemoto T, Hori Y, Kinjo Y, Miyazaki Y, Kamei K, Shibuya K: Histopathological study of murine pulmonary cryptococcosis: candidate virulence factors against Cryptococci.  19th Congress of the International Society for Human and Animal Mycology,  Melbourne, Australia,  2015/05
7. ◎Shinozaki M, Tochigi N, Ishiwatari T, Okubo Y, Aki K, Murayama S, Wakayama M, Nemoto T, Shibuya K: The study of cytological identification of fungal elements in chronic pulmonary aspergillosis (CPA).  19th Congress of the International Society for Human and Animal Mycology,  Melbourne, Australia,  2015/05
8. ◎Tochigi N, Ishiwatari T, Okubo Y, Ando T, Shinozaki M, Aki K, Gocho K, Hata Y, Murayama Y, Wakayama M, Nemoto T, Hori Y, Shibuya K: Histological study of chronic pulmonary aspergillosis.  19th Congress of the International Society for Human and Animal Mycology,  Melbourne, Australia,  2015/05
9. ◎Isobe K, Hata Y, Tochigi N, Kakimoto A, Mikami T, Kaburaki K, Makino T, Otsuka H, Sano G, Sugino K, Sakamoto S, Takai Y, Shibuya K, Iyoda A, Homma S: BIM deletion polymorphism is not associated with BIM RNA expression or BIM immunohistochemistry intensity in epidermal growth factor receptor mutation–positive non–small cell lung cancer.  50th Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology,  Chicago, USA,  2015/05
その他
1. ◎澁谷和俊: 侵襲性糸状菌症の病態と病理.  第10回長崎難治性感染症研究会,  長崎,  2016/02
2. ◎澁谷和俊: 深在性真菌症の病態と画像.  第40回神奈川呼吸器CPC,  横浜,  2016/01
3. ◎栄山雄紀,桝田博之,渕之上 裕,小此木信一,寺園 明,安藤俊平,福島大輔,野本 淳,近藤康介,原田直幸,根本匡章,根本哲生,周郷延雄: 自然破裂をきたした頭蓋内類表皮嚢胞の一例.  第13回東邦脳神経外科セミナー,  東京,  2015/12
4. ◎桝田博之,渕之上 裕,栄山雄紀,小此木信一,寺園 明,安藤俊平,福島大輔,野本 淳,近藤康介,原田直幸,根本匡章,栃木直文,澁谷和俊,石原 晋,名取一彦,周郷延雄: 脳転移を来したHodgkin’slymphoma の1例.  第13回東邦脳神経外科セミナー,  東京,  2015/12
5. ◎小池秀樹、八尾進太郎、木内俊介、久武真二、栃木直文、藤井毅朗、渋谷和俊、渡邊善則、池田隆徳: 心タンポナーデを契機に診断に至った心臓悪性腫瘍の1例.  第3回Cardiovascular Joint Conference,  東京,  2015/10
6. ◎澁谷和俊: 深在性真菌症の疫学・病態.  第17回血液病セミナー,  札幌,  2015/06
7. ◎澁谷和俊: 深在性真菌症に関わる病理診断・病理解剖の役割.  第5回小児Febrile Neutropenia,  大阪,  2015/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者