東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2012年度 | 2013年度 | 2014年度
 医学部 医学科 病院病理学講座(大森)
 Department of Surgical Pathology (Omori)

教授:
 澁谷 和俊
准教授:
 根本 哲生
講師:
 若山 恵
 栃木 直文
 大久保 陽一郎
助教:
 密田 亜希
■ 概要
臨床医学としての病理学との立場から、日常の病理診断検体を対象とした人体病理学研究、臨床各科と共同の臨床病理学研究、これらを補完する疾患モデル動物研究を3つの柱として研究を行っている。医療の現場から新たな研究が生まれ、その成果が医療に還元されることが理想と考える。
1.深在性真菌症に関する病理学的研究:
臓器移植における免疫抑制や HIV 感染等,感染防御能の撹乱状態の中で,致死的な感染症として発症する深在性真菌症に関する病態解析や形態・分子生物学的診断法についての研究を行っている。また、いまだ不明な点の多い真菌に由来する生物活性物質の構造と生体活性について、難治性疾患との関連を中心として研究を行っている。
2.腫瘍病理学に関する研究:
消化管癌を中心とした腫瘍病理学研究を今後推進する計画である。1)早期食道癌における血管形態解析、2)食道癌発生に関与するエピジェネティック変化の解析、3)胃癌におけるHER2関連分子発現解析が進行中である。
3.稀少人体例に関する病理学的解析
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)若手研究(B)
 研究課題:病理標本を用いた深在性糸状菌症に対する発生動向調査  (研究代表者:栃木 直文)
 研究補助金:3770000円  (代表)
2.  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)若手研究(C)
 研究課題:肺高血圧症の肺動脈構築改変機構に関与する遺伝子発現局在の解析  (研究代表者:若山 恵)
 研究補助金:700000円  (代表)
3.  公益財団法人黒住医学研究振興財団
 研究課題:接合菌症の病理診断における遺伝子補助診断法の確立  (研究代表者:栃木 直文)
 研究補助金:800000円  (代表)
4.  文部科学省 科学研究費補助金(若手研究(B))  (研究課題番号:26860774)
 研究課題:C.gattii感染症における高病原性機序の解明と臨床応用への基盤形成  (研究代表者:大久保 陽一郎)
 研究補助金:1400000円  (代表)
5.  平成26年度厚生労働科学研究委託費(新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業)  (研究課題番号:H26-新興実用化-一般-010)
 研究課題:酵母様真菌感染症の病原性解明と疫学・診断法・制御法の研究  (研究分担者:澁谷 和俊)
 研究補助金:1000000円  (分担)
6.  平成26年度厚生労働科学研究費補助金 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業  (研究課題番号:H25-新興-一般-006)
 研究課題:真菌感染症の病態解明及び検査・治療法の確立とサーベイランスに関する研究  (研究分担者:澁谷 和俊)
 研究補助金:850000円  (分担)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















渋谷 和俊   教授
  17  13   2       3
 82
(13)
 
 4
 7
 5
根本 哲生   准教授
 2 5  4          1
 41
(10)
 
 
 
 2
大久保 陽一郎   講師
  5  3          3
 23
(5)
 
 
 
 3
栃木 直文   講師
 1 4  5          1
 42
(3)
 
 3
 1
 
若山 恵   講師
  4  5   1       3
(1)
 21
(3)
 
 
 
 1
石渡 誉郎   助教
    1          1
 13
(3)
 
 
 
 1
密田 亜希   助教
    1          
 5
 
 
 
 
 3 0  0 0  0  12
(1)
 0
(0)
 8
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 前田徹也, 土屋 勝, 石井 淳, 甲田貴丸, 久保田喜久, 片桐敏雄, 田村 晃, 大塚由一郎, 渋谷和俊, 金子弘真:  術前S-1/GEM療法後に切除を行った遠隔転移を伴う膵体尾部癌の1例.  癌と化学療法  41 (12) :2184 -2186 , 2014
2. 栃木直文, 大久保陽一郎, 澁谷和俊:  ムーコル症.  検査と技術  42 (5) :434 -438 , 2014
3. 磯部和順,秦美暢, 鏑木教平, 坂本晋, 高井雄二郎, 栃木直文, 伊豫田明, 本間栄:  間質性肺炎合併肺癌に対する2nd line化学療法の検討.  肺癌  54 :761 -766 , 2014
4. Isobe K, Hata Y, Tochigi N, Kaburaki K, Kobayashi H, Makino T, Otsuka H, Ishida F, Kikuchi N, Hirota N, Sato K, Sano G, Sugino K, Sakamoto S, Takai Y, Shibuya K, Iyoda A, Homma S:  Usefulness of Nanofluidic Digital PCR Arrays to Quantify T790M Mutation in EGFR-mutant Lung Adenocarcinoma.  Cancer Genomics & Proteomics  12 :31 -37 , 2015
5. Yamamoto Y, Nemoto T, Okubo Y, Nihonyanagi Y, Ishiwatari T, Takuma K, Tochigi N, Okano N, Wakayama M, Igarashi Y, Shibuya K:  Comparison between the location and the histomorphological/immunohistochemical characteristics of noninvasive neoplasms of the ampulla of Vater.  Human Pathology  45 (9) :1910 -1917 , 2014
6. Ando T, Tochigi N, Gocho K, Moriya A, Ikushima S, Kumasaka T, Takemura T, Shibuya K.:  Pathophysiological Implication of Computed Tomography Images of Chronic Pulmonary Aspergillosis.  Japanese Journal of Infectious Disease  69 :118 -26 , 2015
7. Isobe K, Hata Y, Tochigi N, Kaburaki K, Kobayashi H, Yamamoto A, Makino T, Otsuka H, Sato F, Ishida F, Kikuchi N, Hirota N, Sato K, Sano G, Sugino K, Sakamoto S, Takai Y, Shibuya K, Iyoda A, Homma S:  Clinical significance of BIM deletion polymorphism in non–small-cell lung cancer with Epidermal Growth Factor Receptor mutation.  Journal of Thoracic Oncology  9 (4) :483 -487 , 2014
8. Kawachi H, Eishi Y, Ueno H, Nemoto T, Fujimori T, Iwashita A, Ajioka Y, Ochiai A, Ishiguro S, Shimoda T, Mochizuki H, Kato Y, Watanabe H, Koike M, Sugihara K:  A three-tier classification system based on the depth of submucosal invasion and budding /sprouting can improove the treastment stategy for T1 colorectal cancer: a recrospective multicenter sutdy.  Modern Pathology  28 :doi: 10.1038/modpathol.2015.36. , 2015
9. Izumi H, Nagase D, Ishihara S, Sakai A, Kato M, Kuraishi Y, Arai K, Sekiya H, Shibuya K, Natori K:  Chronic Myelomonocytic Leukemia-Induced Overt Acute Leukemia with Impairment of Mastication due to Leukemia Cell Infiltration in the Tongue that was Improved by Chemotherapy.  新薬と臨床  63 (12) :56 -61 , 2014
10. Natori K, Ishihara S, Nagase D, Sakai A, Kato M, Kuraishi Y, Arai K, Sibuya K, Izumi H:  Case of Double Cancer Consisting of Granulocytic Sarcoma and Hepatocellular Carcinoma.  新薬と臨床  63 (12) :62 -68 , 2014
総説及び解説
1. 金澤真作, 緒方秀昭, 三塚幸夫, 根本哲生, 渋谷和俊:  乳房造影超音波検査の現状と今後の展望.  INNERVISION  29 (8) :30 -34 , 2014
2. 根本哲生:  【食道】正常と炎症性疾患.  胃と腸  49 (13) :1906 -1913 , 2014
3. 栃木直文, 大久保陽一郎, 澁谷和俊:  肺アスペルギルス症の病理学的考察.  呼吸器内科  26 (1) :22 -26 , 2014
4. 根本哲生, 山本慶郎, 澁谷和俊:  表在型Barrett食道腺癌の生検病理診断の問題点.  消化器内視鏡  26 (4) :515 -521 , 2014
5. 根本哲生:  臨床判断に役立つ新Group分類-病理医の立場から.  消化器内視鏡  26 (8) :1106 -1110 , 2014
6. 樽本憲人, 金城雄樹, 北野尚樹, 渋谷和俊, 前崎繁文, 宮崎義継:  全身性カンジダ症の増悪におけるiNKT細胞の関与.  日本医真菌学会雑誌  55 (3) :115 -122 , 2014
7. 澁谷和俊:  ムーコル症の病態.  臨牀と研究 別冊  92 (1) :116 -117 , 2015
症例報告
1. 馬越智子, 原 精一, 松清 靖, 宅間健介, 岸本有為, 三村享彦, 伊藤 謙, 岡野直樹, 五十嵐良典, 高地良介, 土屋 勝, 金子弘真, 大久保陽一郎, 若山 恵, 渋谷和俊:  急性膵炎を契機に発見された十二指腸gangliocytic paragangliomaの1例.  Progress of Digestive Endoscopy  84 (1) :122 -123,11 , 2014
2. 水津 優, 船橋公彦, 小池淳一, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 新井賢一郎, 金子弘真, 根本哲生:  CEA高値が契機となって診断された上行結腸SM癌の肺転移例.  日本大腸肛門病学会雑誌  67 (4) :291 -295 , 2014
3. 鏡 哲, 船橋公彦, 栗原聰元, 小池淳一, 塩川洋之, 牛込充則, 平野直樹, 石川由紀雄, 渋谷和俊, 金子弘真:  内肛門括約筋からの発生が考えられた直腸平滑筋種に経膣的局所切除術を施行した1例.  日本大腸肛門病学会雑誌  67 (5) :353 -358 , 2014
4. 三田村侑季,磯部和順,伊藤貴文,大塚創,栃木直文,本間栄:  蜂巣肺様陰影を呈した高分化型肺腺癌の1例.  肺癌  54 (6) :778 -783 , 2014
5. 和泉春香, 石原晋, 長瀬大輔, 酒井亜紀子, 久保田伊哉, 加藤元治, 倉石安庸, 若山恵, 根本哲生, 緒方秀昭, 荒井一歩, 澁谷和俊, 名取一彦:  超高齢者甲状腺原発悪性リンパ腫の経験.  臨牀と研究  92 (1) :81 -84 , 2015
6. Sato F, Hata Y, Otsuka H, Makino T, Koezuka S, Sasamoto S, Wakayama M, Shibuya K, Sekijima Y, Iyoda A:  Isolated nodular thymic amyloidosis associated with diplopia.  Annals of Thoracic Surgery  98 (Issue4) :1470 -1472 , 2014
7. Shiozawa K, Watanabe M, Ikehara T, Matsukiyo Y, Kikuchi Y, Kaneko H, Okubo Y, Shibuya K, Igarashi Y, Sumino Y:  A case of contiguous primary hepatic marginal zone B-cell lymphoma and hemangioma ultimately diagnosed using contrast-enhanced ultrasonography.  Case reports in oncology  8 (1) :50 -57 , 2015
8. Nakamura Y, Hata Y, Koezuka S, Makino T, Otsuka H, Sato F, Sasamoto S, Okubo Y, Nemoto T, Shibuya K, Iyoda A:  Tracheal leiomyoma resected with endobronchial electrocautery snare.  Journal of Bronchology and Interventional Pulmonology  22 (1) :90 -93 , 2015
9. Koezuka S, Hata Y, Sato F, Makino T, Otsuka H, Tochigi N, Mitsuda A, Shibuya K, Takagi K, Iyoda A:  Malignant peripheral nerve sheath tumor in the anterior mediastinum, report of a case.  Molecular and Clinical Oncology  2 :987 -990 , 2014
10. Sasaki Y, Fujii T, Shiono N, Katayanagi T, Okuma S, Wakayama M, Shibuya K, Watanabe Y:  Interrupted Aortic Arch With Massive Saccular Collateral Aneurysm in an Adult.  The Annals of Thoracic Surgery  98 (1) :316 -318 , 2014
その他
1. 澁谷和俊:  アスペルギルス属のアゾール耐性にかかわる諸問題.  化学療法の領域  30 :183 -140 , 2014
2. 澁谷和俊, 若山恵, 篠崎稔, 村山琮明:  遺伝子補助診断法を活用した病理診断リファレンス活動の現状.  厚生労働科学研究費補助金 新型インフルエンザ等振興・再興感染症研究事業 真菌感染症の病態解明及び検査・治療法の確立とサーベイランスに関する研究 平成26年度 総括・分担研究年度終了報告書  :19 -27 , 2015
3. 後町杏子、杉野圭史、中村泰彦、一色琢磨、渋谷和俊、植草利公、本間 栄:  特発性上葉優位型間質性肺炎の臨床的特徴—特発性肺線維症との比較—.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業びまん性肺疾患に関する調査研究班平成26年度研究報告書  :145 -150 , 2015
4. 若山恵, 澁谷和俊:  真菌感染症がいま注目される理由-全体像と小児の特徴-.  小児内科  46 (12) :1726 -1729 , 2014
5. 栃木直文, 澁谷和俊, 逸見仁道:  医学英語教育の重要性を考える:本学における臨床医学英語口述試験の実施と岐阜大学English OSCE見聞録.  東邦医学会雑誌  61 (3) :125 -128 , 2014
6. Muramatsu Y, Isobe K, Sugino K, Kinoshita A, Wada T, Sakamoto S, Takai Y, Sato F, Hata Y, Wakayama M, Sibuya K, Uekusa T, Iyoda A, Homma S:  Letter to the Editor: Malignant pleural mesothelioma mimicking the intrapulmonary growth pattern of epithelioid hemangioendothelioma.  Pathology International  64 :358 -360 , 2014
■ 著書
1. 若山 恵, 斉藤円佳, 渋谷和俊:  真菌症診断の新しい病理学.  目で見る真菌と真菌症  203-212.  (株)医薬ジャーナル社,  大阪, 2014
2. 中山晴雄, 岩渕聡, 渋谷和俊:  V.真菌症 カンジダ髄膜脳炎.  神経感染症を究める  222-225.  中山書店,  東京, 2014
■ 学会発表
国内学会
1. ◎桝田博之、野手康宏、内野 圭、小此木信一、寺薗 明、安藤俊平、福島大輔、野本 淳、近藤康介、原田直幸、根本匡章、周郷延雄、栃木直文、渋谷和俊: 診断に苦慮してる松果体部腫瘍の一例.  第18回脳神経外科疾患の臨床と病理のJOINT CONFERENCE,  東京,  2015/03
2. ◎野手康宏、原田直幸、内野 圭、小此木信一、寺薗 明、安藤俊平、福島大輔、桝田博之、野本 淳、近藤康介、根本匡章、周郷延雄、石渡誉郎、根本哲生、渋谷和俊: 転移性両側小脳橋角部脳腫瘍の一例.  第18回脳神経外科疾患の臨床と病理のJOINT CONFERENCE,  東京,  2015/03
3. ◎肥塚智,秦美暢,大塚創,牧野崇,栃木直文,渋谷和俊,伊豫田明: 前側方開胸で切除した巨大胸腺腫の1例.  第167回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  東京都千代田区,  2015/03
4. ◎若山恵: 病理からみたムーコル症.  第7回関東呼吸器真菌症研究会,  東京,  2015/03
5. ◎牛込充則, 船橋公彦, 金子奉暁, 塩川洋之, 松本悠, 長嶋康雄, 竹山照明, 松田 聡, 鏡 哲, 新井賢一郎, 栗原聰元, 渋谷和俊, 小池淳一, 島田英昭, 金子弘真: 骨盤内臓全摘術の回腸導管に伴った尿管ステントによる尿管-動脈瘻のの2例.  第51回日本腹部救急医学会総会,  京都市,  2015/03
6. ◎菊池由宣, 根本哲生, 渡辺浩二, 土方一範, 荻野 悠, 塩澤一惠, 名波竜規, 鈴木孝之, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 渡邉 学, 五十嵐良典, 住野泰清, 島田英昭: SPH療法を行ったHER2陽性胃癌8例の検討.  第87回日本胃癌学会総会,  広島市,  2015/03
7. ◎谷島 聡, 島田英昭, 白鳥史明, 澤口悠子, 松本 悠, 竹山照明, 鈴木 隆, 名波竜規, 大嶋陽幸, 鷲澤尚宏, 根本哲生, 伊藤正朗, 船橋公彦, 金子弘真: 胃癌症例における血清Galectin1 IgG抗体の解析.  第87回日本胃癌学会総会,  広島市,  2015/03
8. ◎竹山照明, 島田英昭, 白鳥史明, 澤口悠子, 松本 悠, 伊藤正朗, 鈴木 隆, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 栃木直文, 根本哲生, 船橋公彦, 金子弘真: 胃癌症例2例における血清抗p53抗体価の推移の検討.  第87回日本胃癌学会総会,  広島市,  2015/03
9. ◎名波竜規, 島田英昭, 白鳥史明, 澤口悠子, 三浦康之, 松本 悠, 竹山照明, 鈴木隆, 大嶋陽幸, 谷島聡, 鷲澤尚宏, 船橋公彦, 栃木直文, 根本哲生, 金子弘真: カペシタビン/シスプラチン療法が著効した切除不能進行胃癌の1例.  第87回日本胃癌学会総会,  広島市,  2015/03
10. ◎山本 愛、石田文昭、古谷賢太、菊池 直、廣田 直、佐野 剛、杉野圭史、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、石渡誉郎、深澤由里、三上哲夫、渋谷和俊、本間 栄: 血清G-CSF高値を示したEGFR遺伝子変異陽性肺扁平上皮癌の1例.  第172回日本肺癌学会関東支部学術集会,  東京,  2015/03
11. ◎根本哲生: 教育講演9
食道の病理.  第34回日本画像医学会,  東京,  2015/02
12. ◎二本柳康宏, 石渡誉郎, 大塚由一郎, 大久保陽一郎, 栃木直文, 若山恵,根本哲生, 渡邉学, 金子弘真, 住野泰清, 澁谷和俊: 術後肝チタンデバイス留置が原因と考えられた肉芽腫の1例.  第66回日本病理学会関東支部学術集会(第136回東京病理集談会),  東京,  2015/02
13. ◎中山晴雄, 松岡千賀子, 本城小径, 太田登志子, 大塚昌信, 草地信也, 岩渕聡, 渋谷和俊: PICC使用による脳神経外科領域におけるカテーテル関連血流感染症減少の可能性(シンポジウム).  第30回日本環境感染学会総会・学術集会,  神戸,  2015/02
14. ◎清水宏繁、佐野 剛、杉野圭史、山本 愛、鈴木亜衣香、磯部和順、坂本晋、高井雄二郎、栃木直文、渋谷和俊、本間 栄: 関節リウマチ治療中に間質性肺炎を合併した抗ARS抗体(抗PL-12抗体)症候群の1例.  第213回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,2015.2,  2015/02
15. ◎仲村泰彦、杉野圭史、後町杏子、鏑木教平、太田宏樹、菊池 直、石田文昭、廣田 直、佐藤敬太、佐野 剛、磯部和順、坂本晋、高井雄二郎、伊豫田明、大久保陽一郎、植草利公、本間 栄: 長期経過を追えた関節リウマチに合併した濾胞性細気管支炎の1VATS例. ,.  第41回難治性気道疾患研究会,  東京,  2015/01
16. ◎根本哲生: 臨床医が知っておくべき病理
食道「正常と炎症」.  早期胃癌研究会,  東京,  2014/12
17. ◎仲村泰彦,後町杏子,石田文昭,菊池 直,廣田 直,佐藤敬太,佐野 剛,杉野圭史,磯部和順,坂本 晋,高井雄二郎,若山 恵,澁谷和俊,本間 栄: 殺虫剤吸入を契機に発症した急性好酸球性肺炎の1例.  第151回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会,  東京,  2014/12
18. ◎牧野崇, 秦美暢, 肥塚智, 大塚創, 菊池直, 磯部和順, 栃木直文, 渋谷和俊, 本間栄, 伊豫田明: FDG-PETで全身骨髄に著明な異常集積を認めたG-CSF産生肺多形癌の1切除例.  第171回日本肺癌学会関東支部学術集会,  東京都新宿区,  2014/12
19. ◎関谷宗之、磯部和順、石田文昭、鏑木教平、三田村有希、臼井優介、砂川泉子、松本洋祐、清水宏繁、古谷賢太、山本 愛、大畠孝則、仲村泰彦、小山壱也、太田宏樹、後町杏子、菊池 直、佐藤敬太、佐野 剛、廣田 直、杉野圭史、坂本 晋、高井雄二郎、大塚 創、秦 美暢、石渡誉郎、栃木直文、根本哲生、伊豫田 明、渋谷和俊、本間 栄: 非定型カルチノイド成分が混在した肺大細胞神経内分泌癌の1例.  第171回日本肺癌学会関東支部会,  東京,  2014/12
20. ◎後町杏子, 伊藤貴文, 石田文昭, 菊池直, 佐藤敬太, 佐野剛, 磯部和順, 坂本晋, 高井雄二郎, 若山恵, 植草利公, 澁谷和俊, 本間栄: 加湿器使用人よる再燃症状軽減型の慢性過敏性肺炎と診断したIVATS例.  第212回日本呼吸器学会関東地方会,  横浜,  2014/11
21. ◎牛込充則, 船橋公彦, 鏡哲, 小池淳一, 塩川洋之, 金子奉暁, 新井賢一郎, 栗原聰元, 長嶋康雄, 松本悠, 根本哲生, 栃木直文, 渋谷和俊, 島田英昭, 金子弘真: 大腸ステント留置後に手術を施行した閉塞性大腸癌の8例.  第76回日本臨床外科学会総会,  郡山市,  2014/11
22. ◎金澤真作, 緒方秀昭, 齊藤芙美, 高地良介, 尾作忠知, 久保田伊哉, 馬越俊輔, 伊東俊秀, 片岡明美, 白神伸之, 寺原敦朗, 根本哲生, 渋谷和俊, 島田英昭, 金子弘真: 乳房造影超音波検査による時間輝度曲線の時間軸で検討した乳房腫瘤.  第76回日本臨床外科学会総会,  郡山市,  2014/11
23. ◎松本 悠, 島田英昭, 白鳥史明, 伊藤正朗, 竹山照明, 名波竜規, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 根本哲生, 船橋公彦, 金子弘真: 食道癌術後抗p53抗体価の単独再上昇で発見された転移性肺腫瘍の1例.  第76回日本臨床外科学会総会,  郡山市,  2014/11
24. ◎吉田公彦, 久保田喜久, 白鳥史明, 木村和孝, 前田徹也, 片桐敏雄, 石井 淳, 土屋 勝, 田村 晃, 大塚由一郎, 金子弘真, 石渡誉郎, 大久保陽一郎, 渋谷和俊: Stage4慢性腎不全を伴った肝細胞癌、原発性肺癌に対し肝肺同時切除を行った1例.  第76回日本臨床外科学会総会,  郡山市,  2014/11
25. ◎石岡伸規, 島田英昭, 谷島聡, 大嶋陽幸, 名波竜規, 鈴木隆, 竹山照明, 金子弘真, 栃木直文, 伊豫田明, 中島耕一: body食道癌肺転移と鑑別が困難であったp53抗体陽性前立腺癌肺転移例.  第76回日本臨床外科学会総会,  郡山市,  2014/11
26. ◎本田善子, 梶原庸司, 白鳥史明, 吉田公彦, 皆川輝彦, 島田英昭, 金子弘真, 瓜田純久, 三上哲夫, 渋谷和俊, 島田長人: 悪性リンパ腫の診断で治療開始直前に小腸穿孔をきたした1例.  第76回日本臨床外科学会総会,  郡山市,  2014/11
27. ◎秦美暢, 大塚創, 牧野崇, 肥塚智, 笹本修一, 佐藤史朋, 田巻一義, 磯部和順, 鏑木教平, 本間栄, 栃木直文, 渋谷和俊, 伊豫田明: 区域切除術後の局所再発と再発時治療法に関する検討.  第55回日本肺癌学会学術集会,  京都市,  2014/11
28. ◎牧野崇,肥塚智,大塚創,佐藤史朋,田巻一義,笹本修一,秦美暢,磯部和順,本間栄,栃木直文,渋谷和俊,伊豫田明: 肺癌に対するCompletion pneumonectomyの検討.  第55回日本肺癌学会学術集会,  京都市,  2014/11
29. ◎牧野崇, 秦美暢, 肥塚智, 大塚創, 後町杏子, 佐野剛, 磯部和順, 栃木直文, 渋谷和俊, 本間栄, 伊豫田明: 気管支鏡下肺生検後にMRSA肺化膿症を合併した肺カルチノイドの一切除例.  第166回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  高崎市,  2014/11
30. ◎稲毛麻弥, 篠崎稔, 石渡誉郎, 若山恵, 石井真由美, 佐々木久美子, 井手忠, 釘宮剛城, 根本哲生, 渋谷和俊: 腹水細胞診中に出現した神経内分泌腫瘍の一例.  第53回日本臨床細胞学会秋期大会,  下関,  2014/11
31. ◎篠崎稔, 若山恵, 三宅洋子, 大久保陽一郎, 石渡誉郎, 安藝恭子, 富士原弘子, 高安健人, 栃木直文, 密田亜希, 村山琮明, 根本哲生, 澁谷和俊: 慢性肺アスペルギルス症における細胞診断材料を用いた菌要素の検出に関する検討-第2報-.  第58回日本医真菌学会総会・学術集会,  横浜,  2014/11
32. ◎若山恵, 篠崎稔, 三宅洋子, 大久保陽一郎, 石渡誉郎, 安藝恭子, 富士原弘子, 高安健人, 栃木直文, 密田亜希, 根本哲生, 澁谷和俊: 呼吸器細胞診標本に検出された真菌の臨床的意義.  第58回日本医真菌学会総会・学術集会,  横浜,  2014/11
33. ◎上野圭吾, 金城雄樹, 大久保陽一郎, 清水公徳, 金子幸弘, 浦井誠, 川本進, 亀井克彦, 大野秀明, 澁谷和俊, 宮﨑義継: 高病原性cryptcoccus gattii の感染防衛に寄与する樹状細胞ワクチンの作用.  第58回日本医真菌学会総会・学術集会,  横浜,  2014/11
34. ◎大久保陽一郎, 大野秀明, 安藝恭子, 篠崎稔, 石渡誉郎, 栃木直文, 若山恵, 根本哲生, 下平佳代子, 中山晴雄, 田辺公一, 山越智, 金子幸弘, 宮﨑義継, 亀井克彦, 澁谷和俊: Cryptococcus gattii株における病原性発現機構の解明.  第58回日本医真菌学会総会・学術集会,  横浜,  2014/11
35. ◎大櫛瞳, 安藝恭子, 篠崎稔, 大久保陽一郎, 若山恵, 栃木直文, 澁谷和俊, 加納塁, 村山琮明: FISH法による臨床病理検体からのムーコル目真菌検出系の開発.  第58回日本医真菌学会総会・学術集会,  横浜,  2014/11
36. ◎壇辻百合香, 大野秀明, 梅山隆, 上野圭吾, 大久保陽一郎, 田辺公一, 名木稔, 山越智, 金城雄樹, 杉田隆, 澁谷和俊, 宮﨑義継: マクロファージの貪食を指標としたCryptococcus gattii感染病態の評価.  第58回日本医真菌学会総会・学術集会,  横浜,  2014/11
37. ◎中山晴雄, 本城小径, 澁谷和俊: 脳神経外科領域におけるカテーテル関連酵母血症の傾向.  第58回日本医真菌学会総会・学術集会,  横浜,  2014/11
38. ◎栃木直文, 安藤常浩, 篠崎稔, 安藝恭子, 石渡誉郎, 大久保陽一郎, 後町杏子, 秦美暢, 村山琮明, 若山恵, 根本哲生, 澁谷和俊: 慢性肺アスペルギルス症の病理組織学的検討.  第58回日本医真菌学会総会・学術集会,  横浜,  2014/11
39. ◎澁谷和俊: 医真菌学の中の病理.  第58回日本医真菌学会総会・学術集会,  横浜,  2014/11
40. 金城雄樹, 上野圭吾, 浦井誠, 金子幸弘, 大久保陽一郎, 清水公徳, 大野秀明, 亀井克彦, 川本進, 澁谷和俊, 宮﨑義継: クリプトコックスの莢膜多糖による免疫回避機構の解析及びその制御法の開発.  第58回日本医真菌学会総会・学術集会,  横浜,  2014/11
41. 吉原彩, 廣井直樹, 松浦賢太郎, 久保田伊哉, 緒方秀昭, 若山恵, 栃木直文, 赤坂喜清, 坪井久美子, 弘世貴久: 正中頚嚢胞として経過観察されていた好酸性細胞型濾胞癌の一例.  第24回臨床内分泌代謝Update,  さいたま,  2014/11
42. ◎磯部和順, 秦美暢, 鏑木教平, 山本愛, 石田文昭, 菊池直, 廣田直, 佐藤敬太, 佐野剛, 杉野圭史, 坂本晋, 高井雄二郎, 栃木直文, 伊豫田明, 本間栄: EGFR mutaion陽性肺腺癌におけるnanofluidic digital PCRを用いた治療前原発巣のT790M定量化の有用性.  第55回日本肺癌学会学術集会,  京都市,  2014/11
43. ◎小此木信一, 野本 淳, 寺園 明, 内野 圭, 野手康宏, 安藤俊平, 福島大輔, 桝田博之, 近藤康介, 原田直幸, 根本匡章, 周郷延雄, 赤坂喜清、澁谷和俊: Intra-osseous meningiomaの一例.  第68回東邦医学会総会,  東京,  2014/11
44. ◎中山晴雄, 澁谷和俊: ABPC/SBTの腫瘍内濃度を計測することが可能であった脳腫瘍の1例.  第63回日本感染症学会東日本地方会総会学術集会 第61回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会,  東京,  2014/10
45. 上野圭吾, 金城雄樹, 大久保陽一郎, 浦井 誠, 金子幸弘, 大野秀明, 亀井克彦、澁谷和俊,
宮崎義継: 高病原性Cryptococcus gattiの感染防衛に寄与する樹状細胞ワクチン.  第63回日本感染症学会東日本地方会総会学術集会 第61回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会,  東京,  2014/10
46. ◎藤井崇博, 原 文彦, 五十嵐裕美, 若倉真吾, 池田隆徳, 佐々木雄毅, 渡邊善則, 石綿誉郎, 渋谷和俊, 原田昌彦: 大動脈弁および大動脈基部に腫瘤が疑われた一例.  日本超音波医学会関東甲信越地方会第26回学術集会,  東京,  2014/10
47. ◎牛込充則, 船橋公彦, 塩川洋之, 小池淳一, 金子奉暁, 新井賢一郎, 鏡哲, 栃木直文, 三上哲夫, 若山恵, 根本哲生, 二本柳康博, 島田英昭, 金子弘真: 大腸ステント留置後に腹腔鏡手術を施行した閉塞性大腸癌の5 例.  第27回日本内視鏡外科学会総会,  盛岡市,  2014/10
48. ◎前田徹也, 土屋勝, 石井淳, 木村和孝, 鏡哲, 久保田喜久, 片桐敏雄, 田村晃, 大塚由一郎, 栃木直文, 根本哲生, 渋谷和俊, 金子弘真: 腹腔鏡下脾臓脾動静脈温存尾側膵切除術を行った膵SPT の1 例.  第27回日本内視鏡外科学会総会,  盛岡市,  2014/10
49. ◎後町杏子、杉野圭史、石田文昭、菊池 直、佐藤敬太、佐野 剛、磯部和順、坂本 晋、髙井雄二郎、渋谷和俊、植草利公、本間 栄: 多発嚢胞性病変の進行を伴った上葉優位型肺線維症(UIPパターン)の1VATS例.  第90回間質性肺疾患研究会,  東京,  2014/10
50. ◎齊藤芙美, 緒方秀昭, 岡田弥生, 若山惠, 渋谷和俊, 金子弘真: 乳癌モデルマウスにおける凍結療法後の血清サイトカイン値の変動.  第73回日本癌学会学術総会,  横浜市,  2014/09
51. ◎砂川泉子, 菊池直, 石田文明, 廣田直, 佐藤啓太, 佐野剛, 杉野圭史, 磯部和順, 坂本晋, 高井雄二郎, 渋谷和俊, 本間栄: 多彩な肺病理所見を認め長期経過を追えたMPO-ANCA陽性間質性肺炎(PLV)の一例.  第166回日本結核病学会関東支部学会 第211回日本呼吸器学会関東地方会 合同学会,  埼玉,  2014/09
52. ◎山田悠人, 原精一, 馬越智子, 岡野直樹, 菊池由宣, 中野茂, 渡辺学, 五十嵐良典, 住野泰清, 木村和孝, 片桐敏雄, 金子弘真, 二本柳康博, 根本哲生, 渋谷和俊: 急速な転機を辿った腹膜悪性中皮腫の一例.  日本消化器病学会関東支部第331回例会,  東京都,  2014/09
53. ◎磯部和順, 秦美暢, 鏑木教平, 石田文昭, 菊池直, 廣田直, 佐藤敬太, 佐野剛, 杉野圭史, 坂本晋, 高井雄二郎, 栃木直文, 伊豫田明, 渋谷和俊, 本間栄: EGFR mutaion陽性肺腺癌におけるdigital PCRを用いた原発巣のT790M定量化の試み.  第52回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2014/08
54. ◎牛込充則, 船橋公彦, 久保田喜久, 土屋勝, 鏡 哲, 松田聡, 金子奉暁, 新井賢一郎, 塩川洋之, 小池淳一, 三上哲夫, 渋谷和俊, 栗原聰元, 島田英昭, 金子弘真: 大腸ステント留置後に腹腔鏡下同時切除を行えた肝転移を伴った閉塞性大腸癌の1例.  第52回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2014/08
55. ◎金澤真作, 三塚幸夫, 緒方秀昭, 後藤麻佑, 齊藤芙美, 尾作忠知, 久保田伊哉, 馬越俊輔, 伊東俊秀, 根本哲夫, 渋谷和俊, 島田英昭, 金子弘真: 2nd look超音波検査としての乳房造影超音波検査所見の検討.  第52回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2014/08
56. ◎金澤真作, 三塚幸夫, 尾作忠知, 久保田伊哉, 馬越俊輔, 白神伸之, 寺原敦朗, 根本哲夫, 渋谷 和俊, 緒方 秀昭: 造影MRI検査で病変が指摘された症例に対する2nd look 超音波検査における造影超音波検査の有用性.  第22回日本乳癌学会学術総会,  大阪市,  2014/07
57. ◎三塚幸夫, 金澤真作, 緒方秀昭, 馬越俊輔, 齊藤芙美, 久保田伊哉, 尾作忠知, 栃木直文, 澁谷和俊, 金子弘真, 小林純子, 若山恵: 穿刺ターゲット設定にソナゾイド造影超音波が有用だったDCISの2症例.  第22回日本乳癌学会学術総会,  大阪市,  2014/07
58. ◎下平 佳代子, 高月 晋一, 中山 智孝, 若山 恵, 松裏 裕行, 渋谷 和俊, 佐地 勉: Wnt/PCP Pathway関連因子の特発性肺動脈性肺高血圧症の肺動脈病変における発現.  第50回日本小児循環器学会,  岡山市,  2014/07
59. ◎根本哲生, 伊藤正朗, 山本慶郎, 谷島 聡, 島田英昭, 澁谷和俊: 放射線照射後に発生し血管肉腫様の組織像を呈した食道腫瘍の一例.  第68回日本食道学会学術集会,  東京,  2014/07
60. ◎谷島聡, 大嶋陽幸, 名波竜規, 鈴木 隆, 伊藤正朗, 竹山照明, 澤口悠子, 根本哲生, 島田英昭, 金子弘真: StageⅡ, Ⅲ食道がんの治療効果をバイオマーカーから推測する.  第68回日本食道学会学術集会,  東京,  2014/07
61. ◎澤口悠子, 島田英昭, 谷島 聡, 伊藤正朗, 名波竜規, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 根本哲生, 金子弘真: 術後血清p53抗体が陰性化した後に再発した進行食道腺癌の1例.  第68回日本食道学会学術集会,  東京,  2014/07
62. ◎前田徹也, 土屋勝, 石井淳, 甲田貴丸, 久保田喜久, 片桐敏雄, 田村晃, 大塚由一郎, 渋谷和俊, 金子弘真: 術前S1/GEM療法後に切除を行った遠隔転移を伴う膵体尾部癌の1例.  第36回日本癌局所療法研究会,  八尾市,  2014/06
63. ◎岡 崇, 久武真二, 鈴木健也, 野口晃司, 秋津克哉, 原 文彦, 五十嵐裕美, 大久保 亮, 池田隆徳, 山﨑純一, 渡邉善則, 藤井毅郎, 大久保陽一郎, 澁谷和俊: 左室内の前乳頭筋より発生した乳頭状弾性線維腫の1例.  第232回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2014/06
64. ◎皆川輝彦, 本田善子, 白鳥史明, 吉田公彦, 鈴木銀河, 二本柳康博, 渋谷和俊, 島田英昭, 金子弘真, 瓜田純久, 島田長人: 帝王切開後創部に発生した腹壁子宮内膜症の一例.  第39回日本外科系連合学会学術集会,  東京,  2014/06
65. ◎西川雄祐, 森田宏, 天沼誠, 廣瀬元彦, 佐藤真司, 中野茂, 倉形秀則, 五十嵐良典, 住野泰清, 本田善子, 島田長人, 石渡誉郎, 大久保陽一郎, 渋谷和俊: 糖尿病ケトアシドーシスに併発した狭窄型虚血性腸炎の1例.  第98回日本消化器内視鏡学会関東地方会,  東京,  2014/06
66. ◎布井啓雄、藤井毅郎、佐々木雄毅、大熊新之介、片柳智之、片山雄三、塩野則次、小澤司、石渡誉郎、澁谷和俊、渡邉善則: 脳梗塞を合併した大動脈弁乳頭状弾性線維腫の1例.  第165回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  横浜,  2014/06
67. ◎澁谷和俊: 真菌感染症の病理.  第35回関東医真菌懇話会,  東京,  2014/06
68. ◎稲毛麻弥,大久保陽一郎,篠崎稔,若山恵,渋谷和俊: 十二指腸Gangliocytic paragangliomaの超音波内視鏡下穿刺吸引(EUS-FNA)標本の細胞像.  第55回 日本臨床細胞学会総会,  横浜, 日本,  2014/06
69. ◎相川博音、仲村泰彦、石田文昭、杉野圭史、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、栃木直文、渋谷和俊、本間 栄: 超音波気管支鏡下肺生検(EBUS-TBNA)で診断しえた悪性黒色腫の肺門リンパ節転移(再発)の1例.  第149回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会,  東京,  2014/06
70. ◎鈴木亜衣香, 佐野剛, 清水宏繁, 山本愛, 磯部和順, 坂本晋, 高井雄二郎, 秦美暢, 白鳥史明, 牛込充則, 栃木直文, 密田亜希, 伊豫田明, 船橋公彦, 渋谷和俊, 本間栄: 肺癌術後再発に対するBevacizmab投与中に膀胱S状結腸瘻を発症した1例.  第170回日本肺癌学会関東支部会,  東京,  2014/06
71. ◎和田知博、佐野 剛、菊池 直、石田文昭、廣田 直、佐藤敬太、磯部和順、坂本 晋、髙井雄二郎、石渡誉郎、若山 恵、渋谷和俊、本間 栄: 防風通聖散による薬剤性肺炎の1例.  第89回間質性肺疾患研究会,  東京,  2014/06
72. ◎伊藤貴文, 石田文昭, 後町杏子, 菊池直, 佐野剛, 磯部和順, 坂本晋, 高井雄二郎, 井内亜美, 渋谷和俊, 本間栄: 吸入誘発試験で診断し得た加湿器肺の2症例.  第209回日本呼吸器学会関東地方会,  千葉,  2014/05
73. ◎大久保陽一郎、高村 和久、篠崎稔、根本哲生、若山恵、密田亜希、栃木直文、石渡誉郎、二本柳康博、安藝恭子、下平佳代子、並木温、山崎 純一、渋谷和俊: 横紋筋芽細胞分化を伴った心原発平滑筋肉腫の一例.  第38回東邦循環器研究会,  東京、日本,  2014/05
74. ◎澁谷和俊: 肉芽腫と真菌症.  第89回日本結核病学会総会,  岐阜,  2014/05
75. ◎酒井正人, 柴田祐充子, 黒岩実, 渋谷和俊: 当科における後腹膜奇形種6例の検討.  第51回日本小児外科学会総会,  大阪,  2014/05
76. ◎金澤真作, 三塚幸夫, 齊藤芙美, 久保田伊哉, 尾作忠知, 白神伸之, 寺原敦朗, 根本哲夫, 渋谷和俊, 片岡明美, 緒方秀昭: 乳腺領域における造影超音波の意義.  第87回日本超音波医学会学術集会,  横浜,  2014/05
77. ◎金澤真作, 三塚幸夫, 齊藤芙美, 久保田伊哉, 尾作忠知, 白神伸之, 寺原敦朗, 根本哲夫, 渋谷和俊, 片岡明美, 緒方秀昭: 乳房造影超音波検査の現状と今後.  第87回日本超音波医学会学術集会,  横浜,  2014/05
78. ◎大塚創, 秦美暢, 肥塚智, 牧野崇, 佐藤史朋, 田巻一義, 笹本修一, 磯部和順, 杉野圭史, 栃木直文, 本間栄, 伊豫田明: 当院における気腫合併特発性肺線維症合併肺癌切除例の検討.  第31回日本呼吸器外科学会定期学術集会,  東京都港区,  2014/05
79. ◎牧野崇, 秦美暢, 佐藤史朋, 大塚創, 肥塚智, 田巻一義, 笹本修一, 磯部和順, 栃木直文, 渋谷和俊, 伊豫田明: 肺高悪性度神経内分泌癌の術後再発の検討.  第31回日本呼吸器外科学会定期学術集会,  東京都港区,  2014/05
80. ◎牧野崇, 秦美暢, 肥塚智, 大塚創, 佐藤史朋, 田巻一義, 笹本修一, 栃木直文, 渋谷和俊, 伊豫田明: 両側同時手術を行った両側肺底動脈大動脈起始症の1切除例.  第31回日本呼吸器外科学会定期学術集会,  東京都港区,  2014/05
81. ◎笹井大督, 徳山宣, 大久保陽一郎, 森山彩子, 長島誠, 加藤良二, 松澤康雄, 蛭田啓之: 肺小動脈に特徴的な内膜肥厚を認めた肺癌の一例.  第103回日本病理学会総会,  広島,  2014/04
82. ◎若山 恵, 下平佳代子, 中山晴雄, 篠崎 稔, 大久保陽一郎, 石渡誉郎, 二本柳康博, 小林純子, 山本慶郎, 安芸恭子, 栃木直文, 密田亜希, 根本哲生, 渋谷和俊: 当院剖検例を用いた侵襲性真菌症の疫学的検討II:侵襲臓器と加齢の影響について.  第103回日本病理学会総会,  広島市,  2014/04
83. ◎後町杏子, 杉野圭史, 一色琢磨, 澁谷和俊, 植草利公, 本間栄: 上葉優位型特発性間質性肺炎の臨床病理学的特徴.  第54回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2014/04
84. ◎根本哲生, 山本慶郎, 平野直樹, 大久保陽一郎, 栃木直文, 石渡誉郎, 二本柳康博, 小林純子, 若山恵, 澁谷和俊: 非癌食道粘膜および早期食道扁平上皮癌における上皮乳頭内血管の密度.  第103回日本病理学会総会,  広島市,  2014/04
85. ◎山本慶郎, 根本哲生, 二本柳康博, 石渡誉郎, 大久保陽一郎, 栃木直文, 若山恵, 五十嵐良典, 澁谷和俊: 十二指腸乳頭部腫瘍(非浸潤症例)の局在と組織形態学的、免疫組織学的特徴との関連.  第103回日本病理学会総会,  広島,  2014/04
86. ◎石渡誉郎, 大久保陽一郎, 小林純子, 二本柳康博, 山本慶郎, 栃木直文, 長谷川千花子, 若山恵, 根本哲生, 澁谷和俊.: 胃癌細胞転移による肺動脈構築改変.  第103回日本病理学会総会,  広島,  2014/04
87. ◎大久保陽一郎, 安藝恭子, 篠崎稔,中山晴雄, 石渡誉郎, 栃木直文, 若山恵, 根本哲生, 笹井大督,山本慶郎, 二本柳康博, 小林純子, 渋谷和俊: 酵母血流感染症に関する遺伝子診断法の確立ならびに多施設共同後方視的発生動向調査.  第103回日本病理学会総会,  広島, 日本,  2014/04
88. 二本柳康博, 大塚由一郎, 小林純子, 松清美彩, 山本慶郎, 石渡誉郎, 長谷川千花子, 大久保陽一郎, 栃木直文, 若山恵, 根本哲生, 鏡哲, 皆川輝彦, 船橋公彦, 金子弘真, 澁谷和俊: 術後肝肉芽腫の1例.  第103回日本病理学会総会,  広島,  2014/04
89. ◎金澤真作, 緒方秀昭, 三塚幸夫, 齊藤芙美, 尾作忠知, 久保田伊哉, 伊藤俊秀, 白神伸之, 寺原敦朗, 根本哲生, 渋谷和俊, 金子弘真: CHI time curve analysis で解析した乳房造影超音波所見の検討.  第114回日本外科学会定期学術集会,  京都市,  2014/04
90. ◎牧野崇, 秦美暢, 大塚創, 佐藤史朋, 肥塚智, 田巻一義, 笹本修一, 磯部和順, 栃木直文, 渋谷和俊, 伊豫田明: 肺大細胞神経内分泌癌手術例の臨床病理学的検討.  第114回日本外科学会定期学術集会,  京都市,  2014/04
91. ◎秦美暢,大塚創,牧野崇,肥塚智,田巻一義,笹本修一,磯部和順,大国生幸,栃木直文,伊豫田明: 病理病期Ⅱ/Ⅲ期の80歳以上超高齢者肺癌に対する外科療法の検討.  第114回日本外科学会定期学術集会,  京都市,  2014/04
92. ◎磯部和順, 秦美暢, 鏑木教平, 佐藤敬太, 佐野剛, 杉野圭史, 坂本晋, 高井雄二郎, 栃木直文, 伊豫田明, 本間栄: Inconsistent with UIP patternを呈するCPFE合併肺癌の臨床的特徴.  第54回日本呼吸器学会学術集会,  大阪市,  2014/04
93. ◎杉野圭史, 後町杏子, 磯部和順, 秦美暢, 栃木直文, 植草利公, 本間栄: CPFE/UIPおよびIPFの肺癌発生母地と術後急性増悪に関する臨床病理学的検討.  第54回日本呼吸器学会学術集会,  大阪市,  2014/04
94. ◎和田知博, 磯部和順, 佐藤敬太, 佐野剛, 坂本晋, 高井雄二郎, 秦美暢, 伊豫田明, 栃木直文, 渋谷和俊, 本間栄: 肺病変に対するEBUS-TBNAの有用性・安全性の検討.  第54回日本呼吸器学会学術集会,  大阪市,  2014/04
95. ◎Masahiro Kobayashi, N Shiraga, K Matsumoto, K Suzuki, H Suzuki, J Kodera, T Meda, T Koda, T Nemoto, M wakayama, K Shibuya, H Kaneko, E Kohda: Sclerosing mesenteric panniculitis: a case report.  The 50th Autumn Assembly of the Japan Radiological Society,  Kobe, Japan,  2014/09
国際学会
1. ◎Y.Haga,A.Nakazawa,C.Okamatsu,H.Takahashi,M.Kuroiwa,K.Shibuya,T.Saji,A.Ohara: Infant Stage4S Neuroblastoma with MYCN Amplification.  Advances In Neuroblastoma Research 2014,  Cologne,Germany,  2014/05
2. ◎H. Ota, K. Sugino, N. Hirota, Y. Nakamura, K. Furuya, K. Gocho, K. Kaburaki, S. Sakamoto, K. Shibuya, T. Saji, T. Uekusa, T. Takemura, S.A. Homma: An Autopsied Case Of Sarcoidosis Associated With Severe Pulmonary Hypertension.  2014American Thoracic Society International Conference,  San Diego USA,  2014/05
3. ◎Isobe K, Hata Y, Tochigi N, Kaburaki K, Makino T, Otsuka H, Ishida F, Kikuchi N, Hirota N, Sato K, Sano G, Sugino K, Sakamoto S, Takai Y, Shibuya K, Iyoda A, Homma S: Quantifying the T790M mutation in EGFR-mutant lung adenocarcinoma with nanofluidic digital PCR arrays.  49th Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology,  Chicago,  2014/05
4. ◎Sugino K, Gocho K, Nakamura Y, Isshiki T, Isobe K, Hata Y, Tochigi N, Uekusa T, Homma S: Clinicopathological characteristics of carcinogenesis of lung cancer and postoperative acute exacerbation in patients with CPFE/UIP and IPF/UIP.  World Conference for American Thoracic Society,  San Diego,  2014/05
5. ◎Hata Y, Sakamoto S, Otsuka H, Sato K, Sato F, Makino T, Sugino K, Isobe K, Shiraga N, Tochigi N, Shibuya K, Homma S, Iyoda A: Complication related to EBUS-TBNA in patients with tuberculous lymphadenopathy.  18th World Congress for World Association for Bronchology and Interventional Pulmonology,  Kyoto,  2014/04
その他
1. ◎澁谷和俊: 血液疾患と糸状菌症.  血液腫瘍シンポジウム2015,  東京,  2015/01
2. ◎澁谷和俊: 侵襲性糸状菌症の病態.  第14回血液疾患感染症カンファレンス,  名古屋,  2015/01
3. ◎澁谷和俊: 侵襲性糸状菌症の病理と病態.  第6回中杉血液内科感染症講演会,  東京,  2014/12
4. ◎後町杏子、杉野圭史、中村泰彦、一色琢磨、渋谷和俊、植草利公、本間 栄: 特発性上葉優位型間質性肺炎の臨床的特徴—特発性肺線維症との比較—.  厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業『びまん性肺疾患に関する調査研究班』平成26年度第2回班会議総会,  東京,  2014/12
5. ◎澁谷和俊: 侵襲性ムーコル症の病態.  アムビゾームエリアフォーラムin岐阜,  岐阜,  2014/11
6. ◎澁谷和俊: 白血病と真菌症.  第14回血液疾患フォーラム,  東京,  2014/10
7. ◎澁谷和俊: 白血病に関わる糸状菌感染症.  血液疾患領域 肺真菌症 Meeting,  栃木,  2014/10
8. ◎栃木直文, 安藤常浩, 篠崎稔, 安藝恭子, 石渡誉郎, 大久保陽一郎, 後町杏子, 秦美暢, 村山琮明, 若山恵, 根本哲生, 澁谷和俊: 慢性肺アスペルギルス症の病理組織学的検討.  第8回アスペルギルス研究会,  東京都渋谷区,  2014/09
9. ◎根本匡章, 上田啓太, 長尾孝晃, 福島大輔, 桝田博之, 野本淳, 近藤康介, 原田直幸, 周郷延雄, 大久保陽一郎, 澁谷和俊: Olfactory groove shwannomaの1例.  第17回脳神経外科疾患の臨床と病理のJOINT CONFERENCE,  東京,  2014/06
10. ◎吉野 翔, 谷島 聡, 上田啓太, 渋谷和俊, 大久保陽一郎, 島田英昭, 金子弘真: 術後3年3ヵ月に脳単独転移を来した、NACにてgrade3であった胸部食道癌の一手術例.  第833回外科集談会,  東京,  2014/06
11. ◎澁谷和俊: 侵襲性ムーコル症の病態.  造血器腫瘍の真菌感染症研究会,  東京,  2014/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者