東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 リハビリテーション医学研究室(大森)
 Department of Physical Medicine and Rehabilitation (Omori)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















海老原 覚   教授
 8 2  3  6 1       4
(4)
 14
(11)
 1
(1)
 
 5
(4)
 8
(8)
大国 生幸   講師
 1 2     1       
 3
(3)
 
 
 
 
 9 0  6 0  0  4
(4)
 1
(1)
 5
(4)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
総説及び解説
1. 海老原 覚, 小椋 遼治, 廣瀬 未羽, 池田 和史:  呼吸リハビリテーションと嚥下障害.  MEDICAL REHABILITATION  189 :65 -70 , 2015
2. 海老原 覚:  高齢者の咳.  カレントテラピー  33 (6) :86 -86 , 2015
3. 海老原 覚:  フレイルとリハビリテーション.  フレイルハンドブック  (1) :31 -33 , 2016
4. 大国 生幸:  Ⅱ.光線療法による治療
1.リハビリテーション医学における光線療法と治療の実際.  ペインクリニック  37 (2) :176 -182 , 2016
5. 海老原 覚 伊豆蔵 英明 原田 孝:  むせを伴う咳を見た際には?.  総合診療  25 (5) :462 -465 , 2015
6. 海老原 覚, 伊豆蔵 英明:  誤嚥による咳嗽.  日本胸部臨床  74 (11) :1217 -1226 , 2015
7. 海老原 覚:  誤嚥性肺炎の分子標的治療最前線
~咽頭感覚受容体からリンパ管誘導因子まで~.  日本薬理学雑誌  145 (6) :283 -287 , 2015
8. 海老原 覚:  嚥下障害のリハビリテーション.  日本老年医学会雑誌  52 (4) :314 -321 , 2015
9. 海老原 覚:  編集委員長就任のご挨拶.  日本老年医学会雑誌  53 (1) :3 -3 , 2016
10. Vertigan AE, Murad MH, Pringsheim T, Feinstein A, Chang AB, Newcombe PA, Rubin BK, McGarvey LP, Weir K, Altman KW, Weinberger M, Irwin RS, CHEST Expert Cough Panel, Adams TM, Altman KW, Barker AF, Birring SS, Blackhall F, Bolser DC, Boulet LP, Braman SS, Brightling C, Callahan-Lyon P, Canning BJ, Chang AB, Coeytaux R, Cowley T, Davenport P, Diekemper RL, Ebihara S, EL Solh AA, Escalante P, Feinstein A, Field SK, Fisher D, French CT, Gibson P, GOld P, Gould MK, Grant C, Harding SM, Harnden A, Hill AT, Irwin RS, Kahrilas PJ, Keogh KA, Lane AP, Lim K, Malesker MA, Mazzone P, Mazzone S, McCrory DC, McGarvey L,Molasiotis A, Murad MH, Newcombe P, Nguyen HQ, Oppenheimer J, Prezant D, Pringsheim T, Restrepo MI, Rosen M, Rubin BK, Weir K, Wiener RS:  Somatic Cough Syndrome(Previously Referred to as Psychogenic Cough)and Tic Cough(Previously Referred to as Habit Cough)in Adults and Children:CHEST Guideline and Expert Pane. Report.  CHEST  148 (1) :24 -31 , 2015
11. French CT, Diekemper RL, Irwin RS, CHEST Expert Cough Panel, Adams TM, Altman KW, Barker AF, Birring SS, Blackhall F, Bolser DC, Boulet LP, Braman SS, Brightling C, Callahan-Lyon P, Canning BJ, Chang AB, Coeytaux R, Cowley T, Davenport P, Diekemper RL, Ebihara S, EL Solh AA, Escalante P, Feinstein A, Field SK, Fisher D, French CT, Gibson P, GOld P, Gould MK, Grant C, Harding SM, Harnden A, Hill AT, Irwin RS, Kahrilas PJ, Keogh KA, Lane AP, Lim K, Malesker MA, Mazzone P, Mazzone S, McCrory DC, McGarvey L,Molasiotis A, Murad MH, Newcombe P, Nguyen HQ, Oppenheimer J, Prezant D, Pringsheim T, Restrepo MI, Rosen M, Rubin B, Ryu JH, Smith J, Tarlo SM, Vertigan AL, Wang G,
Weinberger M, Weir K:  Assessment of Intervention Fidelity and Recommendations for Researchers Conducting Studies on the Diagnosis and Treatment of Chronic Cough in the Adult:CHEST Guideline and Expert Panel.  CHEST  148 (1) :32 -54 , 2015
12. adams TM, Altman KW, Barker AF, Birring SS, Blackhall F, Bolser DC, Boulet LP, Brama SS, Brightling C, Callahan-Lyon P, Canning BJ, Chang AB, Coeytaux R, Cowley T, Davenport P, Diekemper RL, Ebihara S, El Solh AA, Escalante P, Feinstein A, Field SK, French CT, Gibson P, Gold P, Gould MK, Grant C, Harding SM, Harnden A, Hill AT, Irxin RS, Kahrilas PJ, Keogh KA, Lane AP, Lim K, Malesker MA, Mazzone S, McCry DC, McGarvey L, Molasiotis A, Murad MH, Newcombe P, Nguyen HQ, Oppenheimer J, Prezant D, Pringsheim T, Restrepo MI, Rosen M, Rubin B, Ryu JH, Smith J, Tario SM, Vertigan AE, Wang G, Weinberger M, Wiener RS:  Treatment of Unexplained Chronic Cough:CHEST Guideline and Expert Panel Report.  CHEST  149 (1) :27 -44 , 2016
症例報告
1. 毛利 奨吾, 内 昌之, 大国 生幸, 横山 雄一郎, 海老原 覚:  胸椎化膿性脊椎炎による両下肢完全運動麻痺後に自立歩行を再獲得した一症例.  臨床理学療法研究  32 :41 -44 , 2015
2. 五十嵐 愛,  内 昌之, 岩波 裕治, 大国 生幸, 平山 剛久, 三浦 健, 海老原 覚:  意識障害を伴った急性散在性脳脊髄炎に対し早期より理学療法を開始し復職に至った若年成人の一症例.  臨床理学療法研究  32 :57 -59 , 2015
■ 著書
1. 海老原 覚:  フレイルとリハビリテーション.  フレイルハンドブック  31-33.  ライフサイエンス,  東京, 2016
2. 海老原 覚, 福田 大空, 大国 生幸:  加齢による障害(フレイル,老年症候群,サルコペニア).  最新リハビリテーション医学 第3版  188-193.  医歯薬出版株式会社,  東京, 2016
3. 海老原 覚:  腎臓と肺.  重複障害のリハビリテーション  124-127.  株式会社三輪書店,  東京, 2015
4. 海老原 覚:  呼吸器疾患のリハビリテーション.  重複障害のリハビリテーション  281-288.  株式会社三輪書店,  東京, 2015
5. 海老原 覚:  認知症と運動器疾患.  重複障害のリハビリテーション  492-495.  株式会社三輪書店,  東京, 2015
6. 海老原 覚:  心臓・血管と肺.  重複障害のリハビリテーション  89-92.  株式会社三輪書店,  東京, 2015
7. 海老原 覚、 海老原 孝枝:  誤嚥性肺炎および嚥下障害の薬物治療のエビデンスは?.  EBM 耳鼻咽喉科・頭頸部外科の治療 2015-2016  501-505.  中外医学社,  東京, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. 海老原 覚: CKDとフレイル.  第6回腎臓リハビリテーション学会,  岡山県,  2016/03
2. 海老原 覚: リハビリテーション医学における基礎研究の展開.  第10回日本リハビリテーション医学会専門医会学術集会,  東京,  2015/11
3. 伊豆蔵 英明, 海老原 覚, 大島 力, 桜井 貴敏, 岩渕 聡: 顔面神経麻痺難治例に対して漢方治療が有効であった1例.  第24回日本脳神経外科漢方医学会学術集会,  東京,  2015/11
4. ◎岩波 裕治, 内 昌之, 五十嵐 愛, 大国 生幸, 杉野 圭史, 本間 栄, 海老原 覚: 間質性肺炎患者の不安感と身体機能および健康関連QOLの関連性.  第25回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  千葉,  2015/10
5. 杉野 圭史, 仲村 泰彦, 後町 杏子, 石田 文昭, 五十嵐 愛, 岩波 裕治, 海老原 覚, 本間 栄: 外来呼吸リハビリテーションを導入した間質性肺炎患者の検討.  第25回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  千葉,  2015/10
6. ◎杉野圭史、海老原覚、本間 栄: 間質性肺炎および気腫合併肺線維症における呼吸リハビリテーションの現状と課題.  第25回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  東京,  2015/10
7. 海老原 覚: 間質性肺炎の集学的治療 病態評価と運動負荷法の実験.  第25回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  千葉,  2015/10
8. ◎五十嵐 愛, 内 昌之, 大国 生幸, 岩波 裕治, 杉野 圭史, 本間 栄, 海老原 覚: 3か月間の外来呼吸リハビリテーションの効果が維持困難であった突発性肺線維症の一症例.  第25回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  千葉,  2015/10
9. 海老原 覚: 高齢者の嚥下ニューロリハビリテーション.  第62回日本老年医学会関東甲信越地方会,  東京,  2015/09
10. 海老原 覚: 誤嚥性肺炎最新発症メカニズムと嚥下ニューロリハビリテーション.  第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会,  京都,  2015/09
11. 飯塚よう子: cough peak flow と舌圧の関連性の検討.  第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会,  京都,  2015/09
12. 海老原 覚: 脳肺連関とそのニューロリハビリテーション・運動療法.  第34回日本臨床運動学会学術集会,  仙台,  2015/09
13. 海老原 覚: 高齢者転倒予防の最前線~運動療法に加えて考えるべきこと~.  第34回日本臨床運動療法学会学術集会,  仙台,  2015/09
14. ◎石井毅, 内昌之, 大国生幸, 横山雄一郎, 海老原覚: 胸椎椎間板ヘルニアによる不全対麻痺後に歩行再獲得に至った一症例.  第28回日本臨床整形外科学会学術集会,  下関,  2015/07
15. 海老原 覚, 関谷 秀樹: 高齢患者に対する周術期口腔機能管理を考える;今後の課題と取り組み.  第29回日本老年学会総会 第57回日本老年医学会学術集会,  横浜,  2015/06
16. 海老原 覚, 上月 正博: 坦癌マウスの腫瘍増大に対する運動療法の効果の検討.  第52回日本リハビリテーション医学会学術集会,  新潟,  2015/05
17. 海老原 覚: 慢性閉塞性肺疾患患者の味覚認知閾値に対する呼吸リハビリテーションの効果の検討.  第55回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2015/04
18. 海老原 覚: 感覚を刺激して嚥下機能の改善を図る.  第55回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2015/04
国際学会
1. Satoru Ebihara: New Therapeutic Strategy for Aspiration Pneumonia in Elderly People.  New Era,New Horizon A Real-World Approach to Optimal COPD Treatment,  台湾,  2015/06
その他
1. 海老原 覚: 高齢者の非薬物療法最前線.  第6回非薬物療法研究会,  仙台,  2016/03
2. 海老原 覚: COPD・IP・CPFEの呼吸リハビリテーション 当院の取組.  第3回城南地区呼吸器疾患研究会,  東京,  2016/03
3. 海老原 覚: 誤嚥性肺炎の最新治療・予防・ニューロリハビリテーション.  第2回信州呼吸器カンファランス,  長野,  2016/02
4. 海老原 覚: 急性期病院における包括的呼吸リハビリテーション最前線.  Meet the呼吸リハビリ Expert in城南,  東京,  2015/11
5. 海老原 覚: 高齢者の口腔機能の維持・向上法に関する研究.  平成27年度長寿医療研究開発費「高齢者の口腔機能の維持・向上に関する研究」班会,  大府市,  2015/10
6. 海老原 覚: 誤嚥性肺炎の病態生理とマルチモーダル介入.  第246回生理学東京談話会,  東京,  2015/09
7. 海老原 覚: チームで行う包括的呼吸リハビリテーション最前線.  第3回青森RSTセミナー,  青森,  2015/09
8. 海老原覚: 嚥下障害と誤嚥性肺炎.  老年医学サマーセミナー,  軽井沢,  2015/07
9. 海老原 覚: 最新誤嚥性肺炎治療・予防・リハビリテーション.  東京都大田区大森歯科医師会 公衆衛生講習会,  東京,  2015/07
10. 海老原 覚: 高齢者の運動器強化・転倒予防の最前線.  第4回老年疾患セミナー,  東京,  2015/06
11. 海老原 覚: リハビリテーション入門.  集中講義:全ての医学生に知ってほしい、リハビリテーション科専門医の仕事と魅力,  東京,  2015/04
12. Satoru Ebihara: Cough in Elderly People and Aspiration Pneumonia.  China -USA-Japan-NZ Joint Summit On Cough,2015,  China,  2015/08
13. Satoru Ebihara: Frontiers in Aspiration Pneumonia:Dysphagia and Dystussia in the Elderly.  Kaohsiung Chang Gung Memorial Hostital 専科特別演講,  台湾,  2015/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者