東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2012年度 | 2013年度 | 2014年度
 医学部 医学科 リハビリテーション医学研究室(大森)
 Department of Physical Medicine and Rehabilitation (Omori)

教授:
  海老原 覚
講師:
  大国 生幸
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省科学研究費 基盤研究(B)  (研究課題番号:24300187)
 研究課題:咳嗽リハビリ導入により生命予後を改善する新規包括的呼吸リハビリの開発研究  (研究代表者:海老原 覚)
 研究補助金:3640000円  (代表)
2.  文部科学省科学研究費 挑戦的萌芽研究  (研究課題番号:24659397)
 研究課題:in vivo分子イメージングによる肺アミロイドーシス新規診断法の確立  (研究代表者:海老原 覚)
 研究補助金:1170000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















海老原 覚   教授
 10  1 8  1        5
 9
 
 1
 8
 4
大国 生幸   講師
 2 6  1          2
(2)
 7
(1)
 
 
 
 
 12 1  1 0  0  7
(2)
 0
(0)
 8
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 毛利 奨吾 内 昌之池田 和史大国 生幸:  頸椎症性脊髄症患者における下肢運動機能と術前合併症との関連性.  臨床理学療法研究  (31) :17 -19 , 2014
2. Kumiko Ito, Masahiro Kohzuki, Tamao Takahashi, Satoru Ebihara:  IMPROVEMENT IN TASTE SENSITIVITY FOLLOWING PULMONARY REHABILITATION IN PATIENTS WITH CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE.  J Rehabil Med  46 :932 -936 , 2014
3. Mayumi Nihei, Tatsuma Okazaki, Satoru Ebihara Mkoto Kobayashi, Kaijun Niu, Peijun Gui, Tokiwa Tamai, Toshihiro Nukiwa, Mutsuo Yamaya, Toshiaki Kikuchi, Ryoichi Nagatomoi, Takae Ebihara, Masakazu Ichinose:  Chronic inflammation,lymphangiogenesis,and effect of an anti-VEGFR therapy in a mouse model and in human patients with aspiration pneumonia.  Journal of Pathology  (235) :632 -645 , 2015
4. Nakamura TEbihara S Ohkuni I Izukura H Harada T, Ushigome N, Ohshiro T, Musha Y Takahashi H Tsuchiya K Kubota A:  Low Level Laser Therapy for chronic knee joint pain patients.  LASER THERAPY  23 (4) :273 -277 , 2014
5. Peijun Gui, Takae Ebihara, Ryuhei Sato, Kumiko Ito, Masahiro Kohzuki, Satoru Ebihara:  Gender differences in the effect of urge-to-cough and dyspnea on perception of pain in healthy adults.  Physiological Reports  2 :1 -9 , 2014
総説及び解説
1. 海老原 覚鶴岡 広:  不顕性誤嚥と薬物治療.  ENTONI  175 :48 -55 , 2015
2. 海老原 覚 新井 義朗 大国 生幸 原田 孝:  高齢者におけるリハビリテーションの阻害因子とそれに対する一般的対応
2.転倒とバランス
1)地域高齢者.  Geriatric Medicine  52 (9) :1109 -1113 , 2014
3. 海老原 覚:  高齢者によくみられる肺炎 序文.  Geriatric Madicine  52 (11) :1297 -1298 , 2014
4. 海老原 覚 大国 生幸 岩波 裕治 福田 大空 鶴岡 広:  高齢者の特徴.  JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION  24 (3) :234 -240 , 2015
5. 海老原 覚 大国 生幸:  転倒とフレイル.  Monthiy Book Medical Rehabilitation  (170) :41 -46 , 2014
6. 原田孝, 大国生幸 地原千鶴, 岡本有美子, 梶原雅子, 牛込伸行:  膝の痛みと理学療法・リハビリテーション.  ペインクリニック  35 (304) :s83 -s90 , 2014
7. 海老原 覚:  研究の周辺から
脳肺連関の生理学と病態生理学.  呼吸  34 (1) :1 -2 , 2015
8. 海老原 覚 飯塚 よう子 関谷 秀樹:  嚥下障害.  総合リハビリテーション  42 (11) :1053 -1057 , 2014
9. 海老原 覚:  インプットとアウトプットの間.  総合リハビリテーション  43 (3) :183 -183 , 2015
10. 大国生幸:  肺癌の集学的治療 リハビリテーション科 集術期のリハビリテーション.  東邦医学会雑誌  61 (3) :133 -135 , 2014
11. 海老原 覚:  唾液と誤嚥性肺炎.  日本味と匂学会誌  21 (1) :61 -67 , 2014
12. 海老原 覚 大国 生幸 鶴岡 広、 原田 孝:  加齢による生理変化と老年症候群.  薬局  66 (3) :37 -41 , 2015
13. Irwin RS, French CT, Lewis SZ, Diekemper RL, Gold PM, CHEST ExpertCough Panel, CHEST ExpertCough Panel
Adams TM, Altman KW, Barker AF, Birring SS, Bolser DC, Boulet LP, Braman SS, Brightling C, Callahan-Lyon P, Canning B, Chang AB, Coeytaux R, Cowley T, Davenport P, Ebihara S ElSolh AA, Escalante P, Field SK, Fisher D, Gibson P, Gould MK, Harding SM, Harnden A, Hill AT, Kahrilas PJ, Keogh KA, Lane AP, Lim K, Malesker MA, Mazzone P, McCrory DC, McGarvey L, Murad MH, Newcombe P, Nguyen HQ, Oppenheimer J, Prezant D, Pringsheim T, Restrepo MI, Rosen M, Rubin B, Ryu JH, Smith J, Tarlo SM, Turner RB, Vertigan A, Weir K, Wiener RS:  Overview of the Management of Cough
CHEST Guideline and Expert Panel Report.  CHEST  146 (4) :885 -889 , 2014
14. Lewis SZ, Diekemper RL, French CT, Gold PM, Irwin RS, CHEST Expert Cough Panel, CHEST Expert Cough Panel, Adams TM, Altman KW, Barker AF, Birring SS, Boulet LP, Brama SS, Brightling C, Callahan-lyon P, Canning B, Chang AB, Coeytaux R, Cowley T, Davenport P, Diekemper RL, Ebihara S El Solh AA, Escalante P, Field SK, Fisher D, French CT, Gibson P, Gold P, Gould MK, Harding SM, Harnden A, Hill AT, lrwin RS, Kahrilas PJ, Keogh KA, Lane AP, lewis SZ, Lim K, Malesker MA, Mazzone P, McCrory DC, McGarvet L, Murad MH, Newcombe P, Nguyen HQ, Oppenheimer J, Prezant D, Pringsheim T, Restrepo MI, Rosen M, Rubin B, Ryu JH, Smith J, Tarlo SM, Turner RB, Vertigan A, Wiener RS:  Methodologies for the Development of the Management of Cough: CHEST Guideline and Expert Panel Report.  CHEST  146 (5) :1395 -1402 , 2014
15. Canning BJ, Chang AB, Bolser DC, Smith JA, Mazzone SB, McGarvey L, CHEST Expert Cough Panel, CHEST Expert Cough Panel, Adams TM, Altman KW, Barker AF, Birring SS, Blackhall F, Bolser DC, Boulet LP, Braman SS, Brightling C, Callahan-Lyon P, Canning B, Chang AB, Coeytaux R, Cowley T, Davenport P, Diekemper RL, Ebihara S EL Solh AA, Escalante P, Feinstein A, Field SK, Fisher D, French CT, Gibson P, GOld P, Grant C, Harding SM, Harnden A, Hill AT, Irwin RS, Kahrilas PJ, Keogh KA, Lane AP, Lewis SZ, Lim K, Malesker MA, Mazzone P, McGarvey L, Mo;asiotis A, Murad MH, Newcombe P, Nguyen HQ, Oppenheimer J, Prezant D, Pringsheim T, Restrepo MI, Rubin B, Ryu JH, Smith J, Tarlo SM, Turner RB, Vertigan A, Wang G, Weir K:  Anatomy and Neurophysiology of Cough: CHEST Guideline and Expertpanel Report.  CHEST  146 (6) :1633 -1648 , 2014
16. Boulet LP, Coeytaux PR, McCrory DC, French CT, Chang AB, Birring SS, Smith J, Diekemper RL, Rubin B, Irwin RS, Adams TM, Altman KW, Birring SS, Blackhall F, Bolser DC, Boulet LP, Braman SS, Brightling C, Callahan-Lyon P, Chang AB, Coeytaux R, Couley T, Davenport P, Diekemper RL, Ebihara Satoru El Solh AA, Escalante P, Feinstein A, Fisher D, French CT, Gibson P, Gould MK, Grat C, Harding SM, Harnden A, Hill AT, Irwin RS, Kahrilas PJ, Keogh KA, Lane Ap, Lewis SZ, Lim K, Malesker MA, Mazzone S, McCrory DC, McGarvey L, Molasiotis A, Murad MH, Newcombe P, Nguyen HQ, Oppenheimer J, Prezant D, Restrepo MI, Rosen M, Rubin B, Ryu JH, Smith J, Tarlo SM, Vertigan A, Wang G, Weinberger M, Weir K:  Tools for assessing outcomes in studise of chronic cough:CHESTguideline and expert panel report.  CHEST  147 (3) :804 -14 , 2015
17. Satoru Ebihara Takae Ebihara, Peijun Gui, Ken Osaka, Yasunori Sumi, Masahiko Kohzuki:  Thermal Taste and Anti-Aspiration Drug: A Novel Drug Discovery Against Pneumonia.  Current Pharmaceutical Design  20 :2755 -2759 , 2014
その他
1. 大国生幸:  リハ科女性医師の週間手帳.  Journal of Clinical Rehabilitation  23 (8) :790 -792 , 2014
■ 著書
1. 海老原 覚:  厚生労働科学研究費補助金(厚生労働科学特別研究事業)
分担研究報告書
長寿科学研究に関する評価.  長寿科学研究開発事業・認知症研究開発事業に関連する研究開発管理の実施・評価に関する研究  18-22.  鷲見幸彦,  愛知県, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. 海老原 覚: 東邦大学における呼吸器関連リハビリテーションの取り組み.  第37回日本リハビリテーション医学会東北地方会ならびに専門医・認定臨床医生涯教育研修会,  仙台市,  2015/03
2. 海老原 覚: 誤嚥性肺炎の予防戦略.  第38回日本嚥下医学会総会ならびに学術講演会,  福島県福島市,  2015/02
3. ◎杉野 圭史、 仲村 泰彦、 後町 杏子、 石田 文昭、 五十嵐 愛、 岩波 裕治、 海老原 覚、 本間 栄: 短期外来呼吸リハビリテーションを導入した特発性肺線維症2症例の検討.  第2回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会関東地方会,  東京,  2015/01
4. 岩波 裕治、 五十嵐 愛、 大国 生幸、 内 昌之、 杉野 圭史、 本間 栄、 海老原 覚: 間質性肺炎に対する呼吸リハビリテーション(TRIP study)外来通院への阻害因子の検討.  第2回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会関東地方会,  東京,  2015/01
5. 小椋 遼治、 毛利 奨吾、 杉澤 樹、 内 昌之、 玉置 一智、 与田 仁志、 海老原 覚: 新生児の両親を含めたポジショニングと呼吸指導について.  第2回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会関東地方会,  東京,  2015/01
6. 内昌之: 急性期理学療法における臨床居教育と学術研究
急性期医療機関リハビリテーション科管理者の立場から.  第23回日本私立医科大学理学療法研究会学術集会,  東京,  2014/11
7. 毛利奨吾, 内昌之, 大国生幸, 横山雄一郎, 海老原覚: 胸椎化膿性脊椎炎による完全対麻痺後に自立歩行を再獲得した一症例.  第23回日本私立医科大学理学療法研究会学術集会,  東京,  2014/11
8. 大国生幸: 急性期理学慮法における臨床教育と学術研究 リハビリテーション専門医・指導医の立場から.  第32回日本私立医科大学理学療法研究会学術集会,  東京,  2014/11
9. 五十嵐愛, 内昌之, 岩波裕治, 大国生幸, 平山剛久, 三浦健, 海老原覚: 意識障害を伴った急性散在性脳脊髄炎に対し早期より理学療法を開始し復職に至った若年成人の一症例.  第23回日本私立医科大学理学療法研究会学術集会,  東京,  2014/11
10. 福田大空, 内昌之, 毛利奨吾, 大国生幸, 海老原覚,: 立位における足関節自動背屈角度と非荷重下での足関節可動域との関連性について.  第23回日本私立医科大学理学療法研究会学術集会,  東京,  2014/11
11. 海老原 覚: 高齢者のリハビリテーション.  平成26年度「総合評価加算に係る研修」,  東京,  2014/11
12. 海老原 覚: 高齢者の多病と多様性2
老人保健施設の疾病の特性と早期介入(発熱、肺炎、尿路感染症等).  第1回 老人保健施設管理医師研修会,  東京都,  2014/09
13. 新井義朗, 大国生幸, 海老原覚, 内昌之, 四本竜一, 久保亜希子, 佐藤みえ, 山田亨, 元木康裕, 福井暁子, 高橋絵美, 佐藤暢一, 落合亮一: 当院呼吸ケアチームにおけるリハビリテーションの現状と課題.  第36回日本呼吸療法医学会学術集会,  秋田,  2014/07
14. ◎大国生幸: 顔面神経麻痺に対するレーザー治療とリハビリテーション.  第26回日本レーザー治療学会,  東京,  2014/06
15. 海老原 覚 、海老原 孝枝 、上月 正博: 高齢慢性閉塞性肺疾患患者の咳衝動と咳反射の検討.  第56回日本老年医学会学術集会・総会,  福岡,  2014/06
16. 海老原 覚, 大国 生幸, 後藤 加奈子, 上月 正博: 頚部気管および胸壁の振動刺激の健常成人における呼吸困難と咳反射・咳衝動に対する影響の検討.  第51回日本リハビリテーション医学会学術集会,  名古屋市,  2014/06
17. 海老原 覚, 海老原 孝枝, 上月 正博: Effect of Cervical Trachea and Chest Wall Vibrations on Cough Reflex Sensitivity and Perception of Urge-to-Cough in Healthy Adults.  第54回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2014/04
18. ◎秦美暢,大塚創,牧野崇,肥塚智,田巻一義,笹本修一,磯部和順,大国生幸,栃木直文,伊豫田明: 病理病期Ⅱ/Ⅲ期の80歳以上超高齢者肺癌に対する外科療法の検討.  第114回日本外科学会定期学術集会,  京都市,  2014/04
国際学会
1. Satoru Ebihara: Cough in older people.  INTERNATIONAL CONGRESS 2014,  Munich, Germany,  2014/09
その他
1. 海老原 覚: 最新誤嚥性肺炎治療・予防・リハビリテーション.  地域連携学術集会 目からウロコが落ちる勉強会シリーズ第19弾,  東京,  2015/03
2. 海老原 覚: 誤嚥性肺炎の包括的治療・予防・リハビリテーション戦略.  東京オーラルマネジメント研究会第3回学術検収会,  東京,  2015/02
3. 海老原 覚: 高齢者転倒予防戦略の最前線.  地域リハビリテーション支援センター講演会,  東京,  2015/02
4. 海老原 覚: 包括的呼吸リハビリテーションの最前線
COPD・間質性肺炎・誤嚥性肺炎を中心に.  第20回岩国玖珂・呼吸ケア研究会,  山口県,  2014/12
5. 海老原 覚: 高齢者誤嚥性肺炎の包括的治療・予防・リハビリ戦略.  MEET THE SPECIALIST 2014,  東京,  2014/11
6. 海老原 覚: 誤嚥性肺炎の治療・予防・リハビリテーション.  第282回南薩内科医会学術講演会,  鹿児島県南さつま市,  2014/11
7. 海老原 覚: アルツハイマー病患者の摂食嚥下障害.  平成26年度長寿医療研究開発費25-7「高齢者の口腔機能の維持・向上法に関する研究」,  愛知県,  2014/11
8. 海老原 覚: 包括的呼吸リハビリテーションの最前線.  呼吸器疾患Expert Meeting,  東京,  2014/10
9. 海老原 覚: 高齢者誤嚥性肺炎の予防・治療・リハビリ戦略.  高齢者総合医学セミナー,  東京都,  2014/10
10. 海老原 覚: 誤嚥性肺炎、嚥下障害の治療・予防について.  第6回 西横浜 喘息・COPD懇話会,  横浜市,  2014/08
11. 海老原 覚: 摂食・嚥下障害の病態と治療.  老年医学サマーセミナー,  軽井沢,  2014/07
12. 海老原 覚: 感覚刺激を利用した誤嚥防止の新しい方法.  2014年度第1回 にいがた摂食・嚥下障害,  新潟市,  2014/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者