東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 泌尿器科学講座(佐倉)
 Department of Urology (Sakura)

教授:
  鈴木 啓悦
  高波 眞佐治
准教授:
  神谷 直人
講師:
  矢野 仁
助教:
  上島 修一,西見 大輔, 遠藤 匠, 岡 了
シニア・レジデント:
  李 芳菁
レジデント:
  若井 健, 宋本 尚俊, 加藤 精二,米田 慧, 杉﨑 裕香, 島田 悠希
■ 概要
東邦大学医療センター佐倉病院泌尿器科
泌尿器科学講座(佐倉)では,2010年に泌尿器腹腔鏡センターも併設し,人員増加と,診療実績の大幅な拡大を果たした。2017年度は14名(透析研修の為出向1名)で診療・研究などを行った。

診療に関しては,外来は月曜日から土曜日まで,午前中に原則4-5名での一般新規・再来患者の診察を行っているほか,各種専門外来を火曜日を除く午後に施行している。前立腺・内分泌,腹腔鏡・腫瘍,尿路結石,排尿機能,尿路感染症,男性機能の各専門外来を通じて,患者さんの疾患特異性にあわせたきめ細かい診療を提供し,教室員の研究・教育活動にも生かしている。
泌尿器腫瘍診療については,腹腔鏡手術による低侵襲治療を心掛け,当科には泌尿器腹腔鏡技術認定医4名が在籍している。
教室のメインテーマとして,泌尿器科癌の集学的治療・副腎疾患・尿路結石・排尿機能・尿路感染症・男性機能を中心とした研究・診療を展開している。学術面に関しても,しっかりとした診療をベースに,積極的に学会発表・論文公表し,各種研究費についても積極的に公募に参加し,2015年度は3名が科学研究費補助金を取得している。今後,佐倉病院内の研究ネットワークとも共同で,泌尿器科学の発展のためにさらに貢献できればと考えている。
なお,特記すべきこととして,例年様々な賞を取得することができている。受賞自体が目的でなく,日常の診療活動をしっかりと振り返り,他医療機関の先生方の評価を受けてフィードバックするという作業が,大学病院の教育・研究活動として非常に重要であると考え,さらに,優れたデータを発信していけるように,医局員一同頑張って参りたい。
教育面については,後期研修医に関して,臨床・研究の面をふくめて研修医ごとの特性・希望に合わせたきめ細かい指導体制を構築したいと考えている。
泌尿器科領域での病病連携を強化するために,当院医師を当院の診療県内の周辺医療機関へ派遣して,患者さんの紹介・逆紹介の強化をおこなっているほか,毎年,年に1回,千葉県央泌尿器科医療連携カンファレンスを開催し,泌尿器科はもちろん,他診療科の先生方とも積極的に交流している。
以上のような活動を通じて,2010年以降,外来患者数・入院患者数・手術患者数とも順調に上昇している。今後も泌尿器科・泌尿器腹腔鏡センター医師により全力で診療・研究・教育活動を展開していきたい。
■ Keywords
泌尿器科腫瘍学, 排尿機能, 尿路結石症, 尿路感染症, 男性機能学
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  鈴木啓悦 :日本泌尿器科学会・理事 日本アンドロロジー学会理事ほか 放射線医学総合研究所・重粒子線治療泌尿器腫瘍研究班・班員, 筑波大学陽子線医学利用研究センター・効果安全性評価委員
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  鈴木啓悦 :Advanced Prostate Cancer Consensus Conference Panel Member 日本泌尿器科学会代議員・ボーティングメンバー・男女共同参画委員・学会賞選考委員, 日本泌尿器内視鏡学会評議員・国際委員会委員, 日本排尿機能学会代議員, 日本アンドロロジー学会監事・評議員, 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会世話人, 泌尿器科分子・細胞研究会世話人, 腎泌尿器予防医学研究会・世話人千葉内視鏡外科研究会・世話人, 泌尿器科腫瘍放射線(GUTR)研究会運営委員,日本癌学会員,日本癌治療学会員,日本生殖医学会会員, 米国泌尿器科学会員,国際泌尿器科学会員,米国癌学会員 日本内分泌学会員,日本性機能学会員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















鈴木 啓悦   教授
 4 10  8  2 3       8
(7)
 39
(5)
 1
(1)
 1
 26
(26)
 1
高波 眞佐治   教授
  3            
 18
(5)
 
 
 
 1
(1)
神谷 直人   准教授
 3 4 1 5  1 1       4
(2)
 25
(5)
 
 1
 6
(6)
 1
(1)
矢野 仁   講師
 1 4  2          2
(1)
 27
(5)
 
 1
 1
(1)
 1
(1)
遠藤 匠   助教
 2 4  2          3
 21
(6)
 
 1
 
 1
(1)
岡 了   助教
  4            2
 23
(6)
 1
 
 
 1
(1)
上島 修一   助教
 1 3  2          1
 26
(6)
 
 1
 
 2
(2)
西見 大輔   助教
  3            
 22
(6)
 
 1
 
 1
(1)
 11 1  3 0  0  20
(10)
 2
(1)
 33
(33)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kasuya G, Ishikawa H, Tsuji H, Haruyama Y, Kobashi G, Ebner D, Akakura K, Suzuki H, Ichikawa T, Shimazaki J, Makishima H, Nomiya T, Kamada T, Tsujii H:  Cancer-specific mortality of high-risk prostate cancer after carbon-ion radiotherapy plus long-term androgen deprivation therapy.  CANCER SCIENCE  108 (12) :2422 -2429 , 2017
2. Matsubara N, Yamada Y, Tabata K-I, Satoh T, Kamiya N, Suzuki H, Kawahara T, Uemura H, Yano A, Kawakami S, Otsuka M, Fukasawa S:  Comparison of sequential treatment with androgen receptor-targeted agent followed by another Androgen receptor-targeted agent versus androgen receptor-targeted agent followed by docetaxel in chemotherapy-naïve patients with metastatic castration-resistant prostate cancer.  Clinical Genitourinary Cancer  15 (6) :1073 -1080 , 2017
3. Ueda Y, Matsubara N, Tabata KI, Satoh T, Kamiya N, Suzuki H, Kawahara T, Uemura H:  Prostate-Specific Antigen Flare Phenomenon Induced by Abiraterone Acetate in Chemotherapy-Naive Patients With Metastatic Castration-Resistant Prostate Cancer.  Clinical Genitourinary Cancer  9 (9) :471 , 2017
4. Gillessen S, Attard G, Beer TM, Beltran H, Bossi A, Bristow R, Carver B, Castellano D, Chung BH, Clarke N, Daugaard G, Davis I, de Bono J, Borges dos Reis R, Drake CG, Eeles R, Efstathiou E, Evans C, Fanti S, Feng F, Fizazi K, Frydenberg M, Gleave M, Halabi S, Heidenreich A, Higano C, James N, Kantoff P, Kellokumpu-Lehtinen P-L, Khauli RB, Kramer G, Logothetis C, Maluf F, Morgans AK, Morris M, Mottet N, Murthy V, Oh W, Ost P, Padhani A, Parker C, Pritchard C, Roach M, Rubin M, Ryan C, Saad F, Sartor O, Scher H, Sella A, Shore N, Smith M, Soule H, Sternberg CN, Suzuki H, Sweeney C, Sydes MR, Tannock I, Tombal B, Valdagni R, Wiegel T, Omlin A:  Management of patients with advanced prostate cancer: The report of the Advanced Prostate Cancer Consensus Conference APCCC 2017.  EUROPEAN UROLOGY  73 (2) :178 -211 , 2018
5. Kamiya N, Suzuki H, Suyama T, Kobayashi M, Fukasawa S, Sekita N, Mikami K, Nihei N, Naya Y, Ichikawa T:  Clinical outcomes of second transurethral resection in non-muscle invasive high grade bladder cancer: a retrospective, multi-institutional, collaborative study.  International Journal of Clinical Oncology  22 (2) :353 -358 , 2017
6. Yoneda K, Uysumi T, Somoto T, Wakai K, Oka R, Endo T, Yano M, Kamiya N, Hiruta N, Suzuki H:  External validatio of two web-based postoperative nomograms oredicting the probability of early biochemical recurrence after radical prostectomy: a retrospective cohort study.  Japanese Journal of Clinical Oncology  :1 -5 , 2017
7. Hiraoka K, Inagaki A, Kato Y, Huang TT, Mitchell LA, Kamijima S, Takahashi M, Matsumoto H, Hacke K, Kruse CA, Ostertag D, Robbins JM, Gruber HE, Jolly DJ, Kasahara N:  Retroviral replicating vector–mediated gene therapy achieves long-term control of tumor recurrence and leads to durable anticancer immunity.  NEURO-ONCOLOGY  19 (7) :918 -929 , 2017
8. Namekawa T, Utsumi T, Tanaka T, Kaga M, Nagano H, Kono T, Kawamura K, Kamiya N, Imamoto T, Suzuki H, Ichikawa T:  Hypertension cure following laparoscopic adrenalectomy for hyperaldosteronism is not universal: Trends over two decades.  WORLD JOURNAL OF SURGERY  41 (4) :986 -990 , 2017
9. Utsumi T, Kamiya N, Kaga M, Endo T, Yano M, Kamijima S, Kawamura K, Imamoto T, Ichikawa T, Suzuki H:  Development of novel nomograms to predict renal function outcomes after laparoscopic adrenalectomy in patients with primary aldosteronism.  WORLD JOURNAL OF UROLOGY  35 (10) :1577 -1583 , 2017
総説及び解説
1. 遠藤匠,神谷直人, 鈴木啓悦:  特集:前立腺がんの診断・治療2018 去勢抵抗性前立腺がんの薬物療法.  Mebio  35 (2) :76 -83 , 2018
2. 鈴木啓悦:  去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)における臨床への影響-現在と将来展望.  UROLOGIC ONCOLOGY NEWS 2017  (2) :1 -8 , 2017
3. 遠藤匠,矢野仁,神谷直人,鈴木啓悦:  特集これだけは押さえておきたい 泌尿器科の薬Up-to-Date 前立腺がん・腎がん アビラテロンとエンザルタミドの使い方は?.  月間薬事  59 (15) :3079 -3082 , 2017
4. 大家基嗣,鈴木啓悦,上村博司,西村和郎:  APCCC2017トピックス 本邦における日常臨床への影響を考える.  診療と新薬  54 :705 -711 , 2017
5. 神谷直人, 遠藤匠, 岡了, 矢野仁, 鈴木啓悦:  EORTCと泌尿器腫瘍.  腎臓内科・泌尿器科  7 (1) :78 -83 , 2018
6. 矢野仁, 加藤精二, 米田慧, 若井健, 李芳菁, 岡了, 遠藤匠, 西見大輔, 上島修一, 神谷直人, 髙波眞左治, 鈴木啓悦:  特集 前立腺surgery-術前後管理 14 経尿道的前立腺切除術(TURP)の術前・術後管理.  泌尿器Care&Cure Uro-Lo  22 (2) :60 -63 , 2017
7. 神谷直人, 遠藤匠, 宋本尚俊, 加藤精二, 米田慧, 若井健, 李芳菁, 岡了, 矢野仁, 上島修一, 西見大輔, 髙波眞左治, 鈴木啓悦:  CRPCの治療に対する世界のコンセンサスと日本の現状.  泌尿器外科  30 (5) :513 -520 , 2017
8. 神谷直人,内海孝信, 遠藤匠,米田慧, 宋本尚俊,加藤精二, 若井健,李芳菁,岡了,矢野仁,上島修一, 西見大輔, 髙波眞佐治, 鈴木啓悦:  シンポジウム2 去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)治療の最適化を考える 3.CRPC治療の最適化因子の現状と今後.  泌尿器外科  30 (臨増) :661 -664 , 2017
9. 上島修一, 神谷直人, 鈴木啓悦:  特集 去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)—key Questionsに答える Non-metastatic(M0)CRPCに対する治療の現状と課題.  臨床泌尿器科  71 (7) :494 -500 , 2017
その他
1. 鈴木和浩,鈴木啓悦,小坂威雄,土谷順彦,三宅秀明:  座談会 去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)の逐次療法を再考する.  Prostate Journal 2017  4 (2) :209 -217 , 2017
2. 鈴木啓悦:  学会好事 第6回日本泌尿器病理研究会(JSUP)学術集会.  Urology Today  24 (3) :40 -40 , 2017
3. 鈴木啓悦:  去勢抵抗性前立腺癌における骨転移治療の重要性とRadium-223の役割.  ゾーフィゴ発売記念講演会in東京.バイエル薬品株式会社  :1 -12 , 2017
4. 大家基嗣,鈴木啓悦,上村博司,西村和郎:  APCCC2017トピックス-本邦における日常臨床への影響を考える-.  診療と新薬  57 (7) :705 -711 , 2017
5. 鈴木啓悦,賀本敏行:  前立腺癌のMen’s Bone Health ~骨粗鬆症から骨転移対策まで~.  第105回日本泌尿器科学会総会ランチョンセミナー6記録.第一三共株式会社  :1 -6 , 2017
■ 著書
1. 鈴木啓悦:    Q&Aでスッキリわかる前立腺癌  1-243.  メジカルビュー社,  東京, 日本, 2017
2. 神谷直人, 鈴木啓悦:  去勢抵抗性前立腺癌に対する薬剤の使用手順の決定に重要な因子は何ですか?.  Q&Aでスッキリわかる前立腺癌  199-201.  メジカルビュー社,  東京, 日本, 2017
3. 内海孝信,神谷直人,鈴木啓悦:  前立腺癌.  日常診療に活かす診療ガイドラインUP-TO-DATE 2017-2018  822-827.  メディカルレビュー社,  大阪, 日本, 2018
4. 鈴木啓悦:  最新の薬物療法はどこまできたか.  お父さんの健康を考えよう「前立腺がんのお話」  131-171.  特定非営利活動法人HAB研究機構,  千葉県市川市, 2018
5. 鈴木啓悦:  前立腺がんの診断から治療までの流れ・侵襲の少ない外科手術へ.  お父さんの健康を考えよう「前立腺がんのお話」  5-61.  特定非営利活動法人HAB研究機構,  千葉県市川市, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎島田悠希, 若井健,矢野仁,杉﨑裕香, 米田慧, 宋本尚俊,李芳菁,岡了, 遠藤匠,西見大輔, 上島修一, 神谷直人,髙波眞佐治, 鈴木啓悦: 修正Barts体位によるTUL assisted PNL(TAP)にてStone Freeとなった馬蹄腎の一例.  第62回日本泌尿器科学会東京地方会,  東京都千代田区,  2017/12
2. ◎坂本信一, 黒住顕, 川村幸治, 今本敬, 小宮顕, 鈴木啓悦,赤倉功一郎, 市川智彦: 千葉市前立腺癌検診の現状について.  第33回前立腺シンポジウム,  東京都港区,  2017/12
3. ◎杉﨑裕香, 神谷直人,島田悠希, 加藤精二, 宋本尚俊,米田慧, 若井健,李芳菁,岡了,遠藤匠,西見大輔, 上島修一, 矢野仁,髙波眞佐治, 鈴木啓悦: 開腹前立腺全摘後の鼠径ヘルニア発症因子の検討.  第108回千葉泌尿器科集談会・第60回千葉県泌尿器科医会学術集会,  千葉市中央区,  2017/12
4. ◎宋本尚俊, 矢野仁,杉﨑裕香, 島田悠希, 米田慧, 若井健, 李芳菁, 遠藤匠, 西見大輔, 上島修一, 神谷直人, 髙波眞左治, 鈴木啓悦: 当院におけるTAP(TUL-assisted PNL)の治療成績の検討 ~conventional-TAPとmini-TAPの比較~.  第67回日本泌尿器科学会中部総会,  大阪府大阪市,  2017/11
5. ◎米田慧, 神谷直人, 島田悠希, 杉﨑裕香, 宋本尚俊, 若井健, 岡了, 李芳菁, 遠藤匠, 矢野仁, 上島修一, 西見大輔, 髙波眞左治, 鈴木啓悦: 膀胱全摘除術を施行した膀胱癌症例の予後因子解析.  第67回日本泌尿器科学会中部総会,  大阪府大阪市,  2017/11
6. ◎矢野仁,杉﨑裕香, 宋本尚俊,若井健,李芳菁,岡了,遠藤匠,上島修一, 神谷直人,鈴木啓悦: 当院における軟性尿管鏡の耐久性についての検討.  第31回日本泌尿器内視鏡学会総会,  徳島県徳島市,  2017/11
7. ◎今本敬, 滑川剛史, 加藤繭子, 黒住顕, 内海孝信, 坂本信一, 川村幸治, 小宮顕, 鈴木啓悦,市川智彦: 腹腔鏡下副腎摘除術における術前プランニング.  第31回日本泌尿器内視鏡学会総会 シンポジウム8 腹腔鏡手術の術前プランニング,  徳島県徳島市,  2017/11
8. ◎岡了, 神谷直人,米田慧, 李芳菁,遠藤匠,上島修一, 矢野仁,鈴木啓悦: 腎尿管全摘除術後における膀胱内再発予測因子の検討.  第31回日本泌尿器内視鏡学会総会,  徳島県徳島市,  2017/11
9. ◎藤村正亮, 杉山真康, 中森央貴, 西川里佳, 関田信之, 河野弘圭, 矢野仁,坂本信一, 鈴木啓悦,三上和男: 当院のサンゴ状結石症例に対するTUL assisted PNL(TAP)の臨床的検討.  第31回日本泌尿器内視鏡学会総会,  徳島県徳島市,  2017/11
10. ◎鈴木啓悦: 前立腺癌の骨マネジメント:Men's Bone Healthを考える.  第96回日本泌尿器科学会山梨地方会 サテライトシンポジウム,  山梨県甲府市,  2017/11
11. ◎島海綾乃, 上島修一, 川平洋, 鈴木啓悦: 前立腺部MRIに対する前立腺癌自動診断支援システムの検討.  第26回日本コンピュータ外科学会大会 セッションⅡ/画像1,  愛知県名古屋市,  2017/10
12. ◎若井健,内海孝信, 関田信之, 岡了,遠藤匠,矢野仁,上島修一, 神谷直人,蛭田啓之, 鈴木啓悦: 術前に膀胱癌の異型度を予測するノモグラムの作成.  日本泌尿器腫瘍学会第3回学術集会,  東京都港区,  2017/10
13. ◎深沢賢, 佐藤威文, 田畑健一, 鈴木啓悦,神谷直人,上村博司, 河原崇司, 川上理, 矢野晶大, 松原伸晃: ドセタキセル未治療の転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)患者に対する新規抗アンドロゲン剤の逐次治療の比較(多施設共同研究).  日本泌尿器腫瘍学会第3回学術集会,  東京都港区,  2017/10
14. ◎田畑健一, 松原伸晃, 山田遥子, 上村博司, 河原崇司, 鈴木啓悦,神谷直人,川上理, 矢野晶大, 深沢賢: 転移性去勢抵抗性前立腺癌に対する逐次療法の比較:新規ホルモン2剤 vs 新規ホルモン-ドセタキセル(多施設共同研究).  日本泌尿器腫瘍学会第3回学術集会,  東京都港区,  2017/10
15. ◎米田慧, 神谷直人,若井健,岡了,李芳菁,遠藤匠,矢野仁,上島修一, 西見大輔, 鈴木啓悦: 当院におけるRadium-223の初期使用経験.  日本泌尿器腫瘍学会第3回学術集会,  東京都港区,  2017/10
16. ◎鈴木啓悦,Smith Matthew R, Tombal Bertrand, Fizazi Karim, Yamada Karin, Kuss Iris, Kappeler Christian, 矢島陽子: ARASENS試験:転移性ホルモン感受性前立腺癌(mHSPC)患者を対象としたDarolutamideの第Ⅲ相臨床試験.  日本泌尿器腫瘍学会第3回学術集会,  東京都港区,  2017/10
17. ◎神谷直人, 島田悠希, 杉﨑裕香, 米田慧, 宋本尚俊, 若井健, 岡了, 李芳菁, 遠藤匠, 矢野仁, 上島修一, 西見大輔, 髙波眞左治, 蛭田啓之, 鈴木啓悦: 高リスク群前立腺癌に対する骨盤内拡大リンパ節郭清の検討.  第55回日本癌治療学会学術集会,  神奈川県横浜市,  2017/10
18. ◎神谷直人, 島田悠希, 杉﨑裕香, 米田慧, 宋本尚俊, 若井健, 岡了, 李芳菁, 遠藤匠, 矢野仁, 上島修一, 西見大輔, 髙波眞左治, 鈴木啓悦: 骨代謝マーカーを利用した去勢抵抗性前立腺癌骨手に症例に対する集学的治療.  第55回日本癌治療学会学術集会 ワークショップ10 「それぞれの癌」:難治性癌に対する治療戦略 ~子宮・卵巣・前立腺~,  神奈川県横浜市,  2017/10
19. ◎鈴木啓悦, 杉﨑裕香, 島田悠希, 加藤精二, 宋本尚俊, 米田慧, 若井健, 李芳菁, 岡了, 遠藤匠, 西見大輔, 上島修一, 矢野仁, 髙波眞左治, 神谷直人: 去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)に対する薬物療法の現状と展望.  第55回日本癌治療学会学術集会 臓器別シンポジウム9 「それぞれの癌」:診断・治療の現状と展望 -前立腺癌-,  神奈川県横浜市,  2017/10
20. ◎高橋修, 榊原隆次, 西村春香, 杉山恵, 李芳菁,舘野冬樹, 矢野仁,露崎洋平, 岸雅彦, 相羽陽介, 鈴木啓悦,高田伸夫: 薬剤性排尿障害3例のウロダイナミクス.  第24回日本排尿機能学会,  東京都江東区,  2017/09
21. ◎李芳菁,榊原隆次, 相羽陽介, 舘野冬樹, 岸雅彦, 露崎洋平, 矢野仁,鈴木啓悦,西村春香, 杉山恵, 高橋修, 江澤直樹, 関島良樹: 家族性アミロイドポリニューロパチーに対しタファミジス治療前後でウロダイナミクスを行った一例.  第24回日本排尿機能学会,  東京都江東区,  2017/09
22. ◎舘野冬樹, 榊原隆次, 李芳菁,高橋修, 中村春香, 杉山恵, 相羽陽介, 露崎洋平, 岸雅彦, 鈴木啓悦: 膀胱知覚亢進のウロダイナミクスによる検討.  第24回日本排尿機能学会,  東京都江東区,  2017/09
23. ◎岡了: セカンドラインとしてのニボルマブを長期い登用できている進行腎細胞癌の1例.  Immuno-Oncology Forum RCC in Chiba,  千葉市美浜区,  2017/09
24. ◎杉﨑裕香, 神谷直人,加藤精二, 宋本尚俊,若井健,岡了, 李芳菁,遠藤匠,矢野仁,上島修一, 西見大輔, 髙波眞佐治, 鈴木啓悦: 開腹前立腺全摘術後の鼠径ヘルニア発生因子の検討.  第82回日本泌尿器科学会東部総会,  東京都港区,  2017/09
25. ◎鈴木啓悦: CRPCに対する骨転移マネジメントUPDATE.  第82回日本泌尿器科学会東部総会 ランチョンセミナー11,  東京都港区,  2017/09
26. ◎遠藤匠,杉﨑裕香, 島田悠希, 米田慧, 宋本尚俊,若井健,李芳菁,岡了,西見大輔, 上島修一, 矢野仁,神谷直人,鈴木啓悦: デュタステリドを投与された前立腺肥大症患者のMRI画像におけるADC値の検討.  第82回日本泌尿器科学会東部総会,  東京都港区,  2017/09
27. ◎佐藤直子, 金山瑞穂, 佐久間清, 中村貴子, 猪俣美保子, 佐野君芳, 栂野加寿枝, 鈴木啓悦, 真坂亙, 鈴木康夫: 治験推進センターのこれまでとこれから~多職種コミュニケーションで世界に貢献する佐倉病院~.  第10回東邦大学医療センター佐倉病院学術集会,  千葉県佐倉市,  2017/09
28. ◎李芳菁, 矢野仁, 杉﨑裕香, 島田悠希, 米田慧, 宋本尚俊, 若井健, 岡了, 遠藤匠, 上島修一, 西見大輔, 神谷直人, 髙波眞佐治, 鈴木啓悦: 当院における上部尿路結石に対するTULの治療成績~導入後8年目を迎えて~.  日本尿路結石症学会第27回学術集会,  大阪府豊中市,  2017/08
29. ◎矢島陽子, Matthew R Smith, Bertrand Tombal, Karim Fizazi, Karin Yamada, Iris Kuss, Christian Kappeler, 鈴木啓悦: ARASENS Phase 3 Trial of ODM-201 in Men With Metastatic Hormone-Sensitive Prostate Cancer (mHSPC).  第15回日本臨床腫瘍学会学術集会,  兵庫県神戸市,  2017/07
30. ◎鈴木啓悦, 加藤精二, 若井健, 李芳菁, 岡了, 西見大輔, 遠藤匠, 矢野仁, 上島修一, 神谷直人: 前立腺癌の骨転移治療戦略.  第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 シンポジウム7 各種臓器がんの骨転移に対する最新治療戦略,  兵庫県神戸市,  2017/07
31. ◎遠藤匠, 米田慧, 加藤精二, 宋本尚俊, 若井健, 李芳菁, 岡了, 上島修一, 矢野仁, 神谷直人, 鈴木啓悦: ディタステリドを投与された前立腺肥大症患者のMRI画像におけるADC値の検討.  日本アンドロロジー学会第36回学術大会,  岡山県倉敷市,  2017/07
32. ◎鈴木啓悦, 加藤精二, 宋本尚俊, 米田慧, 若井健, 岡了, 李芳菁, 内海孝信, 遠藤匠, 西見大輔, 矢野仁, 上島修一, 髙波眞左治, 神谷直人: 進行性前立腺癌治療のパラダイムシフト:CSPCからCRPCまでの流れは大きく変わる!.  日本アンドロロジー学会第36回学術大会 モーニングセミナー,  岡山県倉敷市,  2017/07
33. ◎米田慧: 去勢抵抗性前立腺癌に対するラジウム-223の初期経験.  東京ベイ尿路悪性研究会in2017,  千葉県千葉市,  2017/06
34. ◎神谷直人,内海孝信, 加藤精二, 米田慧, 若井健, 岡了, 李芳菁, 遠藤匠, 矢野仁, 上島修一, 西見大輔, 髙波眞左治, 笹井大督, 蛭田啓之, 鈴木啓悦: 右横隔膜神経麻痺と肥満に伴う2型呼吸不全と特発性アルドステロン症を合併した副腎リンパ管腫の1例.  第29回日本内分泌外科学会総会,  兵庫県神戸市,  2017/05
35. ◎滑川剛史, 内海孝信, 神谷直人, 今本敬, 鈴木啓悦, 市川智彦: 腹腔鏡下副腎摘除術後の高血圧治療成績.  第29回日本内分泌外科学会総会 シンポジウム2:原発性アルドステロン症の診断と治療,  兵庫県神戸市,  2017/05
36. ◎坂本信一, 山田康隆, 織田修平, 木藤宏樹, 竹内信善, 今本敬, 小宮顕, 永田真樹, 鈴木啓悦, 赤倉功一郎, 中津裕臣, 市川智彦: 去勢抵抗性前立腺癌治療戦略における血清テストステロン値の有用性.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島県鹿児島市,  2017/04
37. ◎李芳菁, 米田慧, 加藤精二, 若井健, 岡了, 遠藤匠, 矢野仁, 西見大輔, 上島修一, 神谷直人, 髙波眞佐治, 鈴木啓悦: 当院における経尿道的砕石術症例の成績及び術後感染症についての臨床的検討.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島県鹿児島市,  2017/04
38. ◎齋藤心平, 坂本信一, 金子裕生, 武井亮憲, 布施美樹, 川村幸治, 今本敬, 鈴木啓悦, 植田健, 赤倉功一郎, 小宮顕, 市川智彦: 去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル化学療法患者における予後予測因子の解析.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島県鹿児島市,  2017/04
39. ◎神谷直人, 加藤精二, 米田慧, 宋本尚俊, 岡了, 李芳菁, 遠藤匠, 矢野仁, 上島修一, 西見大輔, 髙波眞佐治, 鈴木啓悦: CRPC骨転移症例に対する個別化医療.  第105回日本泌尿器科学会総会 シンポジウム 心技知の結集13 CRPCの薬剤選択:わたしはこう考える,  鹿児島県鹿児島市,  2017/04
40. ◎鈴木啓悦: 日本における進行性前立腺癌治療のパラダイムシフト.  第105回日本泌尿器科学会総会 ランチョンセミナー29,  鹿児島県鹿児島市,  2017/04
41. ◎遠藤匠, 米田慧, 加藤精二, 若井健, 李芳菁, 岡了, 西見大輔, 上島修一, 矢野仁, 神谷直人, 髙波眞佐治, 鈴木啓悦: 経直腸的前立腺針生検における至適予防抗菌薬の選択.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島県鹿児島市,  2017/04
42. ◎若井健, 内海孝信, 加藤精二, 米田慧, 岡了, 李芳菁, 遠藤匠, 西見大輔, 矢野仁, 上島修一, 神谷直人, 蛭田啓之, 鈴木啓悦: 術前に膀胱癌の異型度を予測するノモグラムの外部検証および新規の予測因子の検索.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島県鹿児島市,  2017/04
43. ◎上島修一, 加藤精二, 米田慧, 若井健, 李芳菁, 岡了, 遠藤匠, 矢野仁, 西見大輔, 神谷直人, 髙波眞佐治, 鈴木啓悦: 腎盂尿管癌の診断のための尿管鏡検査の検討.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島県鹿児島市,  2017/04
44. ◎藤村正亮, 関田信之, 杉山正康, 河野弘圭, 西川里佳, 佐藤広明, 竹内信善, 坂本信一, 鈴木啓悦, 三上和男: T1G3 非筋層浸潤膀胱癌 (NMIBC) と筋層浸潤膀胱癌 (MIBC)の鑑別におけるapparent diffusion coefficient (ADC) 値の有用性.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島県鹿児島市,  2017/04
45. ◎矢野仁, 加藤精二, 米田慧, 宋本尚俊, 若井健, 岡了, 李芳菁, 遠藤匠, 西見大輔, 上島修一, 神谷直人, 髙波眞佐治, 鈴木啓悦: 高齢者OABの臨床的特徴.  第105回日本泌尿器科学会総会 シンポジウム 心技知の結集10 高齢者におけるLUTS治療の安全性,  鹿児島県鹿児島市,  2017/04
46. ◎岡了, 加藤精二, 米田慧, 若井健, 李芳菁, 矢野仁, 上島修一, 西見大輔, 神谷直人, 髙波眞佐治, 鈴木啓悦: 前立腺癌ADT療法におけるLH-RHアゴニストとアンタゴニストが血管系に与える血管系への影響の比較.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島県鹿児島市,  2017/04
47. ◎金子裕生, 坂本信一, 齋藤心平, 布施美樹, 川村幸治, 今本敬, 鈴木啓悦, 植田健, 赤倉功一郎, 小宮顕, 市川智彦: 前立腺癌ホルモン療法における腎機能障害の検討.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島県鹿児島市,  2017/04
48. ◎米田慧, 神谷直人, 加藤精二, 若井健, 岡了, 李芳菁, 遠藤匠, 西見大輔, 矢野仁, 上島修一, 髙波眞佐治, 鈴木啓悦: 膀胱全摘+尿路変更術における経時的腎機能の検討.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島県鹿児島市,  2017/04
49. ◎鈴木啓悦: 前立腺癌のMen’s Bone Health ~骨粗鬆症から骨転移治療まで~.  第105回日本泌尿器科学会総会 ランチョンセミナー6,  鹿児島県鹿児島市,  2017/04
国際学会
1. ◎Suzuki H: APCCC in Japan.  2017 International Session of Taiwan Urological Association Conference,  Kaohsiung, Taiwan,  2017/08
2. ◎Oka Ryo, Takanobu Utumi, Takumi Endo, Masashi Yano, Syuichi Kamijma, Daisuke Nishimi,Naoto Kamiya, Hiroyoshi Suzuki: PREDICTIVE FACTORS OF DYSLIPIDEMIA IN PATIENTS WITH ANDROGEN DEPRIVATION THERAPY FOR PROSTATE CANCER: A PROSPECTIVE STUDY.  AUA2017,  Boston, USA,  2017/05
その他
1. ◎神谷直人: 前立腺癌リンパ節転移の診断と治療戦略.  第108回千葉泌尿器科集談会・第60回千葉県泌尿器科医会学術集会,  千葉市中央区,  2017/12
2. ◎神谷直人: 前立腺癌骨転移に対する集学的治療.  第7回東京ベイ前立腺癌カンファレンス,  千葉県浦安市,  2017/11
3. ◎鈴木啓悦: 去勢抵抗性前立腺癌の骨転移マネジメント.  前立腺癌骨転移セミナーin西新宿,  東京都新宿区,  2017/11
4. ◎鈴木啓悦: 手術ファーストで考えるハイリスク前立腺癌の治療戦略.  県央-西湘 泌尿器科研究会,  神奈川県横浜市,  2017/11
5. ◎鈴木啓悦: 去勢抵抗性前立腺癌の治療マネジメント~APCCC2017からのフィードバック~.  名古屋前立腺セミナー2017,  愛知県名古屋市,  2017/11
6. ◎神谷直人: 前立腺がんの治療.  千葉県央市民公開講座 お父さんの健康を考えよう! 前立腺のお話,  千葉県佐倉市,  2017/10
7. ◎鈴木啓悦: 前立腺癌診療におけるメンズボーンヘルスケア.  第10回神戸ボーンヘルスケア研究会,  兵庫県神戸市,  2017/10
8. ◎鈴木啓悦: 去勢抵抗性前立腺癌の骨転移マネジメント.  CRPC骨転移 seminar Saitama West,  埼玉県川越市,  2017/10
9. ◎鈴木啓悦: 前立腺がんの診断から治療までの流れ・侵襲の少ない外科手術へ.  第31回HAB研究機構市民公開講座シンポジウム お父さんの健康を考えよう「前立腺がんのお話」,  東京都港区,  2017/10
10. ◎鈴木啓悦: 最新の薬物療法はどこまできたか.  第31回HAB研究機構市民公開講座シンポジウム お父さんの健康を考えよう「前立腺がんのお話」,  東京都港区,  2017/10
11. ◎神谷直人: ロボット手術時代におけるLRP導入への道 ~Road to LRP~ Tips:前立腺全摘除後の尿失禁対策.  千葉peripheral泌尿器科研究会,  千葉市美浜区,  2017/10
12. ◎鈴木啓悦: 高リスク前立腺癌に対する集学的治療戦略.  第5回足立荒川葛飾泌尿器疾患研究会,  東京都台東区,  2017/10
13. ◎鈴木啓悦: APCCC2017からみた進行性前立腺癌の個別化診療:OligometsからHigh Volumeまで.  第5回泌尿器画像診断・治療技術研究会 セッション13「APCCC2017から見える画像検査の意義いついて」,  京都府京都市,  2017/09
14. ◎鈴木啓悦: 去勢抵抗性前立腺癌に対する治療マネジメント Bone-dominant diseaseを中心に.  鹿児島CRPC Forum,  鹿児島県鹿児島市,  2017/09
15. ◎鈴木啓悦: APCCC2017からみた進行性前立腺癌の個別化診療:OligometsからHigh Volumeまで俯瞰する.  第3回前立腺癌エキスパート全国WEB講演会,  東京都品川区,  2017/09
16. ◎鈴木啓悦: 進行性前立腺癌診療の新たなる潮流:APCCCとASCOを振り返る.  千葉CRPC-Interactive Conference,  千葉市美浜区,  2017/08
17. ◎鈴木啓悦: 去勢抵抗性前立腺癌の治療マネジメント~APCCC2017からのフィードバック~.  第76回中国地区前立腺癌臨床課題研究会,  岡山県岡山市,  2017/08
18. ◎鈴木啓悦: 去勢抵抗性前立腺癌の骨転移マネジメント.  Xofigo 発売1周年記念講演会,  北海道札幌市,  2017/08
19. ◎鈴木啓悦: mHSPCにおける全身療法に必要となる情報は何か?.  Prostate Cancer Advisory Board Meeting.,  兵庫県神戸市,  2017/07
20. ◎鈴木啓悦: 去勢抵抗性前立腺癌の骨転移マネジメント.  第209回宮崎県泌尿器科医会学術講演会,  宮崎県宮崎市,  2017/07
21. ◎鈴木啓悦, 杉﨑裕香, 島田悠希, 米田慧, 加藤精二, 宋本尚俊, 若井健, 李芳菁, 岡了, 遠藤匠, 西見大輔, 上島修一, 矢野仁, 神谷直人, 髙波眞左治: 進行性前立腺癌治療の最新動向~St.Gallen APCCC 2017 からのフィードバック~.  第44回尿路悪性腫瘍研究会,  東京都千代田区,  2017/07
22. ◎鈴木啓悦: 前立腺癌ガイドラインはどう変わったか?~薬物療法を中心に~.  第63回埼玉県泌尿器科医会学術集会,  埼玉県さいたま市,  2017/07
23. ◎鈴木啓悦: 進行性前立腺癌治療におけるコンセンサス ~St.Gallen APCCC2017での化学療法の位置づけ~.  ジェブタナ WEBカンファレンス,  東京都中央区,  2017/07
24. ◎舘野冬樹, 榊原隆次, 高橋修, 中村春香, 杉山恵, 李芳菁, 相羽陽介, 露崎洋平, 岸雅彦, 鈴木啓悦: 当院における膀胱知覚亢進のウロダイナミクスによる検討.  第14回関東ウロダイナミクス研究会(症例検討会),  東京都中央区,  2017/07
25. ◎鈴木啓悦: 去勢抵抗性前立腺がんに対する最新の話題.  ハマナス Urological Seminar,  石川県金沢市,  2017/06
26. ◎鈴木啓悦: 前立腺癌の最新情報(最新のエビデンス、国際学会の報告より).  Scientific Exchange Meeting 2017(tokyo),  東京都中央区,  2017/06
27. ◎神谷直人: Radium223.  Chiba Meet the expert,  千葉市美浜区,  2017/06
28. ◎鈴木啓悦: St.Gallen APCCC2017からの最新トピックス.  Chiba Meet the expert,  千葉市美浜区,  2017/06
29. ◎鈴木啓悦: 進行性前立腺癌治療におけるコンセンサス~St.Gallen APCCC2017での新規AR axis阻害剤の位置づけ~.  Janssen/AstaraZeneca WEBセミナー,  東京都目黒区,  2017/06
30. ◎上島修一: セッション1:腎癌薬物療法のエビデンスの整理 1)ガイドラインの総括.  RCC Lecture Meeting in Chiba,  千葉市美浜区,  2017/06
31. ◎鈴木啓悦: 前立腺癌のMen's Bone Health ~骨粗鬆症から骨転移治療まで~.  Bone Health Meeting,  千葉県木更津市,  2017/05
32. ◎神谷直人: ラジウム223の治療ベネフィットを最大限に得ることが出来る患者像とは.  ゾーフィゴ発売1周年記念講演会in千葉,  千葉市美浜区,  2017/05
33. ◎矢野仁: 前立腺肥大について.  千葉県市民公開講座 お父さんの健康を考えよう!「前立腺のお話」,  千葉県佐倉市,  2017/05
34. ◎鈴木啓悦: 日本における進行性前立腺癌治療のパラダイムシフト.  CRPC Round Table Discussion 2017 ~進行前立腺癌の個別化治療を考える~,  埼玉県川越市,  2017/05
35. ◎鈴木啓悦: 前立腺癌ガイドラインはどう変わったか?.  リュープリンPRO発売1周年記念講演会,  東京都立川市,  2017/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者