東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 皮膚科学講座(大森)
 Department of Dermatology (Omori)

教授:
  石河 晃
臨床教授:
  関東 裕美
准教授:
  石井 健
講師:
  橋本 由起
■ 概要
臨床皮膚科学一般
日常診療の中から、特異な症状,検査所見、病因、治療法などの問題点を見出し、検討を加え、積極的に症例報告をおこなっている。
遺伝性皮膚疾患の研究
表皮水疱症をはじめとする遺伝性皮膚疾患の病型診断、遺伝子診断をはじめとする研究を行っており、関東地方での基幹施設となっている。
接触皮膚炎、薬疹
薬剤障害、紫外線障害、各種外用剤による皮膚障害、香粧品、日用品による皮膚障害などの原因の追及を行っており、各成分について抗原の検討を行っている。
アトピー皮膚炎
最近成人例を含めて重症化が注目されている。スキンケアの重要性をパッチテストなども参考にして指導している。
アレルギーの研究
各種外用剤による皮膚障害、香粧品、日用品による皮膚障害、薬剤性皮膚障害、紫外線による皮膚障害などの原因追求を行っているが、各事例について抗原性の研究を生化学的手法を用いて検討している。
皮膚乾燥の研究
皮膚の乾燥症状を角質水分量測定、経表皮水分蒸散量測定、真皮水分量測定など客観的指標を用いて、各疾患ごとの変化、年齢差、性差などを検討し、治療による変化を研究している。
皮膚感染症
ウイルス感染症のみならず、褥瘡、糖尿病性壊疽の管理を通じて細菌感染症、真菌感染症の予防、治療について皮膚科的立場からの検討を行っている。
皮膚腫瘍に関する研究
免疫染色、電顕、分子生物学的手法を用いて病理学的な研究が行われている。
乾癬の研究
生物学的製剤の治療効果、使用方法、適応の選択方法やQOL調査など治療学的な研究が行われている。また新規開発中の薬剤の治験を行っている。
自己免疫水疱症の研究
分子生物学的手法で合成したscFVモノクローナル抗体や皮膚器官培養法を用いて天疱瘡などの自己免疫水疱症の発症機序の研究を行っている。
症例検討会
毎週月曜日午後4時より症例検討会を行い、臨床像、病理組織像、検査所見を検討し治療方針を討論している。毎月第3水曜日午後6時より大橋病院、昭和大学、関東中央病院、虎の門病院、日赤医療センター、NTT東日本関東病院などとの合同症例検討会をNTT東日本関東病院で行っている。
抄読会
毎週月曜日午後6時30分より抄読会を行っている。
学会活動
日本皮膚科学会総会、東京・東部・中部・西部支部総会、年6回の東京地方会、日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会、日本皮膚悪性腫瘍学会、日本皮膚病理組織学会、皮膚かたち研究学会、日本乾癬学会、日本小児皮膚科学会、日本美容皮膚科学会などに参加し、活発な活動を行っている。
特殊外来
"接触アレルギー外来(月、水、木曜)、乾癬外来(火曜)
アトピー・ニキビ外来(水曜)、爪外来(金曜)、皮膚外科外来(木曜)、光線外来(月・水・金曜)、美容外来(金曜)、水疱症外来(金曜)、レーザー外来(金曜)"
■ Keywords
遺伝性皮膚疾患、接触皮膚炎、薬疹、皮膚乾燥、皮膚感染症、皮膚腫瘍、皮膚病理学、皮膚外科
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  厚生労働科学研究費補助金研究課題
 研究課題:肥厚性皮膚骨膜症の診療内容の均てん化に基づく重症度判定の政策に関する研究”  (研究分担者:石河晃(代表者一括計上))
 研究補助金:0円  (分担)
2.  厚生労働科学研究費補助金研究課題
 研究課題:稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究  (研究分担者:石河晃)
 研究補助金:0円  (分担)
3.  厚生労働科学研究費補助金研究課題
 研究課題:骨髄間葉系幹細胞動員活性に基づく表皮水疱症治療薬開発  (研究分担者:石河晃)
 研究補助金:0円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  石河晃 :独立行政法人医薬品医療機器総合機構専門委員・副作用検討会委員, 一般社団法人日本専門医機構基本領域(皮膚科)専門医委員会委員・研修委員会委員  国立研究開発法人に本医療研究開発機構難治性疾患実用化事業課題評価委員会委員
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  石河 晃 :日本皮膚科学会代議員・運営委員・学術委員・プログラム委員・利益相反委員会委員・専門医制度委員会委員・専門医研修プログラム委員会委員 委員長・専門医制度資格認定委員会委員・疥癬診療ガイドライン改訂委員会委員, 日本研究皮膚科学会評議員・推薦委員, 皮膚かたち研究学会事務総長・財務委員長, 日本乾癬学会評議員, 日本皮膚病理組織学会理事・プログラム委員, 日本小児皮膚科学会評議員・運営委員・小児慢性疾患対策ワーキンググループ委員, 日本皮膚悪性腫瘍学会評議員, 日本美容皮膚科学会評議員・会則検討委員・代議員審査委員会委員( 日本香粧品学会副理事・企画委員長, Society for Cutaneous Ultrastructure Research 理事, 雑誌臨床皮膚科編集委員, Visual Dermatology編集協力者, 東邦デルマ懇話会代表世話人, 東邦皮膚疾患フォーラム世話人, 皮膚疾患検討会世話人, 城南デルマフォーラム世話人, 城南地区小児科皮膚科学術講演会世話人, 東京乾癬研究会世話人
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















石河 晃   教授
 2 8  3          
 
 
 
 
 
関東 裕美   臨床教授
 1 3  1          
 
 
 
 
 
石井 健   准教授
    1          
 
 
 
 
 
橋本 由起   講師
  1 1           
 
 
 
 
 
伊藤 崇   助教
  2            
 
 
 
 
 
陳 怡如   助教
              
 
 
 
 
 
中村 元泰   助教
  4            
 
 
 
 
 
 3 1  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 関東 裕美:  当科で実施したイソチアゾリノン系防腐剤のパッチテスト陽性率と至適濃度の検討.  Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology.  11 :103 -109 , 2017
2. 布井春佳,吉田憲司,漆畑真理,中村元泰, 石河晃:  cystic eccrine spiradenoma.  皮膚病診療  39 (4) :393 -396 , 2017
3. 馬場加那子,関東裕美,中村元泰,赤芝知己,石河晃:  特異な臨床像を呈した右前腕グロムス腫瘍.  皮膚病診療  39 (4) :397 -400 , 2017
4. 鷲崎久美子,関東裕美,伊藤崇,高田裕子,石河晃:  東邦大学皮膚科における過去5年間の過酸化ベンゾイル(Benzoyl Peroxide)のパッチテスト結果.  皮膚病診療  39 (7) :775 -780 , 2017
5. 赤芝知己,根岸亜津佐,長 晃平,岩木正照,石河晃,岩渕千雅子:  糖尿病性動脈硬化症に合併したBazin硬結性紅斑の1例.  臨床皮膚科  71 (11) :869 -874 , 2017
6. 平塚理沙, 関根万里, 角田隆文, 石河晃:  発疹からはデング熱との鑑別が困難であったチクングニア熱の1例.  臨床皮膚科  71 (11) :875 -878 , 2017
7. 田中博子,江野澤佳代,石河晃:  Nonepisodic angioedema associated with eosinophiliaの1例.  臨床皮膚科  71 (12) :957 -961 , 2017
8. 石河 晃:  Terra firma-forme dermatosis(小児型アカツキ病).  臨床皮膚科  71 (5) :19 -23 , 2017
9. 平塚理沙,中村元泰,関東裕美,石河晃:  自然消退を認めた毛包向性菌状息肉症の1例.  臨床皮膚科  71 (6) :439 -443 , 2017
10. 志水陽介,林健:  項部慢性膿皮症に合併した有棘細胞癌の1例.  臨床皮膚科.  71 (4) :293 -296 , 2017
11. 赤芝知己,中村元泰,市村知佳,伊藤崇,橋本由起,林健,石河晃:  扁平な紅斑局面を呈した無色素性悪性黒色腫の1例.  臨床皮膚科.  71 (6) :457 -461 , 2017
12. Ito A, Nishioka K, Kanto H, Yagami A, Yamada S, Sugiura M, Yasunaga C, Yoshii K, Kobayashi H, Adachi A, Ikezawa Y, Washizaki K, Inui S, Miyazawa H, Oiso N, Nakata T, Matsunaga K.:  A multi-institutional joint study of contact dermatitis related to hair colouring and perming agents in Japan.  Contact Dermatitis.  77 (1) :42 -48 , 2017
13. Heppe EN, Tofern S, Schulze FS, Ishiko A, Shimizu A, Sina C, Zillikens D4, Köhl J, Goletz S, Schmidt E.::  Experimental laminin 332 mucous membrane pemphigoid critically involves C5aR1 and reflects clinical and immunopathological characteristics of the human disease.  J Invest Dermatol  Epub ahead of print (Epub ahead of print) :doi: 10.1016/j.jid.2017.03.037. -doi: 10.1016/j.jid.2017.03.037. , 2017
14. Hashimoto Y, Uyama M, Takada Y, Yoshida K, Ishiko A:  Dermoscopic features of nail psoriasis treated with biologics.  JOURNAL OF DERMATOLOGY  44 (5) :538 -541 , 2017
その他
1. 石河 晃:  MEDI QUIZ 皮膚 51歳男性。左下腿の潰瘍.  日経メディカル.  598 :65 -66 , 2017
2. Yoshida K, Ishii K, Ishiko A:  Alopecia developed in a transitional case from pemphigus foliaceus to pemphigus vulgaris.  Journal of Dermatology  Epub ahead of print (Epub ahead of print) :doi: 10.1111/1346-8138.13957. -doi: 10.1111/1346-8138.13957. , 2017
  :Corresponding Author
  :本学研究者