東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 皮膚科学講座(大森)
 Department of Dermatology (Omori)

教授:
  石河 晃
臨床教授:
  関東 裕美
准教授:
  石井 健
■ 概要
臨床皮膚科学一般
日常診療の中から、特異な症状,検査所見、病因、治療法などの問題点を見出し、検討を加え、積極的に症例報告をおこなっている。
遺伝性皮膚疾患の研究
表皮水疱症をはじめとする遺伝性皮膚疾患の病型診断、遺伝子診断をはじめとする研究を行っており、関東地方での基幹施設となっている。
接触皮膚炎、薬疹
薬剤障害、紫外線障害、各種外用剤による皮膚障害、香粧品、日用品による皮膚障害などの原因の追及を行っており、各成分について抗原の検討を行っている。
アトピー皮膚炎
最近成人例を含めて重症化が注目されている。スキンケアの重要性をパッチテストなども参考にして指導している。
アレルギーの研究
各種外用剤による皮膚障害、香粧品、日用品による皮膚障害、薬剤性皮膚障害、紫外線による皮膚障害などの原因追求を行っているが、各事例について抗原性の研究を生化学的手法を用いて検討している。
皮膚乾燥の研究
皮膚の乾燥症状を角質水分量測定、経表皮水分蒸散量測定、真皮水分量測定など客観的指標を用いて、各疾患ごとの変化、年齢差、性差などを検討し、治療による変化を研究している。
皮膚感染症
ウイルス感染症のみならず、褥瘡、糖尿病性壊疽の管理を通じて細菌感染症、真菌感染症の予防、治療について皮膚科的立場からの検討を行っている。
皮膚腫瘍に関する研究
免疫染色、電顕、分子生物学的手法を用いて病理学的な研究が行われている。
乾癬の研究
生物学的製剤の治療効果、使用方法、適応の選択方法やQOL調査など治療学的な研究が行われている。また新規開発中の薬剤の治験を行っている。
自己免疫水疱症の研究
分子生物学的手法で合成したscFVモノクローナル抗体や皮膚器官培養法を用いて天疱瘡などの自己免疫水疱症の発症機序の研究を行っている。
症例検討会
毎週月曜日午後4時より症例検討会を行い、臨床像、病理組織像、検査所見を検討し治療方針を討論している。毎月第3水曜日午後6時より大橋病院、昭和大学、関東中央病院、虎の門病院、日赤医療センター、NTT東日本関東病院などとの合同症例検討会をNTT東日本関東病院で行っている。
抄読会
毎週月曜日午後6時30分より抄読会を行っている。
学会活動
日本皮膚科学会総会、東京・東部・中部・西部支部総会、年6回の東京地方会、日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会、日本皮膚悪性腫瘍学会、日本皮膚病理組織学会、皮膚かたち研究学会、日本乾癬学会、日本小児皮膚科学会、日本美容皮膚科学会などに参加し、活発な活動を行っている。
特殊外来
接触アレルギー外来(月、水、木曜)、乾癬外来(火曜)
アトピー・ニキビ外来(水曜)、爪外来(金曜)、皮膚外科外来(木曜)、光線外来(月・水・金曜)、美容外来(金曜)、水疱症外来(金曜)、レーザー外来(金曜)
■ Keywords
遺伝性皮膚疾患, 接触皮膚炎, 薬疹, 皮膚乾燥, 皮膚感染症, 皮膚腫瘍, 皮膚病理学, 皮膚外科
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  平成27年度科学研費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤C
 研究課題:落葉状天疱瘡モノクロナール抗体による棘融解性水疱形成機序の解明研究  (研究分担者:石河 晃)
 研究補助金:200000円  (分担)
2.  厚生労働科学研究費補助金研究課題
 研究課題:稀少難治性皮膚疾患克服のための生体試料の収集に関する研究  (研究分担者:石河 晃・代表者一括計上)
 研究補助金:0円  (分担)
3.  厚生労働科学研究費補助金研究課題 健康安全・危機管理対策総合研究事業
 研究課題:エステティックの施術による身体への危害についての原因究明及び衛生管理に関する研究  (研究分担者:鷲崎久美子)
 研究補助金:300000円  (分担)
4.  平成27年度科学研費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤C)
 研究課題:落葉状天疱瘡モノクロナール抗体による棘融解性水疱形成機序の解明研究  (研究代表者:石井 健)
 研究補助金:1300000円  (代表)
5.  平成27年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
 研究課題:抗デスモグレイン1モノクローナル抗体を用いた落葉状天疱瘡の水疱形成機序の解析  (研究代表者:石河 晃)
 研究補助金:2000000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  石河晃 :独立行政法人医薬品医療機器総合機構専門委員・副作用検討会委員, 独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金事業審査委員・特別研究員等審査会専門委員・国際事業委員会書面審査員・書面評価員, 一般社団法人日本専門医機構基本領域(皮膚科)専門医委員会委員・研修委員会委員長
2.  関東裕美 :厚生労働省モニター病院連絡会議委員
3.  石井健 :独立行政法人日本学術振興会科学研究費委員会専門委員会
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第13回東邦デルマ懇話会  (代表世話人 : 石河 晃 )  ,東京  2015/07
2.  第4回皮膚疾患地域合同勉強会  (座長 : 石河 晃 )  ,東京  2015/07
3.  第9回Meet The Young Expert in Psoriasis  (座長 : 橋本 由起 )  ,東京  2015/07
4.  第2回Psoriasis cafe  (座長 : 石河 晃 )  ,東京  2015/11
5.  第3回疥癬研究会  (座長 : 石河 晃 )  ,東京  2015/11
6.  第69回東邦医学会総会  (座長 : 石河 晃 )  ,東京  2015/11
7.  第5回東邦・蒲田皮膚科合同カンファレンス  (座長 : 石河 晃 )  ,東京  2016/01
8.  第3回多摩川デルマフォーラム  (座長 : 石河 晃 )  ,東京  2016/02
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  石河晃 :日本皮膚科学会代議員・運営委員・学術委員・プログラム委員・利益相反委員会委員・専門医制度委員会委員・専門医研修プログラム委員会委員 委員長・専門医制度資格認定委員会委員・疥癬診療ガイドライン改訂委員会委員, 日本研究皮膚科学会評議員・推薦委員, 皮膚かたち研究学会事務総長・財務委員長, 日本乾癬学会評議員, 日本皮膚病理組織学会理事・プログラム委員, 日本小児皮膚科学会評議員・運営委員・小児慢性疾患対策ワーキンググループ委員, 日本皮膚悪性腫瘍学会評議員, 日本美容皮膚科学会評議員・会則検討委員, 日本香粧品学会副理事・企画委員長, Society for Cutaneous Ultrastructure Research 理事, 雑誌臨床皮膚科編集委員, Visual Dermatology編集協力者, 東邦デルマ懇話会代表世話人, 東邦皮膚疾患フォーラム世話人, 皮膚疾患検討会世話人, 城南デルマフォーラム世話人, 城南地区小児科皮膚科学術講演会世話人, 東京乾癬研究会世話人
2.  関東裕美 :日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会評議員, 日本美容皮膚科学会評議員, 公益財団法人日本エステティック研究財団理事長, 日本毛髪科学協会理事, 家庭用品などに係る健康被害病院モニター委員, 消費者安全調査委員会専門委員, 薬事・食品衛生審議会臨時委員
3.  石井健 :日本研究皮膚科学会評議員・学術委員
4.  橋本由起 :日本皮膚科学会キャリア支援委員会東京支部ワーキンググループ
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















石河 晃   教授
 10 13  6  6        6
(6)
 40
(37)
 1
(1)
 1
(1)
 3
(3)
 
関東 裕美   臨床教授
 10 7    1        4
(4)
 16
(14)
 
 
 12
(12)
 
石井 健   准教授
  1            
 9
(9)
 
 2
(2)
 
 
伊藤 崇   助教
 3             1
(1)
 9
(9)
 
 
 2
(2)
 
漆畑 真理   助教
  1            2
(1)
 4
(3)
 
 
 2
(2)
 
陳 怡如   助教
 1 2            
 1
(1)
 
 
 
 
中村 元泰   助教
              2
(2)
 8
(6)
 
 
 
 
橋本 由起   助教
 3 2            3
(3)
 2
(2)
 
 
 6
(6)
 1
(1)
伊藤 崇
              
 
 
 
 
 
 27 0  7 0  0  18
(17)
 1
(1)
 25
(25)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 鷲崎久美子,関東裕美,吉田憲司,陳怡如,高田裕子,本村緩奈,
野村制司,赤塚正裕,石河晃:  皮膚疾患における皮膚乾燥症状の客観的評価法の検討.  Aesthetic Dermatology.  25 (3) :338 -345 , 2015
2. 鈴木 加余子, 松永 佳世子, 矢上 晶子, 足立 厚子, 池澤 優子, 伊藤 明子, 乾 重樹, 上津 直子, 海老原 全, 大磯 直毅, 大迫 順子, 加藤 敦子, 河合 敬一, 関東 裕美, 佐々木 和実, 杉浦 伸一, 杉浦 真理子, 高山 かおる, 中田 土起丈, 西岡 和恵, 堀川 達弥, 宮澤 仁, 吉井 恵子, 鷲崎 久美子:  ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2008)の陽性率 2010年~2012年の推移.  Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology  9 (2) :101 -109 , 2015
3. 松永由紀子:  香粧品によるしわ改善アプローチ.  Visual Dermatology  14 (6) :668 -671 , 2015
4. 小原芙美子,石河晃,鷲崎久美子:  erosive adenomatosis of the nipple.  Visual Dermatology.  12 (14) :1364 -1365 , 2015
5. 伊藤 崇, 関根 万里:  手指足趾に生じた転移性皮膚癌(肺癌皮膚転移).  皮膚病診療  37 (10) :993 -996 , 2015
6. 橋本由起,高木賢治,窪田綾子,石河晃:  生物学的製剤を用いた乾癬性関節炎治療における関節超音波検査の有用性について.  臨床皮膚科  69 (10) :789 -795 , 2015
7. 吉田憲司,橋本由起,窪田綾子,石河晃:  TNF-α阻害薬の中止を契機に発症したリウマチ性血管炎の1例.  臨床皮膚科  69 (13) :1021 -1026 , 2015
8. 小原芙美子,漆畑真理,関東裕美,鷲崎久美子,石井健,武田朋子,石河晃:  肥満女性に生じたelephantiasis nostras verrucosaの1例.  臨床皮膚科  69 (4) :270 -274 , 2015
9. 宇山美樹,石井一之,相川丞,石河晃,岩渕千雅子:  LDHアフェレーシスとステロイドパルス療法が有効であったと思われるコレステロール結晶塞栓症の1例.  臨床皮膚科  69 (6) :369 -373 , 2015
10. 岩渕千雅子,宇山美樹,根岸亜津佐,川村雄大,石河晃,高崎智彦:  インドネシア(バリ島)から帰国後チクングニア熱を発症した1例.  臨床皮膚科  69 (7) :454 -458 , 2015
11. 陳怡如,関根万里,中尾由絵,古屋紳子,石河晃:  バルサルタンによる薬剤誘発性水疱症の2例.  臨床皮膚科  69 (7) :479 -483 , 2015
12. 宇山美樹,橋本由起,高田裕子,関東裕美,石河晃:  Paradoxical reaction(逆説的反応)に対しウステキヌマブとメトトレキサートの併用が有効であった尋常性乾癬の1例.  臨床皮膚科  70 (3) :213 -217 , 2016
13. 江野澤佳代,石河晃:  手指に生じたLichen aureusの1例.  臨床皮膚科.  70 (1) :17 -20 , 2016
14. Tanese K, Niizeki H, Seki A, Otsuka A, Kabashima K, Kosaki K, Kuwahara M, Miyakawa S, Miyasaka M, Matsuoka K, Okuyama T, Shiohama A, Sasaki T, Kudoh J, Amagai M, Ishiko A:  Pathological characterization of pachydermia in pachydermoperiostosis.  Journal Of Dermatology  42 (7) :710 -714 , 2015
15. Funakoshi T, Sato T, Hosokawa R, Saito M, Amagai M, Ishiko A, Ohyama M.:  Application of electron microscopic analysis and fluorescent in situ hybridization technique for the successful diagnosis of extraskeletal Ewing's sarcoma.  Journal Of Dermatology  42 (9) :893 -896 , 2015
16. Iwata H, Witte M, Samavedam UK, Gupta Y, Shimizu A, Ishiko A, Schröder T, Seeger K, Dahlke M, Rades D, Zillikens D, Ludwig RJ.:  Radiosensitive Hematopoietic Cells Determine the Extent of Skin Inflammation in Experimental Epidermolysis Bullosa Acquisita.  Journal Of Immunology  195 (5) :1945 -1954 , 2015
17. Shiohama A, Sasaki T, Sato S, Sakabe J, Ito T, Isoda H, Zenke Y, Nakano T, Maeda T, Ishiko A, Kabashima K, Tokura Y, Mitsuhashi Y, Amagai M, Kubo A.:  Identification and Characterization of a Recessive Missense Mutation p.P277L in SERPINB7 in Nagashima-Type Palmoplantar Keratosis.  Journal Of Investigative Dermatology  136 (1) :325 -328 , 2016
18. Masunaga T, Niizeki H, Yasuda F, Yoshida K, Amagai M, Ishiko A:  Splicing abnormality of integrin β4 gene (ITGB4) due to nucleotide substitutions far from splice site underlies pyloric atresia-junctional epidermolysis bullosa syndrome.  Journal of Dermatological Science.  78 (1) :61 -66 , 2015
19. Masunaga T, Saito M, Sasaki T, Kubo A, Amagai M, Ishiko A:  Letter to the Editor : Japanese recurrent mutation c.6216 + 5G > T in COL7A1 leads to a mild phenotype of dystrophic epidermolysis bullosa.  Journal of Dermatological Science.  80 :212 -225 , 2015
総説及び解説
1. 関東 裕美:  衣料品による皮膚障害を見逃さない.  Derma.  (231) :22 -27 , 2015
2. 関東 裕美:  【急性発疹症対応マニュアル】 全身性接触皮膚炎と接触皮膚炎症候群の診断と対応(解説/特集).  Derma.  (232) :59 -63 , 2015
3. 石河晃:  皮膚かたちアトラス「これがデスモソームだ!」.  Visual Dermatology.  14 (10) :1180 -1181 , 2015
4. 石河晃:  新しい専門医制度はどうなる?.  WHAT’S NEW in 皮膚科.  2016-2017 :210 -211 , 2016
5. 関東裕美:  Ⅰ総括研究報告書 エステティックの施術による身体への危害についての原因究明及び衛生管理に関する研究..  厚生労働科学研究費補助金 健康安全・危機管理対策総合研究事業  :1 -9 , 2016
6. 関東裕美,古川福美,山本有紀,鷲崎久美子:  Ⅱ分担報告書 エステティックサービスにおける健康被害の実態把握及び原因の究明..  厚生労働科学研究費補助金 健康安全・危機管理対策総合研究事業  :13 -33 , 2016
7. 関東裕美,館田一博:  Ⅱ分担報告書 エステティック施設の衛生管理の徹底..  厚生労働科学研究費補助金 健康安全・危機管理対策総合研究事業  :35 -51 , 2016
8. 関東 裕美:  金属アレルギー.  耳鼻咽喉科・頭頸部外科  87 (9) :686 -690 , 2015
9. 石河晃:  母斑・血管腫・遺伝性皮膚疾患 表皮水疱症.  小児科診療  78 (11) :1593 -1596 , 2015
10. 松永由起子:  光老化皮膚における皮膚内部構造変化.  東邦医学会雑誌  63 (1) :36 -38 , 2016
11. 鷲崎久美子,関東裕美,吉田憲司, 陳怡如,高田裕子,本村緩奈,野村征司,赤塚正裕,石河晃:  皮膚疾患における皮膚乾燥症状の客観的評価法の検討 追加解析による知見について.  東邦医学会雑誌  63 (1) :39 -42 , 2016
12. 石河晃:  皮膚科医からみた香粧品の安全性.  日本香粧品学会誌  39 (臨時増刊号) :69 -71 , 2015
13. 石井則久, 浅井俊弥, 朝比奈昭彦, 石河晃, 今村英一, 加藤豊範, 金澤 伸雄, 久保田由美子, 黒須一見, 幸野健, 小茂田昌代, 関根万里, 田中勝, 谷口裕子, 常深祐一郎, 夏秋優, 廣田孝司, 牧上久仁子, 松田知子, 吉住 順子, 四津里英, 和田康夫, 日本皮膚科学会疥癬診療ガイドライン策定委員会:  日本皮膚科学会ガイドライン 疥癬診療ガイドライン第3版.  日本皮膚科学会雑誌  125 (11) :2023 -2048 , 2015
14. 石河晃:  「病理診断クイックリファレンス」膿疱性乾癬.  病理と臨床  33 (臨時増刊号) :313 , 2015
15. 石河晃:  「病理診断クイックリファレンス」尋常性天疱瘡.  病理と臨床.  33 (臨時増刊号) :314 , 2015
16. 石河晃:  「病理診断クイックリファレンス」水疱性類天疱瘡.  病理と臨床.  33 (臨時増刊号) :315 , 2015
17. 石河晃:  皮膚科医のための臨床トピックス 新しい専門医制度 2014年度末現在わかっていること.  臨床皮膚科  69 (5) :176 -178 , 2015
その他
1. 松永由紀子:  自己溶解型マイクロニードル技術の化粧品領域への応用.  Drug Delivery System.  30 (4) :371 -376 , 2015
2. 石河晃:  新専門医制度の概要について.  Japanese Dermatological Association News Letter.  25 :1 , 2015
3. 足立 厚子, 伊藤 明子, 関東 裕美, 鈴木 加余子, 中田 土起丈, 矢上 晶子, 松永 佳世子:  【アレルゲン解説書-ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2015)】 今こそパッチテストを!.  Visual Dermatology  15 (3) :230 -239 , 2016
4. 鷲崎久美子:  ラノリンアルコール.  Visual Dermatology  15 (3) :242 -242 , 2016
5. 伊藤 崇:  重クロム酸カリウム.  Visual Dermatology  15 (3) :246 -246 , 2016
6. 伊藤崇:  【アレルゲン解説書-ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2015)】 (Part1.)パッチテストパネル(S)-1(case 04) 重クロム酸カリウム.  Visual Dermatology  15 (3) :246 -247 , 2016
7. 関東裕美:  ペルーバルサム.  Visual Dermatology  15 (3) :256 -256 , 2016
8. 関東裕美:  【アレルゲン解説書-ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2015)】 (Part1.)パッチテストパネル(S)-1(case 09) ペルーバルサム.  Visual Dermatology  15 (3) :256 -257 , 2016
9. 関東裕美:  チメロサール.  Visual Dermatology  15 (3) :278 -278 , 2016
10. 関東裕美:  【アレルゲン解説書-ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2015)】 (Part2.)パッチテストパネル(S)-2(case 20) チメロサール.  Visual Dermatology  15 (3) :278 -279 , 2016
11. 鷲崎久美子:  チウラムミックス.  Visual Dermatology  15 (3) :280 -280 , 2016
12. 橋本由起:  知っていますか?「かんせん」のこと進歩する乾癬の治療.  リビング東京南  :11 -11 , 2015
13. 関東裕美:  不安定な心を反映するアトピー性皮膚炎.  思春期学  33 (4) :361 -368 , 2015
14. 石河晃:  座長のことば 皮膚バリア機能と老化の科学.  東邦医学会雑誌  63 (1) :35 -35 , 2016
15. 石河晃:  専門医教育に思うこと.  東邦大学創立90周年記念エッセイ集.  :19 -20 , 2015
16. 橋本由起:  乾癬治療における顔の見える地域連携(病診/病病連携)について〜病院勤務医の立場から〜.  日本臨床皮膚科学会誌  32 (5) :582 -582 , 2015
17. 松永由紀子:  スキンケアの役割を考えるー患者さんのQOL向上のために知っていただきたいこと.  臨床皮膚科九州ブロック会誌  (15) :24 -25 , 2015
■ 著書
1. 関東裕美:  第1節 医師の立場から 第1頁 皮膚科医.  経皮吸収型製剤開発における基礎と実務への応用.  241-247.  情報機構,  東京, 2015
2. 石河晃:  癤.  医学大辞典  1379-1379.  南山堂,  東京, 2015
3. 石河晃:  癤腫症.  医学大辞典  1385-1386.  南山堂,  東京, 2015
4. 石河晃:  丹毒.  医学大辞典  1579-1579.  南山堂,  東京, 2015
5. 石河晃:  毛包炎.  医学大辞典  2438-2438.  南山堂,  東京, 2015
6. 石河晃:  癰.  医学大辞典  2487-2487.  南山堂,  東京, 2015
7. 石河晃:  類丹毒.  医学大辞典  2581-2581.  南山堂,  東京, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. ◎吉田憲司,石井健,石河 晃: 抗デスモグレイン1モノクローナル抗体を用いた落葉状天疱瘡の水疱形成機序の解析.  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業プログラム平成27年度事業報告会,  東京,  2016/03
2. ◎石河晃: 指導医講習会 新専門医制度とは.  第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会,  東京,  2016/02
3. ◎石河晃: 顔面四肢末梢に生じる色素異常症とその鑑別.  第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会,  東京,  2016/02
4. ◎渋谷倫子,安田典子,関東裕美: リパスジルおよびラタノプロストによる接触皮膚炎と考えられる1例.  第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会,  東京,  2016/02
5. ◎小原芙美子,関東裕美,栗川幸子(大田区),鹿野幸太郎(同膠原),村岡 成(同膠原),石河 晃: 下腿に水疱を形成した好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の1例.  第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会,  東京,  2016/02
6. ◎石川裕子,関東裕美,定本真梨子,伊藤 崇,鷲崎久美子,石河 晃: 染毛剤皮膚炎を疑ってパッチテストを実施した21例のまとめ.  第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会,  東京,  2016/02
7. ◎久保亮治,塩濱愛子,佐々木貴史,坂部純一,伊藤泰介,磯田英華,善家由香理,中野敏明,前田龍郎,清島真理子,石河晃,椛島健治,戸倉新樹,天谷雅行: 長島型掌蹠角化症:SERPINB7新規ミスセンス変異p.P277Lの解析.  第373回日本皮膚科学会岩手地方会学術大会・赤坂俊秀教授退任記念学会,  岩手,  2016/02
8. ◎M. Kobayashi, N. Shiraga, K. Matsumoto, K. Suzuki, H. Suzuki, J. Kodera, T. Akashiba, A. Ishiko,
Y. Akasaka, K. Shibuya: Bednar tumor (pigmented dermatofibrosarcoma protuberance): a case report.  第27回日本骨軟部放射線研究会,  Tokyo, Japan,  2016/01
9. ◎古橋春佳,漆畑真理,中村元泰,石河 晃: 左前腕に生じたcystic eccrine spiradenomaの1例.  第865回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2016/01
10. ◎市村知佳,吉田憲司,小原芙美子,石河 晃: 肉芽腫性頬炎の1例.  第865回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2016/01
11. ◎志水陽介,林 健(東京労災): 項部慢性膿皮症に合併した有棘細胞癌の1例.  第865回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2016/01
12. ◎田中博子,江野澤佳代,石河 晃: 女性の下肢に生じたNEAENonepisoidic angioedema associated with eosinophiliaの1例.  第865回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2016/01
13. ◎本村緩奈,小原芙美子,岩瀬七重,定本真梨子,石河 晃,藤岡 彰(大田区): 陰嚢に生じた縫線嚢腫の1例.  第865回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2016/01
14. ◎根岸亜津佐,岩渕千雅子: 顔面にforehead and scalp plaquesを有した結節性硬化症(TSC)の1例.  第864回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2015/12
15. ◎定本真梨子,関東裕美,平塚理沙,伊藤 崇,石河 晃: フェニトロチオンによる光線過敏性皮膚炎の1例.  第864回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2015/12
16. ◎馬場加那子,中村元泰,赤芝知己,関東裕美,石河 晃: 特異な臨床を呈した右前腕グロムス腫瘍の1例.  第864回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2015/12
17. ◎藤原重良,石松 辻,松永由紀子: 脂肪由来間葉系幹細胞における酸素濃度応答性のマルチオミックス解析.  第38回日本分子生物学会年会,  神戸,  2015/12
18. ◎関東裕美: 家庭用品による接触皮膚炎.  第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会学術大会,  島根,  2015/11
19. ◎伊藤 崇,関東裕美,小原芙美子,鷲崎久美子,石河 晃: 当院における5年間(2010~2014年)のJapanese standard allergens陽性率の検討(アトピー性皮膚炎患者群と接触皮膚炎患者群との比較.  第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学術大会,  島根,  2015/11
20. ◎関東裕美: イソチアゾリン系防腐剤の至適濃度と陽性率の検討.  第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学術大会,  島根,  2015/11
21. ◎森山ゆうき,関東裕美,伊藤 崇,鷲崎久美子,石河 晃: クロルフェニラミンマレイン酸塩含有外用剤による接触皮膚炎の1例.  第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学術大会,  島根,  2015/11
22. ◎石川裕子,関東裕美,馬場加那子,伊藤 崇,鷲崎久美子,石井 健,石河 晃: 顔面難治性湿疹の1例.  第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学術大会,  島根,  2015/11
23. ◎赤芝知己,中村元泰,市村知佳,伊藤 崇,橋本由起,石河 晃,林 健(東京労災): 扁平な紅斑局面を呈した無色素性悪性黒色腫の1例.  第863回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2015/11
24. ◎石河晃: 日本皮膚科学会専門医指導医講習会−新専門医制度について.  第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会,  神戸,  2015/11
25. ◎馬場加那子,関東裕美,小原芙美子,石河 晃: 皮膚石灰沈着症を伴う弾力線維性仮性黄色腫の1例.  第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会,  神戸,  2015/11
26. ◎古橋春佳,馬場加那子,斎藤彰信(同腎センター),酒井 謙(同腎センター),鷲見浩史(目黒区),石河 晃: 四肢、腹部の皮膚潰瘍を契機に診断したCalciphylaxisの1例.  第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会,  神戸,  2015/10
27. ◎石河晃: 日本皮膚科学会キャリア支援委員会企画ミニレクチャ「専門医制度における「非常勤」「パートタイマー」の位置づけと更新の条件について.  第66回日本皮膚科学会中部支部学術大会,  神戸,  2015/10
28. ◎石河晃: 指導医講習会−新専門医制度について.  第67回日本皮膚科学会西部支部学術大会,  長崎,  2015/10
29. ◎田中博子,漆畑真理,馬場加那子,石井 健,石河 晃,岡部智子(同眼科),岡島行伸(同眼科): 脱毛を契機に診断されたVogt-小柳-原田病の1例.  第67回日本皮膚科学会西部支部学術大会,  長崎,  2015/10
30. ◎小野紀子,佐々木貴史(慶大),亀山香織(同病理),貴志和生(同形成),石河 晃,天谷雅行,久保亮治(慶大): PORCNの片アレル欠失によるGoltz症候群(focal dermal hypoplasia)の1例.  第67回日本皮膚科学会西武支部学術大会,  長崎,  2015/10
31. ◎漆畑真理,石井 健,石河 晃: 結節型天疱瘡の3例.  第37回水疱症研究会,  福島,  2015/09
32. ◎市村知佳,小原芙美子,田中博子,石河 晃: Generalized eruptive histiocytomaの1例.  第862回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2015/09
33. ◎石川裕子,関東裕美,定本真梨子,伊藤 崇,石河 晃: ヒドロコルチゾン酪酸エステルのアレルギーを伴った難治性顔面湿疹の1例.  第862回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2015/09
34. ◎平塚理沙,関根万里(都立荏原),角田隆文(同感染症): 発疹からデング熱との鑑別が困難であったチクングニア熱の1例.  第862回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2015/09
35. ◎関東裕美: あってはならないエステティックの健康被害.  第9回エステティック学術会議,  東京,  2015/09
36. ◎岩渕千雅子, 根岸 亜津佐,江花 弘基,溝渕 輝明,熊坂 利夫,瀬山 邦明,栗原 正利: 肺病変でBirt-Hogg-Dube 症候群が疑われた30例における皮膚病変の検討.  第19回日本気胸•嚢胞性肺疾患学会総会,  東京,  2015/09
37. ◎橋本由起: 乾癬治療における生物学的製剤の活用と工夫.  第30回日本乾癬学会学術大会,  名古屋,  2015/09
38. ◎宇山美樹,橋本由起,高田裕子,漆畑真理,岩瀬七重,窪田綾子(同整形),田中博子,陳 怡如,鷲崎久美子,石河 晃: 高齢者の乾癬患者に対しエトレチナートとナローバンドUVBが奏効した2例.  第30回日本乾癬学会学術大会,  名古屋,  2015/09
39. ◎橋本由起,宇山美樹,高田裕子,石河 晃: ドボベット軟膏(カルシポトリオール水和物+ベタメタゾンジプロピオン酸エステル配合物)外用の効果の検討.  第30回日本乾癬学会学術大会,  名古屋,  2015/09
40. ◎高澤隆紀,池田 憲,森岡治美,給前まや,長澤潤平,平山剛久,関東裕美,岩崎泰雄: リバスチグミンパッチ剤で接触皮膚炎症候群を呈した84歳女性例..  第214回日本神経学会関東地方会,  東京,  2015/09
41. ◎漆畑真理, 守口淳子, 斎藤容子, 保刈伸代, 中西 将, 山西由里子, 島田長人: 当初褥瘡と考えられた放射線晩発性障害による仙尾骨部潰瘍の1例.  第17回日本褥瘡学会学術集会,  仙台,  2015/08
42. ◎中西 将, 保刈伸代, 守口淳子, 斎藤容子, 山西由里子, 漆畑真理, 島田長人: 褥瘡リスク患者の早期栄養介入に関する検討-OHスケールとPNIにおける相関-.  第17回日本褥瘡学会学術集会,  仙台,  2015/08
43. ◎市村知佳,中村元泰,岩瀬七重,佐治 勉(同小児科),石河 晃: Linear and whorled nevoid hypermelanosisの1例.  第39回日本小児皮膚科学会学術大会,  鹿児島,  2015/07
44. ◎根岸亜津佐,溝渕輝明,瀬山邦明,栗原正利,岩渕千雅子: Birt-Hogg-Dube(BHD)症候群の2家族例7.  第861回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2015/07
45. ◎市村知佳,江野澤佳代: 皮膚B細胞性偽リンパ腫の1例.  第861回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2015/07
46. ◎田中博子,伊藤 崇,古橋春佳,石井 健,石河 晃,酒井亜紀子(同血液内科): 関節リウマチ患者に発生したメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例.  第861回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2015/07
47. ◎中村元泰,平塚理沙,古橋春佳,石河 晃: ドセタキセル少量分割投与が著効した乳房外Paget癌転移例.  第31回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,  大阪,  2015/07
48. ◎齊藤明允,丸山 浩, 田中亮多,藤本 学,吉田憲司,石河 晃: 科学放射線療法が著効した進行期外陰癌の1例.  第31回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,  大阪,  2015/07
49. ◎馬場加那子,中村元泰,関東裕美,石河 晃: 脂腺分化を伴った脂漏性角化症の1例.  第42回皮膚かたち研究学会学術大会,  東京,  2015/06
50. ◎古谷健太, 中嶋 均, 佐々木陽典, 佐藤高弘, 福井悠人, 河越尚幸, 貴島 祥, 前田 正, 石井孝政, 渡邉利泰, 宮崎泰斗, 原 規子, 本田善子, 財 裕明, 島田長人, 吉澤定子, 石河 晃, 川合真一, 瓜田純久: ノルウェー疥癬の経験.  第26回日本臨床寄生虫学会大会,  宇都宮,  2015/06
51. ◎中村元泰,石河 晃,赤坂喜清(同病理部),泉 美貴(東京医大): 右拇指の結節.  第31回日本皮膚病理組織学会,  東京,  2015/06
52. ◎橋本由起: 乾癬治療における顔の見える地域連携(病疹/病病連携)について~病院勤務医の立場から~.  第31回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会,  網走,  2015/06
53. ◎関東裕美,館田一博,古川福美,鷲崎久美子,山本有紀,吉住あゆみ(同微生物・感染症): エステティックによる健康被害の実態.  第114回日本皮膚科学会総会,  横浜,  2015/05
54. ◎岩渕千雅子,根岸亜津佐,栗原正利,溝渕輝明,瀬山邦明,石河 晃: Birt-Hogg-Dube症候群24例における皮膚症状の病理学的検討.  第114回日本皮膚科学会総会,  横浜,  2015/05
55. ◎吉田憲司,石井 健,田中博子,伊藤 崇,臼井真理子,石河 晃: 落葉状天疱瘡患者に生じた脱毛発症機序の解析.  第114回日本皮膚科学会総会,  横浜,  2015/05
56. ◎吉田正己,樋口哲也,伊藤正俊,石河 晃: 水痘、帯状疱疹の分子疫学一反復配列R1のシーケンスによる株間異同判定―.  第114回日本皮膚科学会総会,  横浜,  2015/05
57. ◎久保亮治,梅垣知子,藤田春美 ,久保亜紀子,吉田和恵,森岡眞治,林 伸和,臼田俊和,新関寛徳,高森健二,石河 晃,末松 誠,天谷雅行: CHILD症候群7例におけるコレステロール生合成経路阻害による治療効果と病態形成機構の検討.  第114回日本皮膚科学会総会,  横浜,  2015/05
58. ◎三津山信治, 樋口哲也,阿部文人,木村雅明,吉田正己,石河 晃: 乾癬とメタボリック症候群における皮下脂肪組織のアディポカイン遺伝子発現に関する検討.  第114回日本皮膚科学会総会,  横浜,  2015/05
59. ◎小原芙美子,関東裕美,伊藤 崇,鷲崎久美子,石井 健,石河 晃: 過去5年間の当科におけるアトピー性皮膚炎患者のパッチテスト成績について.  第114回日本皮膚科学会総会,  横浜,  2015/05
60. ◎石河晃: 皮膚科の特性と新専門医制度.  第114回日本皮膚科学会総会,  横浜,  2015/05
61. ◎松永由紀子: スキンケアの役割を考える~患者さんのQOL向上のために知っていただきたいこと.  日本臨床皮膚科医会九州ブロック総会,  福岡,  2015/04
62. ◎久保 亮治,熊谷 宜子,天野 雅行,芦田 敦子,常深 祐一郎,石河 晃: Epidermolysis bullosa simplex with mottled pigmentationの2家系.  日本皮膚科学会新潟地方会,  新潟,  2015/04
63. ◎馬場加那子,中村元泰,関東裕美,石河 晃,吉澤定子(感染症科): HIVに合併した好酸性膿疱性毛包炎の1例.  日本皮膚科学会新潟地方会,  新潟,  2015/04
64. ◎岩瀬七重,中村元泰,石井 健,関東裕美,石河 晃: 低分化型有棘細胞癌の1例.  第860回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2015/04
65. ◎小原芙美子,吉田憲司,石井 健,関東裕美,石河 晃,白樫祐介(大田区): 比較的若年者に発症した菌状息肉症の1例.  第860回日本皮膚科学会東京地方会,  東京,  2015/04
国際学会
1. ◎Aoyama Y , Kamiya K ,Yamasaki O , Ishii K ,Kmata A ,Yamagami J ,Tokura Y ,Iwatuki K: Epitope reduction of anti-desmoglein 1 autoantibodies in pemphigus foliaceus patients sera during clinical stages.  40 th Annual Meeting of Japanese Society for lnvestigative Dermatology,  Okayama,  2015/12
2. ◎Yoshida K , Ishii K , Shimizu A , Yokouchi M , Amagai M ,John R.Stanley , Ishiko A: p38 MAPK signaling is necessary for desmoglein 1 clustering and enhances pathogenic effect,but is not required for blistering in pemphigus foliaceus.  45th Annual ESDR Meeting,  Rotterdam, The Netherlands,  2015/09
3. ◎Ishiko A: Worldwide dermatology residency training programs.  the 23RD World Congress of Dermatology in 2015,  Vancouver, Canada,  2015/06
その他
1. ◎関東裕美: パッチテストを活かす!~もしかして?と思う力~」.  第70回東葛皮膚臨床懇話会,  東京,  2016/03
2. ◎関東裕美: 皮膚は心を映し出す.  第回アロマ東葛皮膚臨床懇話会,  東京,  2016/03
3. ◎関東裕美: パッチテストを活かす!~もしかして?と思う力~.  八王子皮膚部会,  東京,  2016/02
4. ◎関東裕美: エステティックの施術による身体への危害についての原因究明及び衛生管理に関する研究.  厚労省科研費補助金成果発表会,  東京,  2016/02
5. ◎菊池克子,伊藤明子,花見由華,堀仁子,皆川智子,多田弥生,高山かおる,本田ひろみ,橋本由起,常深祐一郎: メンター&メンティの会“支部を越えて仲良くなろう”.  日本皮膚科学会 キャリア支援委員会主催 東京・東部支部,  東京,  2016/02
6. ◎石河 晃: 新専門医制度について.  ラジオ日経 マルホ皮膚科セミナー,  東京,  2016/02
7. ◎伊藤 崇: 当院における最近5年間の職業性接触皮膚炎パッチテスト成績について.  第3回多摩川デルマフォーラム,  東京,  2016/02
8. ◎関東裕美: 当科で実施したJapanese standard allergens陽性率5年間のまとめ~パッチテストパネルSとの比較検討について~.  第35回蒲田医師会学術集談会,  東京,  2016/02
9. ◎石河 晃: 水疱症の基礎と臨床.  日本血液製剤機構 研修会,  東京,  2016/02
10. ◎伊藤 崇: 両手の皮疹(職業性接触皮膚炎).  第5回東邦・蒲田皮膚科合同カンファレンス,  東京,  2016/01
11. ◎古橋春佳: 顔、両上肢の皮疹.  第5回東邦・蒲田皮膚科合同カンファレンス,  東京,  2016/01
12. ◎漆畑真理: 腹部、大腿部の皮疹.  第5回東邦・蒲田皮膚科合同カンファレンス,  東京,  2016/01
13. ◎赤芝知己: 足趾の皮疹.  第5回東邦・蒲田皮膚科合同カンファレンス,  東京,  2016/01
14. ◎定本真梨子: 背部の皮疹.  第5回東邦・蒲田皮膚科合同カンファレンス,  東京,  2016/01
15. ◎橋本由起: 生物学的製剤による乾癬治療の展望.  第7回東邦バイオフォーラム,  東京,  2015/12
16. ◎橋本由起: 乾癬治療における配合外用剤併用療法について.  目黒区皮膚科医会 学術講演会,  東京,  2015/11
17. ◎橋本由起: 乾癬治療における地域連携と院内連携~関節症性乾癬を中心に~.  第2回Psoriasis café,  東京,  2015/11
18. ◎橋本由起: 当科にてセクキヌマブ投与を行った関節症性乾癬の1例.  城南PSORIASIS Meeting,  東京,  2015/11
19. ◎松永由紀子: (光)老化皮膚における皮膚内部構造変化.  第69回東邦医学会総会,  東京,  2015/11
20. ◎鷲崎久美子: 皮膚疾患における皮膚乾燥症状の客観的評価の検討.  第69回東邦医学会総会,  東京,  2015/11
21. ◎橋本由起: 乾癬治療における顔の見える地域連携(病診/病病連携)~病院勤務医の立場から~.  ドボベット発売1周年記念講演会,  東京,  2015/11
22. ◎関東裕美: パッチテストを活かす!~もしかして?と思う力~.  第12回城南皮膚科医会 学術講演会,  東京,  2015/11
23. ◎石河 晃: 皮膚がんを自分で見つけるコツ.  釧路市民公開講座,  釧路,  2015/10
24. ◎関東裕美: パッチテストを活かす!~もしかして?と思う力~.  岡山県医師会皮膚科部会講演会,  岡山,  2015/10
25. ◎関東裕美: パッチテストを活かす!~もしかして?と思う力~.  からかさ会,  東京,  2015/09
26. ◎関東裕美: あってはならないエステティックの健康被害.  日本エステティック財団,  東京,  2015/09
27. ◎橋本由起: 高齢者の乾癬患者に対しエトレチナートとナローバンドUVBが奏功した2例.  第11回東京乾癬研究会,  東京,  2015/08
28. ◎関東裕美: パッチテストを活かす!~もしかして?と思う力~.  札幌市皮膚科医会例会,  札幌,  2015/07
29. ◎関東裕美: 化粧品の副作用報告制度と化粧品かぶれ.  日本コスメティック協会,  東京,  2015/07
30. ◎宇山美樹: 色素性蕁麻疹.  第13回東邦デルマ懇話会,  東京,  2015/07
31. ◎岩瀬七重: 基底細胞がん硬化性萎縮性苔癬.  第13回東邦デルマ懇話会,  東京,  2015/07
32. ◎古橋春佳: リポイド類壊死.  第13回東邦デルマ懇話会,  東京,  2015/07
33. ◎漆畑真理: 爪部ボーエン病.  第13回東邦デルマ懇話会,  東京,  2015/07
34. ◎小原芙美子: 脂腺がん.  第13回東邦デルマ懇話会,  東京,  2015/07
35. ◎吉田憲司: 落葉状天疱瘡の水疱形成機序の解析.  第146回東邦医学会,  東京,  2015/06
36. ◎関東裕美: 生活指導に有益なパッチテスト“繰り返す痒い湿疹の原因・・もしかしてと思う力”.  品川皮膚科医会学術講演会,  東京,  2015/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者