東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 産科婦人科学講座(佐倉)
 Department of Obstetrics and Gynecology (Sakura)
■ 概要
東邦大学医療センター佐倉病院産婦人科
1.周産期
当院新生児医とのカンファランスを定期的に行い,緊密な関係を保っている。千葉県下においては周産期医療が立ち遅れており,母子ともに周産期管理を行える施設は少ない。地域周産期母子医療センターにおいて周産期医療に貢献を図った。臨床研究の一部は新生児学会において発表し,論文にまとめた。
2.内視鏡手術
良性卵巣腫瘍,子宮外妊娠に対し積極的に内視鏡手術を施行した。同手術法は通常手術として定着したものと思われる。子宮鏡下手術も増加し術前処置に低用量ピルを使用することにより子宮内膜の増殖が抑制されて良好な視野が確保されることを明らかにするなど臨床的研究を行い,その成績について内視鏡学会において報告した。
3.不妊治療・内分泌
リプロダクションセンターを中心に体外受精,顕微授精を継続して行った。リプロダクションセンター内に顕微授精も可能な培養施設を設置し外来ベースでの採卵と胚移植が可能となり,症例数も増加している。
4.悪性腫瘍治療
 子宮癌に対しては手術を中心とした治療を行い,一部ハイリスク群では術後に抗がん剤治療を施行し治療効果を確認中である。卵巣癌も同様に手術療法・化学療法を中心に治療を行った。
■ Keywords
周産期, 地域周産期母子医療センター, 不妊治療, 多嚢胞性卵巣症候群, 悪性腫瘍治療
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  木下俊彦 :千葉県がん診療連携協議会子宮がん部会委員 千葉県周産期医療・保健協議会委員
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  木下俊彦 :日本産科婦人科学会代議員, 日本更年期医学会評議員, 日本内分泌学会評議員, 日本生殖医学会評議員,日本アンドロロジー学会評議員
2.  竹下直樹 :日本産婦人科医会先天異常委員会 委員, 日本生殖免疫学会 評議員, 日本生殖再生学会 幹事, 遺伝医学セミナー実行委員, 生殖工学会評議員・理事, 日本IVF学会 評議員, 日本IVF学会学会誌編集委員,  胎児遺伝子診断研究会, 日本人類遺伝学会 評議員, 日本人類遺伝学会遺伝医学セミナー実行委員, 日本人類遺伝学会将来構想委員会, 遺伝カウンセリング学会 評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















木下 俊彦   教授
  1            
 13
(9)
 1
(1)
 2
 1
(1)
 2
(2)
竹下 直樹   准教授
 2 1  1          2
(2)
 18
(14)
 
 3
(1)
 
 3
(3)
高島 明子   講師
  1            6
(2)
 9
(9)
 2
 1
(1)
 1
(1)
 2
(2)
石田 洋昭   助教
  1            2
(2)
 11
(7)
 
 3
(1)
 1
(1)
 2
(2)
 2 0  0 0  0  10
(6)
 3
(1)
 3
(3)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Sago H1, Sekizawa A; Japan NIPT consortium.:  Nationwide demonstration project of next-generation sequencing of cell-free DNA in maternal plasma in Japan: 1-year experience.  Prenat Diagn. 2015 . doi: 10.1002/pd.4539. Epub 2015 Jan 11.  Apr;35 (4) :331 -336 , 2015
総説及び解説
1. 竹下直樹:  無侵襲的出生前診断.  ホルモンと臨床  (62) :157 -164 , 2015
2. 竹下直樹:  一次診療施設のためのNIPT基礎知識.  日本産科婦人科学会雑誌  67 (9) :2029 -2033 , 2015
症例報告
1. 安達知弘,竹下直樹,高島明子,石田洋昭,萬来めぐみ,佐々木泉,横川 桂,徳山 宣,蛭田啓之,木下俊彦:  境界悪性傍卵巣腫瘍の1例.  千葉県産婦人科医学会雑誌  9 (1) :33 -37 , 2015
■ 学会発表
国内学会
1. ◎長岡理大,石田洋昭、石川真,安達知弘,佐々木泉,横川桂,萬来めぐみ,瓜田麻由美,横山安哉美,高島明子,竹下直樹,木下俊彦,徳山宣,蛭田啓之: 術前にPET検査が有効であった漿液性悪性腫瘍の一例.  千葉県産科婦人科医学会平成27年度冬期学術講演会,  千葉,  2016/02
2. ◎萬来めぐみ,高島明子,竹下直樹,石川真,長岡理大,安達知弘,佐々木泉,横川桂,瓜田麻由美,横山安哉美,石田洋昭、木下俊彦: 下垂体腺腫摘出術後の汎下垂体機能低下症に対してhMG-hCG療法により妊娠成立した1例.  千葉県産科婦人科医学会平成27年度冬期学術講演会,  千葉,  2016/02
3. ◎安達知広、竹下直樹,高島明子,石川真,長岡理大,佐々木泉.横川桂,萬来めぐみ,石田洋昭,鈴木沙耶香,館野昭彦,澤田健,木下俊彦: 羊水染色体核型検査にて付加染色体を認めた1例.  第1回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会,  長崎,  2015/12
4. 高島明子、竹下直樹、石田洋昭、石川真、長岡理大、安達知弘、佐々木泉、横川桂、萬来めぐみ、瓜田麻由美、横山安哉美、木下俊彦: 胎児染色体構造変化に対してSNP microarray解析による高精度染色体分析を施行した1例.  第1回遺伝診療学会学術講演会,  長崎,  2015/12
5. 竹下直樹: 遺伝カウンセリングロールプレイ研修会.  遺伝カウンセリングロールプレイ研修会,  慶応義塾大学,  2015/12
6. 竹下直樹: 母体保護法と生命倫理
-生殖・周産期医療の最近の話題-.  東京産婦人科医会 母体保護法指定医師研修会,  東京,  2015/11
7. 高島明子: Highlight of ESHRE.  第33回日本受精着床学会総会学術講演会,  東京,  2015/11
8. 竹下直樹: 出生前診断 -現況と将来-.  市川市産婦人科医会研修会,  市川医師会,  2015/11
9. ◎佐々木泉,石田洋昭,高島明子,安達知広,横川桂,萬来めぐみ,瓜田麻由美,横山安哉美,竹下直樹,木下俊彦: 腟断端に発症した異所性子宮内膜症の1例.  第130回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  千葉,  2015/10
10. ◎石川真,高島明子,石田洋昭,萬来めぐみ,安達知弘,佐々木泉,横川桂,長岡理大,徳山宣,蛭田啓之、竹下直樹,木下俊彦: 子宮筋腫と卵巣繊維種を合併したMayer-Rokitansky-Hauser症候群の1例.  第130回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  千葉,  2015/10
11. 高島明子: よくわかる生殖医療~基礎から生殖補助医療まで~.  第130回日本産科婦人科学会関東連合地方部会,  幕張メッセ国際会議場,  2015/10
12. 高島明子1)、竹下直樹1)、石田洋昭1)、大高 究1)、内出一郎2)、安達知弘1)、佐々木泉1)、横川桂1)、萬来めぐみ1)、木下俊彦1): 子宮内膜症性嚢胞に対する腹腔鏡下卵巣嚢胞摘出術後の内分泌療法による再発予防の検討.  第55回日本産科婦人科内視鏡学会,  横浜,  2015/09
13. ◎石田洋昭,高島明子,竹下直樹,瓜田麻由美,大高究,木下俊彦: 粘膜下筋腫を疑い経頸管的腫瘍摘出(TCR)を施行し、術後の病理組織診断で子宮体部悪性腫瘍と診断した2例.  第55回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会,  横浜,  2015/09
14. 〇高島明子、竹下直樹、石田洋昭、安達知弘、佐々木泉、横川桂、萬来めぐみ、瓜田麻由美、横山安哉美、木下俊彦: 当院における40歳以上の不妊治療後妊娠の周産期予後.  第51回新生児周産期学術講演会,  福岡市,  2015/07
15. 鈴木紗耶香,舘野昭彦,沢田 健,竹下直樹,安達知弘: 46,XX,der(18)t(15;18)(q24;11.3)の1例.  第51回日本周産期新生児医学会,  福岡,  2015/07
16. ◎佐々木泉,石田洋昭,安達知弘,横川桂,萬来めぐみ,瓜田麻由美,横山安哉美,高島明子,竹下直樹,木下俊彦: 子宮動静脈奇形の1例,,東京,2105.6.  第129回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  東京,  2015/06
17. 竹下直樹: 出生前診断の現況と将来.  木更津・君津医師会産婦人科研究会,  千葉,  2015/04
18. ◎横山安哉美,竹下直樹,安達知弘,佐々木泉,横川桂,萬来めぐみ,瓜田麻由美,石田洋昭,高島明子,木下俊彦: 妊娠中期に極度な羊水過小(AFI=0)を認めるも、その後正常化した胎児発育不全の1例.  日本産科婦人科学会第67回学術講演会,  東京,  2015/04
19. 竹下直樹: 一次施設のためのNIPT基礎知識.  第67回日本産科婦人科学会学術集会,  横浜,  2015/04
20. ◎石田洋昭,萬来めぐみ,安達知弘,佐々木泉,横川桂,瓜田麻由美,高島明子,横山安哉美,竹下直樹,木下俊彦: 膀胱外反症を伴った子宮頸部コンジローマ様癌の1例.  日本産科婦人科学会第67回学術講演会,  東京,  2015/04
21. 佐々木泉,沢田 健,小島泰子,鈴木紗耶香,舘野昭彦: 成熟児に発症したMRSAが原因と考えられた壊死性気管気管支炎(NTB)の一例.  第118回日本小児科学会学術集会,  大阪、日本,  2015/04
22. A Takashima,N Takeshita, H Ishida, T Adachi, I Sasaki, K Yokokawa, M Urita, A Yokoyama,T Kinoshita: Genetic counseling of the prenatal diagnosis for the structural chromosomal abnormality, high resolution analysis using SNP microarray.  第67回日本産科婦人科学会学術講演会,  横浜,  2015/04
国際学会
1. ◎Toshihiko Kinoshita, Akiko Takashima, Hiroaki Ishida, Izumi Sasaki, Kei Yokokawa, Tomohiro Adachi, Megumi Manrai, Makoto Ishikawa, Masahiro Nagaoka, Naoki Takeshita: An innovative LC-MS/MS-based method for determining CYP 17 and CYP 19 activity in the adipose tissue of pre- and postmenopausal and ovariectomized women using 13C-labeled steroid substrates.  17th World Congress of Gynecological Endocrinology,  Firenze, Italy,  2016/03
2. Akiko Takashima, Hiroaki Ishida, Naoki Takeshita,Toshihiko Kinoshita.: Effect of pretreatment with dienogest before hysteroscopic surgery.  44th AAGL Global Congress on Minimally Invasive Gynecology,  ラスベガス,  2015/11
3. 〇Akiko Takashima, Naoki Takeshita, Ayami Yokoyama, Mayumi Urita, Megumi Manrai, Hiroaki Ishida, Toshihiko Kinoshita: Assessment of perinatal and neonatal outcome with mode of conception in women aged over 40 years old.  International Federation of Fertility Societies International Meeting 2015,  Yokohama, Japan,  2015/04
その他
1. ◎石田洋昭,高島明子,大高究,安達知弘,佐々木泉,横川桂,萬来めぐみ,竹下直樹,木下俊彦,徳山宣,笹井大督,蛭田啓之: 術前の診断で成熟奇形腫を疑い腹腔鏡下付属器切除術を施行し術後の病理組織学診断で成熟奇形腫悪性転化と診断した一例,.  第5回千葉産婦人科内視鏡手術研究会,  千葉,  2016/03
2. ◎高島明子,大高究,石田洋昭,石川真,長岡理大,安達知弘,佐々木泉,横川桂,萬来めぐみ,竹下直樹,木下俊彦: 高齢患者に対するIVF-ETと周産期予後改善のための内視鏡治療の取り組み―当院におけるハイブリッド治療の後方視敵的検討-.  第5回千葉産婦人科内視鏡手術研究会,  千葉,  2016/03
3. ◎木下俊彦,竹下直樹,高島明子,石田洋昭,安達知弘,佐々木泉,横川桂,萬来めぐみ,長岡理大,石川真: 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)にみる血清bioavailable testosterone(Bio-T).  第6回下総内科産婦人科臨床フォーラム講演会,  千葉,  2015/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者