東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 外科学講座 一般・消化器外科学分野(大森)
 Division of General and Gastroenterological Surgery, Department of Surgery (Omori)

教授:
  黒岩 実
  島田 英昭
  船橋 公彦
准教授:
  大塚 由一郎
  緒方 秀昭
  小池 淳一
講師:
  栗原 聰元
  田村 晃
  土屋 勝
■ 概要
当科の診療概要
平成15年6 月に、東邦大学医学部外科学講座旧第1講座と旧第2講座が組織改正により統合され、東邦大学医学部外科学講座(大森)一般・消化器外科となりました。当科では、消化器部門(上部消化管、下部消化管、肝胆膵)、乳腺・甲状腺部門、小児外科部門、そして本学の特色でもある総合診療科外科学に医師を派遣、さらには医療安全管理部や栄養治療センターの責任者も当科から輩出しています。癌を中心とした各専門分野のみならず外科学総論から一般外科的疾患である急性腹症、虫垂炎、鼡径ヘルニア、痔核など外科学(呼吸器外科、心臓血管外科を除く)をすべて網羅された幅広い範囲で、それぞれの専門医が診療を担当しています。そのため、外科の専門医育成や初期研修は非常に充実したプログラムで行われています。 それぞれ臓器別に診療グループは構成され、各分野の治療と治療成績の向上と全人的外科医師の育成を目指しています。一方、消化器の各臓器はそれぞれ密接に関連しているため、各臓器の専門グループは他の専門グループと常に連携を取りながら診療に携わっています。
手術においては癌を取り扱うことが多く、安全性と根治性を損なわず、かつ手術後の生活の質(Quality of life: QOL)の低下を最小限にとどめることを重視します。そのため、内視鏡手術を最大限に適用していることが特徴です。新しい先進的医療技法の開発研究も進めており、内視鏡肝切除に関しては世界的に注目され、国内外から手術見学のための来訪者を多く迎えています。
診療対象年齢は小児から老齢者の方まで、疾病は腹部救急疾患から悪性腫瘍まで特定の疾患のみに片寄らず、患者さんを全人的にとらえることができる、すべての一般外科および消化器外科に精通する経験豊かなオールラウンドな医師を擁しています。その総手術件数は年間約1300例であり、高齢化社会にあたり種々の合併症を有する症例、他科との連携による集学的治療に精通しており、患者さんのQOLを充分配慮した診療を行っています。
現在教室員50余名、同門200余名を擁する伝統ある教室であり、研究や学会活動、レジデント・研修医・医学生への教育にも力をいれています。経験豊富で研究にも意欲を持ったスタッフにより、臨床と研究の成果を海外に向けて発信しています。
■ Keywords
腹腔鏡下肝切除術, 腹腔鏡下大腸手術, 腹腔鏡下胃切除術, 化学療法
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  日本医療研究開発機構研究費 革新的がん医療実用化研究事業
 研究課題:根治切除後食道癌のNY-ESO-1抗原発現陽性例に対するIMF-001の多施設共同無作為化比較試験(第II相臨床試験)  (研究分担者:島田英昭 他、研究代表者:影山慎一(三重大学))
 研究補助金:2000000円  (分担)
2.  日本医療研究開発機構研究費 次世代がん医療創生研究事業  (研究課題番号:17cm0106403h0002)
 研究課題:タンパク質・ペプチド修飾解析による早期がん・リスク疾患診断のための血液バイオマーカーの開発  (研究分担者:島田英昭 他、研究代表者:本田一文(国立がん研究センター))
 研究補助金:650000円  (分担)
3.  日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究C  (研究課題番号:15K10117)
 研究課題:複数のSEREX抗原を同時標的とした胃癌血清抗体診断法の開発  (研究代表者:谷島聡、分担研究者:島田英昭、根本哲生、名波竜規)
 研究補助金:1560000円  (代表)
4.  日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究C  (研究課題番号:26462029)
 研究課題:大腸癌切除例における血清RalA抗体の術前後のモニタリングと臨床応用  (研究代表者:小池淳一、分担研究者:島田英昭、牛込充則、鈴木孝之)
 研究補助金:1430000円  (代表)
5.  日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究C  (研究課題番号:26460951)
 研究課題:血清バイオマーカーTYMPによる胃癌XP療法の効果予測とモニタリング  (研究分担者:島田英昭、名波竜規、五十嵐良典、研究代表者:菊池由宣)
 研究補助金:1040000円  (分担)
6.  日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究C  (研究課題番号:16K10520)
 研究課題:RalAとNY-ESO-1を標的とした食道癌血清抗体モニタリングに関する研究  (研究代表者:島田英昭)
 研究補助金:910000円  (代表)
7.  日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究C  (研究課題番号:16K10519)
 研究課題:胃癌患者血清RaLA抗体モニタリングによる再発・予後・治療感受性診断に関する検討  (研究代表者:名波竜規、分担研究者:島田英昭、大嶋陽幸)
 研究補助金:780000円  (代表)
8.  日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究C
 研究課題:がん抑制p53経路とHippo経路を標的とした消化器がんに対する治療法開発  (研究分担者:島田英昭、研究代表者:田川雅敏)
 研究補助金:200000円  (分担)
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  IASGO Advanced Postgraduate Course in Yokohama  ( 金子弘真(特任教授) )  ,横浜市  2017/06
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  船橋公彦 :日本大腸肛門病学会評議員・学会誌編集委員, 東京ストーマリハビリテーション研究会会長, 日本外科学会邦文誌編集幹事, 日本ストーマ排泄リハビリテーション学会理事・評議員・プロジェクト企画員会委員長, 日本臨床外科学会評議員, 大腸疾患外科療法研究会幹事, 大腸クリニカルオンコロジー研究会世話人, 城南地区大腸疾患懇談会幹事
2.  島田英昭 :日本食道学会 理事・評議員・総務委員会委員長・プログラム検討委員会担当理事・委員長・会誌編集委員会担当理事・副委員長・会則委員会委員・国際委員会委員・財務委員会委員, 日本消化器外科学会 評議員・外科系学会社会保険委員会連合代表委員・保険診療委員会委員・英文機関紙創刊準備委員会委員, 日本胃癌学会評議員・研究推進委員・ガイドライン委員会委員, 日本癌治療学会代議員・がん診療ガイドライン作成・改訂委員会専門委員・広報・渉外委員会専門委員,日本癌学会評議員, 日本臨床外科学会評議員, 日本分子腫瘍マー カー研究会世話人・幹事, 外科分子細胞治療研究会世話人・代表幹事, 外保連委員, 南東京がん疼痛緩和研究会 世話人, 日本外科学会 代議員・英文誌編集委員会・情報・広報委員会・保険診療委員会・財務委員会, 城南消化器疾患懇話会世話人, 胃・食道外科フォーラム世話人, 胃術後障害研究会施設代表者, Fellow of the American College of Surgeons (F.A.C.S.), Associate Editor of Gastric Cancer, Associate Editor of Esophagus, Associate Editor of Annals of Thoracic Cardiovascular Surgery, Associate Editor of Surgery Today, Associate Editor of J Hepatobiliary-Pancreas Science, Associate Editor of Annals of Gastroenterological Surgery
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















船橋 公彦   教授
博士(医学)
   1           1
 66
(13)
 1
 14
(1)
 
 
島田 英昭   教授
医学博士
 2 3 1 15  1        4
(2)
 67
(10)
 
 9
(1)
 1
 
黒岩 実   教授
医学博士
              
 4
 
 
 
 
緒方 秀昭   准教授
博士(医学)
    3          1
(1)
 8
(1)
 
 
 
 
小池 淳一   准教授
博士(医学)
    1          5
(3)
 38
(3)
 
 10
 
 
大塚 由一郎   准教授
博士(医学)
  1 1 4          4
(2)
 22
(2)
 4
(3)
 5
 1
 
田村 晃   講師
博士(医学)
              
 5
 
 1
 
 
土屋 勝   講師
博士(医学)
  1  1          2
 23
(3)
 1
 5
(2)
 
 
栗原 聰元   講師
博士(医学)
    1          6
(2)
 31
(5)
 1
 9
 
 
酒井 正人   助教
学士(医学)
              2
 2
 
 
 
 
谷島 聡   助教
博士(医学)
 1   4          3
 19
 
 1
 
 
石井 淳   助教
博士(医学)
  1  1          1
 15
(1)
 
 4
(1)
 
 
伊東 俊秀   助教
学士(医学)
              
 1
(1)
 
 
 
 
牛込 充則   助教
博士(医学)
    1          5
(1)
 36
(6)
 2
 7
 
 
片桐 敏雄   助教
学士(医学)
  1  1          1
 24
(3)
 
 5
(2)
 1
 
塩川 洋之   助教
学士(医学)
    1          3
 36
(7)
 1
 8
 
 
前田 徹也   助教
学士(医学)
  1  1          4
 21
(3)
 1
 6
(2)
 
 
馬越 俊輔   助教
学士(医学)
    1          
 1
(1)
 
 
 
 
皆川 輝彦   助教
学士(医学)
              1
 1
(1)
 
 
 
 
金子 奉暁   助教
学士(医学)
              3
 32
(7)
 1
 1
 
 
新井 賢一郎   助教
学士(医学)
              
 9
(1)
 
 
 
 
大嶋 陽幸   助教
博士(医学)
 1   4          2
 21
 
 2
 
 
久保田 喜久   助教
博士(医学)
  1  2          4
(1)
 20
(2)
 
 6
(2)
 
 
鈴木 隆   助教
博士(医学)
   1 3          3
 20
 
 1
 
 
名波 竜規   助教
博士(医学)
   1 3          1
 21
 
 1
 
 
竹山 照明   助教
学士(医学)
  1            2
 8
(1)
 
 1
 
 
鏡 哲   助教
学士(医学)
    1          2
(1)
 28
(4)
 1
 7
 
 
久保田 伊哉   助教
学士(医学)
   1 1          1
 3
(1)
 
 
 
 
鈴木 孝之   助教
学士(医学)
    1          1
(1)
 20
(8)
 
 3
 
 
尾作 忠知   助教
学士(医学)
              
 2
(2)
 
 
 
 
長嶋 康雄   助教
学士(医学)
              2
 20
(4)
 1
 3
 
 
甲田 貴丸   助教
学士(医学)
    1          9
 25
(6)
 1
 8
 
 
木村 和孝   助教
学士(医学)
    1          3
 27
(4)
 
 6
(2)
 
 
齊藤 芙美   助教
学士(医学)
   1 2          2
(1)
 4
(1)
 
 
 
 
今村 茂樹   助教
学士(医学)
    1          1
 11
(1)
 
 2
 
 
 4 7  1 0  0  79
(15)
 15
(3)
 3
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 上尾裕昭, 小西敏郎, 金子弘真, 炭山嘉伸, 跡見 裕, 日本臨床外科学会支部委員会:  わが国の地域医療における外科診療の現状と問題点に関するアンケート調査.  日本臨床外科学会雑誌  78 (6) :1163 -1178 , 2017
2. 岡田 嶺, 土屋 勝, 前田徹也, 澤口悠子, 竹山照明, 久保田喜久, 石井 淳, 片桐敏雄, 大塚由一郎, 金子弘真:  食道癌術後に胃管温存膵頭十二指腸切除術を施行した膵管内乳頭粘液性腫瘍の1例.  臨牀と研究  94 (5) :623 -627 , 2017
3. Shimazu K, Tada Y, Morinaga T, Shingyoji M, Sekine I, Shimada H, Hiroshima K, Namiki T, Tatsumi K, Tagawa M.:  Metformin produces growth inhibitory effects in combination with nutlin-3a on malignant mesothelioma through a cross-talk between mTOR and p53 pathways.  BMC cancer  17 (1) :309 , 2017
4. Yamauchi S, Zhong B, Kawamura K, Yang S, Kubo S, Shingyoji M, Sekine I, Tada Y, Tatsumi K, Shimada H, Hiroshima K, Tagawa M:  Cytotoxicity of replication-competent adenoviruses powered by an exogenous regulatory region is not linearly correlated with the viral infectivity/gene expression or with the E1A-activating ability but is associated with the p53 genotypes.  BMC cancer  17 (1) :622 , 2017
5. Nanami T, Shimada H, Yajima S, Oshima Y, Suzuki T, Shiratori F, Sumazaki M, Otsuka S, Kamigaki T, Goto S, Kaneko H:  Prospective pilot study of adoptive immunotherapy with autologous αβT cells for five cases of advanced and/or recurrent esophageal squamous cell carcinoma.  Esophagus  14 (4) :303 -308 , 2017
6. Hiwasa T, Tomiyoshi G, Nakamura R, Shinmen N, Kuroda H, Kunimatsu M, Mine S, Machida T, Sato E, Takemoto M, Hattori A, Kobayashi K, Kawamura H, Ishibashi R, Yokote K, Kitamura K, Ohno M, Chen PM, Nishi E, Ono K, Kimura T, Takizawa H, Kashiwado K, Kamitsukasa I, Wada T, Aotsuka A, Sunami K, Kobayashi E, Yoshida Y, Matsutani T, Iwadate Y, Mori M, Uzawa A, Muto M, Sugimoto K, Kuwabara S, Iwata Y, Kobayashi Y, Terada J, Matsumura T, Sakao S, Tatsumi K, Ito M, Shimada H, Zhang XM, Kimura R, Wang H, Iwase K, Ashino H, Taira A, Arita E, Goto K, Kudo T, Doi H:  Serum SH3BP5-specific Antibody Level is a Biomarker of Atherosclerosis.  Immunome research  13 (2) :1000132 , 2017
7. Suzuki Takashi, Shimada H, Nanami T, Oshima Y, Yajima S, Washizawa N, Kaneko H:  Prognostic significance of hyperfibrinogenemia in patients with esophageal squamous cell carcinoma.  International Journal of Clinical Oncology  22 (3) :461 -468 , 2017
8. Tsukada Y, Higashi T, Shimada H, Kikuchi Y, Terahara A:  The use of neoadjuvant therapy for resectable locally advanced thoracic esophageal squamous cell carcinoma in an analysis of 5016 patients from 305 designated cancer care hospitals in Japan.  International Journal of Clinical Oncology  :Epub ahead of print , 2017
9. Tanaka S, Kubo S, Kanazawa A, Takeda Y, Hirokawa F, Nitta H, Nakajima T, Kaizu T, Kaneko H, Wakabayashi G:  Validation of a Difficulty Scoring System for Laparoscopic Liver Resection: A Multicenter Analysis by the Endoscopic Liver Surgery Study Group in Japan.  Journal of the American College of Surgeons  225 (2) :249 -258.e1 , 2017
10. ang H, Zhang XM, Tomiyoshi G, Nakamura R, Shinmen N, Kuroda H, Kimura R, Mine S, Kamitsukasa I, Wada T, Aotsuka A, Yoshida Y, Kobayashi E, Matsutani M, Iwadate Y, Sugimoto K, Mori M, Uzawa A, Muto M, Kuwabara S, Takemoto M, Kobayashi K, Kawamura H, Ishibashi R, Yokote K, Ohno M, Chen PM, Nishi E, Ono K, Kimura T, Machida T, Takizawa H, Kashiwado K, Shimada H, Ito M, Goto K, Iwase K, Ashino H, Taira A, Arita E, Takiguchi M, Hiwasa T:  Association of serum levels of antibodies against MMP1, CBX1, and CBX5 with transient ischemic attack and cerebral infarction.  Oncotarget  :in press , 2017
11. Shiratori F, Shimada H, Yajima S, Suzuki Takashi, Oshima Y, Nanami T, Ito M, Kaneko H:  Relationship between ABO blood group and clinicopathological factors and their effect on the survival of Japanese patients with esophageal squamous cell carcinoma.  Surgery today  47 (8) :959 -965 , 2017
12. Okada R, Shimada H, Otsuka Y, Tsuchiya M, Ishii J, Katagiri T, Maeda T, Kubota Yoshihisa, Nemoto T, Kaneko H:  Serum p53 antibody as a potential tumor marker in extrahepatic cholangiocarcinoma.  Surgery today  :Epub ahead of print , 2017
13. Kubota Yorichika, Shimada H, Saito F, Nemoto T, Ogata H, Kaneko H:  Perioperative Monitoring of Serum p53 Antibody Titers in Japanese Women Undergoing Surgical Treatment After Neoadjuvant Chemotherapy for Locally Advanced Breast Cancer.  Toho Journal of Medicine  3 (2) :58 -65 , 2017
14. Okada R, Shimada H, Tagawa M, Matsushita K, Otsuka Y, Kuwajima A, Kaneko H:  Profiling of serum autoantibodies in Japanese patients with hepatocellular carcinoma.  Toho Journal of Medicine  3 (3) :84 -92 , 2017
15. Morinaga T, Nguyễn TTT, Zhong B, Hanazono M, Shingyoji M, Sekine I, Tada Y, Tatsumi K, Shimada H, Hiroshima K, Tagawa M:  An image cytometric technique is a concise method to detect adenoviruses and host cell proteins and to monitor the infection and cellular responses induced.  Virology journal  14 (1) :219 , 2017
総説及び解説
1. 島田英昭:  【フォーラム】臨床応用されるp53研究―現状と今後の課題. 血清p53抗体の測定によるがん診断の現状.  実験医学  35 (14) :2362 -2363 , 2017
2. 大嶋陽幸, 島田英昭:  【腫瘍マーカーの実力】腫瘍マーカーの現状.  日本医事新報  4867 :34 -41 , 2017
3. 谷島 聡, 島田英昭:  高度進行消化器癌の治療戦略立案時のチーム医療における外科医の役割.  臨床外科  72 (10) :1162 -1165 , 2017
4. 岡住慎一, 島田英昭, 松原久裕:  食道癌 cT4症例におけるconversion therapyを考えた化学放射線療法とR0切除への戦略.  臨床外科  72 (10) :1176 -1184 , 2017
5. Shimada H, Fukagawa T, Haga Y, Oba K:  Does postoperative morbidity worsen the oncological outcome after radical surgery for gastrointestinal cancers? A systematic review of the literature.  Annals of Gastroenterological Surgery  1 (1) :11 -23 , 2017
6. Kaneko H, Otsuka Y, Kubota Yoshihisa, Wakabayashi G:  Evolution and revolution of laparoscopic liver resection in Japan.  Annals of Gastroenterological Surgery  1 (1) :33 -43 , 2017
症例報告
1. Murayama K, Nanami T, Suzuki Takashi, Oshima Y, Yajima S, Nemoto T, Shimada H:  Negative conversion of high serum p53 antibody titers in a patient with gastric cancer at 31 months after surgery.  Clinical Journal of Gastroenterology  10 (4) :357 -360 , 2017
2. Saito F, Shimada H, Ogata H, Otsuka T, Nemoto T, Shibuya K, Kaneko H:  Detection of the early phase of esophageal cancer progression into lamina propria mucosae by the serum p53 antibody.  Esophagus  14 (4) :366 -369 , 2017
3. Nakamura Y, Tokuhisa J, Asai K, Enomoto T, Watanabe M, Enomoto Y, Kikuchi Y, Saida Y, Shimada H, Kusachi S:  Pericardial effusion-induced subcutaneous edema in the trunk and lower limbs after percutaneous drainage for carcinomatous pericarditis: report of a case.  International Cancer Conference Journal  :Online first , 2017
4. Sumazaki M, Saito F, Ogata H, Yoshida M, Kubota Y, Magoshi S, Kaneko H:  Streptococcal toxic-shock syndrome due to Streptococcus dysgalactiae subspecies equisimilis in breast cancer-related lymphedema: a case report.  Journal of medical case reports  11 (1) :191 , 2017
5. Funahashi K, Kurihara A, Ushigome M, Kagami S, Suzuki Takayuki, Koda T, Kimura K, Koike J, Shiokawa H, Imamura S, Miura Y, Kaneko T:  Laparoscopic suture rectopexy for treatment of refractory full-thickness rectal prolapse in 5patients aged 90-100 years.  Toho Journal of Medicine  3 (2) :66 -70 , 2017
その他
1. 島田英昭:  書評 神田善伸 著 ゼロから始めて一冊でわかる!みんなのEBMと臨床研究.  外科  79 (6) :598 , 2017
2. 島田英昭:  (生涯教育セミナー記録)平成28年度第2 回日本外科学会生涯教育セミナー(関東地区).胃癌 3.ガイドライン.  日本外科学会雑誌  118 (3) :360 -361 , 2017
3. Park JI, Kim KH, Kim HG, Cherqui D, Soubrane O, Kooby D, Palanivelu C, Chan A, You YK, Wu YM, Chen KH, Honda G, Chen XP, Tang CN, Kim JH, Koh YS, Yoon YI, Cheng KC, Long TC, Choi GH, Otsuka Y, Cheung TT, Hibi T, Kim DS, Wang HJ, Kaneko H, Yoon DS, Hatano E, Choi IS, Choi DW, Huang MT, Kim SG, Lee SG.:  Highlights of the Third Expert Forum of Asia-Pacific Laparoscopic Hepatectomy; ELSA (Endoscopic and Laparoscopic Surgeons of Asia) Visionary Summit 2017.  Annals of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery  :accept , 2017
4. Otsuka Y, Kaneko H:  Laparoscopic liver resection in the treatment of HCC with liver cirrhosis: would it provide superiority to conventional open hepatectomy?.  Hepatobiliary Surgery and Nutrition  6 (5) :356 -358 , 2017
■ 著書
1. 島田英昭:  第4章新しいがん診断技術の現状と早期診断、簡便化、高感度と評価.第2節バイオマーカーによるがんの早期診断とその評価.  疾患・病態検査・診断法の開発  146-151.  株式会社技術情報協会,  東京都, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎鈴木 隆, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 船橋公彦: 腹腔鏡内視鏡合同手術にて切除した食道胃接合部平滑筋腫の1 例.  第30回日本内視鏡外科学会総会,  京都市,  2017/12
2. ◎牛込充則, 小池淳一, 塩川洋之, 金子奉暁, 栗原聰元, 木村和孝, 甲田貴丸, 島田英昭, 船橋公彦: 腹腔鏡手術により原発巣切除を行なったStageIV 大腸癌の予後の検討.  第30回日本内視鏡外科学会総会,  京都市,  2017/12
3. ◎甲田貴丸, 小池淳一, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 島田英昭, 船橋公彦: 腹腔鏡下回盲部切除術を施行した虫垂子宮内膜症の1 例.  第30回日本内視鏡外科学会総会,  京都市,  2017/12
4. ◎大塚由一郎, 久保田喜久, 片桐敏雄, 木村和孝, 松本 悠, 澤口悠子, 岡田 嶺, 土屋 勝, 前田徹也, 石井 淳, 金子弘真, 船橋公彦: シンポジウム 「腹腔鏡下肝切除においてこれだけは伝えたいこと(肝臓)」腹腔鏡下肝切除-定型化へ向けた手技の変遷の中で学んだこと.  第30回日本内視鏡外科学会総会,  京都市,  2017/12
5. ◎久保田喜久, 大塚由一郎, 片桐敏雄, 土屋 勝, 前田徹也, 澤口悠子, 島田英昭, 金子弘真, 船橋公彦: ワークショップ2「高難度腹腔鏡下肝切除の定型化と標準化(肝臓)」完全腹腔鏡下肝葉切除術手技の定型化とその意義.  第30回日本内視鏡外科学会総会,  京都市,  2017/12
6. ◎栗原聰元, 小池淳一, 牛込充則, 塩川洋之, 船橋公彦: 直腸脱に対する直接縫合固定による腹腔鏡下直腸固定術.  第30回日本内視鏡外科学会総会,  京都市,  2017/12
7. ◎吉野 翔, 片桐敏雄, 山川輝記, 岡田 嶺, 三浦康之, 竹山照明, 澤口悠子, 久保田喜久, 前田徹也, 土屋 勝, 田村 晃, 大塚由一郎, 島田英昭, 金子弘真, 船橋公彦: 当院における黄色肉芽腫性胆嚢炎の検討.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
8. ◎久保田喜久, 大塚由一郎, 片桐敏雄, 土屋 勝, 前田徹也,澤口悠子, 小池淳一, 金子弘真, 船橋公彦: 大腸癌両葉多発肝転移に対する腹腔鏡下肝切除術 適応と手術手技の工夫.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
9. ◎小池淳一, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鏡 哲, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦: ビデオワークショップ13「ここを工夫した私の手術手技(Reduced port surgery)」Rb直腸癌おけるRPS によるTMIS-TMEの試みと工夫.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
10. ◎石岡伸規, 大嶋陽幸, 吉野 優, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 胃癌切除症例における周術期輸血と予後の検討.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
11. ◎長嶋康雄, 吉野 優, 木村和孝, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 栗原聰元, 小池淳一, 島田英昭, 船橋公彦: 一時的ストーマの検討 腹腔鏡下手術vs 開腹手術.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
12. ◎保坂達明, 大嶋陽幸, 村山健二, 石岡伸規, 吉野 優, 高地良介, 長嶋康雄, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 島田英昭: サルコイドーシスの治療経過中に発見された回腸原発の神経内分泌腫瘍の一例.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
13. ◎本田善子, 酒井隆光, 鈴木孝之, 島田英昭, 船橋公彦, 瓜田純久, 島田長人: パネルディスカッション24「虫垂炎治療はどう変わるか?」最近4年間の当科の虫垂炎治療の現状.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
14. ◎金子弘真: 4.肝胆膵―腹腔鏡下手術におけるpitfall―.  日本外科学会 第92回卒後教育セミナー(平成29年度秋季),  東京都,  2017/11
15. ◎梶原庸司, 甲田貴丸, 小池淳一, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鏡 哲, 長嶋康雄, 木村和孝, 吉野 優, 後藤麻佑, 船橋公彦, 三上哲夫, 栃木直文, 渋谷和俊: 外腸骨リンパ節, 鼠経リンパ節転移を伴った肛門扁平上皮癌に対しS-1を併用した放射線化学療法が著効した1例.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
16. ◎鏡 哲, 小池淳一, 須磨崎真, 栗原奈津子, 吉野 優, 木村和孝, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦: BMI47の高度肥満を伴う傍ストーマヘルニア症例に対し腹腔鏡下根治術(Sandwich法)を行った1例.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
17. ◎金子奉暁, 田中荘一, 尾田典隆, 相川佳子, 松田 聡: 臨床的に診断が困難であった大腸癌の1例.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
18. ◎栗原聰元, 船橋公彦, 吉野 優, 後藤麻佑, 長嶋康雄, 甲田貴丸, 鈴木孝之, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 小池淳一, 渡邊正志, 島田英昭, 金子弘真: ビデオワークショップ07「ここを工夫した私の手術手技(肛門)」痔瘻に対するLIFT 変法(内肛門括約筋温存術)について.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
19. ◎酒井正人, 島田脩平, 黒岩 実: 術後の吻合部狭窄に対し機能的端々吻合が有効であった多発小腸閉鎖の1例.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
20. ◎緒方秀昭, 須磨崎真, 齊藤芙美, 尾作忠知, 久保田伊哉, 馬越俊輔, 日野眞人, 船橋公彦: ワークショップ22「高齢者乳癌の治療上の問題点」80才以上の乳癌手術患者における術後予後規定因子.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
21. ◎松田 聡, 田中荘一, 尾田典隆, 新井賢一郎, 相川佳子, 松永篤志, 今村茂樹, 野中雅彦: 当院におけるLIFT変法の手術手技の工夫.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
22. ◎松本 悠, 木村和孝, 鈴木孝之, 皆川輝彦, 長谷部行建: ビデオワークショップ08「ここを工夫した私の手術手技(虫垂)」当院における腹腔鏡下虫垂切除術に関する様々な工夫.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
23. ◎前田徹也, 土屋 勝, 澤口悠子, 岡田 嶺, 松本 悠, 木村和孝, 久保田喜久, 石井 淳, 片桐敏雄, 大塚由一郎, 金子弘真, 船橋公彦: 膵頭十二指腸切除術における予防抗菌薬と術後感染性合併症の関連.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
24. ◎大塚由一郎, 久保田喜久, 片桐敏雄, 木村和孝, 松本 悠, 澤口悠子, 岡田 嶺, 土屋 勝, 前田徹也, 金子弘真, 船橋公彦: ビデオシンポジウム06「内視鏡下手術での起死回生の一手(肝)」腹腔鏡下肝切除におけるリカバリーとしての用手補助下手技(HALS)の役割.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
25. ◎竹山照明, 前田徹也, 土屋 勝, 山川輝記, 岡田 嶺, 澤口悠子, 三浦康之, 久保田喜久, 片桐敏雄, 石井 淳, 田村 晃, 大塚由一郎, 金子弘真, 島田英昭, 船橋公彦: 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術後の腹腔内出血に対して総肝動脈塞栓術を行い、救命しえた1例.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
26. ◎久保田伊哉, 緒方秀昭, 齊藤芙美: 甲状腺乳頭癌片葉切除後に喉頭浮腫が出現した1例.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
27. ◎甲田貴丸, 鷲澤尚宏, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鏡 哲, 島田英昭, 船橋公彦: 直腸脱と大腸癌の術前骨格筋量評価の比較.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
28. ◎山川輝記, 久保田喜久, 岡田 嶺, 三浦康之, 竹山照明, 澤口悠子, 前田徹也, 片桐敏雄, 土屋 勝, 大塚由一郎, 島田英昭, 定本聡太, 若山 恵, 金子弘真, 船橋公彦: 完全腹腔鏡下肝切除術を行った胆管内乳頭状腫瘍の1例.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
29. ◎土屋 勝, 前田徹也, 澤口悠子, 久保田喜久, 片桐敏雄, 竹山照明, 三浦康之, 吉野 翔, 山川輝記, 岡野直樹, 五十嵐良典, 根本哲生, 大塚由一郎, 金子弘真, 船橋公彦: 術前病理診断から見た膵消化管神経内分泌腫瘍切除例の検討.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
30. ◎島田脩平, 酒井正人, 定本聡太, 若山 恵, 栃木直文, 渋谷和俊, 黒岩 実: 吻合部狭窄の為、治療に難渋した14歳男児の腸重積.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
31. ◎澤口悠子, 土屋 勝, 岡田 嶺, 三浦康之, 竹山照明, 久保田喜久, 片桐敏雄, 前田徹也, 大塚由一郎, 島田英昭, 船橋公彦, 定本聡太, 若山 恵, 渋谷和俊: 膵腫瘍との鑑別が困難であった肝外門脈瘤合併十二指腸GIST の1例.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
32. ◎吉野 優, 栗原聰元, 後藤麻佑, 今村茂樹, 木村和孝, 長嶋康雄, 甲田貴丸, 鏡 哲, 牛込充則, 塩川洋之, 小池淳一, 島田英昭, 船橋公彦: 痔核結紮切除術における周術期抗血栓療法について.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
33. ◎牛込充則, 小池淳一, 甲田貴丸, 栗原奈津子, 金子奉暁, 塩川洋之, 今村茂樹, 鏡 哲, 木村和孝, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦: Stage II, III大腸癌に対する開腹手術と腹腔鏡手術の長期成績の比較.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
34. ◎鏡 哲, 牛込充則, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 栗原奈津子, 後藤麻佑, 吉野 優, 今村茂樹, 木村和孝, 鈴木孝之, 金子奉暁, 塩川洋之, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦: パネルディスカッション8「閉塞性大腸癌の治療方針」閉塞性左側大腸癌に対するBridge to surgery としての大腸ステントと経肛門イレウス管の予後検討.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
35. ◎金子奉暁, 松田 聡, 川上和彦, 中井勝彦, 木村浩三, 野中雅彦, 田中荘一, 新井賢一郎, 尾田典隆, 相川佳子, 松永篤志: 超高齢者(80歳以上)の内痔核手術の検討.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
36. ◎栗原聰元, 船橋公彦, 小池淳一, 吉田公彦, 鈴木孝之, 石岡伸規, 澤口悠子, 吉野 優, 吉野 翔, 後藤麻佑, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 渡邊正志, 島田英昭, 金子弘真, 松島 誠: ワークショップ2「骨盤臓器脱の診断と治療」直腸の固定性と全身状態を基にした直腸脱に対する治療戦略.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
37. ◎戸倉夏木, 白鳥史明, 中野太郎, 上田一夫, 高塚純: 進行大腸癌の再発による両側水腎症に対し尿管ステントが挿入された症例の検討.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
38. ◎甲田貴丸, 松田聡, 中井勝彦, 川上和彦, 木村浩三, 野中雅彦, 田中荘一, 尾田典隆, 相川佳子, 松永篤志, 新井賢一郎: 魚骨による肛門周囲慢性炎症性肉芽腫の1例.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
39. ◎今村茂樹, 小池淳一, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鏡 哲, 甲田貴丸, 木村和孝, 後藤麻佑, 梶原庸司, 栗原奈津子, 船橋公彦: 直腸脱術前に施行したグリセリン浣腸による溶血性合併症を引き起こした1例.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
40. ◎小池淳一, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鏡 哲, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 吉野 優, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦: パネルディスカッション6「大腸癌に対する腹腔鏡手術の最先端」下部直腸癌における腹腔鏡システムを用いたtaTMEの利点とpit fall.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
41. ◎松田 聡, 川上和彦, 中井勝彦, 木村浩三, 野中雅彦, 田中荘一, 尾田典隆, 新井賢一郎, 相川佳子, 松永篤志, 金子奉暁: 当院における裂肛手術の術式選択と手術手技.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
42. ◎相川佳子, 田中荘一, 松田 聡, 川上和彦, 中井勝彦, 野中雅彦, 木村浩三, 尾田典隆, 新井賢一郎, 金子奉暁, 松永篤志: 裂肛に対するニフェジピン軟膏の有効性と安全性.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
43. ◎相川佳子, 田中荘一, 松田 聡, 川上和彦, 中井勝彦, 野中雅彦, 木村浩三, 尾田典隆, 新井賢一郎, 金子奉暁, 松永篤志: 痔核根治術後疼痛対策に漢方薬は有効か~芍薬甘草湯と当帰建中湯の有効性の検討~.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
44. ◎長嶋康雄, 吉野 優, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 栗原聰元, 小池淳一, 島田英昭, 船橋公彦: 消化管緩和ストーマ造設の手術手技.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
45. ◎木村和孝, 栗原奈津子, 甲田貴丸, 鏡 哲, 牛込充則, 塩川洋之, 小池淳一, 船橋公彦: 子宮脱リングにより直腸腔瘻を来した1例.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
46. ◎塩川洋之, 小池淳一, 牛込充則, 栗原聰元, 鏡 哲, 甲田貴丸, 鈴木孝之, 長嶋康雄, 金子奉暁, 栗原奈津子, 後藤麻佑, 木村和孝, 今村茂樹, 吉野 優, 澤口悠子, 船橋公彦: 当院における切除不能進行再発大腸癌に対するRegorafenib投与例の検討.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
47. ◎梶原庸司, 牛込充則, 小池淳一, 栗原聰元, 塩川洋之, 鏡 哲, 甲田貴丸, 木村和孝, 今村茂樹, 後藤麻佑, 栗原奈津子, 船橋公彦, 密田亜希, 定本聡太, 若山 恵, 根本哲生, 渋谷和俊: 若年者に発症した小腸癌の1例.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
48. ◎金子奉暁, 松田 聡, 中井勝彦, 川上和彦, 木村浩三, 野中雅彦, 田中荘一, 尾田典隆, 相川佳子, 新井賢一郎, 松永篤志: 痔核切除結紮術後、複数回の止血術を要した症例の検討.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
49. ◎後藤麻佑, 船橋公彦, 須磨崎真, 今村茂樹, 木村和孝, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 栗原聰元, 小池淳一: ストーマ閉鎖を契機に甲状腺機能亢進症状をきたし、術後の外科的合併症との鑑別に難渋した1例.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
50. ◎甲田貴丸, 船橋公彦, 鏡 哲, 牛込充則, 塩川洋之, 栗原聰元, 小池淳一, 島田英昭: 直腸脱患者に対する術前骨格筋量評価.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
51. ◎松田 聡, 川上和彦, 中井勝彦, 木村浩三, 野中雅彦, 田中荘一, 尾田典隆, 新井賢一郎, 相川佳子, 松永篤志, 金子奉暁: ビデオシンポジウム「痔瘻手術の諸問題」LIFT(Ligation of Intersphincteric Fistula Tract)変法の複雑痔瘻, 座骨直腸窩痔瘻への適応.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
52. ◎船橋公彦, 赤木由人, 板橋道朗, 前田耕太郎, 幸田圭史: 内括約筋切除を伴う直腸切除術(ISR)術後の排便障害-日本大腸肛門病学会認定施設のアンケート調査結果-.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
53. ◎那須啓一, 田中荘一, 相川佳子, 尾田典隆, 新井賢一郎, 金子奉暁, 野中雅彦, 木村浩三, 中井勝彦, 川上和彦, 松田聡: 大腸肛門専門病院における直腸粘膜脱症候群の検討.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
54. ◎三浦康之, 鷲澤尚宏, 鈴木 隆, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 島田英昭, 船橋公彦: 胃癌症例における血清亜鉛値とCONUT 値の検討.  第47回 胃外科・術後障害研究会,  横浜市,  2017/11
55. ◎小林由佳, 芳野弘, 岩田葉子, 土方麻衣, 吉川芙久美, 竹山照明, 栃木直文, 澁谷和俊, 熊代尚記, 内野泰, 弘世貴久: 複数の膵腫瘤病変を認めた糖尿病合併インスリノーマの一例.  第27回臨床内分泌代謝Update,  神戸,  2017/11
56. ◎齊藤芙美, 吉原 彩, 並木 温, 緒方秀昭: 大学病院における女性乳腺内分泌外科医の立場から.  第50回日本甲状腺外科学会学術集会,  福島市,  2017/10
57. ◎鈴木章史, 近藤哲夫, 石垣貴之, 田中智章, 大宜見由奈, 尾作忠知, ヘイムス規予美, 北川亘, 長濱充二, 杉野公則, 伊藤公一: 髄様癌成分が進行し、複数の分子標的薬治療を行った混合型髄様・乳頭癌の1 例.  第50回日本甲状腺外科学会学術集会,  福島市,  2017/10
58. ◎菊池由宣, 伊藤正朗, 根本哲生, 谷島 聡, 塩澤一恵, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 名波竜規, 渡邊 学, 五十嵐良典, 島田英昭: 血清thymidine phosphorylase は胃癌のthymidine phosphorylase 発現の代用マーカーか?.  第55回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2017/10
59. ◎甲田貴丸, 船橋公彦, 鏡 哲, 牛込充則, 塩川洋之, 栗原聰元, 小池淳一, 島田英昭, 松野高久, 本間尚子, 三上哲夫: 直視下に経会陰先行、腹腔鏡下会陰腹式直腸切断術を施行した直腸癌の1 例.  第55回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2017/10
60. ◎佐々木愼, 平岩知子, 石丸正寛, 船橋公彦, 小池淳一, 瀬戸泰之, 山下裕玄, 古嶋 薫, 酒井敬介: 大腸癌化学療法に対する医療関係者の意識に関する多施設アンケート調査.  第55回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2017/10
61. ◎中村陽一, 島田英昭, 菊池由宣, 徳久順也, 榎本俊行, 浅井浩司, 桐林孝治, 岡本 康, 渡邉 学, 斉田芳久, 草地信也: 客観的指標による終末期がん患者の予後予測.  第55回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2017/10
62. ◎島田英昭: シンポジウム1「新規バイオマーカーが拓くがん治療の近未来」血清自己抗体による癌診断~p53抗体と新しい自己抗体マーカーについて~.  第55回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2017/10
63. ◎金子弘真(特別発言): 腹腔鏡下肝切除術の最前線 -術式の定型化を目指して-.  第15回日本消化器外科学会大会・第59回日本消化器病学会大会・第21回日本肝臓学会大会(JDDW2017),  福岡市,  2017/10
64. ◎島田英昭: ワークショップ24「(消化器外科学会・消化器病学会)ゲノム医療と消化器癌」ゲノム情報が切り拓く消化器癌治療の未来.  第15回日本消化器外科学会大会・第59回日本消化器病学会大会(JDDW2017),  福岡市,  2017/10
65. ◎島田英昭: 消化器外科領域のシステマチックレビューとメタ解析論文に対する査読者の視点とは?.  第15回日本消化器外科学会大会(JDDW2017),  福岡市,  2017/10
66. ◎牛込充則, 小池淳一, 鈴木孝之, 早田浩明, 滝口伸浩, 永田松夫, 田川雅敏, 松下一之, 船橋公彦, 島田英昭: 大腸癌症例における血清自己抗体パネルの開発~17抗原に対する自己抗体の解析~.  第15回日本消化器外科学会大会(JDDW2017),  福岡市,  2017/10
67. ◎小池淳一, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鏡 哲, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 今村茂樹, 木村和孝, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦: 進行下部直腸癌における術前mFOLFOX6療法の予後予測因子の検討.  第15回日本消化器外科学会大会(JDDW2017),  福岡市,  2017/10
68. ◎石岡伸規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 大嶋陽幸, 名波竜規, 長嶋康雄, 高地良介, 吉野 優, 船橋公彦, 島田英昭: 早期食道癌患者におけるp53抗体の検討.  第15回日本消化器外科学会大会(JDDW2017),  福岡市,  2017/10
69. ◎鈴木 隆, 石岡伸規, 高地良介, 吉野 優, 長嶋康雄, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 胸部食道癌に対するHALSによる胃管再建術の実際.  第15回日本消化器外科学会大会(JDDW2017),  福岡市,  2017/10
70. ◎栗原聰元 , 船橋公彦, 吉野 優, 後藤麻佑, 吉野 翔, 石岡伸親, 澤口悠子, 栗原奈津子, 今村茂樹, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 鈴木孝之, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 小池淳一, 渡邊正志, 島田英昭, 金子弘真: 肛門疾患における周術期抗血栓療法の管理について.  第15回日本消化器外科学会大会(JDDW2017),  福岡市,  2017/10
71. ◎須磨崎真, 伊藤正朗, 澤口悠子, 名波竜規, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 胃癌・食道癌手術症例における抗TIF1-γ抗体の検討.  第15回日本消化器外科学会大会(JDDW2017),  福岡市,  2017/10
72. ◎岡田弥生, 石川文雄, 齊藤芙美, 緒方秀昭: TNタイプ乳癌細胞の骨転移におけるCXCR4、RANK発現とAkt-mTORシグナル伝達との関係.  第76回日本癌学会学術総会,  横浜市,  2017/09
73. ◎盛永敬郎, グエンタオ, 鐘博雅, 久保秀司, 関根郁夫, 多田裕司, 巽浩一郎, 島田英昭, 廣島健三, 田川雅敏: アデノウイルスによる細胞死とウイルスの複製におけるWee1 キナーゼの役割.  第76回日本癌学会学術総会,  横浜市,  2017/09
74. ◎岡田 嶺, 島田英昭,星野 敢, 横井左奈, 永田松夫: 肝細胞癌における腫瘍関連抗原に対する自己抗体の解析.  第37回日本分子腫瘍マーカー研究会,  横浜市,  2017/09
75. ◎須磨崎真, 伊藤正朗, 金子開知, 谷島 聡, 大嶋陽幸, 鈴木 隆, 名波竜規, 鏡 哲, 緒方秀昭, 船橋公彦,島田英昭: 固形癌における抗TIF1-γ抗体のバイオマーカーとしての有用性の検討.  第37回日本分子腫瘍マーカー研究会,  横浜市,  2017/09
76. ◎木村和孝, 大塚由一郎, 片桐敏雄, 石井 淳, 土屋 勝, 久保田喜久, 前田徹也, 金子弘真: 肝嚢胞に対する腹腔鏡下天蓋切除術における嚢胞上皮アブレーションの意義について:ICG 蛍光法を用いた臨床経験から.  第36回Microwave Surgery研究会,  和歌山市,  2017/09
77. ◎河合佑子, 常泉道子, 緒方秀昭, 九富五郎, 細谷恵子, 杉崎勝好, 勝俣範之, 松岡浄, 齊藤光江: AC 療法に対する3剤併用と2剤併用制吐剤ランダム化試験に見るセロトニン受容体拮抗剤とアプレピタントの作用への考察.  第15回日本臨床腫瘍学会学術集会,  神戸市,  2017/07
78. ◎塩川洋之, 小池淳一, 牛込充則, 栗原聰元, 金子奉暁, 鏡 哲, 鈴木孝之, 島田英昭, 船橋公彦, 金子弘真: 65 歳以上の高齢者大腸疾患患者に対する鏡視下手術の成績.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
79. ◎久保田喜久, 大塚由一郎, 片桐敏雄, 土屋 勝, 前田徹也, 木村和孝, 岡田 嶺, 小池淳一, 船橋公彦, 金子弘真: 大腸癌肝転移に対する腹腔鏡下肝部分切除術前評価と手術手技の工夫.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
80. ◎金子奉暁, 船橋公彦, 小池 淳一, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 鏡 哲, 甲田貴丸, 金子弘真: 回腸ストーマ閉鎖部ヘルニアにおけるリスク因子の検討.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
81. ◎栗原聰元, 船橋公彦, 金子奉暁, 鈴木孝之, 牛込充則, 塩川洋之, 小池淳一, 鏡 哲, 島田英昭, 金子弘真: 直腸脱に対するAltemeier 法について.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
82. ◎三浦康之, 甲田貴丸, 牛込充則, 塩川洋之, 栗原聰元, 小池淳一, 鷲澤尚宏, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真: 骨格筋量測定における体成分分析装置とCT 検査の関連性.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
83. ◎小池淳一, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鏡 晢, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦: ビデオシンポジウム11[ENGLISH]「下部直腸癌に対する肛門温存手術(ISR、TAMIS)」下部直腸癌に対するtaTME の手技に必要な解剖学的ランドマークとpit fall.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
84. ◎須磨崎 真, 伊藤正朗, 谷島 聡, 澤口悠子, 名波 竜規, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 島田英昭, 金子弘真: 胃癌手術症例における血清VEGFR2 値の臨床病理学的検討.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
85. ◎前田徹也土屋 勝, 石井 淳, 岡田 嶺, 澤口悠子, 松本 悠, 久保田喜久, 片桐敏雄, 大塚由一郎, 金子弘真: 膵頭十二指腸切除術における周術期管理.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
86. ◎大塚由一郎, 久保田喜久, 片桐敏雄, 土屋 勝, 石井 淳, 前田徹也, 木村和孝, 松本 悠, 金子弘真: ICG 蛍光カメラを用いた腫瘍の描出およびNegative staining technique による正確な腹腔鏡下解剖学的肝切除.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
87. ◎大嶋陽幸, 島田英昭, 白鳥史明, 澤口悠子, 三浦康之, 鈴木 隆, 名波竜規, 谷島 聡, 金子弘真: 胃癌手術症例におけるCA72-4 の術後推移の意義について.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
88. ◎谷島 聡, 島田英昭, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 名波竜規, 長嶋康雄, 吉野 優, 高地良介, 大久保和範, 金子弘真: 術後再発食道扁平上皮症例に対するDocetaxel 治療へのNedaplatin 併用効果の検討.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
89. ◎木村和孝, 片桐敏雄, 久保田喜久, 石井 淳, 前田徹也, 土屋 勝, 大塚由一郎, 金子弘真: ICG 蛍光法を用いた腹腔鏡下天蓋切除術の4 例.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
90. ◎皆川輝彦, 松本 悠, 長谷部行健, 島田長人: 当院における腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TAPP 法) について.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
91. ◎牛込充則, 小池淳一, 塩川洋之, 栗原聰元, 深澤由里, 赤坂哲夫, 根本哲生, 島田英昭, 船橋公彦, 金子弘真: パネルディスカッション3「 関連②局所進行直腸癌に対する集学的治療戦略」下部直腸癌における術前化学放射線療法の予後の検討.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
92. ◎金子弘真: 腹腔鏡下肝切除術:Evolution and Revolution.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
93. ◎甲田貴丸, 船橋公彦, 三浦康之, 牛込充則, 塩川洋之, 栗原聰元, 小池淳一, 鷲澤尚宏, 島田英昭, 金子弘真: 直腸脱手術患者に対する体組成評価の検討.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
94. ◎高地良介, 鈴木 隆, 大久保和範, 吉野 優, 長嶋康雄, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 島田英昭, 金子弘真: 食道扁平上皮癌切除症例における術前HbA1c 値は予後に寄与するか?.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
95. ◎竹山照明, 岡田 嶺, 澤口悠子, 三浦康之, 久保田喜久, 片桐敏雄, 前田徹也, 土屋 勝, 大塚由一郎, 金子弘真: 消化器術後の周術期における偽痛風発作の検討.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
96. ◎島田英昭: 消化器外科領域の学術論文作成の工夫~エディターはどのような投稿論文に注目しているのか?~.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
97. ◎藤岡直樹: 大腸sm 癌に骨盤内腫瘤を合併し術前診断が困難であった1例.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
98. ◎鈴木孝之, 牛込充則, 滝口伸浩, 早田浩明, 永田松夫, 小池淳一, 船橋公彦, 島田英昭: 特別企画5「消化器癌の診断・治療を含めた新規分子腫瘍マーカーの意義と展望」血清自己抗体による大腸癌診断の新しい展開~p53 抗体検査を中心として~.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
99. ◎鷲澤尚宏, 宮田 剛: 消化器外科術後回復能力強化プログラムにおける周術期不安軽減と回復意欲の励起.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
100. ◎甲田貴丸, 船橋公彦, 小池淳一, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 鏡 哲, 島田英昭: 高齢者大腸癌患者に対する、VES-13、PNI、CT 腸腰筋面積を用いた術前評価.  第20回日本高齢消化器病学会総会,  東京都,  2017/07
101. ◎前田徹也,土屋 勝,松本 悠,木村和孝,久保田喜久,石井 淳, 片桐敏雄,田村 晃,大塚由一郎,松井哲平,岡野直樹,渡邉 学,若山 恵,根本哲生,渋谷和俊,金子弘真: 自己免疫性膵炎に発生した膵頭部癌の1例.  第48回日本膵臓学会大会,  京都市,  2017/07
102. ◎木村隆輔, 山口和久, 辛島遼, 小林輝, 田角怜子, 藤井紘大, 藤沢理沙人, 水谷沙織,
毛利州秀, 渡辺剛, 團宜博, 土方一範, 小林俊, 岡本陽祐, 木村隆輔, 鳥羽崇仁, 大塚隆文, 五十嵐良典, 鈴木隆, 大嶋陽幸: 臓器収納袋E・Z パースを用いてESD 後巨大胃腫瘍を回収した1症例.  日本消化器病学会関東支部第345回例会,  東京,  2017/07
103. ◎岡田弥生, 石川文雄, 齊藤芙美, 緒方秀昭: CXCR4は乳癌骨転移と関係し、低酸素状態で発現が増強する.  第25回日本乳癌学会学術総会,  博多市,  2017/07
104. ◎牛込充則, 小池淳一, 今村茂樹, 甲田貴丸, 金子奉暁, 塩川洋之, 栗原聰元, 栗原奈津子, 木村和孝, 鏡 哲, 後藤麻佑, 島田英昭, 船橋公彦: StageII, III 大腸癌に対する開腹手術と腹腔鏡手術の長期成績の比較.  第87回大腸癌研究会,  四日市市,  2017/07
105. ◎小池淳一, 塩川洋之, 牛込充則, 鏡 哲, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 吉野 優, 後藤麻佑, 金子奉暁, 栗原聰元, 船橋公彦: taTME における術後排尿障害の後方視的検討.  第87回大腸癌研究会,  四日市市,  2017/07
106. ◎高地良介, 島田英昭, 名波竜規, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 根本哲生, 渋谷和俊, 鷲澤尚宏, 金子弘真: 食道血管肉腫術後再発にタキソール単独療法が奏効した1 例.  第71回日本食道学会学術集会,  軽井沢市,  2017/06
107. ◎谷島 聡, 島田英昭, 鈴木 隆, 名波竜規, 大嶋陽幸, 根本哲生, 白鳥史明, 金子弘真: 症状出現から5 年8 か月後に手術に至った食道verrucous carcinoma の一例.  第71回日本食道学会学術集会,  軽井沢市,  2017/06
108. ◎鈴木 隆, 島田英昭, 高地良介, 吉野 優, 長嶋康雄, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 金子弘真: 食道癌における術前PNI 値と臨床病理学的因子および予後との関連性についての検討.  第71回日本食道学会学術集会,  軽井沢市,  2017/06
109. ◎島田英昭: ランチョンセミナー4「逆流性食道炎治療の最新の知見~PHコントロールと内視鏡所見~」(共催:武田薬品工業株式会社/大塚製薬株式会社).  第71回日本食道学会学術集会,  軽井沢市,  2017/06
110. ◎中込英理子,西川雄祐,渕之上和弘, 小林智子,乾山光子,山本慶郎, 小林俊介,小野真史,原 精一, 大塚隆文,五十嵐良典,牛込充則, 小池淳一,船橋公彦,密田亜希, 根本哲生,渋谷和俊: 術前に確定診断しえた若年性小腸癌の1例.  第104 回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京都,  2017/06
111. ◎岡田 嶺, 島田英昭, 久保田喜久, 片桐敏雄, 石井 淳, 前田徹也, 土屋 勝, 大塚由一郎, 金子弘真: 術後1年目に陰性化した血清p53抗体単独陽性胆管癌切除例.  第26回日本癌病態治療研究会,  横浜市,  2017/06
112. ◎須磨崎真, 伊藤正朗, 澤口悠子, 名波竜規, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 島田英昭: 胃癌手術症例における抗TIF1-γ抗体の検討.  第26回日本癌病態治療研究会,  横浜市,  2017/06
113. ◎吉原克則, 鈴木銀河, 豊田幸樹年, 一林亮, 伊東俊秀, 横室浩樹, 本多満, 中村裕二, 杉山篤: CPR中のITDの使用は,日本人の転帰を改善するか?〜JRCガイドライン2020を目指して〜.  第20回日本臨床救急医学会総会・学術集会,  東京,  2017/05
114. ◎甲田貴丸, 船橋公彦, 小池淳一, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 鏡 哲, 島田英昭, 金子弘真: 直視下に経会陰操作先行し腹腔鏡下会陰腹式直腸切断術を施行した直腸癌の1例.  第71回手術手技研究会,  名古屋市,  2017/05
115. ◎齊藤芙美, 緒方秀昭, 吉田美穂, 久保田伊哉, 金子弘真: 腎移植後副甲状腺機能亢進症に対する副甲状腺摘出術が術後腎機能に及ぼす影響に関する検討.  第29回日本内分泌外科学会総会,  神戸市,  2017/05
116. ◎酒井正人,黒岩 実,梶原庸司: 当科での臍輪を利用した小開腹術の検討.  第54 回日本小児外科学会学術集会,  仙台市,  2017/05
117. ◎島田脩平, 梶原庸司,酒井正人,黒岩 実: 5歳女児に発生した片側性大陰唇腫大の1例.  第54 回日本小児外科学会学術集会,  仙台市,  2017/05
118. ◎塩川洋之, 船橋公彦, 小池淳一, 牛込充則, 栗原聰元, 金子奉暁, 鈴木孝之, 鏡 哲, 澤口悠子, 島田英昭, 金子弘真: 教室における85 歳以上の超高齢者大腸疾患患者に対する鏡視下手術の成績.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
119. ◎栗原聰元, 船橋公彦, 鈴木孝之, 石岡伸規, 後藤麻祐, 吉野 翔, 吉野 優, 澤口悠子, 今村茂樹, 吉田公彦, 長嶋康雄, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 小池淳一, 渡邊正志, 松島 誠, 島田英昭, 金子弘真: 仙骨への固定性に留意した直腸脱に対する術式選択の有用性.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
120. ◎白鳥史明, 島田英昭, 谷島 聡, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 名波竜規, 伊藤正朗, 金子弘真: 新たに開発したELISA による血清midkine 値測定の食道扁平上皮癌における意義.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
121. ◎本田善子, 吉野 優, 鈴木孝之, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真, 島田長人: 緊急手術と待機手術での虫垂内容菌について.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
122. ◎鈴木研裕, 高橋 理、久保田啓介, 吉田拓人, 渡辺貴之, 藤川 葵, 武田崇志, 島田英昭, 岸田明博, 金子弘真: 胃がんStage II/III の術後患者における好中球リンパ球数比と予後の関係.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
123. ◎金子弘真: 腹腔鏡下肝切除術:その検証と医療リスク.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
124. ◎甲田貴丸, 船橋公彦, 小池淳一, 栗原聡元, 塩川洋之, 牛込充則, 鈴木孝之, 長嶋康雄, 木村和孝, 吉野 優, 島田英昭, 金子弘真: 高齢者大腸癌患者に対する術前評価.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
125. ◎大塚由一郎, 片桐敏雄, 久保田喜久, 松本 悠, 木村和孝, 前田徹也, 石井 淳, 土屋 勝, 岡田 嶺, 金子弘真: 安全で正確な腹腔鏡下肝切除におけるICG 蛍光システムの意義.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
126. ◎土屋 勝, 石井 淳, 前田徹也, 片桐敏雄, 久保田喜久, 後藤麻佑, 澤口悠子, 岡田 嶺, 竹山照明, 木村和孝, 大塚由一郎, 金子弘真: IPMN 国際診療ガイドライン2012 からみた悪性度評価と手術適応の検討.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
127. ◎片桐敏雄, 大塚由一郎, 土屋 勝, 前田徹也, 石井 淳, 久保田喜久, 木村和孝, 松本 悠, 金子弘真: 腹腔鏡下胆嚢摘出術におけるICG 蛍光法における胆道造影の描出能に関する検討.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
128. ◎鈴木 隆, 島田英昭, 高地良介, 酒井隆光, 長嶋康雄, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 鷲澤尚宏, 金子弘真: 周術期CPK の推移からみた胸腔鏡下食道切除手術と開胸手術の比較.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
129. ◎二本柳康博, 定本聡太, 江嶋梢, 密田亜希, 栃木直文, 若山恵, 根本哲生, 久保田伊哉, 緒方英昭, 澁谷和俊.: 甲状腺癌におけるtoll-like receptors(TLRs)発現の網羅的解析.  第106回日本病理学会総会,  東京,  2017/04
130. ◎岡田 嶺, 大塚由一郎, 久保田喜久, 松本 悠, 木村和孝, 石井 淳, 前田徹也, 片桐敏雄, 土屋 勝, 金子弘真: 肝内胆管癌切除に対する腹腔鏡下手術の役割.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
131. ◎久保田喜久, 大塚由一郎, 片桐敏雄, 土屋 勝, 石井 淳, 前田徹也, 松本 悠, 牛込充則, 小池淳一, 船橋公彦, 金子弘真: 大腸癌肝転移H2 症例の検討.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
132. ◎後藤麻佑, 船橋公彦, 小池淳一, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 栗原聰元, 甲田貴丸, 鈴木孝之, 長嶋康雄, 吉野 優, 木村和孝, 島田英昭, 金子弘真: 原発性腫瘍に対する直腸切断術後における会陰創感染の検討.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
133. ◎石井 淳, 土屋 勝, 前田徹也, 後藤麻佑, 岡田 嶺, 澤口悠子, 松本 悠, 木村和孝, 竹山照明, 久保田喜久, 片桐敏雄, 田村 晃, 大塚由一郎, 金子弘真: 幽門輪温存膵頭十二指腸切除の再建法による術後胆管炎発症の検討.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
134. ◎前田徹也, 土屋 勝, 後藤麻佑, 岡田 嶺, 澤口悠子, 松本 悠, 竹山照明, 久保田喜久, 石井 淳, 片桐敏雄, 田村 晃, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真: 高齢者に対する膵頭十二指腸切除術の検討.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
135. ◎大嶋陽幸, 島田英昭, 白鳥史明, 澤口悠子, 三浦康之, 鈴木 隆, 名波竜規, 谷島 聡, 金子弘真: 胃癌切除症例における血清p53 抗体価の推移の評価方法について.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
136. ◎谷島 聡, 島田英昭, 名波竜規, 鈴木 隆, 伊藤正朗, 大嶋陽幸, 白鳥史明, 岡田 嶺, 須磨崎真, 根本哲生, 金子弘真: 胃癌におけるHeat shock protein 70(HSP70)発現と臨床病理学的検討~新規胃癌バイオマーカー開発を目指して~.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
137. ◎名波竜規, 島田英昭, 白鳥史明, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 鷲澤尚宏, 金子弘真: 胃癌患者における血清自己抗体(RalA,NY-ESO-1,p53)の解析.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜市,  2017/04
138. ◎Nguyen T, Zhong B, Morinaga M, Kubo S, Sekine I, Tada Y, Tatsumi K, Shimada H, Hiroshima K, Tagawa M.: A MDM2 inhibitor achieves synergistic cytotoxicity with oncolytic adenoviruses on mesothelioma with the wild-type p53.  第76回日本癌学会学術総会,  横浜市,  2017/09
139. ◎Beppe T, Nitta H, Otsuka Y, Honda G, Hasegawa K, Hatano E, Baba H, Wakabayashi G, Kaneko H: Nationwide prospective registry of laparoscopic liver resection in Japan.  第53回日本肝癌研究会,  東京都,  2017/07
国際学会
1. ◎Otsuka Y, Kubota Yoshihisa, Katagiri T, Sawaguchi Y, Kimura K, Matsumoto Y, Ishii J, Maeda T, Tsuchiya M, Shimada H, Kaneko H, Funahashi K: Symposium I:「 Up-to-Date in Surgery: God Hands vs. Marvel Techniques」Tips for precise laparoscopic liver resection.  10th Anniversary Joint Seminar on Biomedical Sciences (10th JSOBMS),  Tokyo,  2017/11
2. ◎Kaneko H: Update on hepatocellular carcinoma.  1st World Congress of the International Laparoscopic Liver Society (ILLS 2017),  Paris, France,  2017/07
3. ◎Otsuka Y: Usefulness of ICG Fluorescence Imaging System for safe and precise Laparoscopic Liver Resection.  1st World Congress of the International Laparoscopic Liver Society (ILLS 2017),  Paris, France,  2017/07
4. ◎Kagami S, Funahashi K, Koike J, Koda T, Ushigome M, Shiokawa H, Kurihara A, Shimada H, Kaneko H: Preoperative m-FOLFOX 6 treatment of locally advanced colorectal cancer invading the urinary bladder.  63rd Annual Congress of the Japan Section of the International College of Surgeons (ICS),  Tokyo,  2017/06
5. ◎Koda T, Funahashi K, Kagami S, Ushigome M, Shiokawa H, Kurihara A, Koike J: Ruptured aneurysm of the right internal pudendal artery associated with Neurofibromatosis type I.  63rd Annual Congress of the Japan Section of the International College of Surgeons (ICS),  Tokyo,  2017/06
6. ◎Nagashima Y, Funahashi K, Koda T, Ushigome M, Shiokawa H, Kurihara A, Koike J, Shimada H, Kaneko H: Evaluation of clinical outcomes after palliative stoma creation for unresectable malignant tumors.  63rd Annual Congress of the Japan Section of the International College of Surgeons (ICS),  Tokyo,  2017/06
7. ◎Okada R, Tsuchiya M, Otsuka Y, Ishii J, Katagiri T, Maeda T, Kubota Yoshihisa, Kaneko H: Reconstructive gastric tube-preserving, radical pancreaticoduodenectomy for IPMN after
esophagectomy: Report of a case.  63rd Annual Congress of the Japan Section of the International College of Surgeons (ICS),  Tokyo,  2017/06
8. ◎Okubo K, Funahashi K, Koda T, Koike J, Ushigome M, Shiokawa H, Kagami S, Nagashima Y, Yoshino Y, Kurihara A, Kaneko H: Primary adenocarcinoma of the appendix: retrospective evaluation of 10 cases in our
institution.  63rd Annual Congress of the Japan Section of the International College of Surgeons (ICS),  Tokyo,  2017/06
9. ◎Ushigome M, Suzuki Takayuki, Shiokawa H, Kagami S, Koda T, Kurihara A, Koike J, Tochigi N, Akasaka Y, Nemoto T, Shimada H, Funahashi K, Kaneko H: A case report of colorectal cancer with invasive Klebsiella Pneumoniae liver abscess
syndrome.  63rd Annual Congress of the Japan Section of the International College of Surgeons (ICS),  Tokyo,  2017/06
10. ◎Maeda T, Tsuchiya M, Ishii J, Okada R, Matsumoto Y, Kimura K, Kubota Yoshihisa, Katagiri T, Tamura A, Otsuka Y, Kaneko H: Perioperative management and outcome after pancreaticoduodenectomy.  6th A-PHPBA and 29th JSHBPS,  Yokohama,  2017/06
11. ◎Otsuka Y, Kubota Yoshihisa, Katagiri T, Okada R, Tsuchiya M, Maeda T, Matsumoto Y, Kimura K, Kaneko H: Tips and fundamental technique for precise laparoscopic liver resection.  6th A-PHPBA and 29th JSHBPS,  Yokohama,  2017/06
12. ◎Tsuchiya M, Maeda T, Kubota Yoshihisa, Takeyama T, Sawaguchi Y, Miura Y, Okada R, Kimura K, Matsumoto Y, Otsuka Y, Kaneko H: Risk factor of postoperative pancreatic fistula after distal pancreatectomy with stapler devices.  6th A-PHPBA and 29th JSHBPS,  Yokohama,  2017/06
13. ◎Kaneko H: Surgical Training and Qualification System of Laparoscopic Liver Resection in Japan.  6th A-PHPBA and 29th JSHBPS,  Yokohama,  2017/06
14. ◎Funahashi K, Kurihara A, Ushigome M, Kagami S, Suzuki Takayuki, Koda T, Kimura K, Koike J, Shiokawa H, Imamura S, Miura Y, Kaneko H: Laparoscopic suture rectopexy in the management of patients over 90 years of age with refractory full-thickness rectal prolapse: Our experience with five patients.  IASGO-CME Advanced Post-Graduate Course in Yokohama 2017,  Yokohama,  2017/06
15. ◎Ishioka N, Suzuki Takashi, Nanami T, Oshima Y, Yajima S, Funahashi K, Kaneko H, Shimada H: Prognostic significance of serum p53 autoantibodies in the patients with pT1N0 esophageal carcinoma.  IASGO-CME Advanced Post-Graduate Course in Yokohama 2017,  Yokohama,  2017/06
16. ◎Kaneko T, Nemoto T, Koike J, Yoshida K, Goto M, Ushigome M, Nagashima Y, Kurihara A, Shiokawa H, Suzuki Takayuki, Koda T, Kagami S, Shibuya K, Funahashi K: Differences in innervated neurons of the internal anal sphincter based on age and sex: a histological study.  IASGO-CME Advanced Post-Graduate Course in Yokohama 2017,  Yokohama,  2017/06
17. ◎Koike J: Evening Seminar:Current Status of Transanal approach in Colorectal Surgery Sponsored by Covidien Japan Inc."TaTME followed by Reduced Port Surgery for lower rectal cancer.".  IASGO-CME Advanced Post-Graduate Course in Yokohama 2017,  Yokohama,  2017/06
18. ◎Murayama K, Oshima Y, Funahashi K, Kaneko H, Shimada H: Negative conversion of high titer of serum p53 antibodies in a patient with gastric cancer at 31months after surgery.  IASGO-CME Advanced Post-Graduate Course in Yokohama 2017,  Yokohama,  2017/06
19. ◎Okada R, Shimada H, Tagawa M, Otsuka Y, Kaneko H: A panel of serum autoantibodies in Japanese patients with hepatocellular carcinoma.  IASGO-CME Advanced Post-Graduate Course in Yokohama 2017,  Yokohama,  2017/06
20. ◎Otsuka Y, Kubota Yoshihisa, Katagiri T, Sawaguchi Y, Kimura K, Matsumoto Y, Maeda T, Ishii J, Tsuchiya M, Funahashi K, Kaneko H: Experience of Laparoscopic Liver Resection using Indocyanine green Fluorescence Imaging System.  IASGO-CME Advanced Post-Graduate Course in Yokohama 2017,  Yokohama,  2017/06
21. ◎Sawaguchi Y, Maeda T, Otsuka Y, Funahashi K, Kaneko H: Perioperative management and outcome after total pancreatectomy.  IASGO-CME Advanced Post-Graduate Course in Yokohama 2017,  Yokohama,  2017/06
22. ◎Shiokawa H, Funahashi K, Koike J, Ushigome M, Kagami S, Koda T, Nagashima Y, Kaneko T, Yoshino Y, Kurihara A, Kaneko H: Long-term assessment of anorectal function after extensive resection of the internal anal sphincter for treatment of low-lying rectal cancer near the anus.  IASGO-CME Advanced Post-Graduate Course in Yokohama 2017,  Yokohama,  2017/06
23. ◎Ushigome M, Koike J, Koda T, Shiokawa H, Kurihara A, Sawaguchi Y, Goto M, Kagami S, Imamura S, Shimada H, Kaneko H, Funahashi K: Surgical debulking and chemotherapy for synchronous metastatic colorectal cancer.  IASGO-CME Advanced Post-Graduate Course in Yokohama 2017,  Yokohama,  2017/06
24. ◎Kurihara A, Funahashi K, Koike J, Shimada H, Kaneko H: Decision of operative procedure for rectal prolapse based on sacral fixation of rectum.  IASGO-CME Advanced Post-Graduate Course in Yokohama 2017,  Yokohama,  2017/06
25. ◎Kaneko H: History of Innovation for laparoscopic liver surgery and future perspective for quality standardization.  The 40th Annual Meeting of KSELS & 2017 International Symposium,  Busan, Korea,  2017/04
その他
1. ◎大塚由一郎: ~腹腔鏡下肝切除手術における周術期管理~手術手技.  第5回チーム医療からみた手術期管理実践セミナー,  東京都,  2017/09
2. ◎片桐敏雄: ~腹腔鏡下肝切除手術における周術期管理~術前・術後の取り組み.  第5回チーム医療からみた手術期管理実践セミナー,  東京都,  2017/09
3. ◎吉野 優, 栗原聰元, 小池淳一, 甲田貴丸, 塩川洋之, 長嶋康雄, 後藤麻佑, 吉野 翔, 石岡伸規, 牛込充則, 金子奉暁, 鏡 哲, 渡邊正志, 島田英昭, 金子弘真, 船橋公彦, 松島 誠: 直腸脱に対するAltemeier法について.  第197回大腸肛門病懇談会,  東京都,  2017/09
4. 島田英昭: 特別発言:ランチョンセミナー6 Metabolic Surgery ~新たな挑戦~.(共催:コヴィディエンジャパン株式会社).  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
5. ◎島田英昭: 分子腫瘍マーカーを指標とする胃癌化学療法の考え方~TPを中心として~.  第3回城東胃癌カンファレンス2017,  東京都,  2017/06
6. ◎金子弘真: 腹腔鏡下肝切除術の検証と今後.  第4回北海道肝胆膵内視鏡外科セミナー(主催:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社),  札幌市,  2017/04
7. ◎金子弘真: 新たな外科手術手技の導入と検証.  学術講演会(主催:第一三共株式会社),  相模原市,  2017/04
8. ◎白鳥史明: ネキシウムの使用経験.  学術講演会(主催:第一三共株式会社),  相模原市,  2017/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者