東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  シマダ ヒデアキ   Shimada Hideaki
  島田 英昭
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大森病院)
    東邦大学  医学部 医学科
   職種   教授
    (最終更新日:2017-12-05 11:16:16)
■ 刊行論文
1. 原著  Serum p53 antibody as a potential tumor marker in extrahepatic cholangiocarcinoma. 2017/12
2. 原著  An image cytometric technique is a concise method to detect adenoviruses and host cell proteins and to monitor the infection and cellular responses induced. 2017/11
3. 症例報告  Detection of the early phase of esophageal cancer progression into lamina propria mucosae by the serum p53 antibody. 2017/10
4. 原著  Prospective pilot study of adoptive immunotherapy with autologous αβT cells for five cases of advanced and/or recurrent esophageal squamous cell carcinoma. 2017/10
5. 総説  【Conversion Surgery-進行消化器がんのトータル治療戦略】 高度進行消化器癌の治療戦略立案時のチーム医療における外科医の役割. 2017/10
6. 総説  【Conversion Surgery-進行消化器がんのトータル治療戦略】がん種別Conversion Surgeryの戦略 食道癌 cT4症例におけるconversion therapyを考えた化学放射線療法とR0切除への戦略. 2017/10
7. 原著  Cytotoxicity of replication-competent adenoviruses powered by an exogenous regulatory region is not linearly correlated with the viral infectivity/gene expression or with the E1A-activating ability but is associated with the p53 genotypes. 2017/09
8. 原著  Profiling of serum autoantibodies in Japanese patients with hepatocellular carcinoma. 2017/09
9. 総説  【知られざるp53の肖像 がん抑制/促進の二面性からアイソフォームの機能、標的遺伝子の選択機構まで】臨床応用されるp53研究 現状と今後の課題 血清p53抗体の測定によるがん診断の現状. 2017/09
10. 症例報告  Negative conversion of high serum p53 antibody titers in a patient with gastric cancer at 31 months after surgery. 2017/08
全件表示(459件)
■ 著書
1. 部分執筆  第4章新しいがん診断技術の現状と早期診断、簡便化、高感度と評価.第2節バイオマーカーによるがんの早期診断とその評価.「疾患・病態検査・診断法の開発」 2017/09
2. 部分執筆  各論23 p53抗体「分子腫瘍マーカー診療ガイドライン」 2016/10
3. 部分執筆  各論4 食道癌「分子腫瘍マーカー診療ガイドライン」 2016/10
4. 編集・監修  初版 序「分子腫瘍マーカー診療ガイドライン」 2016/10
5. 部分執筆  総論 第16章 外科と分子生物学「標準外科学」 2016/02
6. 部分執筆  IV.消化器外科 1.食道癌治療における外科の役割 Up-to-date.「Annual Review 消化器 2016」 2016/01
7. 部分執筆  D.診断法 5.腫瘍マーカー「臨床食道学」 2015/07
8. 部分執筆  腫瘍マーカー p53抗体「日常診療のための検査値のみかた.」 2015/04
9. 部分執筆  Ⅳ胃がん治療のpractice 8.腫瘍マーカーの利用法.「ガイドラインには載っていない消化管がんPractical Treatment」 2014/08
10. 部分執筆  細胞内タンパク質の産生・輸送・分解メカニズムからみた癌の診断・治療に役立つバイオマーカーの開発と基盤整備-癌にみられる選択的スプライシングを中心に-.「分子細胞治療フロンティア2015」 2014/08
全件表示(36件)
■ 学会発表
1. シンポジウム1「新規バイオマーカーが拓くがん治療の近未来」血清自己抗体による癌診断~p53抗体と新しい自己抗体マーカーについて~. (口頭発表) 2017/10/20
2. ワークショップ24「(消化器外科学会・消化器病学会)ゲノム医療と消化器癌」ゲノム情報が切り拓く消化器癌治療の未来. (口頭発表) 2017/10/14
3. 消化器外科領域のシステマチックレビューとメタ解析論文に対する査読者の視点とは? (ポスター,一般) 2017/10/14
4. 進行下部直腸癌における術前mFOLFOX6療法の予後予測因子の検討. (ポスター,一般) 2017/10/14
5. 早期食道癌患者におけるp53抗体の検討. (ポスター,一般) 2017/10/14
6. 大腸癌症例における血清自己抗体パネルの開発~17抗原に対する自己抗体の解析~. (ポスター,一般) 2017/10/14
7. 胸部食道癌に対するHALSによる胃管再建術の実際. (ポスター,一般) 2017/10/13
8. 胃癌・食道癌手術症例における抗TIF1-γ抗体の検討. (ポスター,一般) 2017/10/12
9. 肛門疾患における周術期抗血栓療法の管理について (ポスター,一般) 2017/10/12
10. アデノウイルスによる細胞死とウイルスの複製におけるWee1 キナーゼの役割. (口頭発表,一般) 2017/09/30