東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 内科学講座 膠原病学分野(大森)
 Division of Rheumatology, Department of Internal Medicine (Omori)

教授:
  南木 敏宏
助教:
  山本 竜大
  金子 開知
  村岡 成
  鏑木 誠
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:17K09987)
 研究課題:関節リウマチにおける単核系細胞に対するフルクタルカインの関与の解明  (研究代表者:南木敏宏)
 研究補助金:1100000円  (代表)
2.  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:17K09987)
 研究課題:関節リウマチにおける単核系細胞に対するフルクタルカインの関与の解明  (研究分担者:楠 夏子)
 研究補助金:100000円  (分担)
3.  厚生労働科学研究委託費(難治性疾患等政策研究事業)  (研究課題番号:H29-難治等(難)-一般-018)
 研究課題:難治性血管炎に関する調査研究(研究代表者:針谷正祥)  (研究分担者:南木敏宏)
 研究補助金:80000円  (分担)
4.  文部科学省私立大学戦力的研究基盤形成支援事業
 研究課題:自己免疫疾患の制御をめざす研究拠点形成(代表:高橋 啓)  (研究分担者:南木俊宏)
 研究補助金:2000000円  (分担)
その他
1.  東邦大学医学研究科推進研究費
 研究課題:関節リウマチにおける単核系細胞に対するフルクタルカインの関与の解明  (研究代表者:南木敏宏)
 研究補助金:2500000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















南木 敏宏   教授
医学博士
  1  2          1
(1)
 5
(5)
 
 
 1
(1)
 
山本 竜大   助教
医学博士
              1
(1)
 4
(4)
 
 
 1
(1)
 
金子 開知   助教
医学博士
              1
(1)
 5
(4)
 
 
 1
(1)
 
村岡 成   助教
医学博士
              
 4
(4)
 
 
 
 
鏑木 誠   助教
医学博士
              
 5
(5)
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  3
(3)
 0
(0)
 3
(3)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 亀田秀人, 西田圭一郎, 南木敏宏, 渡辺 彰, 大島行哉, 桃原茂樹:  関節リウマチに対するセルトリズマブペゴルの安全性及び有効性:使用成績調査の中間解析.  日本臨床免疫学会会誌  40 (3) :196 -205 , 2017
2. Miyabe C, Miyabe Y, Komiya T, Shioya H, Miura NN, Takahashi K, Ohno N, Tsuboi R, Luster AD, Kawai S, Miyasaka N, Nanki T:  A sphingosine 1-phosphate receptor agonist ameliorates animal model of vasculitis.  Inflammation research  66 (4) :335 -340 , 2017
3. Tanaka Y, Takeuchi T, Umehara H, Nanki T, Yasuda N, Tago F, Kawakubo M, Kitahara Y, Hojo S, Kawano T, Imai T:  Safety, pharmacokinetics, and efficacy of E6011, an antifractalkine monoclonal antibody, in a first-in-patient phase 1/2 study on rheumatoid arthritis.  Modern Rheumatology  6 :1 -8 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎須磨崎真, 伊藤正朗, 金子開知, 谷島 聡, 大嶋陽幸, 鈴木 隆, 名波竜規, 鏡 哲, 緒方秀昭, 船橋公彦,島田英昭: 固形癌における抗TIF1-γ抗体のバイオマーカーとしての有用性の検討.  第37回日本分子腫瘍マーカー研究会,  横浜市,  2017/09
2. ◎金子開知,鹿野孝太郎,川添麻衣,増岡正太郎,進藤恵実子,山田壯一,佐藤洋志,鏑木 誠,村岡 成,田中菜穂子,山本竜大,川合眞一,南木敏宏: リウマチ性疾患患者におけるデノスマブ投与12か月後の有用性.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡,  2017/04
3. ◎佐藤洋志,村岡 成,楠 夏子,増岡正太郎,山田壯一,進藤恵実子,川添麻衣,鹿野孝太郎,鏑木 誠,田中菜穂子,金子開知,山本竜大,今井俊夫,川合眞一,南木敏宏: 関節リウマチの病態形成におけるレジスチンの作用の解明.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡,  2017/04
4. ◎山本竜大,鹿野孝太郎,増岡正太郎,進藤恵実子,山田壯一,川添麻衣,佐藤洋志,鏑木 誠,村岡 成,田中菜穂子,金子開知,川合眞一,南木敏宏Folylpolyglutamate synthase遺伝子多型は細胞内メトトレキサートのポリグルタメート化に影響し、また民族差を有する.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡,  2017/04
5. ◎山田善登,鹿野孝太郎,増岡正太郎,山田壯一,進藤恵実子,川添麻衣,佐藤洋志,鏑木 誠,田中菜穂子,金子開知,山本竜大,川合眞一,南木敏宏: 骨髄異形成症候群に合併した腸管型ベーチェット病の1例.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡,  2017/04
6. ◎山田壯一,鏑木 誠,佐藤洋志,増岡正太郎,川添麻衣,進藤恵実子,鹿野孝太郎,村岡 成,田中菜穂子,金子開知,山本竜大,川合眞一,南木敏宏: 難治性のremitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema(RS3PE)症候群にトシリズマブが奏功した一例.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡,  2017/04
7. ◎南木敏宏: ケモカイン阻害によるリウマチ性疾患治療.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡,  2017/04
その他
1. ◎山本竜大: 細胞内MTX濃度とMTX代謝酵素の遺伝子多型.  第25回大田川崎リウマチ懇話会,  川崎,  2017/06
2. ◎金子開知: ステロイド性骨粗鬆症の病態と治療.  第37回城南リウマチ会,  東京,  2017/05
3. ◎南木敏宏: 関節リウマチ治療の進歩.  大田区薬剤師会実践勉強会,  東京,  2017/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者