東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 病理学講座
 Department of Pathology

教授:
  赤坂 喜清
  三上 哲夫 
准教授:
  本間 尚子 
講師:
  深澤 由里 
助教:
  金田幸枝
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
 研究課題:自己免疫疾患の制御をめざす研究拠点形成  (研究分担者:赤坂喜清)
 研究補助金:2000000円  (分担)
2.  文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)一般
 研究課題:骨髄間葉系前駆細胞を用いた次世代型血管新生療法の基礎的解析  (研究分担者:赤坂喜清)
 研究補助金:300000円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  赤坂喜清 :東京大学大学院医学系研究科 非常勤講師
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  赤坂喜清 :日本創傷治癒学会 理事、学術評議員、日本病理学会 学術評議員
2.  三上哲夫 :日本病理学会 学術評議員
3.  本間尚子 :日本病理学会 学術評議員
4.  深澤 由里 :日本病理学会 学術評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















赤坂 喜清   教授
医学博士
  1 1 1          2
(1)
 6
(1)
 2
 2
 
 
三上 哲夫   教授
医学博士
    6   1       
 18
(1)
 
 6
 1
(1)
 
本間 尚子   准教授
医学博士
  1 1 2  1        1
(1)
 4
 2
(1)
 2
 
 
深澤 由里   講師
医学博士
  1  1   1       
 6
(1)
 
 3
 
 
金田 幸枝   助教
   1           
 
 
 
 
 
 0 3  1 0  0  3
(2)
 4
(1)
 1
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kinoshita M, Matsuda Y, Arai T, Soejima Y, Sawabe M, Honma N:  Cytological diagnostic clues in poorly differentiated squamous cell carcinomas of the breast: Streaming arrangement, necrotic background, nucleolar enlargement and cannibalism of cancer cells.  Cytopathology  29 (1) :22 -27 , 2018
2. Shigiyama F, Kumashiro N, Furukawa Y, Funayama T, Takeno K, Wakui N, Ikehara T, Nagai H, Taka H, Fujimura T, Uchino H, Tamura Y, Watada H, Nemoto T, Shiraga N, Sumino Y, Hirose T:  Characteristics of hepatic insulin-sensitive nonalcoholic fatty liver disease.  HEPATOLOGY COMMUNICATIONS  1 (7) :634 -647 , 2017
3. Kanada S✝, Sugita A, Mikami T✝, Ohashi K, Hayashi H:  Microcarcinoid arising in patients with long-standing ulcerative colitis: histological analysis.  Human pathology  64 :28 -36 , 2017
4. Yuriko Tanaka, Takehiko Sotome, Akiko Inoue, Takanori Mukozu, Taku Kuwabara, Tetuo Mikami, Terumi Kowhi-Shigematsu and Motonari Kondo:  SATB1 conditional knockout results in Sjögren's syndrome in mice.  Journa of Immunology  199 (12) :4016 -4022 , 2017
5. Horie K, Mikami T, Yoshida T, Sato Y, Okayasu I:  Peroxiredoxin 1 expression in active ulcerative colitis mucosa identified by proteome analysis and involvement of thioredoxin based on immunohistochemistry.  Oncology Letters  15 :2364 -2372 , 2017
6. Honma N, Saji S, Mikami T, Yoshimura N, Mori S, Saito Y, Murayama S, Harada N.:  Estrogen-Related Factors in the Frontal Lobe of Alzheimer's Disease Patients and Importance of Body Mass Index.  Scientific Reports  7 (1) :726 , 2017
総説及び解説
1. Yoshikiyo Akasaka:  Tissue repair mediated by basic fibroblast growth factor in wounds.  Toho Journal of Medicine  3 (2) :52 -57 , 2017
症例報告
1. Hashimoto A, Yoshino H, Yoshikawa F, Kumashiro N, Ando Y, Yamabe F, Akishima-Fukasawa Y, Honma N, Uchino H, Hirose T:  Giant Cavernous hemangioma of the Adrenal gland in an Elder patient.  Internal Medicine  advpub :10.2169/internalmedicine.9711-17 , 2017
その他
1. 赤坂 喜清:  米国学会にみる昨今の研究事情.  東邦医学会雑誌  64 (3) :159 -159 , 2017
2. A.Iyoda、Y.Azuma、T.Makino、H.Otsuka、S.Koezuka、N.Tochigi、K.Shibuya
T.Mikami、K.Isobe、S.Homma:  Surgical Treatment for Neuroendocrine Tumors other than SCLC.  Jornal of Thoracic Oncology  doi.org/10.1016/ (j.jtho.2017.) :09. -224 , 2017
■ 著書
1. 本間尚子, 深澤由里, 三上哲夫:  乳癌の病理診断―ホルモン受容体―.  乳癌学  232-236.  日本臨床社,  東京, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎浜之上 誠, 鴫山文子, 小林正明, 赤坂喜清, 高松 研: エクトキナーゼによって増強されるミクログリアの脊髄神経栄養活性の解析.  第95回日本生理学会大会,  高松,  2018/03
2. 赤坂喜清、藤澤千恵: 慢性炎症の瘢痕線維化を制御するmicroRNA探索と機能解析.  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「自己免疫疾患の制御をめざす研究拠点形成」平成29年度事業報告会,  東京、日本,  2018/03
3. ◎岡根谷哲哉 中道美保 藤澤千恵 木村裕美 青木茂久 武田慶 荻野晶弘 岡田恵美 三上哲夫 大西清 赤坂喜清: 創傷治癒における肉芽組織細胞による管腔様構造の形成とbFGFの関与.  第47回日本創傷治癒学会,  京都 日本,  2017/11
4. ◎赤坂喜清: 創傷アセスメントにおける分子発現の評価と有効性.  第47回日本創傷治癒学会,  京都 日本,  2017/11
5. ◎赤坂喜清 藤澤千恵 中道美保 岡根谷哲哉 深澤由里 大西清 三上哲夫: 創傷治癒の瘢痕線維化を制御するmicroRNAの探索と機能解析.  第47回日本創傷治癒学会,  京都 日本,  2017/11
6. ◎中道美保 岡根谷哲哉 藤澤千恵 深澤由里 三上哲夫 河越尚幸 今井常彦 瓜田純久 大西清 赤坂喜清: ラット隆起性皮膚病変における骨髄間葉系前駆細胞(Fibrocyte)の発現変化と血管新生.  第47回日本創傷治癒学会,  京都 日本,  2017/11
7. ◎梶原庸司, 甲田貴丸, 小池淳一, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鏡 哲, 長嶋康雄, 木村和孝, 吉野 優, 後藤麻佑, 船橋公彦, 三上哲夫, 栃木直文, 渋谷和俊: 外腸骨リンパ節, 鼠経リンパ節転移を伴った肛門扁平上皮癌に対しS-1を併用した放射線化学療法が著効した1例.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2017/11
8. ◎牧野 崇、大塚 創、肥塚 智、東 陽子、秦 美暢、磯部 和順、栃木 直文、大国 生幸、渋谷 和俊、本間 栄、海老原 覚、伊豫田 明、: COPD合併肺癌における周術期LAMA/LABA吸入療法の有用性.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京,  2017/11
9. ◎甲田貴丸, 船橋公彦, 鏡 哲, 牛込充則, 塩川洋之, 栗原聰元, 小池淳一, 島田英昭, 松野高久, 本間尚子, 三上哲夫: 直視下に経会陰先行、腹腔鏡下会陰腹式直腸切断術を施行した直腸癌の1 例.  第55回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2017/10
10. ◎岡根谷哲哉、中道美保、藤澤千恵、青木茂久、武田 慶、荻野晶弘、岡田恵美、三上哲夫、大西 清、赤坂喜清: 創傷治癒における修復細胞による血管新生とbFGFの関与.  第26回日本形成外科学会基礎学術集会,  大阪,  2017/10
11. ◎小梛地洋, 山崎信人, 島田脩平, 梶原庸司, 酒井正人, 森谷菜央, 植田有紀子, 日根幸太郎, 松島康二, 深澤由里, 三上哲夫, 渋谷和俊, 与田仁志, 黒岩 実: 出生前に診断され早期に手術を行った巨大左梨状窩囊胞の1例.  第52 回日本小児外科学会関東甲信越地方会,  土浦市,  2017/10
12. ◎児島宏哉,木下真由美,木曽有里,浜島裕理,江坂四季音,白幡浩人,今泉雅之,鈴木明美,松田陽子,本間尚子,新井冨生: 男性乳腺非浸潤性乳管癌の一例.  第31回関東臨床細胞学会学術集会,  さいたま市,  2017/09
13. ◎進藤 綾大、大村谷 昌樹、駒澤 幸子、三宅 早苗、山﨑 創、仁科 隆史、小西 博之、木山 博資、三上 哲夫、荒木 喜美、中野 裕康: RORγt陽性細胞はRIPK3およびMLKL依存性に小腸炎を誘導する.  第26回日本Cell Death学会学術集会,  東京都大田区,  2017/07
14. ◎牛込充則, 小池淳一, 塩川洋之, 栗原聰元, 深澤由里, 赤坂哲夫, 根本哲生, 島田英昭, 船橋公彦, 金子弘真: パネルディスカッション3「 関連②局所進行直腸癌に対する集学的治療戦略」下部直腸癌における術前化学放射線療法の予後の検討.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢市,  2017/07
15. ◎本間尚子: 乳癌診療における基本的バイオマーカーの病理学的検索.  第25回日本乳癌学会学術総会,  福岡,  2017/07
16. ◎栗原奈津子, 齊藤芙美, 吉田美穂, 吉川芙久美, 金澤 憲, 土方麻衣, 久保田伊哉, 長瀬大輔, 日野眞人, 三上哲夫, 深澤由里, 栃木直文, 渋谷和俊, 緒方秀昭: 耳介部腫瘤を契機に発見された乳腺悪性リンパ腫の1例.  第25回日本乳癌学会学術総会,  福岡市,  2017/07
17. ◎岡村由利子、木内俊介、小池秀樹、相川博音、小島至正、池田隆徳、名取一彦、三上哲夫、澁谷和俊: 難治性心不全経過中に後腹膜血腫を来たしたALアミロイドーシスの一剖検例.  第244回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2017/06
18. ◎Chie Fujisawa, Hiroko Kodama, Yuri Akishima-Fukasawa, Naoko Honma, Tetuo Mikami, Yoshikiyo Akasaka: Novel genetic mutations in Menkes disease associated with clinical course in Japan.  The 106th Annual Meeting of the Japanese Society of Pathology,  Tokyo, Japan,  2017/04
19. ◎伊藤 慶, 本間 尚子, 渋谷 和俊, 三上 哲夫: 浸潤性乳管癌におけるmTOR系シグナル分子の発現 トリプルネガティブ乳癌の特異性.  第106回日本病理学会総会,  東京,  2017/04
20. ◎牧野崇, 三上哲夫, 栃木直文, 秦美暢, 肥塚智, 安積隆, 大塚創, 杉野圭史, 磯部和順, 本間栄, 渋谷和俊, 伊豫田明: 個別化医療を目指した肺大細胞神経内分泌癌切除例におけるバイオマーカー発現の検討.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜, 日本,  2017/04
21. ◎栃木直文, 三上哲生, 澁谷和俊.: 本学の病理学講義における医学英単語導入による教育効果.  第106回日本病理学会総会,  東京,  2017/04
22. ◎Tochigi N, Mikami T, Shibuya K.: English mini-test in pathology lectures at Toho University.  The 20th JASMEE Academic Meeting,  Nagoya,  2017/07
国際学会
1. ◎Yuriko Tanaka, Takehiko Sotome, Akiko Inoue, Taku Kuwabara, Taku Naito, Yasushi Akiba, Tetuo Mikami, Terumi Kowhi-Shigematsu, Motnari Kondo: SATB1 deficiency in mice leads to Sjögren's syndrome-like autoimmune exocrinopathy.  10th Joint Sminar on Biomedical Sciences,  Tokyo Japan,  2017/12
2. ◎Akira Iyoda、Yoko Azuma、T.Makino、H.Otsuka、S.Koezuka、N.Tochigi、K.Shibuya、T.Mikami、Kazutoshi Isobe、S.Homma: Surgical Treatment for Neuroendocrine Tumors other than SCLC.  the 18th World Conference on Lung Cancer,  Yokohama, Japan,  2017/10
3. ◎Naoko Honma: Evidences from the molecular pathological epidemiology (MPE). -The role of estrogens in colorectal cancer-.  The 76th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Yokohama, Japan, 2017/9,  Yokohama,  2017/09
4. ◎Ushigome M, Suzuki Takayuki, Shiokawa H, Kagami S, Koda T, Kurihara A, Koike J, Tochigi N, Akasaka Y, Nemoto T, Shimada H, Funahashi K, Kaneko H: A case report of colorectal cancer with invasive Klebsiella Pneumoniae liver abscess
syndrome.  63rd Annual Congress of the Japan Section of the International College of Surgeons (ICS),  Tokyo,  2017/06
5. ◎Naoko Honma, Tetuo Mikami, Yoshikiyo Akasaka,
Yuri Fukasawa, Tomio Arai, Yuko Saito, Shigeo Murayama: What determines estrogen concentration in the brain?.  The 106th Annual Meeting of the Japanese Society of Pathology,  Tokyo,  2017/04
6. ◎Yoshikiyo Akasaka, Miho Nakamichi, Chie Fujisawa, Yuri Fukasawa, Naoko Honma, Kiyoshi Onishi, Tetuo Mikami: bFGF Enhances Vascular Formation through Induction of Angiogenic Properties of Fibrocytes
in Wounds.  The 106th Annual Meeting of the Japanese Society of Pathology,  Tokyo Japan,  2017/04
7. ◎Yoshikiyo Akasaka, Miho Nakamichi, Chie Fujisawa, Kiyoshi Onishi, Tetsuya Okaneya, Yuri Akishima-Fukasawa, Naoko Honma, Tetsuo Mikami: Induction of angiogenic properties of brocytes by bFGF leading to vascular formation during wound healing.  Wound Healing Society 29th Annual Meeting,  San Diego, CA, USA,  2017/04
その他
1. ◎三上哲夫: 消化管病理の基礎知識:胃のGroup分類を中心に.  第34回日本消化器内視鏡学会関東セミナー,  東京,  2017/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者