東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 薬理学講座
 Department of Pharmacology

教授:
  杉山 篤
准教授:
  内藤篤彦
講師:
  安東賢太郎
助教:
  中瀬古寛子、中村裕二、萩原美帆子
大学院 博士課程
4年:  本田 淳、本川佳幸、谷川洋一
3年:  Azjargal Enkhsaikhan
2年:  Nur Jaharat Lubna、千葉浩輝
大学院 修士課程
1年:  後藤 愛
■ 概要
薬理学講座
遺伝子-臓器・器官レベルで得られた情報を生体に反映させ、統合的に解釈し、医療の現場に貢献できる研究を展開しています。研究対象も薬物に限定せず、再生医学に基づいた治療手段や医療機器の開発など、幅広い研究を総合的に推進しています。薬理学講座では、若い人材を募集しています(医学部出身者、他学部出身者)。興味のある方、ご連絡ください。出身学部は問いません。4年制学部卒業者:医科学専攻(修士課程、2年制)、6年制学部卒業者・修士課程修了者:医学専攻(博士課程、4年制)
■ Keywords
Cardiovascular Pharmacology, Heart, Calcium, Ion channels, Long QT syndrome, Torsades de pointes, Atrial fibrillation, Microminipig, iPS
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省科学研究費(基盤研究(c))
 研究課題:EP4受容体刺激の左室等容性弛緩能および充満期拡張能に対する作用および機序の解析  (研究代表者:杉山篤, 研究分担者:中村裕二)
 研究補助金:1300000円  (代表)
2.  国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
 研究課題:ヒトiPS分化細胞技術を活用した医薬品の次世代毒性・安全性評価試験系の開発と国際標準化に関する研究  (研究分担者:杉山篤, 研究協力者:安東賢太郎, 中瀬古寛子, 中村裕二)
 研究補助金:2000000円  (分担)
3.  文部科学省科学研究費(基盤研究(c))
 研究課題:ヒトiPS細胞を用いた心臓再生治療に伴う不整脈抑制に関する研究  (研究分担者:杉山篤)
 研究補助金:300000円  (分担)
4.  文部科学省科学研究費(基盤研究(c))
 研究課題:EGFR阻害がん分子標的薬による、非臨床心循環器毒性評価モデルの確立  (研究代表者:安東賢太郎, 研究分担者:杉山篤, 中瀬古寛子, 中村裕二)
 研究補助金:1130000円  (代表)
5.  文部科学省科学研究費(基盤研究(c))
 研究課題:ヒトiPS細胞由来心筋細胞の特徴付けによる催不整脈性リスク指標の確立  (研究代表者:中瀬古寛子)
 研究補助金:1400000円  (代表)
6.  文部科学省科学研究費(若手研究(B))
 研究課題:ヒトiPS細胞における興奮収縮連関の解明ー催不整脈モデルの構築  (研究代表者:中村裕二)
 研究補助金:1000000円  (代表)
7.  文部科学省科学研究費(若手研究(B))
 研究課題:心静止に対するパーカッションペーシングの有効性の証明とその作用機序の解明  (研究代表者:和田剛)
 研究補助金:1100000円  (代表)
その他
1.  平成29年度 ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)東邦大学
 研究課題:研究支援要員配置制度(ライフイベント支援)  (研究代表者:中瀬古寛子)
 研究補助金:200000円  (代表)
2.  平成29年度 ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)東邦大学 共同研究強化支援
 研究課題:がん分子標的薬dasatinibの心毒性の定量評価  (研究代表者:中瀬古寛子, 共同研究者:石井伊都子, 藤吉正哉, 中村裕二, 長澤(萩原)美帆子, 安東賢太郎, 内藤篤彦, 杉山篤)
 研究補助金:1400000円  (代表)
3.  東邦大学平成29年度医学部プロジェクト研究費
 研究課題:アルツハイマー病治療薬による致死性不整脈の発生機序の解明および回避戦略の検討  (研究代表者:長澤(萩原) 美帆子, 分担者:本田 淳)
 研究補助金:500000円  (代表)
4.  東邦大学平成29年度医学部プロジェクト研究費
 研究課題:ヒトiPS細胞由来心筋細胞におけるadenylyl cyclase活性の評価  (研究代表者:千葉浩輝, 分担者:中瀬古(泉)寛子)
 研究補助金:450000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  杉山篤 :Visiting Professor Otoch Manramba University of Mongolia, 国立研究開発法人科学技術振興機構専門委員, 福島県立医科大学医学部非常勤講師, Visiting Professor Mongolian National University of Medical Sciences, 大阪大学大学院薬学研究科PRP/PharmaTrain教育コース非常勤講師
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  杉山篤 :日本薬理学会 学術評議員・企画教育委員会委員, 日本不整脈心電学会 評議員, 日本安全性薬理研究会 評議員, 稲門医学会 基礎医学委員会委員
2.  内藤篤彦 :日本薬理学会 学術評議員
3.  安東賢太郎 :日本薬理学会 学術評議員・代議員, 日本獣医循環器学会 理事, 日本安全性薬理研究会 評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















杉山 篤   教授
    8  1        
 7
(3)
 1
(1)
 3
(2)
 12
(11)
 2
内藤 篤彦   准教授
    5          1
(1)
 5
(1)
 
 3
(2)
 
 2
安東 賢太郎   講師
    7          2
(2)
 5
(1)
 1
(1)
 2
(1)
 
 2
中瀬古(泉) 寛子   助教
   2 5          
 6
(2)
 1
 2
(2)
 2
 
中村 裕二   助教
    7   1       
 6
(3)
 
 4
(3)
 
 2
長澤 美帆子   助教
   1 2          2
 3
(1)
 
 3
(2)
 1
(1)
 1
 0 3  1 0  0  5
(3)
 3
(2)
 15
(12)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Cao X, Wada T, Nakamura Y, Matsukura S, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Naito AT, Sugiyama A:  Sensitivity and reliability of halothane-anesthetized microminipigs to assess risk for drug-induced long QT syndrome.  Basic & clinical pharmacology & toxicology  :in press , 2017
2. Hagiwara M, Shibuta S, Takada K, Kambayashi R, Nakajo M, Aimoto M, Nagasawa Y, Takahara A:  The anaesthetized rabbit with acute atrioventricular block provides a new model for detecting drug-induced Torsade de Pointes.  British journal of pharmacology  174 (15) :2591 -2605 , 2017
3. Lubna NJ, Wada T, Nakamura Y, Chiba K, Cao X, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Naito AT, Satoh Y, Sugiyama A:  Amitriptyline may have possibility to induce Brugada syndrome rather than long QT
syndrome.  Cardiovascular Toxicology  :DOI 10.1007/s12012-017-9417-z , 2017
4. Matsukura S, Nakamura Y, Cao X, Wada T, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Sugiyama A:  Anti-atrial fibrillatory versus proarrhythmic potentials of amiodarone: a new protocol for safety evaluation in vivo.  Cardiovascular toxicology  17 (2) :157 -162 , 2017
5. Izumi-Nakaseko H, Nakamura Y, Cao X, Wada T, Ando K, Sugiyama A:  Assessment of safety margin of an antipsychotic drug haloperidol for torsade de pointes using the chronic atrioventricular block dogs.  Cardiovascular toxicology  17 (3) :319 -325 , 2017
6. Wada T, Ohara H, Nakamura Y, Cao X, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Honda M, Yoshihara K, Nakazato Y, Lurie KG, Sugiyama A:  Efficacy of Precordial Percussion Pacing Assessed in a Cardiac Standstill Microminipig Model.  Circulation Journal  81 (8) :1137 -1143 , 2017
7. Chiba K, Wada T, Nakamura Y, Cao X, Hagiwara-Nagasawa M, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Tanaka K, Naito AT, Sugiyama A:  Analysis of proarrhythmic potential of an atypical antipsychotic drug paliperidone in the halothane-anesthetized dogs.  Journal of pharmacological sciences  :in press , 2017
8. Izumi-Nakaseko H, Kanda Y, Nakamura Y, Hagiwara M, Wada T, Ando K, Naito AT, Sekino Y, Sugiyama A:  Development of correction formula for field potential duration of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes sheets.  Journal of pharmacological sciences  :in press , 2017
9. Higo T, Naito AT, Sumida T, Shibamoto M, Okada K, Nomura S, Nakagawa A, Yamaguchi, T Sakai T, Hashimoto A, Kuramoto Y, Ito M, Hikoso S, Akazawa H, Lee JK, Shiojima I, McKinnon PJ, Sakata Y, Komuro I:  DNA single-strand break-induced DNA damage response causes heart failure.  Nature Communications  8 :15104 , 2017
総説及び解説
1. Aonuma K, Shiga T, Atarashi H, Doki K, Echizen H, Hagiwara N, Hasegawa J, Hayashi H, Ichida F, Ikeda T, Maeda Y, Matsumoto N, Sakaeda T, Shimizu W, Sugawara M, Totsuka K, Tsuchishita Y, Ueno K, Watanabe E, Hashiguchi M, Hirata S, Kasai H, Matsumoto Y, Nogami A, Sekiguchi Y, Shinohara T, Sugiyama A, Sumitomo N, Suzuki A, Takahashi N, Yukawa E, Homma M, Horie M, Inoue H, Ito H, Miura T, Ohe T, Shinozaki K, Tanaka K:  Guidelines for therapeutic drug monitoring of cardiovascular drugs clinical use of blood drug concentration monitoring(JCS2015).  Circulation Journal  81 (4) :581 -612 , 2017
■ 著書
1. 杉山篤, 中村裕二:  薬剤性循環器障害.  みてわかる薬学 図解 薬害・副作用学  266-273.  南山堂,  東京都, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎萩原美帆子, 中村裕二, 後藤愛, 千葉浩輝, Nur Jaharat Lubna, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 内藤篤彦, 杉山篤: Donepezilの心血管安全性薬理評価-ハロセン麻酔犬生体位心臓を用いて-.  第19回応用薬理シンポジウム,  東京,  2017/09
2. ◎安東賢太郎, 和田剛, 千葉浩輝, 曹新, 中村裕二, 中瀬古(泉)寛子, 内藤篤彦, 杉山篤: スニチニブは急性投与により 左室収縮機能に影響を与えずに 拡張機能障害を誘発する.  第44回日本毒性学会学術年会,  横浜市,  2017/07
3. ◎後藤愛, 萩原美帆子, 中村裕二, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 内藤篤彦, 杉山篤: AzithromycinはmicrominipigのQT間隔を短縮した.  第136回日本薬理学会関東部会,  東京,  2017/07
4. ◎内藤篤彦、伊藤正道、酒井 拓、橋本光人、蔵本勇希、萩原美帆子、中村裕二、中瀬古(泉)寛子、安東賢太郎、杉山 篤: ヒトiPS心筋分化誘導技術の開発と創薬への応用.  第136回日本薬理学会関東部会,  東京都文京区,  2017/07
5. ◎萩原美帆子, 中村裕二, 岩田邦男, 後藤愛, 千葉浩輝, Nur Jaharat Lubna, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 内藤篤彦, 金子昇, 杉山篤: M201-Aは高い有効性と安全性を有する心房細動治療薬候補化合物である.  第三回 J-ISCP学術集会,  東京,  2017/06
6. ◎安東 賢太郎: 機能観察総合評価法(FOB)で 有害作用は検出可能か?.  日本安全性薬理研究会 第10回技術・情報交流会,  那須塩原市、栃木県,  2017/06
7. ◎吉原克則, 鈴木銀河, 豊田幸樹年, 一林 亮, 伊東俊秀, 横室浩樹, 本多 満, 中村裕二, 杉山篤: CPR 中のITD の使用は,日本人の転帰を改善するか?〜JRC ガイドライン2020 を目指して〜.  第20回日本臨床救急医学会総会・学術集会,  東京,  2017/05
8. ◎Lubna LJ, Wada T, Nakamura Y, Chiba K, Cao X, Hagiwara-Nagasawa M, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Naito AT, Sato Y, Sugiyama A: Amitriptyline may have possibility to induce Brugada syndrome rather than long QT syndrome.  第136回日本薬理学会関東部会,  Tokyo,  2017/07
国際学会
1. ◎Izumi-Nakaseko H, Kanda Y, Nakamura Y, Hagiwara-Nagasawa M, Wada T, Ando K, Naito AT, Sekino Y, Sugiyama A: Development of correction formula for field potential duration of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes sheets.  第64回日本不整脈心電学会学術大会,  Yokohama,  2017/09
2. ◎Sonota K, Sekine Y, Morino M, Yamada M, Nakamura Y, Sugiyama A: Development of a simple, reliable home blood pressure monitoring and management system.  2nd Asian Conference of Engineering and Design,  Chiba,  2017/06
3. ◎Ando K, Wada T, Nakamura Y, Chiba K, Hagiwara-Nagasawa M, Izumi-Nakaseko H, Naito AT, Sugiyama A: Safety pharmacological assessment of the molecular-targeting anticancer drugs.  The 3rd annual meeting of China Safety Pharmacological Society, The 6th International Safety Pharmacology Symposium in China,  Chengdu, Sichuan, China,  2017/05
4. ◎Sugiyama A, Hagiwara-Nagasawa M, Nakamura Y, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Naito AT: Pharmacological characterization of an extremely small-size miniature pig 'microminipig' as an in vivo experimental model for cardiac safety pharmacology.  The 3rd annual meeting of China Safety Pharmacological Society, The 6th International Safety Pharmacology Symposium in China,  Chengdu, Sichuan, China,  2017/05
その他
1. ◎杉山篤: 薬剤性QT延長症候群と向精神薬.  第143回町田薬学フォーラム,  東京都町田市,  2017/09
2. ◎杉山篤: Ca拮抗薬の実践的分類に基づいた交感神経系からみた降圧治療.  七尾市医師会学術講演会,  石川県,  2017/07
3. ◎杉山篤: 薬物性QT延長症候群と向精神薬.  第52回兵庫県精神医療学術講演会,  兵庫県,  2017/07
4. ◎中瀬古(泉)寛子, 石井伊都子、藤吉正哉、中村裕二, 萩原美帆子, 安東賢太郎, 内藤篤彦, 杉山篤: がん分子標的薬dasatinibの心毒性の定量評価.  ⽂部科学省科学技術⼈材育成費補助事業 ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)「共同研究推進のための合同研究発表会」,  千葉,日本,  2017/06
5. ◎内藤篤彦: ヒトiPS細胞由来心筋細胞の薬理応答に関するクローン間差の検討.  日本医療研究開発機構研究費(医薬品等規制調和・評価研究事業) 「ヒトiPS分化細胞技術を活用した医薬品の次世代毒性・安全性試験評価系の 開発と国際標準化に関する研究」 平成29年度第1回班会議,  東京都千代田区,  2017/06
6. ◎中瀬古(泉)寛子, 中村裕二, 安東賢太郎, 西谷(中村)友重、杉山 篤: 電気刺激下におけるヒトiPS細胞由来心筋細胞シートの伝導と再分極の特性の評価.  平成29年度日本医療研究開発機構研究費(医薬品等規制調和・評価研究事業)ヒトiPS分化細胞技術を活用した医薬品の次世代毒性・安全性評価試験系の開発と国際標準化に関する研究 第1回班会議,  東京,日本,  2017/06
7. ◎萩原美帆子: 新規ウサギ不整脈モデルを用いた薬物性QT延長症候群の発生機序と予測に関する研究.  平成29年度東邦大学薬学部鶴風会研修会,  東京,  2017/06
8. ◎杉山篤: 薬物性QT延長症候群と向精神薬-最近の話題-.  向精神薬と心電図異常,  千葉県,  2017/05
9. ◎杉山篤: 薬剤性QT延長症候群と向精神薬.  精神科学術講演会 in 水戸,  茨城県,  2017/04
10. ◎杉山篤: 薬剤性QT延長症候群と向精神薬.  学術講演会,  東京都,  2017/04
11. ◎杉山篤: 薬物性QT延長症候群と向精神薬 -最近の話題-.  抗うつ薬の安全性を再考する,  千葉県,  2017/04
12. ◎Sugiyama A: Drug-induced long QT syndrome.  Inviting Lecture in Sichuan University,  Chengdu, Sichuan, China,  2017/05
13. ◎Sugiyama A: New experimental animal: microminipig.  Inviting Lecture in Sichuan University,  Chengdu, Sichuan, China,  2017/05
14. ◎Sugiyama A: How to better read 12 lead ECG (Basic).  Inviting Lecture in Sichuan University,  Chengdu, Sichuan, China,  2017/05
15. ◎Sugiyama A: Calcium Channel Blockers (CCBs).  Special Lecture in Mongolian National University of Medical Sciences,  Ulaanbaatar, Mongolia,  2017/05
16. ◎Sugiyama A: How to better read 12 leads ECG for advanced class medical students.  Special Lecture in Mongolian National University of Medical Sciences,  Ulaanbaatar, Mongolia,  2017/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者