東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 薬理学講座
 Department of Pharmacology

教授:
  杉山 篤
講師:
  安東 賢太郎
助教:
  中瀬古 寛子、中村 裕二、和田 剛
大学院 博士課程
4年:  本田 淳、片木 淳、本川 佳幸、渡辺 雄大
3年:  曹 新、 横山 浩史
2年:  谷川洋一
1年:  Azjargal Enkhsaikhan
大学院 修士課程
2年:  岸江拓也
常勤研究生:
  松倉 スチトラ、Nur Jaharat Lubna
■ 概要
薬理学講座
遺伝子−臓器・器官レベルで得られた情報を生体に反映させ、統合的に解釈し、医療の現場に貢献できる研究を展開している。研究対象も薬物に限定せず、再生医学に基づいた治療手段や医療機器など、幅広い研究を総合的に推進している。
■ Keywords
Cardiovascular Pharmacology, Heart, Calcium, Ion channels, Long QT syndrome, Torsades de pointes, Atrial fibrillation, Microminipig, iPS
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省科学研究費(基盤研究(c))
 研究課題:スフィンゴシン1-リン酸受容体修飾薬による房室伝導ブロックの発生機序の解明  (研究代表者:杉山 篤)
 研究補助金:1300000円  (代表)
2.  科学技術振興機構 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム
 研究課題:『医療用SPF生産技術』(課題番号:AS2116907E)に基づく『動物の創成技術移転』  (研究代表者:杉山篤)
 研究補助金:5000000円  (代表)
3.  文部科学省科学研究費(基盤研究(c))
 研究課題:ヒトiPS細胞を用いた心臓再生治療に伴う不整脈抑制に関する研究  (研究分担者:杉山篤)
 研究補助金:400000円  (分担)
4.  文部科学省科学研究費(基盤研究(c))
 研究課題:難治性薬剤抵抗性高血圧に対する革新的な腎動脈交感神経アブレーション法の開発  (研究分担者:杉山篤)
 研究補助金:50000円  (分担)
5.  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
 研究課題:超小型ミニブタを用いた慢性心不全病態モデル開発と新規治療法創成  (研究代表者:杉山篤)
 研究補助金:2000000円  (代表)
6.  国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
 研究課題:ヒトiPS分化細胞技術を活用した医薬品の次世代毒性・安全性評価試験系の開発と国際標準化に関する研究  (研究分担者:杉山篤)
 研究補助金:2000000円  (分担)
7.  文部科学省科学研究費(基盤研究(c))
 研究課題:EGFR阻害がん分子標的薬による、非臨床心循環器毒性評価モデルの確立  (研究代表者:安東賢太郎)
 研究補助金:1950000円  (代表)
その他
1.  東邦大学医学部プロジェクト研究費
 研究課題:薬物の心筋興奮収縮連関に対する作用機序の解明-ヒトiPS心筋を用いて  (研究代表者:中村裕二)
 研究補助金:500000円  (代表)
2.  東邦大学医学部プロジェクト研究費
 研究課題:N型Ca2+チャネル遮断による抗狭心症作用の有効性検証および機序解明  (研究代表者:曹新)
 研究補助金:450000円  (代表)
3.  英文論文投稿奨励補助金
 研究課題:Possible effects of inhibition of IKr and IKs on field-potential waveforms in the human iPS cell-derived cardiomyocytes sheet  (研究代表者:松尾純子)
 研究補助金:22155円  (代表)
4.  英文論文投稿奨励補助金
 研究課題:Fluvoxamine by itself has potential to directly induce long QT syndrome at supra-therapeutic concentrations  (研究代表者:橋本有希子)
 研究補助金:37980円  (代表)
5.  東邦大学英文論文投稿奨励補助金
 研究課題:Intravenous administration of apomorphine does not induce long QT syndrome:experimental evidence from en vivo canine models  (研究代表者:渡辺雄大)
 研究補助金:38657円  (代表)
6.  東邦大学創立60周年記念学術振興基金奨励金
 研究課題:ヒトiPS由来心筋細胞シートを用いた安全性薬理評価システムの開発  (研究代表者:中瀬古寛子)
 研究補助金:1000000円  (代表)
7.  平成27年度 ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)研究スキルアップ支援 東邦大学 英文校閲経費支援制度
 研究課題:ヒトiPS細胞由来心筋細胞シートの興奮伝導における電気生理学的特性  (研究代表者:中瀬古寛子)
 研究補助金:50000円  (代表)
8.  平成27年度 ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型) 東邦大学 共同研究強化支援
 研究課題:簡便かつ信頼性の高い家庭血圧測定・管理システムの構築  (研究分担者:杉山 篤, 中村裕二)
 研究補助金:800000円  (分担)
9.  平成27年度東邦大学国際学術雑誌掲載経費補助金
 研究課題:Cardiohemodynamic and electrophysiological effects of a selective EP4 receptor agonist ONO-AE1-329 in the halothane-anesthetized dogs  (研究代表者:野村浩明)
 研究補助金:61621円  (代表)
10.  平成27年度東邦大学国際学術雑誌掲載経費補助金
 研究課題:Azithromycin can prolong QT interval and suppress ventricular contraction, but will not induce torsade de pointes  (研究代表者:小原浩)
 研究補助金:78742円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  杉山 篤 :大阪大学国際医工情報センター非常勤講師, 国立研究開発法人科学技術振興機構専門委員, 日本循環器学会 循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン協力員, 福島県立医科大学医学部非常勤講師
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第42回比較心電図研究会  (当番世話人(副) : 比較心電図研究会 )  ,東京  2015/09
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  杉山 篤 :日本薬理学会評議員・代議員, 日本不整脈心電学会評議員, 日本循環制御医学会評議員, 日本安全性薬理研究会評議員
2.  安東 賢太郎 :日本薬理学会 学術評議員・代議員, 日本獣医循環器学会 理事, 日本安全性薬理研究会 評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















杉山 篤   教授
 2 8  9          3
(2)
 22
(13)
 2
(2)
 3
(1)
 18
(15)
 3
安東 賢太郎   講師
 6 1  9          3
(3)
 16
(10)
 1
(1)
 3
(1)
 2
(1)
 3
中瀬古(泉) 寛子   助教
 1 4  9          3
(1)
 13
(9)
 
 3
(1)
 1
 2
中村 裕二   助教
  5  9          2
(1)
 14
(9)
 
 3
(1)
 
 4
和田 剛   助教
  1 1 1          4
(3)
 9
(4)
 
 2
(1)
 1
 1
 9 1  0 0  0  15
(10)
 3
(3)
 22
(16)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 杉山篤, 中村裕二, 曹新, 和田剛, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎:  イヌ、サルおよびブタの房室ブロックモデルを用いた薬物の心臓安全性評価.  心電図  36 (Supplement1) :94 -98 , 2016
2. 安東賢太郎, 中村裕二, 曹新, 小原浩, 中瀬古(泉)寛子, 杉山篤:  覚醒下にあるイヌの自律神経機能評価におけるヒト用検査装置の応用性に関する検討.  動物の循環器  48 (2) :57 -63 , 2015
3. Cao X, Lu S, Ohara H, Nakamura Y, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Bingmei Zhu B, Xu B, Sugiyama A:  Beneficial and adverse effects of electro-acupuncture assessed in the canine chronic atrio-ventricular block model having severe hypertension and chronic heart failure.  Acupunct Electrother Res  40 (2) :87 -99 , 2015
4. Watanabe Y, Nakamura Y, Cao X, Ohara H, Yamazaki Y, Murayama N, Sugiyama Y, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Yamazaki H, Sugiyama A:  Intravenous administration of apomorphine does not induce long QT syndrome: experimental evidence from In vivo canine models.  Basic & clinical pharmacology & toxicology  116 :468 -475 , 2015
5. Katagi J, Nakamura Y, Cao X, Ohara H, Honda A, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Sugiyama A:  Why can dl-sotalol prolong the QT interval in vivo despite its weak inhibitory effect on hERG K+ channels in vitro? Electrophysiological and pharmacokinetic analysis with the halothane-Anesthetized guinea pig model.  Cardiovascular Toxicology  16 (2) :138 -146 , 2016
6. Ohara H, Nakamura Y, Watanabe Y, Xin Cao, Yamazaki Y,Nakaseko H, Ando K, Yamazaki H, Yamazaki J, Ikeda T, Sugiyama A:  Azithromycin can prolong QT interval and suppress ventricular contraction, but will not induce torsade de pointes.  Cardiovascular toxicology  15 (3) :232 -240 , 2015
7. Honda A, Nakamura Y, Ohara H, Cao X, Nomura H, Katagi J, Wada T, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Sugiyama A:  Effects of a prostagrandin EP4-receptor agonist ONO-AE1-329 on the left ventricular pressure-volume relationship in the halothane-anesthetized dogs.  European journal of pharmacology  15 (775) :130 -137 , 2016
8. Nomura H, Nakamura Y, Cao X, Honda A, Katagi J, Ohara H, Izumi-Nakaseko H, Satoh Y, Ando K, Sugiyama A:  Cardiohemodynamic and electrophysiological effects of a selective EP4 receptor agonist ONO-AE1-329 in the halothane-anesthetized dogs.  European journal of pharmacology  761 :217 -225 , 2015
9. Lu S, Cao X, Ohara H, Nakamura Y, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Liu W, Sugiyama A, Zhu B:  Common parameters of acupuncture for the treatment of hypertension used in animal models.  Journal of Traditional Chinese Medicine  35 (3) :343 -348 , 2015
10. Matsuo J, Nakamura Y, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Sekino Y, Sugiyama A:  Possible effects of inhibition of IKr and IKs on field-potential waveforms in the human iPS cell-derived cardiomyocytes sheet.  Journal of pharmacological sciences  128 :92 -95 , 2015
11. Wada T, Nakamura Y, Cao X, Ohara H, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Nakazato Y, Sugiyama A:  Antiviral drug vidarabine possessing cardiac type 5 adenylyl cyclase inhibitory property did not affect cardiohemodynamic or electrophysiological variables in the halothane-anesthetized dogs.  The Journal of Toxicological Sciences  41 (1) :115 -122 , 2016
総説及び解説
1. 安東賢太郎, 杉山篤:  ワインおよびワインビネガーの心循環器系に対する作用〈前編〉.  Food Style 21  19 (11) :30 -41 , 2015
2. 安東賢太郎, 杉山篤:  ワインおよびワインビネガーの心循環器系に対する作用〈後編〉.  Food Style 21  19 (12) :19 -25 , 2015
3. 中瀬古(泉)寛子, 中村裕二, 杉山篤:  If電流を抑制するイバブラジンとはどのような薬剤か.  不整脈治療update  4 :192 -200 , 2015
症例報告
1. 安東賢太郎, 小原浩, 中村裕二, 曹新, 中瀬古(泉)寛子, 杉山篤:  マイクロミニピッグにおいて観察された低体温によるJ波.  動物の循環器  48 (1) :9 -13 , 2015
その他
1. 杉山篤:  医学教育と研究.  山梨医科大学/山梨大学医学部同窓会誌  (22) :20 -20 , 2016
2. 青沼和隆, 志賀剛, 新博次, 池田隆徳, 市田蕗子, 上野和行, 越前宏俊, 栄田敏之, 清水渉, 菅原満, 土下喜正, 土岐浩介, 戸塚恭一, 萩原誠久, 長谷川純一, 林秀晴, 平尾見三, 前田頼伸, 松本直樹, 渡邉英一, 笠井英史, 篠原徳子, 杉山篤, 鈴木敦, 住友直方, 関口幸夫, 髙橋尚彦, 野上昭彦, 橋口正行, 平田純生, 松本宜明, 湯川栄二, 伊藤宏, 井上博, 大江透, 篠崎公一, 田中一彦, 本間真人, 堀江稔, 三浦崇則:  2015年版 循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン.  循環器病ガイドシリーズ 環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン  :3 -54 , 2016
3. 青沼和隆, 志賀剛, 新博次, 池田隆徳, 市田蕗子, 上野和行, 越前宏俊, 栄田敏之, 清水渉, 菅原満, 土下喜正, 土岐浩介, 戸塚恭一, 萩原誠久, 長谷川純一, 林秀晴, 平尾見三, 前田頼伸, 松本直樹, 渡邉英一, 笠井英史, 篠原徳子, 杉山篤, 鈴木敦, 住友直方, 関口幸夫, 髙橋尚彦, 野上昭彦, 橋口正行, 平田純生, 松本宜明, 湯川栄二, 伊藤宏, 井上博, 大江透, 篠崎公一, 田中一彦, 本間真人, 堀江稔, 三浦崇則:  【ダイジェスト版】2015年版 循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン.  循環器病ガイドシリーズ 環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン  :55 -89 , 2016
4. 安東賢太郎:  The 4th International symposium in Chinese Safety Pharmacology Society.  東邦医学会誌  62 (2) :161 -162 , 2015
■ 学会発表
国内学会
1. ◎Izumi-Nakaseko H, Nakamura Y, Wada T, Ando K, Sugiyama A: Electrophysiological characteristics of excitation-conduction in human iPS cell-derived cardiomyocytes sheet.  第93回日本生理学会大会,  札幌, 日本,  2016/03
2. ◎曹新, 中村裕二, 和田剛, 中瀬古寛子, 安東賢太郎, Bingmei Zhu, Bin Xu, 高原章, 齋藤雅樹, 杉山篤: バソプレシン誘発ラット狭心症モデルにおけるシルニジピン、ニフェジピン、ニカルジピンの作用.  第89回日本薬理学会年会,  横浜,  2016/03
3. ◎中瀬古(泉)寛子, 李巍, 曹新, 中村裕二, 岡村真由子, 岸江拓也, Enkhsaikhan Azjargal, 和田剛, 安東賢太郎, 小池一男, 田中耕一郎, Batkhuyag Purevjav, Choijamtsb Gotov, 杉山篤: モンゴル医薬学で用いるキンポウゲ科Adonis Mongolicaの水抽出物の心血管系に対する作用.  第89回日本薬理学会年会,  横浜,  2016/03
4. ◎中村裕二, 和田剛, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 杉山篤: 抗インフルエンザ薬オセルタミビルの抗心房細動作用.  第89回日本薬理学会年会,  横浜,  2016/03
5. ◎和田剛, 中村裕二, 曹新, 岸江拓也, Azjargal Enkhsaikhan, Lubna Nur Jaharat, 松倉スチトラ, 小原浩, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 寺田賢, 杉山篤: マルチチャネル遮断薬の心臓電気薬理学的作用を解析するモデルとしてのマイクロミニピッグの特徴付け.  第89回 日本薬理学会年会,  横浜,  2016/03
6. ◎山崎大樹, 安藤博之, 吉永貴志, 山本渉, 朝倉圭一, 谷口智彦, 宇田宗晃, 諫田泰成, 長田智治, 林誠治, 宮本憲優, 葛西智恵子, 田渋弘行, 犬塚隆志, 杉山篤, 澤田光平, 関野祐子: ヒトiPS細胞由来分化心筋細胞を用いたTdPリスク評価―JiCSA60化合物を用いて―.  第89回日本薬理学会年会,  横浜,  2016/03
7. ◎Izumi-Nakaseko H, Nakamura Y, Wada T, Ando K, Sugiyama A: The characterization of the conduction property of human iPS cell-derived cardiomyocytes sheet.  第7回日本安全性薬理研究会学術年会,  東京,  2016/02
8. ◎岡田弥生, 廣井直樹, 逸見仁道, 杉山 篤, 高松 研, 佐藤二美: 1,2年を対象とした補習講義”基礎生命医学1,2”の成果.  第147回東邦医学会例会,  東京,  2016/02
9. ◎和田剛, 中村裕二, 曹新, 中瀬古寛子, 安東賢太郎, 杉山篤: The efficacy and limitation of microminipig as an experimental model for assessing the drug-induced change in QT-interval.  日本安全性薬理研究会 第7回学術年会,  東京,  2016/02
10. ◎曹新, 中村裕二, 和田剛, 中瀬古寛子, 安東賢太郎, 杉山篤: Amantadineの心臓電気薬理学的作用:内/外向き電流の修飾のバランス.  日本安全性薬理研究会 題7回学術年会,  東京,  2016/02
11. ◎曹新, 杉山篤: Amantadineの心臓電気薬理学的作用.  第147回東邦医学会例会,  東京,  2016/02
12. ◎安東賢太郎: 安全性薬理試験による臨床における有害作用の予測力.  安全性評価研究会 冬のセミナー 2015,  東京,  2015/11
13. ◎岡田弥生, 廣井直樹, 逸見仁道, 杉山 篤, 平 敬宏, 高松 研, 佐藤二美: 医学教育分野におけるリメディアル教育の役割.  第4回日本リメディアル教育学会関東甲信支部会,  流山市,  2015/11
14. ◎幾野毅, 青木隆之, 升本英利, 小原浩, 中村裕二, 中瀬古寛子, 安東賢太郎, 川東正英, 石上雅之助, 南方謙二,池田義, 杉山篤, 山下潤, 坂田隆造: ブタ心筋梗塞モデルを用いたiPS細胞由来心臓組織シート移植による不整脈評価実験.  第37回日本バイオマテリアル学会大会,  京都,  2015/11
15. ◎安東賢太郎: 心電図の基礎と動物からヒトへの外挿性.  安全性評価研究会 夏のフォーラム 2015,  長野県,  2015/09
16. ◎安東賢太郎: コアバッテリー試験のみで 臨床の有害作用は検出できるか?.  安全性評価研究会 夏のフォーラム 2015,  長野県,  2015/09
17. ◎杉山篤, 中村裕二, 曹新, 和田剛, 中瀬古寛子, 安東健太郎: イヌ、サルおよびブタの房室ブロックモデルを用いた薬効評価.  第42回比較心電図研究会,  東京,  2015/09
18. ◎杉山篤: 薬物性不整脈-最近の話題-.  第51回日本小児循環器学会総会・学術集会,  東京,  2015/07
19. ◎小原 浩, 中村裕二, 本田 淳, 曹新, 中瀬古寛子, 安東賢太郎, 野村浩明, 片木 淳, 池田隆徳, 杉山 篤: EP4受容体作動薬・ONO-AE1-329の左室圧-容量関係に対する効果:HFpEFに対する新規治療戦略の可能性.  第1回 国際心血管薬物療法学会日本部会学術集会,  京都,  2015/06
20. ◎杉山篤, 中村裕二, 中瀬古寛子, 和田剛, 安東賢太郎: 抗凝固薬の薬理.  第1回 国際心血管薬物療法学会日本部会学術集会,  京都,  2015/06
21. ◎中村裕二, 小原浩, 曹新, 和田剛, 中瀬古寛子, 安東賢太郎, 高原章, 池田隆徳, 杉山篤: 抗インフルエンザ薬oseltamivirの電気薬理学的作用および抗心房細動作用.  第1回 国際心血管薬物療法学会日本部会学術集会,  京都,  2015/06
22. ◎本川佳幸, ◎杉山篤: Dronedaroneの電気薬理学的作用:ハロセン麻酔犬モデルでの評価.  第146回東邦医学会例会,  東京,  2015/06
23. ◎和田剛, 曹新, 中村裕二, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 杉山篤: 抗ウイルス薬 vidarabine の電気薬理学的作用.  第146回東邦医学会例会,  東京,  2015/06
24. ◎Wada T, Hiroshi Ohara, Yuji Nakazato, Atsushi Sugiyama: Impact of Precordial Percussion on the Cardiac Standstill:Comparison with standard chest compression and ventricular electrical pacing in microminipig.  第80回日本循環器学会学術集会,  仙台,  2016/03
25. ◎Ohara H, Takahara A, Kitahara K, Murakoshi N, Satoh A, Aonuma K, Ikeda T, Sugiyama A: Characterization of antiarrhythmic potential of renal denervation in the chronic atrioventricular block dogs: Comparison with that of amiodarone.  第79回日本循環器学会学術集会,  大阪,  2015/04
国際学会
1. ◎Sugiyama A: Drug-induced QT prolongation:from ion channels and cardiac arrhythmia to regulatory guidance.  12th Annual meeting DIA Japan 2015,  東京,  2015/11
2. ◎Takayuki Aoki, Hidetoshi Masumoto, Hiroshi Ohara, Yuji Nakamura, Hiroko Izumi-Nakaseko, Kentaro Ando, Takeshi Ikuno, Masahide Kawatou, Masanosuke Ishigami, Kenji Minakata, Tadashi Ikeda, Atsushi Sugiyama, Jun K Yamashita, Ryuzo Sakata: Transplantation of genomic integration-free human iPS cell-derived cardiac tissue sheets into porcine infarct hearts produced no lethal arrhythmia: a preclinical study for a safer human iPS cell therapy.  American Heart Association Scientific Sessions 2015,  Orlando, FL, USA,  2015/11
3. ◎Tanaka K, Izumi-Nakaseko H, Li W, Cao X, Nakamura Y, Okamura M, Kishie T, Azjargal E, Wada T, Ando K, Koike K, Sugiyama A: In vivo and in vitro analysis of cardiac safety profile of a Mongolian medicinal plant Adonis mongolica with guinea pigs.  9Th Joint Seminar on Biomedical Sciences,  Chiang Mai, Thailand,  2015/11
4. ◎Cao X, Nakamura Y, Wada T, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Zhu B, Xu B, Takahara A, Saitoh M, Sugiyama A: Comparison of anti-ischemic effect of cilnidipine with those of nicardipine and nifedipine in the vasopressin-induced angina model of rats.  2015 International Experimental Biology and Medicine Conference,  Chengdu, China,  2015/10
5. ◎Atsushi Sugiyama: Current situation and future plan in Japanese activity of Kirishima Meeting.  Safety Pharmacology Society, 15th annual meeting,  プラハ、チェコ共和国,  2015/10
6. ◎Ando K: Paradoxical use of rodent as an animal model of drug-induced emesis
- Assessment method for supplemental study of gastrointestinal system in ICH S7A safety pharmacology.  The 4th International symposium in Chinese Safety Pharmacology Society,  Guangzhou city, Guangdong province, China,  2015/05
その他
1. ◎杉山篤, 中村裕二, 岸江拓也, 曹新, 和田剛, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎: 超小型ミニブタ心筋梗塞モデルを用いた慢性心不全病態モデル開発:iPS細胞由来心筋シート移植の有効性と有害作用の評価.  平成27年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業報告会,  東京,  2016/03
2. ◎山田緑,関根祐子,其田貴美枝,中村裕二,杉山篤: 簡便かつ信頼性の高い家庭血圧測定・管理システムの構築.  ダイバーシティCHIBA研究環境促進コンソーシアム合同研究発表会,  千葉,  2016/03
3. ◎中瀬古(泉)寛子、安東賢太郎: iPS由来心筋細胞シートの病的心筋モデルとしての特徴づけ.  第147回東邦医学会例会,  東京,  2016/02
4. ◎杉山篤: ICHS7B/E14改訂に向けた国際協調:「霧島会議」に基づく心臓安全性評価.  シーピーシー治験病院2015年度教育講演会,  鹿児島,  2016/02
5. ◎杉山篤: 臨床開発における心臓安全性評価: ICH E14ガイドラインに基づく心電図QT延長評価 ~薬物性QT延長に関する最新の状況について~.  シミックバイオリサーチセンター教育講演(2015年度第2回),  山梨,  2016/01
6. ◎杉山篤: 安全性薬理学Update; 安全性薬理学の動向(ガイドラインなど).  安全性薬理試験及びその周辺の専門領域の講演会(第3回),  東京,  2015/11
7. ◎杉山篤, 中村裕二: ヒトiPS由来心筋細胞を活用した薬物性心機能毒性の高精度予測システムの実用化.  第69回東邦医学会総会,  東京,  2015/11
8. ◎和田剛, 曹新, 中村裕二, 中瀬古寛子, 安東賢太郎, 杉山篤, 小原浩: 心静止に対するパーカッションペーシングの有効性の評価.  第69回東邦医学会総会,  東京,  2015/11
9. ◎安東賢太郎: 心循環器系以外のコアバッテリー試験と 補足的安全性薬理試験.  第2回 安全性薬理試験勉強会,  東京,  2015/09
10. ◎杉山篤: 薬物性致死性不整脈の発生をいかに予知し回避するか −iPS細胞由来心筋の実用化例−.  第10回医療連携学術セミナー,  東京,  2015/08
11. ◎杉山篤: Overview :安全性薬理:非臨床から臨床に向けて.  安全性薬理試験及びその周辺の専門領域の講演会(第1回),  東京,  2015/07
12. ◎杉山篤: 医学教育と研究.  2015年度山梨医科大学/山梨大学医学部同窓会定例総会講演会,  山梨,  2015/07
13. 杉山篤, ◎安東賢太郎: モンゴル国立医療科学大学との研究交流.  第6回全国医科大学国際交流センター連絡会講演会,  東京,  2015/07
14. ◎杉山篤: QT延長と向精神薬.  都立松沢病院臨床精神医学講座教育講演会,  東京,  2015/06
15. ◎杉山篤: 臨床開発における心臓安全性評価:ICH S7B/E14ガイドラインに基づく心電図QT延長評価 ~薬物性QT延長に関する最新の状況について~.  シミックバイオリサーチセンター教育講演(2015年度第1回),  山梨,  2015/05
16. ◎Atsushi Sugiyama: How to better read 12 leads ECG.  Scientific Seminar in Northern University of Bangladesh,  Dhaka, Bangladesh,  2015/06
17. ◎Atsushi Sugiyama: How to better read 12 leads ECG.  State University of Bangladesh: Scientific Seminar,  Dhaka, Bangladesh,  2015/06
18. ◎Atsushi Sugiyama: How to better read 12 leads ECG.  Lecture on Cardiovascular Pharmacology and Functional Foods (Nutraceuticals) in University of Dhaka,  Dhaka, Bangladesh,  2015/06
19. ◎Atsushi Sugiyama: Current topics on safety pharmacology: drug-induced QT prolongation and iPS cell-derived cardiomyocytes.  Special lecture in University of Dhaka,  Dhaka, Bangladesh,  2015/06
20. ◎Atsushi Sugiyama: How to better read 12 leads ECG.  Lecture in OTOCH MANRAMBA UNIVERSITY OF MONGOLIA,  Ulaanbaatar, Mongolia,  2015/05
21. ◎Atsushi Sugiyama: How to better read 12 leads ECG.  Special lecture in Mongolian National University of Medical Sciences,  Ulaanbaatar, Mongolia,  2015/05
22. ◎Atsushi Sugiyama: Calcium channels blockers.  Symposium: Drug use for cardiovascular decease in Mongolian National University of Medical Sciences,  Ulaanbaatar, Mongolia,  2015/05
23. ◎Atsushi Sugiyama: Current topics on proarrhythmia in vivo.  Symposium: Drug use for cardiovascular decease in Mongolian National University of Medical Sciences,  Ulaanbaatar, Mongolia,  2015/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者