東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 生物学研究室
 Department of Biology
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















平 敬宏   教授
              
 3
(1)
 
 
 
 
杉森 賢司   講師
              
 
 
 5
(5)
 
 
只野 ちがや   講師
              1
 4
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  1
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. ◎岡田弥生, 廣井直樹, 逸見仁道, 杉山 篤, 平 敬宏, 高松 研, 佐藤二美: 医学教育分野におけるリメディアル教育の役割.  第4回日本リメディアル教育学会関東甲信支部会,  流山市,  2015/11
2. 菅原仁,只野ちがや,與那正栄,下瀬良太,内藤祐子,関博之,室増男: 皮膚冷刺激を付加した遠心性―求心性収縮サイクル運動の筋活動特性.  第70回日本体力医学会大会,  和歌山県,  2015/09
3. 與那正栄,只野ちがや,菅原仁,下瀬良太,関博之,内藤祐子,坂本美喜: 気圧変化が加齢に伴う血圧調節機構へ及ぼす影響.  第70回日本体力医学会大会,  和歌山県,  2015/09
4. 菅原仁,只野ちがや,栗田英明,與那正栄,下瀬良太,関博之,内藤祐子,室増男: 皮膚冷刺激付加による外側広筋の筋活動量と歩行速度の関係.  日本健康行動科学会第14回学術大会,  大阪市,  2015/09
5. 只野ちがや,田中美穂,菅原仁,内藤祐子,與那正栄: 急激な高所暴露による動脈血酸素飽和度の低下と自律神経活動.  日本健康行動科学会第14回学術大会,  大阪市,  2015/09
6. 田中美穂,只野ちがや,菅原仁: 交替制勤務に従事する女性看護師の仮眠・睡眠中の自律神経活動.  日本健康行動科学会第14回学術大会,  大阪市,  2015/09
7. ◎岡田弥生, 廣井直樹, 逸見仁道, 平 敬宏, 高松 研, 佐藤二美: 医学部におけるリメディアル教育の試みとその成果の解析(学習支援対象者に対するフィードバック法の検討).  日本リメディアル教育学会第11回全国大会,  札幌,  2015/08
8. ◎岡田弥生, 廣井直樹, 逸見仁道, 平 敬宏, 高松 研, 佐藤二美: 医学教育における補習の試みとその成果.  第47回日本医学教育学会大会,  新潟,  2015/07
国際学会
1. Kenji SUGIMORI: Microorganisms living in extreme environments and their effective utilization for human health.  The Conference in Center for Volcanology and Geological Hazard Mitigation,  Yogyakarta, Indonesia,  2016/03
2. Kenji SUGIMORI: Microorganisms that lives in extreme environments, and its medical application.  9th Joint Seminar on Biomedical Sciences,  chiang Mai, Thailand,  2015/11
3. ◎Kenji SUGIMORI, Maiko OKAJIMA, Mizuno OOWADA: The Utility of Fangotherapy and the Importance of Adsorption of Material onto the Peloid.  IInd All-Russian Scientific Conference with Foreign Participation,  Vladivostok, Russia,  2015/09
4. Kenji SUGIMORI: Microorganisms living in extreme environments and their effective utilization for human health.  中国科学院 地质与地球物理研究所 兰州油气资源研究中心 記念講演会,  Lanzhou China,  2015/08
5. ◎Kenji SUGIMORI, Maiko OKAJIMA, Mizuno OOWADA, Yoshihisa KOYAMA, Katsumi SHOZUGAWA, Motoyuki MATSUO: New Bathing Therapy in Japanese Hot Springs using Radiation from Radon.  First National Conference on Radiation Awareness and Detection in Natural Environment,  H.N.B. Garhwal University, Badshahi Thaul Campus Tehri Garhwal, India,  2015/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者