(最終更新日:2020-01-27 16:56:50)
  センガ ユキコ   Senga Yukiko
  千賀 有希子
   所属   東邦大学  理学部 化学科
   職種   准教授

学位


博士(農学)

刊行論文


1. 原著  Influence of parasitic chytrids on the quantity and quality of algal dissolved organic matter (AOM) 2018/09
2. 原著  Characterizing the transformation of aquatic humic substances exposed to ultraviolet radiation using excitation-emission matrix fluorescence spectroscopy and PARAFAC 2018/12
3. その他  陸水におけるサンプリング 2019/03
4. 原著  A method for determining Batillaria attramentaria distribution using aerial balloon photography and a vegetation index camera: Demonstration at the Yatsu Tidal Flat, Chiba Prefecture 2018/04
5. 原著  Characterizing the photochemical degradation of aquatic humic substances from a dystrophic lake using excitation-emission matrix fluorescence spectroscopy and parallel factor analysis 2017/04
6. 原著  Sensitive method for the oxidation-determination of trace hydroxylamine in environmental water using hypochlorite followed by gas chromatography 2017/03
7. 原著  Determination of trace hydrazine in environmental water samples by in situ solid phase extraction 2017/01
8. 原著  Colorimetric determination of sulfide in microsamples 2016/01
9. 原著  ガラスシリンジを用いたヤマトシジミの硫化水素耐性試験 2016/02
10. 原著  Variation in microbial function through soil depth profiles in the Kushiro Wetland, northeastern Hokkaido, Japan. 2015/07
全件表示(37件)

著書


1. 部分執筆  陸水環境化学「陸水環境化学」 2017/10
2. 部分執筆  「これからの環境分析化学入門」 2013/11
3. 部分執筆  陸水の辞典「陸水の辞典」 2006/03
4. 部分執筆  中海本庄工区の生物と自然「中海本庄工区の生物と自然」 1999/03

学会発表


1. 尾瀬ヶ原池溏群を用いた水系腐植物質の特性解析 (ポスター,一般) 2018/03
2. 谷津干潟におけるグリーンタイドと微生物活性 (口頭発表,一般) 2017/09
3. 谷津干潟堆積物における脱窒とアナモックスの集積培養 (ポスター,一般) 2017/09
4. 腐植栄養湖赤沼における水系腐植物質動態に微生物が与える影響 (ポスター,一般) 2017/09
5. 珪藻寄生性菌類がバクテリア群集構造およびDOM組成に与える影響 (口頭発表,一般) 2017/09
6. Microbial function and chemical properties through a wetland soil depth profiles (ポスター,一般) 2017/02
7. Tracing the information of aquatic humic substances in bog water using EEM-PARAFAC (ポスター,一般) 2017/02
8. Phtochemical degradation of aquatic humic substances traced by EEM-PARAFAC analysis (ポスター,一般) 2016/09
9. 谷津干潟堆積物における脱窒とアナモックス過程 (口頭発表,一般) 2016/11
10. 湿原水における水系腐植物質の反応特性の解析 (口頭発表,一般) 2016/11
全件表示(42件)
プロフィール

学歴


1. 1999/04~2002/03 鳥取大学 農学研究科 生物環境科学 博士課程修了 博士(農学)

職歴


1. 2011/04~2017/03 東邦大学 理学部 化学科 講師

現在の専門分野


干潟における嫌気的硝酸還元過程に溶存有機物の質と量が与える影響, 湿原における脱窒および亜酸化窒素生成に電子供与体が与える影響, 沿岸域における異化型硝酸還元過程の解明に関する研究 (キーワード:脱窒,アンモニアへの異化型硝酸還元(DNRA),溶存有機物,硫化水素(H2S),沿岸域,湿原) 

科研費研究者番号


30434210

所属学会


1. 1998~ 日本陸水学会
2. 2007/04~2010/03 ∟ 将来計画委員
3. 2011/04~ ∟ 英文誌編集委員
4. 2007 日本微生物生態学会
5. 2007~ 日本生態学会
6. 2011/09 ASLO
7. 2014/04~ 日本腐植物質学会

受賞学術賞


1. 2016/03 日本生態学会 Ecological Research Paper Award 2015 (Variation in microbial function through soil depth profiles in the Kushiro Wetland, northeastern Hokkaido, Japan)
2. 2016/11 日本陸水学会 優秀口頭発表賞 (谷津干潟堆積物における脱窒とアナモックス過程)
3. 2017/09 日本陸水学会 優秀ポスター賞 (腐植栄養湖赤沼における水系腐植物質動態に微生物が与える影響)

研究課題・受託研究・科研費


1. 2002/04~2005/03  汽水湖酸化還元境界層から生産される亜酸化窒素の地球温暖化に対する寄与  
2. 2004/04~2006/03  沿岸域における亜酸化窒素の新たな発生過程の見積もりに関する研究  
3. 2007/04~2010/03  高酸素水生成装置を用いる汽水湖貧酸素水塊の水質改善及び湖底の底質改善  
4. 2008/04~2011/03  沿岸域における異化型硝酸還元過程の解明に関する研究  
5. 2008/04~2013/03  湿原流域の変容の監視手法の確立と生態系修復のための調和的管理手法の開発  
6. 2009/04~2013/03  超長大水系フブスグル−バイカル−エニセイ流域における物質動態と生態遷移  
7. 2011/04~2014/03  湿原における脱窒および亜酸化窒素生成に電子供与体が与える影響  
8. 2012/04~2015/03  環境放射性物質を用いた湿地生態系機能評価に関する研究  
9. 2015/04~2019/03  干潟における嫌気的硝酸還元過程に溶存有機物の質と量が与える影響  
10. 2015/04~2018/03  千葉県谷津干潟におけるアオサの空間動態および要因に関する研究  
全件表示(12件)