(最終更新日:2021-05-01 12:36:48)
  キタヤマ テツ   Kitayama Tetsu
  北山 哲
   所属   東邦大学  理学部 物理学科
   職種   教授

学位


博士(理学)

刊行論文


1. 原著  Active gas features in three HSC-SSP CAMIRA clusters revealed by high angular resolution analysis of MUSTANG-2 SZE and XXL X-ray observations 2021/02
2. 原著  Discovery of radio jets in the Phoenix galaxy cluster center 2020/08
3. 原著  Shapes and alignments of dark matter haloes and their brightest cluster galaxies in 39 strong lensing clusters 2020/08
4. 原著  Deeply cooled core of the Phoenix galaxy cluster imaged by ALMA with the Sunyaev-Zel'dovich effect 2020/04
5. 原著  Gas Density Perturbations in the Cool Cores of CLASH Galaxy Clusters 2020/04
6. 原著  Cosmological evolution of orientations of cluster-sized dark matter haloes and their central galaxies in the Horizon-AGN simulation 2020/01
7. 原著  An X-ray spectroscopic search for dark matter and unidentified line signatures in the Perseus cluster with Hitomi 2019/06
8. 原著  Constraints on the chemical enrichment history of the Perseus Cluster of galaxies from high-resolution X-ray spectroscopy 2019/02
9. 原著  Line-of-Sight Gas Sloshing in the Cool Core of Abell 907 2019/02
10. 原著  Detection of polarized gamma-ray emission from the Crab nebula with the Hitomi Soft Gamma-ray Detector 2018/12
全件表示(83件)

著書


1. 全体執筆  「『銀河団』 (新天文学ライブラリー 7)」 2020/09
2. 部分執筆  「『宇宙論II -宇宙の進化』 (シリーズ現代の天文学 3)」 2007/09
3. 部分執筆  「宇宙と生命の起源 -ビッグバンから人類誕生まで-」 2004/04

学会発表


1. 大質量銀河団サンプル(CLASH)を用いた冷却コアの系統解析 (口頭発表,一般) 2021/03/18
2. フェニックス銀河団の冷却コア(1) ATCAによるAGNジェットの初解像 (口頭発表,一般) 2020/09/10
3. フェニックス銀河団の冷却コア(2) ALMA によるSZ 効果の高解像度測定 (口頭発表,一般) 2020/09/10
4. 銀河団における中心銀河とホストダークマターハローの角度相関の時間進化 (口頭発表,一般) 2018/09/19
5. ALMA 3mm帯データを用いた無バイアスのミリ波輝線銀河探査 (口頭発表,一般) 2018/03/16
6. 銀河団RXJ1347-1145 の数値シミュレーションI (口頭発表,一般) 2018/03/15
7. 銀河団と中心銀河の楕円率と主軸の向きの相関 (口頭発表,一般) 2018/03/15
8. 銀河団ダイナミクスとダークマター (口頭発表,一般) 2017/10/02
9. Phoenix 銀河団におけるALMA 3mm帯データを使ったミリ波輝線銀河探査 (口頭発表,一般) 2017/09/12
10. 「ひとみ」によるペルセウス座銀河団の高温ガスの速度場の測定 (口頭発表,一般) 2017/09/11
全件表示(101件)
プロフィール

学歴


1. 1989/04~1993/03 東京大学 理学部 物理学科 卒業 学士(理学)
2. 1993/04~1998/03 東京大学大学院 理学研究科 物理学専攻 博士課程修了 博士(理学)

職歴


1. 1997/04~1999/03 東京大学 日本学術振興会特別研究員
2. 1999/04~2001/07 東京都立大学 日本学術振興会特別研究員
3. 2001/08~2004/03 東邦大学 理学部物理学科 専任講師
4. 2004/04~2007/03 東邦大学 理学部物理学科 助教授
5. 2007/04~2013/03 東邦大学 理学部 物理学科 准教授
6. 2013/04~ 東邦大学 理学部 物理学科 教授
7. 2017/04~2019/03 JAXA 宇宙科学研究所 客員教授(併任)

現在の専門分野


天文学, 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 (キーワード:宇宙物理学理論、観測的宇宙論、銀河・銀河団、X線観測、電波観測) 

ホームページ


   宇宙物理学教室

所属学会


1. 日本天文学会
2. 日本物理学会

受賞学術賞


1. 2003/03 日本天文学会研究奨励賞

研究課題・受託研究・科研費


1. 2009/04~2013/03  銀河・銀河団の多波長データに基づいた遠方宇宙の探究  
2. 2013/04~2019/03  多波長で探る宇宙プラズマとダークマターの共進化  
3. 2018/04~2023/03  多波長データに基づく銀河団ダイナミクスの解明