(最終更新日:2021-03-09 17:17:21)
  ナガサワ ヨシノブ   Nagasawa Yoshinobu
  永澤 悦伸
   所属   東邦大学  薬学部 薬学科
   職種   講師

学位


博士(医学)

刊行論文


1. 原著  Effects of Enhanced Intracranial Pressure on Blood Pressure and the Cardio-Ankle Vascular Index in Rabbits 2021/01/20
2. 原著  Torsadogenic potential of a novel remyelinating drug clemastine for multiple sclerosis assessed in the rabbit proarrhythmia model 2020/08/16
3. 原著  Sensitivity of inhalation anesthetics isoflurane and sevoflurane for the drug-induced QT-interval prolongation in guinea pigs 2020/04/03
4. 原著  Acehytisine suppresses atrial fibrillation in rats with dilated atria caused by chronic volume overload 2020/01
5. 原著  Electropharmacological profile of an atrial-selective sodium channel blocker acehytisine assessed in the isoflurane-anesthetized guinea-pig model 2019/11
6. 原著  KCNQ1 is internalized by activation of α1 adrenergic receptors. 2019/09
7. 原著  Molecular identification of HSPA8 as an accessory protein of a hyperpolarization-activated chloride channel from rat pulmonary vein cardiomyocytes. 2019/09
8. 原著  Angiotensin II acutely increases arterial stiffness as monitored by cardio-ankle vascular index (CAVI) in anesthetized rabbits 2019/06
9. 原著  Physiological role of nitric oxide for regulation of arterial stiffness in anesthetized rabbits 2019/01
10. 原著  Selectivity of Ca2+ channel blockers for dilator actions on the isolated lower esophageal sphincter and aorta from rats 2018/05
全件表示(16件)

学会発表


1. Aldosterone慢性負荷で生じる心房細動の持続化におけるNFATおよび線維化の関与―動静脈瘻モデルラットを用いた検討― (ポスター,一般) 2020/10/24
2. 「動脈壁の硬さ」に対する各種降圧薬の影響 (ポスター,一般) 2020/10/24
3. 急性房室ブロックウサギでの不整脈発生機序: L型Ca2+チャネルの関与 (口頭発表,一般) 2020/09/19
4. 麻酔下ウサギにおける特異的Ifチャネル遮断薬ivabradineの心臓作用:心房および心室自動能の同時評価 (ポスター,一般) 2020/03/18
5. 陽性変時作用を有する薬物のQT延長評価に対するイソフルラン麻酔モルモットの有用性 (ポスター,一般) 2020/03/18
6. 新しい循環評価の指標としての眼血流測定
-白色家兎を用いた出血性ショックでの検討- (ポスター,一般) 2020/03/07
7. 血管作動薬が動脈血管の硬さに与える影響は大動脈領域と大腿動脈領域で異なる:麻酔ウサギを用いた検討 (口頭発表,一般) 2019/10/12
8. 古典的抗ヒスタミン薬クレマスチンの催不整脈作用 −ウサギ催不整脈モデルを用いた致死性不整脈の発生およびその前兆現象の分析− (口頭発表,一般) 2019/10/12
9. 白色家兎の網膜血管および脈絡膜のアドレナリン受容体刺激薬に対する応答性の差異:レーザースペックルフローグラフィーによる分析 (口頭発表,一般) 2019/10/12
10. 心房拡大モデルにおけるIK.ACh遮断薬tertiapin の催不整脈・抗不整脈作用の特性分析 (ポスター,一般) 2019/09/14
全件表示(63件)
プロフィール

学歴


1. 1995/04~1999/03 山梨医科大学(YMU) 医学部 看護学科 卒業 看護学士
2. 1999/04~2001/03 山梨医科大学(YMU) 医学系研究科 看護学専攻 修士課程修了 看護学修士
3. 2001/04~2005/03 山梨医科大学(YMU) 医学系研究科 生理系 博士課程修了 博士(医学)

職歴


1. 2008/04~2010/03 長野県看護大学 病態治療看護学講座 助教授・准教授
2. 2012/10~2015/03 山形大学 医学部 薬理学講座 助教
3. 2014/04~2017/03 日本赤十字秋田看護大学看護学部看護学科 非常勤講師
4. 2015/04~2016/01 山形大学 医学部 薬理学講座 医学部講師
5. 2016/02~ 東邦大学 薬学部 薬学科 専任講師
6. 2016/02~ 東邦大学 薬学部 薬学科 講師

現在の専門分野


薬理学, 循環器内科学, 心臓血管外科学, 臨床看護学, 基礎看護学 (キーワード:薬理学、薬物治療学) 

ホームページ


   http://www.phar.toho-u.ac.jp/labo/yakuchi/index.html

所属学会


1. 2000/01~ 日本循環器学会
2. 2002/04~ 日本薬理学会
3. 2009/04~ ∟ 学術評議員
4. 2016/02~ 日本不整脈心電学会
5. 2016/08~ 日本薬学会

研究課題・受託研究・科研費


1. 2008/04~2010/03  ファウラー位で機械浴中の高齢者の心臓自律神経活動の経時的変化と季節性変動の検討