(最終更新日:2022-11-12 14:56:53)
  フクモト アツシ   Fukumoto Atsushi
  福本 敦
   所属   東邦大学  薬学部 薬学科
   職種   講師

学位


博士(生命科学)

刊行論文


1. 原著  Engineering sequence and selectivity of late-stage C-H oxidation in the MycG iterative cytochrome P450 2021/09/20
2. 原著  Actinocatenispora comari sp. nov., an endophytic actinomycete isolated from aerial parts of Comarum salesowianum 2021/07/09
3. 原著  Artificial control of the multistep oxidation reactions catalyzed by the cytochrome P450 enzyme RosC. 2020/02/26
4. 原著  Quorum sensing inhibitors against Chromobacterium violaceum CV026 derived from an actinomycete metabolite library. 2020/01
5. 原著  Cytochrome P450 enzyme RosC catalyzes a multistep oxidation reaction to form the non-active compound 20-carboxyrosamicin 2017/07
6. 原著  Naphthacemycins, novel circumventors of β-lactam resistance in MRSA, produced by Streptomyces sp. KB-3346-5. I. The taxonomy of the producing strain, and the fermentation, isolation and antibacterial activities. 2017/05
7. 原著  Naphthacemycins, novel circumventors of β-lactam resistance in MRSA, produced by Streptomyces sp. KB-3346-5. II. Structure elucidation 2017/05
8. 原著  Maniwamycins: new quorum-sensing inhibitors against Chromobacterium violaceum CV026 were isolated from Streptomyces sp. TOHO-M025 2016/05
9. その他  モンゴル原産植物及び微生物からの有用生物活性物質の探索 2014/10
10. 原著  A new mycinosyl rosamicin derivative produced by an engineered Micromonospora rosaria mutant with a cytochrome P450 gene disruption introducing the D-mycinose biosynthetic gene. 2014/09
全件表示(16件)

学会発表


1. ソボクCaesalpinia sappanに含まれるクオラムセンシング阻害物質 (ポスター掲示,一般) 2022/03/28
2. 土壌由来希少放線菌からのクオラムセンシング阻害物質の単離 (ポスター掲示,一般) 2022/03/28
3. 電子伝達機構を介した多機能型シトクロムP450酵素MycGの反応制御 (口頭,一般) 2022/03/27
4. Microbial screening using actinomycetes isolated in Mongolia and academic exchange with National University of Mongolia (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)) 2021/09/21
5. 分光学的手法による多段階酸化型シトクロムP450酵素RosCの機能解析 (口頭,一般) 2021/09/19
6. 放線菌が生産するアゾキシアルケン化合物の生合成メカニズムの解析 (口頭,一般) 2021/09/19
7. シトクロムP450酵素MycGの反応制御に基づく希少な生合成中間体の効率的な生産 (口頭,一般) 2021/09/03
8. Chromobacterium violaceum CV026のクオラムセンシングを阻害する放線菌代謝産物ライブラリー由来化合物 (ポスター掲示,一般) 2020/03/28
9. Endophytic actinobacteria isolated from desert plants of Mongolia and their anitmicrobial activity (口頭,一般) 2020/03/26
10. 多機能型シトクロムP450酵素MycGの酸化反応制御に関する研究 (ポスター掲示,一般) 2020/03/26
全件表示(50件)
プロフィール

学歴


1. 1998/04~2002/03 東邦大学 薬学部 卒業 学士(薬学)
2. 2002/04~2004/03 東邦大学 薬学研究科 修士課程修了 修士(薬学)
3. 2005/04~2008/03 北里大学 感染制御科学府 感染制御科学専攻 博士課程修了 博士(生命科学)

職歴


1. 2004/04~2005/03 吉田製薬 生産本部品質管理課
2. 2008/04~2012/03 東京理科大学 薬学部 助教
3. 2012/04~2016/03 東邦大学 薬学部 薬学科 助教
4. 2016/04~ 東邦大学 理学部 兼担講師
5. 2016/04~ 東邦大学 薬学部 薬学科 講師
6. 2017/04~ 東邦大学 健康科学部 兼担講師
7. 2019/04~2020/03 北里研究所 感染制御科学府 非常勤講師

現在の専門分野


薬系化学、創薬科学, 環境、天然医薬資源学, 薬系衛生、生物化学, 応用微生物学 (キーワード:微生物学) 

所属学会


1. 2003/02~ 日本薬学会
2. 2007~ 日本放線菌学会

受賞学術賞


1. 2018/09 日本放線菌学会 浜田賞(研究奨励賞) (放線菌により産生される細菌感染を制御するための化合物の探索)

研究課題・受託研究・科研費


1. 2011/04~2013/03  スルフォラファンによるスギ花粉症の制御に関するトランスレーショナルリサーチ  (キーワード:健康と食生活、機能性食品、トランスレーショナルリサーチ、花粉症)
2. 2013/04~2014/03  Quorum Sensing阻害活性を示す新規薬剤の探索  
3. 2016/04~2017/03  モンゴル及び日本の天然由来サンプルからのクオーラムセンシング阻害薬の探索  
4. 2018/04~2019/03  抗菌作用に依存しない感染症治療薬の開発