(最終更新日:2020-01-27 16:56:49)
  フクモト アツシ   Fukumoto Atsushi
  福本 敦
   所属   東邦大学  薬学部 薬学科
   職種   講師

学位


博士(生命科学)

刊行論文


1. 原著  Cytochrome P450 enzyme RosC catalyzes a multistep oxidation reaction to form the non-active compound 20-carboxyrosamicin 2017/07
2. 原著  Naphthacemycins, novel circumventors of β-lactam resistance in MRSA, produced by Streptomyces sp. KB-3346-5. I. The taxonomy of the producing strain, and the fermentation, isolation and antibacterial activities. 2017/05
3. 原著  Naphthacemycins, novel circumventors of β-lactam resistance in MRSA, produced by Streptomyces sp. KB-3346-5. II. Structure elucidation 2017/05
4. 原著  Maniwamycins: new quorum-sensing inhibitors against Chromobacterium violaceum CV026 were isolated from Streptomyces sp. TOHO-M025 2016/05
5. その他  モンゴル原産植物及び微生物からの有用生物活性物質の探索 2014/10
6. 原著  A new mycinosyl rosamicin derivative produced by an engineered Micromonospora rosaria mutant with a cytochrome P450 gene disruption introducing the D-mycinose biosynthetic gene. 2014/09
7. 原著  Piericidins, novel quorum-sensing inhibitors against Chromobacterium violaceum CV026, from Streptomyces sp. TOHO-Y209 and TOHO-O348. 2013/12
8. 原著  Characteristics of cesium accumulation in the filamentous soil bacterium Streptomyces sp. K202. 2011/02
9. 原著  Dietary sulforaphane-rich broccoli sprouts reduce colonization and attenuate gastritis in Helicobacter pylori-infected mice and humans. 2009/04
10. 原著  Cyslabdan, a new potentiator of imipenem activity against methicillin-resistant Staphylococcus aureus, produced by Streptomyces sp. K04-0144. I. Taxonomy, fermentation, isolation and structural elucidation 2008/01
全件表示(12件)

学会発表


1. シトクロムP450酵素RosCが触媒する多段階酸化反応の人為的制御 (ポスター,一般) 2019/03/22
2. 細菌の排出ポンプの新規な評価方法 (ポスター,一般) 2019/03/22
3. Streptomyces sp. TOHO-IJ42 株及びTOHO-HR54 株の産生するquorum sensing 阻害物質 (ポスター,一般) 2018/09/12
4. 多機能型P450 酵素RosC の多段階酸化反応に関する研究 (ポスター,一般) 2018/09/11
5. 放線菌により産生される細菌感染を制御するための化合物の探索 (口頭発表,特別・招待講演等) 2018/09/11
6. 16 員環マクロライド抗生物質rosamicin の生合成経路の改変による生産物質と抗菌活性 (ポスター,一般) 2018/08/27
7. 放線菌培養液をシードとしたquorum sensing 阻害剤の探索 (ポスター,一般) 2018/08/27
8. 多機能型P450酵素RosCの多段階酸化反応に関与するアミノ酸残基の同定 (ポスター,一般) 2018/03/27
9. 放線菌が産生するnocardamine のquorum sensing 阻害活性について (ポスター,一般) 2018/03/26
10. Maniwamycinの生合成遺伝子クラスターの解析および生物活性 (口頭発表,一般) 2018/03/17
全件表示(38件)
プロフィール

学歴


1. 1998/04~2002/03 東邦大学 薬学部 卒業 学士(薬学)
2. 2002/04~2004/03 東邦大学 薬学研究科 修士課程修了 修士(薬学)
3. 2005/04~2008/03 北里大学 感染制御科学府 感染制御科学専攻 博士課程修了 博士(生命科学)

職歴


1. 2004/04~2005/03 吉田製薬 生産本部品質管理課
2. 2008/04~2012/03 東京理科大学 薬学部 助教
3. 2012/04~2016/03 東邦大学 薬学部 薬学科 助教
4. 2016/04~ 東邦大学 理学部 兼担講師
5. 2017/04~ 東邦大学 健康科学部 兼担講師
6. 2019/04~2020/03 北里研究所 感染制御科学府 非常勤講師

現在の専門分野


創薬化学, 天然資源系薬学, 環境・衛生系薬学, 応用微生物学 (キーワード:微生物学) 

所属学会


1. 2003/02~ 日本薬学会
2. 2007~ 日本放線菌学会

受賞学術賞


1. 2018/09 日本放線菌学会 浜田賞(研究奨励賞) (放線菌により産生される細菌感染を制御するための化合物の探索)

研究課題・受託研究・科研費


1. 2011/04~2013/03  スルフォラファンによるスギ花粉症の制御に関するトランスレーショナルリサーチ  (キーワード:健康と食生活、機能性食品、トランスレーショナルリサーチ、花粉症)
2. 2013/04~2014/03  Quorum Sensing阻害活性を示す新規薬剤の探索  
3. 2016/04~2017/03  モンゴル及び日本の天然由来サンプルからのクオーラムセンシング阻害薬の探索  
4. 2018/04~2019/03  抗菌作用に依存しない感染症治療薬の開発