(最終更新日:2020-06-28 14:57:28)
  サトウ ユウ   Sato Yu
  佐藤 雄
   所属   東邦大学  医学部 医学科(佐倉病院)
   職種   院内講師

学位


医学博士

刊行論文


1. 原著  Survival difference associated with controlled-release oxycodone analgesic therapy for oxaliplatin-induced peripheral neuropathy in advanced colorectal cancer patients. 2018/10
2. 症例報告  小腸軸捻転を経時的に追跡しえた小腸GISTの1例 2018/10
3. 原著  Elevated neutrophil-to-lymphocyte ratio is associated with nutritional impairment, immune suppression, resistance to S-1 plus cisplatin, and poor prognosis in patients with stage IV gastric cancer. 2017/12
4. 原著  L-type amino acid transporter 1 expression is upregulated and associated with cellular proliferation in colorectal cancer. 2017/12
5. 症例報告  術前化学療法が著効した進行胃癌の1例 2017/11
6. 原著  Proximal Gastrectomy with Double Tract Reconstruction Is an Alternative Revision Surgery for Intractable Complications After Sleeve Gastrectomy 2017/09
7. 原著  Increased neutrophil-to-lymphocyte ratio is a novel marker for nutrition, inflammation and chemotherapy outcome in patients with locally advanced and metastatic esophageal squamous cell carcinoma. 2017/07
8. 症例報告  試験開腹を先行させた選択的動注療法により腸管切除を回避しえた非閉塞性腸間膜虚血症の1例 2016/11
9. 症例報告  術前抗菌薬治療により腫瘤縮小を図ったのち外科的切除を施行した回盲部放線菌症の1例 2016/05
10. 症例報告  術後急速な肝転移再発をきたした内分泌細胞への分化を伴う直腸SM癌の1例 2015/04
全件表示(29件)

著書


1. 部分執筆  Ⅲ消化管疾患C.腸15.大腸憩室の合併症-b.外科的治療「消化器疾患最新の治療2017-2018」 2017/02

学会発表


1. T1/T2直腸癌手術におけるTAMISの可能性と限界 (ポスター,一般) 2020/08/13
2. TAMISがもたらすT1/T2直腸癌の新たな治療戦略 (口頭発表,一般) 2019/11/14
3. 当科におけるスリーブ状胃切除後のrevision症例の検討 (口頭発表,一般) 2019/11/03
4. 腹腔鏡下横行結腸切除術におけるCME遵守のためのアプローチの定型化 (口頭発表,一般) 2019/10/12
5. Prognostic impact of preoperative serum carcinoembryonic antigen level in curative colon cancer. (ポスター,一般) 2019/09/25
6. 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下大腸全摘術の周術期管理におけるERASの工夫 (口頭発表,一般) 2019/07/19
7. 潰瘍性大腸炎に対する回腸嚢肛門吻合の治療成績からみた課題 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/04/20
8. Transanal minimally invasive surgery for the teatment of T1/T2 rectal cancer in elderly. (ポスター,一般) 2019/04/03
9. Gastroesophageal reflux disease after laparoscopic sleeve gastrectomy. (ポスター,一般) 2019/03/21
10. 潰瘍性大腸炎手術におけるtaTME適用の意義 (口頭発表,一般) 2018/12/06
全件表示(34件)
プロフィール

学歴


1. 1997/04~2003/03 福島県立医科大学 医学部 卒業
2. 2005/04~2010/03 福島県立医科大学大学院 医学研究科 分子病態医科学 博士課程修了 医学

職歴


1. 2003/05~2005/04 東京都立駒込病院 外科 外科臨床研修医
2. 2005/05~2010/03 公立大学法人福島県立医科大学附属病院 第2外科 助手
3. 2010/04~2013/09 国立研究開発法人国立がん研究センター東病院 大腸外科 レジデント/がん専門修練医
4. 2013/10~2014/06 Cleveland Clinic Florida Department of Colorectal Surgery Clinical Research Fellow
5. 2014/07~2015/03 埼玉医科大学国際医療センター 消化器内科(消化器腫瘍科) 助教
6. 2015/04~2017/03 国立研究開発法人国立国際医療研究センター病院 外科(下部消化管外科) 医員

現在の専門分野


消化器外科学, 外科学一般、小児外科学 (キーワード:大腸肛門外科、大腸癌、腹腔鏡手術) 

所属学会


1. 2003/06~ 日本消化器外科学会
2. 2003/08~ 日本外科学会
3. 2005/01~ 日本乳癌学会
4. 2006/01~ 日本内視鏡外科学会
5. 2006/09~ 日本臨床外科学会
6. 2020/01 ∟ 評議員
7. 2007/11~ 日本大腸肛門病学会
8. 2019/09~ ∟ 評議員
9. 2008/10~ 日本癌治療学会
10. 2009/02~ 日本消化器病学会
全件表示(18件)