(最終更新日:2023-05-24 23:07:49)
  コンノ シンゴ   Konno Shingo
  紺野 晋吾
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大橋病院)
   職種   准教授

学位


博士(医学)

刊行論文


1. 症例報告  A case of anti-leucine-rich glioma-inactivated 1 protein-antibody positive encephalitis with extensive unilateral cerebral cortex and white matter lesions 2023/05/24
2. 原著  Siponimod ameliorates experimental autoimmune neuritis. 2023/02/14 Link
3. 原著  Effectiveness of early fast-acting treatment with intravenous high-dose methylprednisolone in generalized myasthenia gravis. 2023/02/01
4. 原著  Impact of early treatment with intravenous high-dose methylprednisolone for ocular myasthenia gravis. 2023/01/06
5. 総説  Japan MG registry: chronological surveys over 10 years. 2022/10/01
6. 症例報告  A case of facial diplegia with paresthesia after severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 infection. 2022/09/01 Link
7. 症例報告  Myasthenia Gravis Complicated by Eosinophilic Granulomatosis with Polyangiitis: A Case Report. 2022/07/11 Link
8. 総説  重症筋無力症の治療 最近の動向 2022/04/28
9. 総説  重症筋無力症治療の最前線. CD20,CD19,FcRn標的薬の新治験 2022/04/28
10. 症例報告  経食道心エコー図検査にて特定の体位変換時にのみ卵円孔開存症を認めたESUSの1例 2021/12/10
全件表示(70件)

著書


1. 部分執筆  第2章脳・神経疾患の基礎知識.2.脳・神経疾患患者の主な症状.⑦摂食・嚥下障害.「Super Select Nursing 脳神経疾患 疾患の理解と看護計画」 2011/12
2. 部分執筆  第3章脳・神経疾患の理解.8.神経筋疾患の.②重症筋無力症.「Super Select Nursing 脳神経疾患 疾患の理解と看護計画」 2011/12
3. 編集・監修  アレツムマブ投与を受けた多発性硬化症患者の有効性および安全性における疾患修飾療法の影響「Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry 日本語版」 2022/02/01
4. 部分執筆  嚥下障害の改善後に患者から学んだこと「心に残る経腸栄養の患者さんたち」 2015/02
5. 部分執筆  第2章脳・神経疾患の基礎知識.②脳・神経疾患患者の主な症状.11,認知症.「Super Select Nursing 脳・神経疾患 疾患の理解と看護計画」 2011/12
6. 部分執筆  第2章脳・神経疾患の基礎知識.3.脳・神経疾患の検査・診断.④神経生理学的検査 脳波.「Super Select Nursing 脳神経疾患 疾患の理解と看護計画」 2011/12
7. 部分執筆  第2章脳・神経疾患の基礎知識.4.脳・神経疾患の治療.①薬物療法.「Super Select Nursing 脳神経疾患 疾患の理解と看護計画」 2011/12
8. 部分執筆  多発性筋炎,皮膚筋炎「EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針」 2010
9. 部分執筆  筋ジストロフィー, EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針 2006/01
10. 部分執筆  頭痛のある患者さん. 厳選症例を自分で診察して見よう! 鑑別診断トレーニングブック 病態生理の理解にもとづいた、正しい診断の進め方.「頭痛のある患者さん. 厳選症例を自分で診察して見よう! 鑑別診断トレーニングブック 病態生理の理解にもとづいた、正しい診断の進め方.」 2004
全件表示(11件)

学会発表


1. 痙攣コントロールに難渋し、経皮的血栓回収術を試みた原因不明の静脈洞血栓症の一例 (口頭,一般) 2021/03/11
2. 重症筋無力症の治療 最近の動向 (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)) 2020/10/28
プロフィール

学歴


1. 2003/04~2007/03 東邦大学大学院 医学研究科 臨床系内科学 博士課程修了 医学

職歴


1. 2008/04~2015/02 東邦大学 医学部 医学科(大橋病院) 助教
2. 2015/03~2022/09 東邦大学 医学部 医学科(大橋病院) 講師
3. 2022/10~ 東邦大学 医学部 医学科(大橋病院) 准教授

現在の専門分野


神経内科学 (キーワード:重症筋無力症、摂食・嚥下障害) 

所属学会


1. 日本内科学会
2. 日本神経学会
3. 2019/04 ∟ MG/LEMSガイドライン委員会委員
4. 日本神経治療学会
5. 2018/11 ∟ 評議員
6. 日本神経免疫学会
7. 日本摂食嚥下リハビリテーション学会

研究課題・受託研究・科研費


1. 2020/04~2023/03  「アセチルコリン受容体部位特異的自己抗体産生による重症筋無力症モデルマウスの作成」