(最終更新日:2020-07-31 15:53:11)
  フルハシ タツヒコ   Furuhashi Tastuhiko
  古橋 龍彦
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大森病院)
   職種   講師

学位


博士(医学)

刊行論文


1. その他  医療安全の使命と可能性 2018/09
2. その他  医療安全部門に従事して 2018/01
3. 原著  Cardiovascular prognosis in patients with preserved left ventricular ejection fraction and no significant ischemia 2017/06
4. 原著  Usefulness of Stress Myocardial Perfusion Imaging and Baseline Clinical Factors to Predict Cardiovascular Events in Patients with Peripheral Artery Disease 2015/04
5. 原著  Usefulness of Stress Myocardial Perfusion Imaging and Baseline Clinical Factors for Predicting Cardiovascular Events in Patients With Prior Coronary Artery Disease 2014/07
6. 原著  Prediction of cardiovascular events in pre-dialysis chronic kidney disease patients with normal SPECT myocardial perfusion imaging. 2014/06
7. 原著  Prediction of cardiovascular events in pre-dialysis chronic kidney disease patients with normal SPECT myocardial perfusion imaging 2014/02
8. 総説  間欠的な動悸・脈の不規則感へのアプローチ 2014/01
9. 原著  Predictors of cardiovascular events in hemodialysis patients after stress myocardial perfusion imaging 2013/10
10. 原著  Lower ratio of high-molecular-weight adiponectin level to total may be associated with coronary high-risk plaque 2013/03
全件表示(21件)

学会発表


1. チーム医療不全の克服をめざしてーTeamSTEPPSの活用- (口頭発表,一般) 2019/11/30
2. 周術期における多職種多診療科連携カンファレンスの実態調査 (ポスター,一般) 2019/11/29
3. 省令に基づいた特定機能病院における報告システムの開発 (ポスター,一般) 2019/11/29
4. 発生した事象を漏れなく把握できる医療安全報告システムの構築 (ポスター,一般) 2019/11/29
5. 未確認の病理診断報告書に関する状況調査と検討 (ポスター,一般) 2019/11/29
6. 早期警告スコアをカルテに記載したことの効果 (口頭発表,一般) 2019/07/20
7. 当院のベンゾジアゼピン系薬剤長期処方に対する取り組み (口頭発表,一般) 2019/07/20
8. TeamSTEPPS研修を10年間取り入れ見えてきたもの (口頭発表,一般) 2019/07/19
9. 「医療安全毎日報告」検討システムの構築 (口頭発表,一般) 2019/07/19
10. 「中心静脈カテーテル挿入」テンプレートの検討 (口頭発表,一般) 2019/07/19
全件表示(83件)
プロフィール

職歴


1. 2009/08~2015/02 東邦大学 医学部 医学科(大橋病院) 助教
2. 2015/03~2015/03 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 助教
3. 2017/04~ 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 講師

所属学会


1. 1998/01~ 日本循環器学会

その他


2015.4- 2017.3の間、関東信越厚生局で指導医療官として埼玉県内の保険医療機関の点検業務に従事。
その後も保険指導医に従事
style="padding-left: 10px;" 2015.4- 2017.3の間、関東信越厚生局で指導医療官として埼玉県内の保険医療機関の点検業務に従事。
その後も保険指導医に従事