(最終更新日:2021-11-26 08:08:45)
  フジタ シゲル   Fujita Shigeru
  藤田 茂
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   准教授

学位


博士(医学)

刊行論文


1. 原著  Patient safety management systems and activities related to promoting voluntary in-hospital reporting and mandatory national-level reporting for patient safety issues: A cross-sectional study 2021/07/28
2. 原著  The geographical maldistribution of obstetricians and gynecologists in Japan 2021/01/12 Link
3. 原著  Cost of illness of liver diseases in Japan 2021/01
4. 原著  Prioritization of patient safety health policies: Delphi survey using patient safety experts in Japan 2020/09
5. 総説  医師の労働量が医療安全へ及ぼす影響–システマティックレビュー– 2020/09
6. 原著  精神科救急入院料病棟における医療安全文化と精神的ストレスの分析 2020/09
7. 原著  二次医療圏外からの入院患者の流入実態の分析―特定機能病院とその他急性期医療病院の比較 2020/07/01
8. 総説  コメディカルの労働量が医療安全へ及ぼす影響:システマティックレビュー– 2020/07
9. 原著  Relationship of patient safety culture with factors influencing working environment such as working hours, the number of night shifts, and the number of days off among healthcare workers in Japan: a cross-sectional study 2020/04
10. 原著  Capturing the trends in hospital standardized mortality ratios for pneumonia: a retrospective observational study in Japan (2010 to 2018) 2020/01
全件表示(85件)

著書


1. 編集・監修  「医療を管理する 安全を測る」 2014/07
2. 編集・監修  「医療職のための公衆衛生・社会医学 第7版」 2020/01/27
3. 部分執筆  「医療安全管理体制相互評価の考え方と実際 規模別・機能別に適用できる標準的相互評価点検表」 2018/12
4. 全体執筆  Patient Safety Policies ‒ Experiences, Effects and Priorities; Lessons from OECD Member States ‒ (Version 2.0), Third Global Ministerial Summit on Patient Safety 2018/09
5. 全体執筆  Patient Safety Policies ‒ Experiences, Effects and Priorities; Lessons from OECD Member States ‒, Third Global Ministerial Summit on Patient Safety 2018/04
6. 部分執筆  「シリーズ 医療安全確保の考え方と手法4 特性要因図作成の基礎知識と活用事例」 2018/02
7. 全体執筆  「医療職のための公衆衛生・社会医学 第6版」 2018/02
8. 部分執筆  「院内医療事故調査の考え方と進め方」 2017/04
9. 部分執筆  「JAMT技術教本シリーズ 臨床検査技師のための医療安全管理教本」 2017/03
10. 編集・監修  「医療職のための公衆衛生・社会医学 第5版」 2016/03
全件表示(19件)

学会発表


1. 放射線画像見逃し防止のためのシステム改修について (口頭発表,一般) 2020/10/06
2. 医療の質指標における診療ガイドラインの活用に関する研究 (口頭発表,一般) 2020/10
3. 医療安全に対するe-learningの教育効果 システマティックレビュー (口頭発表,一般) 2020/10
4. 介護と医療の事業者間の情報交換の不足・不備に起因する事故・ヒヤリハットの実態 (一般) 2020/10
5. 患者に対する懸念、その報告・対応をどうするか (一般) 2020/10
6. 当院における高難度新規医療技術管理部門の取り組み (一般) 2020/10
7. 日本のDPC病院における計画外再入院率の分析 (一般) 2020/10
8. 医師の労働量が医療安全へ及ぼす影響-システマティックレビュー (口頭発表,一般) 2019/11
9. Deference of patient safety activities and systems by characteristics of hospitals in Japan (ポスター,一般) 2019/09
10. The relationships between patient safety culture and working environment (ポスター,一般) 2019/09
全件表示(143件)
プロフィール

学歴


1. 2012/03
(学位取得)
東邦大学 博士(医学)

職歴


1. 2007/04~2015/06 東邦大学 医学部 医学科 助教
2. 2015/07~2021/04 東邦大学 医学部 医学科 講師
3. 2021/05~ 東邦大学 医学部 医学科 准教授

現在の専門分野


衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む, 医療管理学、医療系社会学 (キーワード:社会医学、医療安全、病院管理学) 

科研費研究者番号


50366499

所属学会


1. 医療の質・安全学会
2. 日本医療・病院管理学会
3. 日本医療マネジメント学会
4. 2009/07~ ∟ 評議員
5. 日本医療情報学会
6. 日本公衆衛生学会
7. 日本診療録管理学会

受賞学術賞


1. 2001/07 日本インダストリアル・エンジニアリング協会 日本IE文献賞
2. 2010/06 平成21年度日本医療マネジメント学会学術総会会長賞

研究課題・受託研究・科研費


1. 2004/04~2007/03  薬剤の影響による転倒・転落と疾病の関連性についての研究  (キーワード:転倒・転落、向精神薬)
2. 2007/03~2010/03  医療機関を対象にした医療安全文化指標の開発と有効性の検証  
3. 2007/04~2011/03  チューブ類の自己抜去リスク・アセスメントツールに関する研究  (キーワード:自己抜去、医療事故、インシデント、アクシデント)
4. 2010/10~2011/03  医療安全文化の国際比較に関する研究  (キーワード:医療安全)
5. 2012/10~2013/09  社会の高齢化に伴う疾病負担の変化に関する国際比較研究  (キーワード:疾病費用、医療経済)
6. 2013/04~2016/03  患者安全指標を用いた周術期ケアの質評価に関する研究  
7. 2013/04~2016/03  高齢社会における医療従事者の偏在と医療へのアクセスの公平性に関する研究  
8. 2015/04~2017/03  医療安全の向上のための医療従事者を対象にした普及啓発の効果測定に関する研究  
9. 2015/04~2018/03  介護を伴う高齢者疾患の社会的負担に関する研究  
10. 2016/04~2019/03  疾病別社会的負担推計による地域医療構想の効果測定に関する研究  
全件表示(20件)