(最終更新日:2020-05-29 12:00:11)
  ムラカミ ヨシタカ   Murakami Yoshitaka
  村上 義孝
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   教授

学位


保健学博士

刊行論文


1. 原著  NBI magnifying endoscopic classification of colorectal tumors proposed by the Japan NBI Expert Team (JNET). 2016/07
2. 原著  Serum γ-glutamyltransferase and Mortality due to Cardiovascular Disease in Japanese Men and Women. 2016/07
3. 原著  Serum Uric Acid and Mortality Form Cardiovascular Disease: EPOCH-JAPAN Study. 2016/06
4. 原著  The genetics underlying acquired long QT syndrome: impact for genetic screening. 2016/05
5. 原著  Association of Total Energy Intake with 29-Year Mortality in the Japanese: NIPPON DATA80. 2016/03
6. 原著  Estimated Number of Patients with Influenza A(H1)pdm09, or Other Viral Types, from 2010 to 2014 in Japan. 2016/01
7. 原著  Serum level of LOX-1 ligand containing ApoB is associated with increased carotid intima-media thickness in Japanese community-dwelling men, especially those with hypercholesterolemiaLOX-1 ligand and IMT in Japanese. 2016/01
8. その他  【わが国における脳・心血管疾患予防のための疫学研究】 EPOCH-JAPAN(解説/特集) 2016/01
9. 原著  疫学研究レビューからみた震災発生からの経過時間と疾患発生との関連 2016/01
10. 原著  Association between Pulse Wave Velocity and Coronary Artery Calcification in Japanese men. 2015/12
全件表示(68件)

著書


1. 部分執筆  医療統計の基本「泌尿器科グリーンノート」 2019/04/25
2. 部分執筆  「論文を正しく読み書くためのやさしい統計学 改訂第3版」 2019/04/05
3. 編集・監修  「公衆衛生がみえる2016-2017」 2016/03
4. 編集・監修  「レビューブック公衆衛生2016」 2015/10

学会発表


1. 医学研究における統計学の基礎知識 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2016/03/25
2. 疫学・生物統計学、協働か分業か?~循環器疫学、臨床家との共同研究を例にして~ (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2015/03/19
3. Sex- and age-specific population attributable fractions of CVD risk factor combinations: Pooled analysis of 85,432 participants in Japan (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2015/01/21
4. 東日本大震災と保健医療統計の研究(第1報) 震災前後の死亡状況 (ポスター,一般) 2014/11/05
5. 東日本大震災と保健医療統計の研究(第4報) 震災前後の医療施設の廃止・休止状況 (ポスター,一般) 2014/11/05
6. 東日本大震災と保健医療統計の研究(第5報) 震災前後の病院の受療状況 (ポスター,一般) 2014/11/05
7. 東日本大震災と保健医療統計の研究(第6報) 震災前後の患者の受療状況 (ポスター,一般) 2014/11/05
8. Distribution and twelve years' time trends of patient satisfaction in Japan using the national statistics database. (ポスター,一般) 2014/10/20
9. 厚生労働省受療行動調査による患者満足度に影響を与える医療施設特性の探索 (ポスター,一般) 2014/10/15
10. Sex- and age-specific population attributable fractions of CVD risk factor combinations: pooled analysis of 85,432 participants in Japan (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2014/08/18
全件表示(14件)
プロフィール

学歴


1. 1989/04~1993/03 東京大学 医学部 保健学科 卒業 保健衛生学士
2. 1993/04~1995/03 東京大学 医学系研究科 保健学専攻 修士課程修了 保健学修士
3. 1995/04~1998/03 東京大学 医学系研究科 健康科学・看護学専攻 博士課程修了 保健学博士

職歴


1. 1998/04~2002/05 大分県立看護科学大学 人間科学講座・健康情報科学研究室 助手
2. 2002/05~2005/07 国立環境研究所 環境健康研究領域・疫学・国際保健研究室 研究員(任期付)
3. 2005/07~2008/11 滋賀医科大学医学部 社会医学講座・福祉保健医学部門 特任講師
4. 2008/12~2014/03 滋賀医科大学医学部 社会医学講座・医療統計学部門 准教授
5. 2014/04~ 東邦大学 医学部 医学科 教授

現在の専門分野


疫学, 保健統計学, 医療統計学 (キーワード:医療統計学、疫学、保健統計学、メタアナリシス) 

所属学会


1. 2015/04~ 動脈硬化学会
2. 2015/07~2017/07 ∟ 評議員
3. 日本疫学会
4. 2008/04~2009/03 ∟ 将来構想検討委員会委員
5. 2008/04~2009/03 ∟ 統計利用促進委員会委員
6. 2009/01~2009/10 ∟ 理事選挙管理委員
7. 2011/04~2015/03 ∟ 評議員
8. 2015/04~2019/03 ∟ 代議員
9. 日本計量生物学会
10. 2012/04~2014/03 ∟ 評議員
全件表示(13件)

受賞学術賞


1. 2006/10 JSH Awards (Young Investigators Travel Awards)
2. 2008/10 日本高血圧学会 第31回Young Investigators Awards (YIA) 最優秀賞
3. 2009/10 日本公衆衛生学会 第68回日本公衆衛生学会学術総会優秀演題賞
4. 2012/01 日本疫学会 第22回日本疫学会学術総会ポスター賞
5. 2012/10 日本公衆衛生学会 日本公衆衛生学会ベストレビュワー賞
6. 2013/01 日本疫学会 第23回日本疫学会奨励賞

研究課題・受託研究・科研費


1. 2012/04~2015/03  東日本大震災等の大災害と保健医療統計の分析・評価・推計に関する研究  
2. 2013/04~2015/03  受療行動調査による患者の満足度と意識・行動等の現状と推移、相互の関連性およびその規定要因に関する研究  
3. 2013/04~2017/03  動脈硬化の進展にかかわる新しいバイオマーカーの探索  
4. 2014/04~2015/03  健康寿命の国内と海外の現状把握と分析評価に関する研究  
5. 2014/04~2020/03  社会的要因を含む生活習慣病リスク要因の解明を目指した国民代表集団の大規 模コホート研究:NIPPON DATA80/90/2010  
6. 2014/04~2017/03  大規模コホート共同研究の発展による危険因子管理の優先順位の把握と個人リスク評価に関するエビデンスの構築  
7. 2015/04~2019/03  受療行動調査を用いた患者満足度の経時変化に影響を与える因子探索と介入効果の推 定