(最終更新日:2020-01-27 16:56:47)
  ノガワ トモアキ   Nogawa Tomoaki
  能川 知昭
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   講師

学位


博士(理学)

刊行論文


1. 原著  Renormalization-group theory of the abnormal singularities at the critical-order transition in bond percolation on pointed hierarchical graphs 2018/11
2. 原著  Local cluster-size statistics in the critical phase of bond percolation on the Cayley tree 2016/05 Link
3. 原著  Chases and escapes, and optimization problems 2015/07 Link
4. 原著  ネットワーク構造がもたらすロバストな臨界性 2015/02 Link
5. 原著  Critical Phase in Complex Networks: a Numerical Study 2014/10 Link
6. 原著  Transition-type change between an inverted Berezinskii-Kosterlitz-Thouless transition and an abrupt transition in the bond percolation on a random hierarchical small-world network 2014/04 Link
7. 原著  Profile and scaling of the fractal exponent of percolations in complex networks 2013/11 Link

学会発表


1. 機械学習による力学系の次元縮約 III (口頭発表,一般) 2019/09/12
2. Dimensional Reduction of Dynamical Systems by Machine Learning (ポスター,一般) 2019/06/07
3. 機械学習を用いた力学系の自由度縮約II (ポスター,一般) 2019/03/17
4. スモールワールドな系で見られる ロバストな臨界性 (口頭発表,一般) 2018/07/21
5. 機械学習を用いた力学系の自由度縮約 (ポスター,一般) 2018/03/25
6. 階層スモールワールドネットワークにおける パーコレーション転移の特異性の分類 (口頭発表,一般) 2017/11/25
7. 階層グラフのパーコレーション転移における くりこみ群と秩序変数の特異性の関係 (ポスター,一般) 2017/08/31
8. 階層グラフのbackbone連結性と パーコレーション転移の特異性の関係 (口頭発表,一般) 2017/08/18
9. Jamming transition in superconductor (ポスター,一般) 2017/03/22
10. 階層スモールワールドネットワーク上の確率過程におけるロバストな臨界性 II (口頭発表,一般) 2017/03/18
全件表示(31件)
プロフィール

学歴


1. 2002/04~2005/03 大阪大学 理学研究科 物理学 博士課程修了 博士(理学)

職歴


1. 2013/04~ 東邦大学 医学部 医学科 講師

ホームページ


   https://www.lab2.toho-u.ac.jp/med/physics/nogawa/index.html

所属学会


1. 日本物理学会

研究課題・受託研究・科研費


1. 2013/04~2016/03  多成分剛体球の最密充填構造の実現と解析の数値的研究  
2. 2018/04~  機械学習による多自由度力学系の縮約