(最終更新日:2020-08-14 16:27:09)
  ツネオカ ヨウスケ   Tsuneoka Yosuke
  恒岡 洋右
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   講師

学位


博士(理学)

刊行論文


1. 原著  Modified in situ hybridization chain reaction using short hairpin DNAs 2020/04
2. 原著  Differential roles of each orexin receptor signaling in obesity 2019/10
3. 原著  Atlas of the telencephalon based on cytoarchitecture, neurochemical markers, and gene expressions in Rhinogobius flumineus (Mizuno, 1960). 2019/01
4. 総説  Molecular neuroanatomy of the mouse medial preoptic area with reference to parental behavior 2019/01
5. 原著  Mechanisms of sleep deprivation-induced hepatic steatosis and insulin resistance in mice. 2018/11
6. 原著  Corticotropin-Releasing Factor Receptor 1 in the Anterior Cingulate Cortex Mediates Maternal Absence-Induced Attenuation of Transport Response in Mouse Pups 2018/07
7. 原著  Forebrain Ptf1a is required for sexual differentiation of the brain. 2018/07
8. 原著  Immunolocalization of muscarinic M1 receptor in the rat medial prefrontal cortex 2018/06
9. 原著  Neurotransmitters and neuropeptides in gonadal steroid receptor-expressing cells in medial preoptic area subregions of the male mouse 2017/08
10. 原著  Moxd1 is a marker for sexual dimorphism in the medial preoptic area, bed nucleus of the stria terminalis and medial amygdala. 2017/03
全件表示(32件)

著書


1. 部分執筆  Assessing Postpartum Maternal Care, Alloparental Behavior, and Infanticide in Mice: With Notes on Chemosensory Influences, Pheromone Signaling 2013/09

学会発表


1. ショートヘアピンDNAを用いたin situ HCR法の開発 (口頭発表,一般) 2020/03/26
2. 内側視索前野における雄性行動関連細胞の機能解剖学的解析 (口頭発表,一般) 2019/10/25
3. 内側視索前野-性的二型核におけるMoxd1陽性細胞の解剖学的解析 (口頭発表,一般) 2019/03/28
4. Neuroanatomy of the sexually dimorphic nucleus of the medial preoptic area (口頭発表,特別・招待講演等) 2019/03/20
5. Glutamatergic neurons in the mouse medial preoptic area regulate parental motivation (ポスター,一般) 2018/07/26
6. マウス内側視索前野における神経ペプチドmRNA発現と性的二型 (ポスター,一般) 2018/03/30
7. 多様な生得的行動を制御する内側視索前野の機能解剖学的研究 (口頭発表,特別・招待講演等) 2018/03/30
8. 性的二型核マーカーMoxd1の内側視索前野における発現 (口頭発表,一般) 2017/03/28
9. マウス内側視索前野の性ホルモン受容体発現細胞における分子組成 (口頭発表,一般) 2016/09/15
10. 生得的社会行動を制御する内側視索前野の機能解剖学的解析 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2016/03/28
全件表示(29件)
プロフィール

学歴


1. 2000/04~2004/03 早稲田大学 教育学部 生物学科 卒業 学士(理学)
2. 2004/03~2006/03 早稲田大学 理工学研究科 生命理工学専攻 修士課程修了 修士(理学)
3. 2006/04~2009/03 茨城大学 理工学研究科 環境機能科学専攻 博士課程修了 博士(理学)

職歴


1. 2009/04~2013/03 (独)理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
2. 2013/04~2017/09 東邦大学 医学部 医学科 助教
3. 2014/04~ 東京医療学院大学 非常勤講師
4. 2014/04~2020/03 神奈川県立衛生看護専門学校 非常勤講師
5. 2014/09~2016/03 日本女子大学 理学部 非常勤講師
6. 2015/08~2015/08 山形大学理学部 非常勤講師
7. 2017/10~ 東邦大学 医学部 医学科 講師

科研費研究者番号


50549011

ホームページ


   http://toho-funatolab.jp/

受賞学術賞


1. 2005/11 ハート昆虫奨励研究奨励基金ハート大賞 優秀賞
2. 2012/09 第17回行動神経内分泌研究会学術集会 最優秀発表賞
3. 2018/03 日本解剖学会 日本解剖学会奨励賞 (多様な生得的行動を制御する内側視索前野の機能解剖学的研究)

研究課題・受託研究・科研費


1. 2007/04~2008/03  サムライアリによるクロヤマアリコロニーへの寄生メカニズムの解明  
2. 2008/04~2009/03  社会寄生種サムライアリを用いたアリの産卵抑制機構の解明  
3. 2009/10~2010/03  マウス養育中枢に発現する神経ペプチドが養育行動の各要素に果たす役割の遺伝学的解析  
4. 2012/04~2014/03  脳の養育中枢における摂食調節分子アミリンの新規機能の解明  
5. 2013/09~2014/03  腹側被蓋野ドーパミン系を制御する視索前野ニューロンの機能解剖学的解析  
6. 2014/09~2015/03  内側視索前野で発見された新規マウス性的二型核の神経解剖学的解析  
7. 2015/04~2018/03  遺伝薬理学を用いた前頭前皮質へのコリン作動性神経入力の解明  
8. 2015/04~2018/03  多様な生得的行動を制御する神経領域:内側視索前野の機能解剖学的解析  
9. 2016/04~2017/03  Distinct preoptic-BST nuclei dissociate paternal and infanticidal behavior in mice.  
10. 2016/04~2017/03  ゲノム編集技術を用いた内側視索前野ペプチド群の摂食制御機能の解明  
全件表示(19件)