(最終更新日:2020-08-18 14:22:25)
  スギヤマ アツシ   Sugiyama Atsushi
  杉山 篤
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   教授

学位


医学博士

刊行論文


1. 原著  Effects of acute intravenous administration of pentamidine, a typical hERG trafficking inhibitor, on the cardiac repolarization process of the halothane-anesthetized dogs 2009/08
2. 原著  In vivo analysis of the effects of intravenously as well as orally administered moxifloxacin on the pharmacokinetic and electrocardiographic variables along with its torsadogenic action in the chronic atrioventricular block cynomolgus monkeys. 2020/05/13
3. 原著  Risperidone alone did not induce torsade de pointes: experimental evidence from the chronic atrioventricular block model dogs. 2020/05/13
4. 原著  Analysis of electropharmacological effects of AVE0118 on the atria of chronic atrioventricular block dogs: characterization of anti-atrial fibrillatory action by atrial repolarization-delaying agent. 2020/04/20
5. 原著  Characterization of microminipig as a laboratory animal for pharmacological study by analyzing bepridil-induced cardiovascular responses. 2020/04
6. 原著  Electropharmacological characterization of aciclovir in the halothane-anesthetized dogs: a proposal of evaluation method for cardiovascular safety pharmacology of anti-virus drugs. 2020/03/17
7. その他  研究者にとっての論文十ヶ条 2020/01
8. その他  第141回日本薬理学会関東部会 2020/01
9. 原著  How the deuteration of dronedarone can modify its cardiovascular profile: in vivo characterization of electropharmacological effects of poyendarone, a deuterated analogue of dronedarone. 2019/12
10. 原著  Utilization of the chronic atrioventricular block cynomolgus monkey as an in vivo model to evaluate drug interaction-associated torsade de pointes. 2019/12
全件表示(172件)

著書


1. 部分執筆  14.抗不整脈薬「エース薬理学」 2020/07
2. 編集・監修  VOL.4 主な疾患と薬(3)「薬の基礎知識4」 2020/05
3. 編集・監修  VOL.5 主な疾患と薬(4)「薬の基礎知識5」 2020/05
4. 編集・監修  VOL.3 主な疾患と薬(2)「薬の基礎知識3」 2020/02
5. 翻訳  第40章 肺の薬理学「グッドマン・ギルマン薬理学書 13版」 2020/02
6. 翻訳  徐脈性不整脈「ヨーロッパ心臓病学会 心血管薬物療法 ハンドブック」 2020/01
7. 編集・監修  VOL.2 主な疾患と薬(1)「薬の基礎知識2」 2019/11
8. 編集・監修  VOL.1 薬とは「薬の基礎知識1」 2019/10
9. 部分執筆  循環器毒性「トキシコロジー(第3版)」 2018/03
10. 部分執筆  「コメディカルのための薬理学 第3版」 2018/03
全件表示(25件)

学会発表


1. The levofloxacin QT study in Japanese subjects (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2010/05/26
2. 薬物誘発性QT延長評価をめぐる新たな展開 超小型ミニブタの開発:薬物性QT延長症候群評価モデルへの応用 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2010/06/05
3. 催不整脈モデルとしての慢性房室ブロック(AVB)サルの有用性 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2010/06/16
4. ヒトES/iPS由来心筋細胞を用いた創薬スクリーニングシステム:薬物性QT延長症候群回避のための新たなる戦略 New strategy for preventing drug-induced long QT syndrome using human ES/iPS cell-derived cardiomyocytes. (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2010/06/17
5. 慢性房室ブロック(AVB)サルモデルによるVerapamil及びBepridilの催不整脈作用の評価 (ポスター,一般) 2010/06/18
6. On-Chip Pre-Clinical Cardiac Toxicity: Testing Compounds Beyond hERG and QT using hES/hiPS Cardiomyocyte Cell Network Re-Entry Model on a Chip. (口頭発表,特別・招待講演等) 2010/02/01
7. A new in vitro model to detect proarrhythmic effects of drugs on human heart cells. (ポスター,一般) 2009/09/16
8. Chronic atrioventricular block model of micro-mini pigs: A new proarrhythmia model for drug-induced torsades de pointes. (ポスター,一般) 2009/09/17
9. 新しい薬物性QT延長症候群評価モデル:慢性房室ブロックマイクロミニピッグの開発 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2010/03/17
10. 「病態モデル」を用いた安全性薬理評価 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2010/03/18
全件表示(574件)
プロフィール

学歴


1. 山梨医科大学 医学研究科 生理系 博士課程修了 医学博士

職歴


1. 1996/07~2010/03 山梨医科大学/山梨大学・大学院 医学部・薬理学/医学工学総合研究部・薬理学 助教授/准教授
2. 2010/04~ 東邦大学 医学部 医学科 教授

所属学会


1. 日本安全性薬理研究会
2. 2010/02~ ∟ 幹事
3. 日本循環器学会
4. 日本循環制御医学会
5. 2007/04~ ∟ 評議員
6. 日本心電学会
7. 1999/10~ ∟ 評議員
8. 日本内科学会
9. 日本不整脈学会
10. 2000/05 ∟ 評議員
全件表示(13件)

受賞学術賞


1. 2010/08 第92回日本獣医循環器学会症例賞
2. 2018/07 一般社団法人日本毒性学会 日本毒性学会田邊賞
3. 2020/06 日本毒性学会 日本毒性学会ファイザー賞

取得特許


1. 2010/10/05 Enzymatic fluorometric assay for cAMP and adenylate cyclase and kit therefor(United States Patent No. 7,807,367 B2)
2. 2010/10/29 不整脈治療剤(日本国特許第4613496)
3. 2011/03/18 心房細動モデル動物の作製方法、心房細動を誘発させる方法及び心房細動を誘発させた動物を用いた心房細動抑制剤の評価方法(日本国特許第4704712)
4. 2011/09/13 Enzymatic fluorometric assay for cAMP and adenylate cyclase(Canadian Patent 2,367,904)
5. 2012/07/13 抗不整脈剤及び心房細動抑制剤(特許第5039236号)
6. 2013/02/19 Animal model with induced arrhythmia(Canadian Patent No. 2601463)
7. 2013/09/06 心房細動を誘発させる方法(特許第5358592号)
8. 2014/09/19 持続性心房細動モデル及びその製造方法、並びに、心房細動抑制剤のスクリーニング方法(特許第5615868号)
9. 2019/05/10 心臓マッサージ練習用具及び心臓マッサージ練習方法(特許第6522376号)

研究課題・受託研究・科研費


1. 2010/04~2011/03  iPS細胞等幹細胞を用いた創薬スクリーニングシステムの開発  
2. 2010/04~2013/03  心房細動の治療標的分子の同定:持続性心房細動モデル犬を用いて  
3. 2010/09~2011/03  ヒト由来幹細胞の安全性薬理試験への応用可能性のための調査研究  
4. 2011/04~2012/03  ヒト由来幹細胞の安全性薬理試験への応用可能性のための調査研究  
5. 2011/04~2016/03  慢性炎症性疾患の再生医学を応用した革新的予防法・治療法創成の拠点形成  
6. 2012/04~2013/03  ヒト由来幹細胞の安全性薬理試験への応用可能性のための調査研究  
7. 2013/04~2014/03  スフィンゴシン1-リン酸受容体修飾薬による房室伝導ブロックの発生機序の解明  
8. 2013/04~2014/03  難治性薬剤抵抗性抗血圧に対する革新的な腎動脈交感神経アブレーション法の開発  
9. 2014/04~2015/03  スフィンゴシン1-リン酸受容体修飾薬による房室伝導ブロックの発生機序の解明  
10. 2014/04~2015/03  難治性薬剤抵抗性抗血圧に対する革新的な腎動脈交感神経アブレーション法の開発  
全件表示(23件)