(最終更新日:2020-08-18 14:20:40)
  ナカセコ(イズミ) ヒロコ   Izumi-Nakaseko Hiroko
  中瀬古(泉) 寛子
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   講師

学位


博士(理学)

刊行論文


1. 原著  In vivo analysis of the effects of intravenously as well as orally administered moxifloxacin on the pharmacokinetic and electrocardiographic variables along with its torsadogenic action in the chronic atrioventricular block cynomolgus monkeys. 2020/05/13
2. 原著  Risperidone alone did not induce torsade de pointes: experimental evidence from the chronic atrioventricular block model dogs. 2020/05/13
3. 原著  Analysis of electropharmacological effects of AVE0118 on the atria of chronic atrioventricular block dogs: characterization of anti-atrial fibrillatory action by atrial repolarization-delaying agent. 2020/04/20
4. 原著  Characterization of microminipig as a laboratory animal for pharmacological study by analyzing bepridil-induced cardiovascular responses. 2020/04
5. 原著  Electropharmacological characterization of aciclovir in the halothane-anesthetized dogs: a proposal of evaluation method for cardiovascular safety pharmacology of anti-virus drugs. 2020/03/17
6. その他  研究室訪問:東邦大学医学部薬理学講座 2020/01
7. 原著  How the deuteration of dronedarone can modify its cardiovascular profile: in vivo characterization of electropharmacological effects of poyendarone, a deuterated analogue of dronedarone. 2019/12
8. 原著  Utilization of the chronic atrioventricular block cynomolgus monkey as an in vivo model to evaluate drug interaction-associated torsade de pointes. 2019/12
9. 原著  Experimental analysis of the onset mechanism of TdP reported in an LQT3 patient during pharmacological treatment with serotonin-dopamine antagonists against insomnia and nocturnal delirium. 2019/10
10. 原著  In vivo characterization of rate-dependent impact on the QT interval of microminipig assessed by atrial electrical pacing: Development of correction formulae of QT interval. 2019/10
全件表示(86件)

著書


1. 部分執筆  14.抗不整脈薬「エース薬理学」 2020/07

学会発表


1. Physiological properties of excitation-contraction relationships in human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes sheets. (口頭発表,一般) 2020/03/19
2. Analysis of in vivo electropharmacological effects of vanoxerine. (口頭発表,一般) 2020/03/18
3. Cardiac mechano-physiology: physiology and pathophysiology of the mechano-electrical coupling. (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2020/03/18
4. Electropharmacological analysis of ranolazine in vivo using the halothane-anesthetized dogs. (口頭発表,一般) 2020/03/18
5. Lamotrigineによる心血管有害作用に対する安全域の分析:ハロセン麻酔犬モデルでの検討 (口頭発表,一般) 2020/03/18
6. チロシンキナーゼ阻害薬imatinibによる左室拡張障害の発生機序の検討 (口頭発表,一般) 2020/03/18
7. Development and assessment of a new in vitro platform of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes for evaluating the drug-induced biological phenomena predicting clinically observed cardiac effects. (ポスター,一般) 2020/03/16
8. 病態の科学を修得するための医学部薬理学実習 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2020/03/16
9. ハロセン麻酔犬を用いたaciclovirの電気薬理学的作用の評価:抗ウイルス薬の心血管安全性薬理学における評価手法の提案 (ポスター,一般) 2020/02/28
10. 重水素化がdronedaroneの心血管薬理作用に与える影響の評価:ハロセン麻酔犬を用いたdronedarone重水素化誘導体poyendaroneの電気薬理学的特徴づけ (ポスター,一般) 2020/02/28
全件表示(259件)
プロフィール

職歴


1. 2007/04~2017/12 東邦大学 医学部 医学科 助教
2. 2018/01~ 東邦大学 医学部薬理学講座 専任講師
3. 2018/01~ 東邦大学 医学部 医学科 講師

現在の専門分野


分子薬理学, 電気生理学 (キーワード:イオンチャネル、心臓) 

所属学会


1. 国際心臓研究会
2. 日本循環薬理学会
3. 日本神経科学学会
4. 2018/04~ 日本毒性学会
5. 日本生理学会
6. 2014/09~ ∟ 男女共同参画推進委員会委員
7. 2015/03~ ∟ 評議員
8. 日本薬理学会
9. 2014/09~2018/10 ∟ 代議員
10. 2015/04~ ∟ 学術評議員
全件表示(11件)

受賞学術賞


1. 2015/02 日本安全性薬理研究会 第6回 日本安全性薬理研究会 学術年会 優秀研究発表賞 (Effects of class I antiarrhythmic drugs on the electrical excitation and conduction in the human iPS cell-derived cardiomyocyte sheet)
2. 2018/07 一般社団法人日本毒性学会 平成30年度 田邊賞 (Characterization of human iPS cell-derived cardiomyocyte sheets as a model to detect drug-induced conduction disturbance.)
3. 2020/06 一般社団法人 日本毒性学会 令和2年度 ファイザー賞 (Characterization of human iPS cell-derived cardiomyocyte sheets as a model to detect drug-induced conduction disturbance.)

その他


公益社団法人 日本薬理学会 薬理学エデュケーター

研究課題・受託研究・科研費


1. 2006/04~2008/03  マウス精子でのフォスファチジルコリン転移酵素類似タンパク質とイオンチャネルの相互作用  (キーワード:精子、イオンチャネル、脂質)
2. 2006/09~2007/03  初代培養心房筋細胞を用いた心房細動における心房の電気的リモデリングモデルの確立  
3. 2007/01~2007/12  in vitro 慢性心房細動モデルを用いた心房電気的モデリングにおける電位依存性Ca2+チャネルサブタイプの発現・機能調節の解析  
4. 2007/09~2008/03  心臓に発現する電位依存性L型Ca2+チャネルCaV1.2とCaV1.3の解析  
5. 2008/04~2010/03  脂質結合蛋白を介したカルシウムシグナロソームの制御機構  
6. 2008/09~2009/03  L型カルシウムチャネルCaV1.3を介したカルシウムシグナリングと心房細動  
7. 2009/09~2010/03  PCTP-Lによる心房筋特異的なイオンチャネルの制御の解明  
8. 2010/09~2011/03  心房筋における脂質結合タンパク質を介したL型Ca2+チャネルの新規な制御機構  
9. 2011/04~2014/03  心房特異的脂質結合タンパク質を介したカルシウムチャネルシグナロソームの制御  (キーワード:カルシウムチャネル、心房細動、脂質)
10. 2013/09~2014/03  Na+チャンネル修飾薬を用いたiPS由来心筋細胞シートの特徴付け  (キーワード:iPS、心室筋、興奮伝導)
全件表示(28件)