(最終更新日:2020-01-27 16:56:49)
  ヒガイ コウジ   Higai Koji
  檜貝 孝慈
   所属   東邦大学  薬学部 薬学科
   職種   教授

学位


博士(薬学)

刊行論文


1. 原著  Comprehensive evaluation of antioxidant effects of Japanese Kampo medicines led to identification of Tsudosan formulation as a potent antioxidant agent. 2019/06
2. 原著  Noradrenaline-induced relaxation of urinary bladder smooth muscle is primarily triggered through the β₃-adrenoceptor in rats 2019/05 Link
3. 原著  Influence of Sorafenib on Host Immunity in Patients with Liver Cirrhosis With Advanced Hepatocellular Carcinoma Stratified by Etiology 2019/04
4. 原著  Globo-A binds to the recombinant natural cytotoxicity receptor NKp44 2018/10
5. 原著  Identification of caffeoylquinic acid derivatives as natural protein tyrosine phosphatase 1B inhibitors from Artemisia princeps 2018/10
6. 原著  Isolation, Structural Elucidation, and Liquid Chromatography–Mass Spectrometry Analysis of Steroidal Glycosides from Polygonatum odoratum 2018/10
7. 原著  Quantitative measurements of sorafenib in patients with advanced hepatocellular carcinoma. 2018/08
8. 原著  Transcriptional Regulation of the Natural Cytotoxicity Receptor NKp44 Gene in Human NK cell Leukemia. 2018/07
9. 原著  Sorafenib Decreases Dihydropyrimidine Dehydrogenase Gene Expression in Hepatocellular Carcinoma HepG2 Cells 2018/06
10. 総説  SorafenibによるNKG2DリガンドULBP1発現への影響 2018/06
全件表示(59件)

著書


1. 部分執筆  5.5 組換え蛋白質:組換え蛋白質の発現と糖鎖修飾「バイオマテリアルの基礎」 2010/08

学会発表


1. ソラフェニブで加療された肝細胞癌合併肝硬変症例に対するレボカルニチン製剤のサルコペニア抑制効果 (ポスター,一般) 2019/06/29
2. 肝癌細胞株 HepG2細胞における Sorafenib による ST3Gal3発現の変化 (ポスター,一般) 2019/06/29
3. 肝細胞癌に対するレンバチニブ投与における Th1/Th2細胞バランスのバイオマーカーとしての有用性 (ポスター,一般) 2019/06/29
4. 肝細胞癌合併肝硬変症例に対するソラフェニブ投与の肝星細胞抑制の可能性 (ポスター,一般) 2019/06/29
5. 当科におけるレンバチニブの使用経験 (ポスター,一般) 2019/05
6. Sorafenib による NKG2D リガンド ULBP1 発現 (ポスター,一般) 2019/03/22
7. ラット排尿筋でのノルアドレナリンによる弛緩反応は主にβ3-アドレナリン受容体を介して引き起こされる (ポスター,一般) 2019/03/15
8. 当科におけるレンバチニブの使用経験 (ポスター,一般) 2019/01/26
9. ノルアドレナリンによるラット排尿筋の弛緩反応に関わるβ-アドレナリン受容体サブタイプの薬理学的検討 (ポスター,一般) 2018/08/17
10. イソプレナリンによるモルモット結腸縦走筋の弛緩反応にはβ1とβ3-アドレナリン受容体が関与する (ポスター,一般) 2018/08/03
全件表示(140件)
プロフィール

学歴


1. 1995/04~1997/03 東邦大学 薬学研究科 修士課程修了 薬学修士
2. 2007/07~2007/07 東邦大学 薬学研究科 博士(薬学) 第84号

職歴


1. 1997/04~2007/03 東邦大学 薬学部 薬学科 臨床化学教室 助手
2. 2007/04~2007/11 東邦大学 薬学部 薬学科 臨床化学教室 助教
3. 2007/12~2011/08 東邦大学 薬学部 薬学科 講師
4. 2011/09~2015/03 東邦大学 薬学部 薬学科 准教授
5. 2015/04~ 東邦大学 薬学部 病態生化学研究室 准教授

現在の専門分野


病態医化学, 生物系薬学, 病態検査学, 消化器内科学 (キーワード:NK細胞、肝細胞がん、分子標的薬) 

ホームページ


   https://www.toho-u.ac.jp/phar/labo/byosei.html

所属学会


1. 日本薬学会
2. 日本肝がん分子標的治療研究会
3. 日本消化器病学会
4. 日本生化学会
5. 日本分子生物学会

受賞学術賞


1. 2008 東邦大学 額田奨学金
2. 2014 第10回日本肝がん分子標的治療研究会優秀演題受賞
3. 2014 第10回日本肝がん分子標的治療研究会優秀演題受賞(研究分担者)
4. 2014 第9回日本肝がん分子標的治療研究会優秀演題受賞
5. 2015 第12回日本肝がん分子標的治療研究会優秀演題受賞
6. 2016 第13回日本肝がん分子標的治療研究会優秀演題受賞
7. 2016 第14回日本肝がん分子標的治療研究会優秀演題受賞(研究分担者)
8. 2017 第15回日本肝がん分子標的治療研究会優秀演題受賞
9. 2019 ひらめき☆ときめきサイエンス

研究課題・受託研究・科研費


1. 2003~2003  炎症患者血清中α1-acid glycoprotein上の糖鎖構造解析  
2. 2005~2005  タンパク質の非生理的翻訳後修飾が生理機能に与える影響:老化と病態  
3. 2005~2005  糖鎖によるNK細胞傷害活性の制御機構  
4. 2006~2006  老化および糖尿病で生じる異常タンパク質が細胞機能に与える影響  
5. 2006~2010  老化関連疾患における生体高分子異常の分子機構と予防・治療:加齢による生体高分子異常の分子機構とその制御  
6. 2009~2009  タンパク質のポストトランスレーショナル修飾の加齢変化とその生体機能に対する影響  
7. 2009/04~2010/03  キラーレクチン受容体の糖鎖リガンドの解析と細胞機能制御  
8. 2010~2010  糖化アルブミンによる炎症誘発性サイトカインMIP-1β遺伝子発現に及ぼすリガンド構造およびその受容体の解析  
9. 2011/04~2013/03  糖鎖によるNK細胞の活性化制御  
10. 2013~2013  ソラフェニブによる5-fluorouracil感受性増強メカニズムと抗腫瘍効果  
全件表示(15件)