(最終更新日:2020-03-06 14:35:34)
  ナカムラ マサキ   Nakamura Masaki
  中村 真樹
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   助教

学位


博士(理学)

刊行論文


1. 原著  Reciprocal Expression of PCY1 and CYC6 in Pseudopediastrum boryanum and Pediastrum duplex (Chlorophyceae) is Regulated via a Common Transcription Mechanism under Copper-Deficient Condition 2019/02/27
2. 原著  緑藻のプラストシアニンとシトクロムc6の配列比較 2012/03
3. 原著  白内障術後遅発性眼内炎初診時における前眼部所見 2011/03
4. 症例報告  リファブチン関連ぶどう膜炎の2例 2010/09
5. 症例報告  Detection of Cytomegalovirus DNA from Cytomegalovirus Corneal Endotheliitis After Penetrating Keratoplasty 2010/06
6. 原著  UVB-induced Damage and Photoreactivation in the Integument of the Terrestrial Isopod Armadillidium vulgare 2010/03
7. 原著  Identification of Satellite Cells in Skeletal Muscle 2008/06
8. 原著  スズガエルBombina orientalisにおけるUVB照射によるDNA損傷と修復 2005/04
9. 原著  Accumulation of Plastocyanin mRNA Lacking 5' Region in the Green Alga, Pediastrum boryanum Grown under Copper-Deficient Conditions 2000/01
10. 原著  The syntheses of plastocyanin and cytochrome c-553 are regulated by copper at the pre-translational level in a green alga, Pediastrum boryanum. 1992/02

学会発表


1. 金属タンパク質の活性中心の性質を分子レベルで明らかにするモデル研究 (口頭発表,一般) 2017/11/09
2. 金属タンパク質における未解明活性中間体のモデル研究 (口頭発表,一般) 2016/11/09
3. 温泉は生物資源の宝庫である (口頭発表,一般) 2013/11/18
4. 金属タンパク質における新規活性中間体のモデル研究 (口頭発表,一般) 2013/11/13
5. Mesostigma viride(メソスティグマ藻綱)のプラストシアニン遺伝子の構造と発現 (ポスター,一般) 2012/09
6. 緑藻Pediastrum simplexにおけるシトクロムc6遺伝子の銅による発現制御 (ポスター,一般) 2012/09
7. ヘムタンパク質の新規活性中間体を解明するモデル研究 (口頭発表,一般) 2011/11/11
8. 緑藻Pediastrum simplexにおけるプラストシアニン遺伝子の銅による発現制御 (口頭発表,一般) 2011/09/17
9. 緑藻Monoraphidium griffithiiのシトクロムc6の遺伝子解析 (ポスター,一般) 2011/09
10. ヘムタンパク質の電子構造と機能を解明するための13C NMR法を用いた新規プローブ開発:ミオグロビンケース (口頭発表,一般) 2009/11/13
全件表示(28件)
プロフィール

職歴


1. 2007/04~ 東邦大学 医学部 医学科 助教