(最終更新日:2020-07-31 15:53:10)
  ツチヤ ユウイチ   Tsuchiya Yuuichi
  土屋 勇一
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   講師

学位


博士(理学)

刊行論文


1. 原著  Hepatic ferroptosis plays a potential role as the trigger for initiating inflammation in nonalcoholic steatohepatitis 2019/06
2. 総説  FLIP the Switch: Regulation of Apoptosis and Necroptosis by cFLIP. 2015/12
3. 原著  Dual inhibition of Cdc2 protein kinase activation during apoptosis in Xenopus egg extracts 2015/04
4. 総説  慢性炎症と悪性腫瘍(がん) 2015/01
5. 総説  細胞周期制御の分子メカニズム 2013/09
6. 原著  Anti-apoptotic activity and proteasome-mediated degradation of Xenopus Mcl-1 protein in egg extracts. 2011/03
7. 総説  成熟未受精卵における自発的アポトーシスの分子メカニズム 2012/01
8. 原著  Pro-apoptotic activity and mono-/diubiquitylation of Xenopus Bid in egg extracts 2009/07
9. 原著  Inhibition of apoptosis by ascorbic and dehydroascorbic acids in Xenopus egg extracts 2009/02
10. 総説  Till disassembly do us part: A happy marriage of nuclear envelope and chromatin 2008/01
全件表示(17件)

学会発表


1. cFLIP prevents exacerbation of non-alcoholic steatotic hepatitis by inhibiting apoptosis of hepatocytes (ポスター,一般) 2019/06/06
2. フェロトーシスによる肝細胞死が非アルコール性脂肪性肝炎の初期炎症の起点として重要である (ポスター,一般) 2019/07/13
3. cFLIPは肝細胞において非アルコール性脂肪性肝炎の増悪を防ぐ (ポスター,一般) 2019/07/13
4. 肝細胞死亢進マウスを用いた非アルコール性脂肪性肝炎のバイオマーカーと治療法の開発 (口頭発表,特別・招待講演等) 2019/06/17
5. 肝細胞死亢進マウスを用いた肝幹細胞増殖因子同定の試み (口頭発表,一般) 2016/09/26
6. FGF18は非アルコール性脂肪性肝炎において傷害を受けた肝細胞が産生する「ダイイングコード」である (口頭発表,一般) 2019/09/20
7. フェロトーシスによる肝細胞死が非アルコール性脂肪性肝炎の初期炎症の起点として重要である (口頭発表,一般) 2019/09/18
8. 光学的p38活性制御による細胞の増殖抑制シグナルの解明 (口頭発表,一般) 2018/02/14
9. cFLIP結合タンパク質の同定と 機能的役割の解析 (口頭発表,一般) 2015/11/12
10. 卵の生存維持におけるMcl-1の機能解析 (口頭発表,一般) 2015/02/20
全件表示(55件)
プロフィール

学歴


1. 1987/04~1991/03 東京大学 理学部 生物化学科 卒業
2. 1991/04~1996/03 東京大学大学院 理学系研究科 生物化学専攻 博士課程修了 博士(理学)

職歴


1. 1996/04~1998/03 国立精神・神経医療研究センター 疾病研究第1部 流動研究員
2. 2007/04~2012/01 東邦大学 医学部 医学科 助教
3. 2012/02~ 東邦大学 医学部 医学科 講師

科研費研究者番号


10307738

所属学会


1. 1992/04~ 日本生化学会
2. 1998/04~ 日本分子生物学会
3. 2019/05~ 日本Cell Death学会

研究課題・受託研究・科研費


1. 2017/04~2020/03  肝細胞死亢進マウスを用いた非アルコール性脂肪性肝炎のバイオマーカーと治療法の 開発