(最終更新日:2020-09-01 13:36:12)
  アリタ ミチツネ   Arita Michitsune
  有田 通恒
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   助教

学位


博士(医学)

刊行論文


1. 総説  DNAミスマッチ修復 2020/09
2. 原著  Licochalcone A Inhibits BDNF and TrkB Gene Expression and Hypoxic Growth of Human Tumor Cell Lines 2020/01/13
3. 原著  Amino acid analyses of the exosome-eluted fractions from human serum by HPLC with fluorescence detection. 2018/05
4. 原著  Antifibrotic response of cardiac fibroblasts in hypertensive hearts through enhanced TIMP-1 expression by basic fibroblast growth factor 2014/03
5. 原著  Down-regulation of MutS homolog 3 by hypoxia in human colorectal cancer. 2012/04
6. 原著  ACE2- Ang 1-7-MAS Axis in Human Diabetic Nephropathy 2012/03
7. 原著  Effluent Markers Related to Epithelial Mesenchymal Transition with Adjusted Values for Effluent Cancer Antigen 125 in Peritoneal Dialysis Patients 2011/06
8. 原著  Urinary ACE2 in patients with CKD 2011/04
9. 原著  Angiotensin-Converting Enzyme 2 Expression in a Human Proximal Tubular Cell Line HK-2 2011/01
10. 原著  腹膜障害の基礎と臨床 中性液、icodextrin液によるTGF-β1、VEGF発現増加とその抑制 2010/09
全件表示(26件)

学会発表


1. マイクロサテライト不安定性の一形式であるEMASTの発生過程におけるp53の役割 (ポスター,一般) 2017/12/07
2. 甘草由来化合物Licochalcone AによるTrkB mRNA分解促進作用 (ポスター,一般) 2017/11/10
3. Licochalcone A inhibits hypoxic and normoxic growth via different proliferative pathways in a human neuroblastoma cell line SK-N-SH (ポスター,一般) 2015/11/27
4. 甘草由来成分リコカルコンAの抗がん活性:TrkB-JNK シグナリング阻害を介した神経芽腫細胞増殖抑制 (ポスター,一般) 2015/10/08
5. N-myc非増幅神経芽腫細胞株SK-N-SHの低酸素応答性の多様性 (ポスター,一般) 2014/11/28
6. EMAST大腸癌の悪性化に寄与する遺伝子の探索 (ポスター,一般) 2014/09/27
7. N-myc非増幅神経芽腫細胞が示すMAPK経路活性化を介した低酸素性N-myc発現増加と増殖亢進. (ポスター,一般) 2013/11/29
8. Generation of EMAST in a colorectal cancer cell line under hypoxic condition (ポスター,一般) 2013/10/03
9. DNAミスマッチ修復遺伝子MSH3によるEMAST腫瘍発生の分子機構 (ポスター,一般) 2012/12/13
10. 神経芽腫における低酸素下でのMAPK経路によるN-mycの活性化 (口頭発表,一般) 2012/12/01
全件表示(103件)
プロフィール

職歴


1. 2007/04~ 東邦大学 医学部 医学科 助教

科研費研究者番号


80307719

研究課題・受託研究・科研費


1. 1999/04~2000/03  hMLH1遺伝子発現機構の解明:転写調節領域の特定化と転写調節因子の検索  
2. 2000/04~2001/03  hMLH1遺伝子発現抑制に関与する転写調節因子の検索と同定  
3. 2001/04~2002/03  hMLH1遺伝子の発現調節機構の解明:転写調節因子の単離と同定  
4. 2001/04~2003/03  ミスマッチ修復遺伝子の転写制御機構の検討:転写因子の単離同定と役割の解明  
5. 2002/04~2003/03  hMLH1遺伝子の発現調節に必須な転写因子の単離・同定  
6. 2003/04~2004/03  hMLH1遺伝子の転写制御因子複合体の同定  (キーワード:DNAミスマッチ修復,hMLH1,転写制御因子)
7. 2003/04~2006/03  ミスマッチ修復遺伝子hMLH1の転写制御機構の解明:転写因子の同定とその異常検索  
8. 2004/04~2005/03  hMLH1遺伝子の転写重要部位FP61へ結合する転写因子の検索と同定  (キーワード:hMLH1,転写因子,プロモーター,)
9. 2005/04~2006/03  Caspase非依存性細胞死経路におけるミスマッチ修復タンパクの役割の解明  (キーワード:caspase,アポトーシス,DNAミスマッチ修復)
10. 2006/04~2007/03  DNAミスマッチ修復タンパクによるDNA二重鎖切断制御機構の解明  (キーワード:DNAミスマッチ修復,DNA二重鎖切断)
全件表示(22件)