photo
    (最終更新日:2020-05-26 12:25:47)
  タマル テルヤ   Tamaru Teruya
  田丸 輝也
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   講師

学位


博士(理学)

刊行論文


1. 原著  CK2alpha phosphorylates BMAL1 to regulate the mammalian clock. 2009/04
2. 原著  CLOCK:BMAL- independent circadian oscillation of zebrafish Cryptochrome1a gene. 2009/07
3. 原著  Circadian modification network of a core clock driver BMAL1 to harmonize physiology from brain to peripheral tissues. 2018/08
4. その他  Intracellular signaling to integrate synchronous functioning of circadian adaptation system. 2018/03
5. その他  Molecular basis in clock genes to control synchronous circadian oscillation. 2017/03
6. 総説  Circadian adaptation to cell injury stresses: a crucial interplay of BMAL1 and HSF1. 2016/06
7. 原著  Synchronization of circadian Per2 rhythms and HSF1-BMAL1:CLOCK interaction in mouse fibroblasts after short-term heat shock pulse. 2011/09

学会発表


1. 日周期変動性BMAL1キナーゼPFKの哺乳類体内時計おける役割 (ポスター,一般) 2008/07
2. Initial signals to synchronize cellular clocks commonly evoking environmental stress adaptation (ポスター,一般) 2019/10/12
3. Initial protein events commonly pivotal for various environments/stresses- triggered cellular clock synchronization (ポスター,一般) 2019/08/26
4. Initial protein events synchronizing cellular clocks to elicit environmental stress adaptation. (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/03/31
5. Intracellular signaling to integrate synchronous functioning of circadian adaptation system. (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/03/30
6. 概日リズムの同期プロセスを束ねる細胞内分⼦イベント. (ポスター,一般) 2017/12/08
7. 概日時刻依存性のストレス転写因子活性化は紫外光照射への適応応答を制御する. (ポスター,一般) 2017/12/08
8. BMAL1-HSF1-p53 ネットワークによる UV ストレスへの時刻依存性適応応答. (ポスター,一般) 2017/10/28
9. 細胞概日時計の同期振動を統御する分子シグナル. (ポスター,一般) 2017/10/28
10. 24時間型ライフスタイルを支える分子時計・蛋白質修飾・適応防護システム間連携. (ポスター,一般) 2017/09/07
全件表示(19件)
プロフィール

職歴


1. 2007/04~2010/03 東邦大学 医学部 医学科 助教
2. 2010/04~ 東邦大学 医学部 医学科 講師

所属学会


1. 日本神経化学会
2. ∟ 評議員
3. 日本生理学会
4. ∟ 評議員
5. 日本分子生物学会
6. 日本時間生物学会
7. ∟ 評議員

受賞学術賞


1. 2002 平成14年度東邦医学会賞
2. 2003 平成15年度日本神経化学会奨励賞
3. 2006 Short-term fellowship of Human Frontier Science Program
4. 2013/04 東邦大学 東邦大学学術優秀論文賞

研究課題・受託研究・科研費


1. 2008/04~2011/03  概日システムの同期/脱同期を制御する蛋白質修飾機構の解析  (キーワード:体内時計 リン酸化 概日リズム)
2. 2011/04~2014/03  蛋白質リン酸化オシレータによる概日システムの統合制御  
3. 2011/06~2013/03  発癌プロセスにおける概日周期性蛋白質修飾の役割  
4. 2015/03~2016/03  静磁場応答性クロノシグナルを介する概日適応システムの制御  
5. 2015/04~2018/03  蛋白質修飾・結合オシレータが司る時刻特異的適応システム