(最終更新日:2022-05-19 10:41:51)
  イマイ イズミ   Imai Izumi
  今井 泉
   所属   東邦大学  理学部 教養科
   職種   教授

学位


博士(教育学)

刊行論文


1. 原著  A teaching tool for molecular kinetics 2003/05
2. 原著  物質量(モル)概念の変遷とその高校化学への影響 −物質量についての歴史的背景から見た教育的問題点− 2004/09
3. 原著  高等学校化学における物質量(モル)指導の実際 2005/06
4. 原著  科学教育における教材としての「光と色と色覚」 2022/04/20
5. 原著  Development of teaching material for green and sustainable chemistry in Japan 2022/01/31
6. 原著  Pre-service training program to enhance chemistry teachers' teaching abilities and skills: Development of a Q&A leaflet and pH experiment kit 2020/03/31
7. 原著  「総合的な学習の時間」の指導力育成に向けた総合演習Ⅳの授業実践 2020/03/31
8. 原著  セッケンからGSC概念を育成する学習プログラムの開発 ー小学校第5学年理科の単元「電流がつくりだす磁力」における試みー 2020/03/31
9. 原著  科学好きの子どもを育てる教員の育成を目指して 2019/12
10. 原著  「総合的な学習の時間」の指導力を育成する科学系・歴史系博物館の活用 2019/10
全件表示(15件)

著書


1. 部分執筆  「新版化学Ⅱ」 2007/02
2. 部分執筆  「新版化学Ⅰ」 2006/02
3. 部分執筆  「実験で学ぶ化学の世界 2.物質の変化」 1996/02
4. 部分執筆  「中•高校生と教師のための化学実験ガイドブック」 1994/02
5. 編集・監修  「JACIテキスト「GSC入門 No.7 〜インクジェット用水性インクによる軟包装フィルムへの印刷の実現〜」」 2022/04
6. 編集・監修  「JACIテキスト「GSC 入門 No.6 〜高充電性・高耐久性を両立した低環境負荷アイドリングストップ車用バッテリの開発〜 」」 2021/04/01
7. 編集・監修  Special Edition “Introduction to SDGs” Sustainable Development Goals, GSC plays a driving role in SDGs, Let’s change the world towards a sustainable future! 2021/04/01
8. 編集・監修  「JACIテキスト「GSC 入門 No.5 〜世界の水問題解決に貢献する高機能性逆浸透膜の開発〜 」」 2020/04/01
9. 編集・監修  「JACIテキスト「GSC 入門〜 SDGs と GSC の三要素から学ぶ〜 『SDGs入門』(GSCはSDGsのけん引役)」」 2019/04
10. 編集・監修  「JACIテキスト「GSC入門No.4〜植物由来原料を用いた高機能透明プラスチックの開発と商業化〜」」 2018/04
全件表示(13件)

学会発表


1. Using Triangular Model to Enhance Students' Understanding of the Term "Mole" (ポスター掲示,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)) 2013/07/25
2. 中高理科(化学)からの疑問に答えるQ&Aリーフレットと実験キットの試作 −理科教員志望学生の教科指導プログラムの作成と実施− (口頭,一般) 2013/08/10
3. 中高理科教員志望学生の教科指導能力を高める教員養成 −中高理科(化学)からの疑問に答えるQ&AリーフレットとpH実験キットの試作− (ポスター掲示,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)) 2014/03/29
4. グリーン・サステイナブル ケミストリー (GSC) を文脈とした資質・能力育成を指向する授業デザインの評価 (口頭,一般) 2022/03/25
5. ビニロンの形状制御と強度の向上を目指した実験方法の検討 (ポスター掲示,一般) 2022/03/25
6. 二酸化炭素の溶解度の体積変化に注目した教材開発 (ポスター掲示,一般) 2022/03/25
7. DNS法を用いたインジカンの酵素による加水分解経過の追跡 (口頭,一般) 2022/03/24
8. 生分解性樹脂の加水分解過程を可視化する教材の開発 (口頭,一般) 2022/03/24
9. Green chemistry and multicultural chemistry education (口頭,特別講演・招待講演など) 2021/12/20
10. CHiRの基本概念における資質・能力育成を志向する文脈を 基盤とした授業デザイン: GSC (口頭,一般) 2021/09/20
全件表示(58件)
プロフィール

学歴


1. 2001/04~2005/03 東京学芸大学大学院 連合学校教育学研究科 学校教育学専攻 博士課程修了 博士(教育学)

職歴


1. 1990/04~2013/03 駒場東邦中学校•高等学校 教諭
2. 2002/10~2013/03 東邦大学理学部 兼担講師
3. 2008/09~2016/03 電気通信大学 情報理工学部 非常勤講師
4. 2013/04~ 東邦大学 理学部 教養科 教授

現在の専門分野


理科教育、化学教育、化学教育カリキュラム 

科研費研究者番号


80711390

ホームページ


   https://www.lab.toho-u.ac.jp/sci/chem/edu/

所属学会


1. American Chemical Society
2. Royal Society of Chemistry
3. 日本化学会
4. 日本科学教育学会
5. 日本理科教育学会
6. 日本基礎化学教育学会
7. 日本エネルギー環境教育学会

受賞学術賞


1. 2018/03 公益社団法人 日本化学会 化学教育有功賞

研究課題・受託研究・科研費


1. 2014/04~2015/03  教科指導能力を高める色に関する中高理科教員養成プログラムの開発  
2. 2015/04~2019/03  文理融合させた色に関する化学教育プログラムの開発と評価  
3. 2016/04~2019/03  中等教育化学における文脈を基盤とした学習プログラムの構築  
4. 2019/04~2022/03  中等教育化学における資質・能力育成を志向する文脈を基盤としたカリキュラムの開発  
5. 2021/09~2023/08  実験等を含む教科において資質・能力の育成を目指す「戦略的失敗」の教育的意義の解明  
6. 2022/04~2026/03  STEAMの理念を取り入れた総合的・基礎的な理科必修科目に関するカリキュラム研究  
7. 2022/04~2025/03  資質・能力育成を志向する中等化学教育のためのグリーンケミストリー教材の開発と評価