東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  シブヤ ヒロシ   Shibuya Hiroshi
  渋谷 寛
   所属   東邦大学  理学部 物理学科
   職種   教授
    (最終更新日:2019-08-14 11:19:04)
■ 学位
1. 理学博士
■ 刊行論文
1. 原著  Measurement of the TeV atmospheric muon charge ratio with the complete OPERA data set 2014/07
2. 原著  Procedure for short-lived particle detection in the OPERA experiment and its application
to charm decays 2014/08
3. 原著  Study of hadron interactions in a lead-emulsion target 2014/09
4. 原著  Observation of tau neutrino appearance in the CNGS beam with the OPERA experiment 2014/10
5. 原著  A new method to correct deformations in emulsion using a precise photomask 2013/02
6. 原著  Automatic scanning of nuclear emulsions with wide-angle acceptance for nuclear fragment detection 2013/01
7. 原著  A thin emulsion spectrometer using a compact permanent magnet 2008
8. 原著  Study of the effects induced by lead on the emulsion films of the OPERA experiment 2008
9. 原著  Leading order analysis of neutrino induced dimuon events in the CHORUS experiment 2008
10. 原著  Sensitivity of the SHiP experiment to Heavy Neutral Leptons 2019/04
全件表示(153件)
■ 学会発表
1. NINJA実験におけるニュートリノ - 鉄反応の詳細解析 (口頭発表,一般) 2017/09/12
2. NINJA実験における反ミューニュートリノ荷電カレント反応のハイブリッド解析 (口頭発表,一般) 2017/09/12
3. SHiP実験計画におけるニュートリノ物理 (口頭発表,一般) 2017/09/13
4. NINJA 実験における鉄ECC中におけるニュートリノ反応二次粒子の運動量測定 (口頭発表,一般) 2017/09/13
5. NINJA実験:J-PARCでの原子核乾板を用いたニュートリノ反応精密測定実験 (口頭発表,一般) 2017/09/13
6. OPERA実験における飛跡読取装置HTSを用いたνμ→νe振動解析 (口頭発表,一般) 2017/09/13
7. OPERA実験におけるタウ崩壊のバックグラウンドとなるハドロン反応の研究 (口頭発表,一般) 2014/05/26
8. Ashra/NTA 全体報告 (口頭発表,一般) 2017/09/13
9. Ashra NTAに向けたトリガー読み出し開発 (口頭発表,一般) 2017/09/13
10. A test experiment to develop a neutrino detector with emulsions for neutrino-nucleus cross section measurements at J-PARC (口頭発表) 2014/07/15
全件表示(193件)
■ 職歴
1. 2002/04~2016/03 東邦大学 理学部 物理学科 教授
■ 現在の専門分野
素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 
■ 受賞学術賞
1. 2002/03 日本物理学会 第 7回(2002年) 論文賞
2. 2016/03 日本物理学会 第21回(2016年) 論文賞
3. 2017/03 日本物理学会 第22回(2017年) 論文賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1985/04~1986/03  CCDカメラを用いた原子核乾板飛跡自動認識装置の開発 奨励研究(A) 
2. 1997/04~1999/03  エマルショントラッカーによるニュートリノ振動の探索 国際学術研究(共同研究) 
3. 2000/04~2002/03  ニュートリノフラックス測定用コンパクトECC技術の開発 基盤研究(C) 
4. 2002/04~2004/03  永久磁石を用いたコンパクトエマルションスペクトロメーターの開発 基盤研究(C) 
5. 2008/04~2011/03  ニュートリノ振動研究のための磁場印加型エマルション検出器の研究 基盤研究(C) 
6. 2011/04~2014/03  磁場印加型エマルション検出器を用いたニュートリノ振動実験 基盤研究(C) 
7. 2014/04~2017/03  ステライルニュートリノ存在の検証実験ー磁場印加型エマルション検出器の開発ー 基盤研究(B) 
8. 2018/04~  コンパクト・エマルション・スペクトロメーターを用いたタウニュートリノの研究 基盤研究(C) (キーワード:エマルション・スペクトロメーター、タウニュートリノ、原子核乾板、磁場)