東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  フルタ トシアキ   Furuta Toshiaki
  古田 寿昭
   所属   東邦大学  理学部 生物分子科学科
   職種   教授
    (最終更新日:2019-08-14 11:19:04)
■ 学位
1. 博士(理学)
■ 刊行論文
1. 原著  Preparation and affinity-based purification of caged linear DNA for light-controlled gene expression in mammalian cells 2014/01
2. 原著  Isostere-Based Design of 8-Azacoumarin-type Photolabile Protecting Groups: A Hydrophilicity Increasing Strategy for Coumarin-4-ylmethyls 2014/02
3. 総説  生命システムの動的制御を可能にするケージド化合物の開発 2013/08
4. 原著  Design, synthesis and photochemistry of modular caging groups for caged nucleotides 2012/12
5. 総説  Designing caged compounds for spatiotemporal control of cellular chemistry 2012/11
6. 総説  過渡的複合体の解析を可能にするケージド化合物 2011/10
7. 総説  遺伝子の機能発現を光制御するケージド化合物 2011/04
8. 原著  Synthetic Caged DAG-lactones for Photochemically Controlled Activation of Protein Kinase C 2011/03
9. 原著  Photocontrolled Compound Release System Using Caged Antimicrobial Peptide 2010/06
10. 原著  Development and photo-sensitive peptide bond cleavage reaction of two-photon near infrared excitation-responsive peptide 2010/05
全件表示(24件)
■ 著書
1. 部分執筆  光技術を用いた神経回路機能の解読と操作「実験医学増刊 心と体のクロストークから解く精神・神経疾患」 2012/08
2. 部分執筆  ケージドDNA/RNAを用いる遺伝子発現の光制御「実験医学別冊 遺伝子導入プロトコール」 2012/07
3. 部分執筆  ケージド化合物を利用したin vivoでの遺伝子の機能調節「実験医学増刊 疾患克服をめざしたケミカルバイオロジー」 2012/05
4. 部分執筆  二光子励起で活性化可能なケージド化合物「高効率二光子吸収材料の開発と応用」 2011/09
5. 部分執筆  遺伝子の機能発現を光制御するケージド核酸誘導体「CSJ Current Review 06「核酸化学のニュートレンド」」 2011/07
6. 部分執筆  細胞の生理機能を光制御するCaged化合物「生命現象を理解する分子ツール最前線」 2010/10
7. 部分執筆  多機能ケージド化合物の開発「シングルセル解析の最前線」 2010/03
■ 学会発表
1. 過渡的複合体の解析を可能にするケージド化合物 (口頭発表,特別・招待講演等) 2012/06/20
2. 光技術を用いた脳機能プロービング開発・支援活動:ケージド化合物 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2012/07/27
3. 細胞の生理機能を光で操作して光で解析する (口頭発表,特別・招待講演等) 2012/10/31
4. Modular caged compounds: Design, synthesis and their use (口頭発表,特別・招待講演等) 2012/12/11
5. Affinity purification of biotinylated caged nucleotides using a streptavidin magnetic bead (ポスター,一般) 2012/11/27
6. Design and synthesis of caged nucleotides (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2011/09/17
7. Synthesis and photochemistry of new caged fluorophores (ポスター,一般) 2012/11/30
8. Synthesis and photochemistry of caged nucleosides (ポスター,一般) 2012/11/30
9. 遺伝子の機能発現を光制御するケージド化合物の設計と合成 (口頭発表,特別・招待講演等) 2011/09/11
10. Controlling cellular functions using caged compounds (口頭発表,一般) 2011/11/02
全件表示(73件)
■ 職歴
1. 2005/04~ 東邦大学 理学部 生物分子科学科 教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2010/04~  「包括型脳科学研究推進支援ネットワーク」 新学術領域研究 
2. 2010/04~2013/03  動物個体内で遺伝子の機能を光制御する新手法の開発 基盤研究(B) 
3. 2012/04~2014/03  過渡的複合体の解析を可能にするケージド化合物の設計と合成 新学術領域研究