東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  サカイ ヤスヒロ   Sakai Yasuhiro
  酒井 康弘
   所属   東邦大学  理学部 物理学科
   職種   教授
    (最終更新日:2020-01-10 16:21:28)
■ 学位
1. 理学博士
■ 刊行論文
1. 原著  X-ray fluorescence analysis of samples simulating blood collected from uranium‐contaminated wounds 2019/09
2. 原著  Optimization of a primary X‐ray filter for X‐ray fluorescence analysis of uranium and plutonium 2019/09
3. 原著  Development of Methods to Evaluate Several Levels of Uranium Concentrations in Drainage Water Using Total Reflection X-Ray Fluorescence Technique 2019/03
4. 原著  Determination of uranium in immersion liquid of demolition waste using total reflection X-ray fluorescence analysis 2018/10
5. 原著  Evaluation of total-reflection X-ray fluorescence measurements for the prospective determination of uranium in the decommissioning of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant reactor 2018/10
6. 原著  Rapid detection of heavy elements in blood extracted from wounds using x-ray fluorescence analysis 2018/10
7. 原著  Total reflection X-ray spectroscopy as a rapid analytical method for uranium determination in drainage water 2017/05
8. 原著  Isotope effect in dissociation processes of deuterated molecules from doubly excited states 2017/03
9. 原著  Intensity and polarization measurements of Hα radiation from backscattered H* atoms
by proton impact on polycrystalline tungsten surface 2017/03
10. 原著  Doubly excited states of molecular nitrogen by scattered electron-ion coincidence measurements 2017/03
全件表示(69件)
■ 著書
1. 部分執筆  第4章 荷電粒子の分光 4. 1.3電子銃 4.1.4エネルギー分析器(静電アナライザー) 4.1.5付帯技術「実験化学講座10「物質の構造Ⅱ 分光 下」」 2005/04
■ 学会発表
1. 海水中ウランを全反射蛍光X線分析で定量するためのウラン抽出法の検討 (ポスター,一般) 2019/10/30
2. 酸化グラフェンで捕集したウランの蛍光X線分析と全反射蛍光X線分析 (ポスター,一般) 2019/10/30
3. 創傷部ふき取り模擬試料中ウラン及びプルトニウムの蛍光X線分析 (口頭発表,一般) 2019/09/13
4. ウラン汚染瓦礫酸溶出液の全反射蛍光X線分析によるスクリーニング (口頭発表,一般) 2019/09/13
5. Ar+イオンビーム照射によりタングステン表面から反跳されるAr+イオンからの発光スペクトル (ポスター,一般) 2019/09/06
6. 瓦礫中ウランの分析に適した全反射蛍光X線分析装置の開発 (ポスター,一般) 2019/09/06
7. Evaluation of uranium and plutonium in simulated blood extracted from wounds by X-ray fluorescence analysis (口頭発表,一般) 2019/08/08
8. TXRF analysis for the screening of uranium surface contamination on demolition debris with sample condensation technique (ポスター,一般) 2019/08/05
9. TXRF analysis of uranium in the presence of competing elements (口頭発表,一般) 2019/06/26
10. Rapid and effective sample preparation for TXRF analysis of drinking water containing uranium at reference level of risk (ポスター,一般) 2019/06/27
全件表示(212件)
■ 職歴
1. 2007/04~2011/03 東邦大学 理学部 物理学科 准教授
2. 2011/04~ 東邦大学 理学部 物理学科 教授
■ 現在の専門分野
原子分子物理学, プラズマ科学, 生体医工学, 医学物理学・放射線技術学 (キーワード:原子分子物理学 原子過程 プラズマ素過程 質量分析 放射能計測) 
■ 所属学会
1. 1986~ 原子衝突研究協会
2. 1986~ 日本物理学会
3. 2008/05~2009/04 ∟ 領域1原子分子分科世話人
4. 2008/09~2016/03 ∟ JABEE委員会委員
5. 2010/09~2016/03 ∟ 物理教育委員会委員
6. 2008/04~ TMS研究会
7. 2012/04~ 原子衝突学会
8. 2013/04~2015/03 ∟ 会計監査
9. 2015/04~2016/03 ∟ 運営委員
10. 2016/04~2018/04 ∟ 幹事
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~2017/03  電子衝撃によるプラズマプロセシングガスの励起およびフラグメント生成断面積の測定 基盤研究(C) (キーワード:プラズマ原子過程、イオン化解離、断面積)
2. 2015/04~2018/03  重水素置換分子の解離反応における同位体効果 LHD計画共同研究 
3. 2018/04~  イオン衝撃による金属表面の発光分析でさぐるプラズマ原子過程 一般共同研究