東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  アカハネ サトミ   Adachi-Akahane Satomi
  赤羽 悟美
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   教授
    (最終更新日:2019-06-05 09:38:02)
■ 学位
1. 博士(薬学)
■ 刊行論文
1. 原著  Epac1-dependent phospholamban phosphorylation mediates the cardiac response to stresses. 2014/06
2. その他  薬理学研究の世界に潜る 2015/03
3. 総説  心筋細胞におけるL型Ca2+チャネルのCa2+シグナルクロストークを介した制御機構 2014/11
4. 原著  A subset of thalamocortical projections to the retrosplenial cortex possesses two vesicular glutamate transporter isoforms, VGluT1 and VGluT2, in axon terminals and Somata. 2014/04
5. 原著  Impact of Manipulation of Energy Substrates on Sinus Nodal Rhythm 2014/01
6. 総説  Inter-organ communication in the regulation of lipid metabolism: focusing on the network between the liver, intestine, and heart. 2013/12
7. 原著  Disruption of Stard10 gene alters the PPARα-mediated bile acid homeostasis 2013/02
8. 原著  Spinal Mechanism Underlying the Antiallodynic Effect of Gabapentin Studied in the Mouse Spinal Nerve Ligation Model 2012/04
9. 原著  Role of glycine residues highly conserved in the S2-S3 linkers of domains I and
II of voltage-gated calcium channel alpha1 subunits. 2010/01
10. 原著  Dihydropyridine- and voltage-sensitive Ca2+ entry in human parathyroid cells. 2009/07
全件表示(24件)
■ 著書
1. 部分執筆  脳と呼吸「脳神経外科診療プラクティス
6脳神経外科医が知っておくべきニューロサイエンスの知識」 2015/10
2. 部分執筆  電位依存性Ca2+チャネル「トランスポートソームの世界―膜輸送研究の源流から未来へ―」 2011/03
■ 学会発表
1. 糖尿病性⼼筋症における拡張不全のメカニズム (口頭発表) 2018/06/02
2. リン脂質転移蛋白Stard10を介した肝細胞における脂肪滴サイズの調節機構 (口頭発表) 2017/02/09
3. 糖尿病心筋における細胞内カルシウムシグナル制御異常のメカニズム (口頭発表,一般) 2016/12/03
4. 糖尿病に合併した心機能不全発症機構の研究
―Ⅰ型糖尿病モデルマウス心筋における
細胞内カルシウムシグナル制御の破綻のメカニズム ― (口頭発表) 2016/09/03
5. Molecular mechanisms in regulating lipid storage in the liver. (口頭発表) 2016/03/24
6. Impairment of Ca2+ signaling and diastolic dysfunction in diabetic model mice (ポスター,一般) 2016/03/23
7. 糖尿病に合併した心機能不全発症機構の研究
―Ⅰ型糖尿病モデルマウス心筋における
細胞内カルシウムシグナル制御の破綻のメカニズム ― (口頭発表,一般) 2016/03/12
8. 細胞内Ca2+シグナル制御における電位依存性L型Ca2+チャネルの役割と調節機構 (口頭発表) 2016/02/01
9. コリン欠乏食負荷時の肝臓脂肪蓄積における脂質転移タンパク質STARD10の役割 (ポスター,一般) 2015/06/21
10. Glucagon-like peptide-1 (GLP-1)は心房牽引負荷時のANP放出を促進する (ポスター,一般) 2015/03/22
全件表示(114件)
■ 職歴
1. 1986/07~1987/01 東京大学 薬学部 教務職員
2. 1987/01~1997/03 東京大学 薬学部 助手
3. 1997/04~2005/03 東京大学 大学院薬学系研究科 助手
4. 2005/04~2007/03 東邦大学 医学部医学科 助教授
5. 2007/04~2013/03 東邦大学 医学部 医学科 准教授
6. 2013/04~ 東邦大学 医学部 医学科 教授
7. 2008/04~ 東京大学 大学院 薬学系研究科 非常勤講師
8. 2009/04~ 大阪大学 臨床医工学融合研究教育センター 招聘教授
9. 2013/04~ 東邦大学 医学部医学科 教授
■ 現在の専門分野
心臓生理学、細胞生理学, 循環薬理学、分子薬理学, 心筋、興奮収縮連関 (キーワード:心筋、カルシウムチャネル、カルシウムシグナル、心拍リズム、不整脈、心不全、脂質代謝、胆汁酸、トランスポーター) 
■ 取得特許
1. 2016/01/29 脂質取り込み抑制剤(特許5875097号)
2. 2011/12/02 カリウムチャネル開口薬(4873614)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2010/06~2015/03  心筋細胞シグナルパスウェイ制御機構と心筋調節の統合的解明 新学術領域研究 (キーワード:心筋 カルシウム cAMP Ca2+チャネル)
2. 2011/04~2013/03  脂質トランスポートソームを介した脂質代謝制御と破綻の分子機構 挑戦的萌芽研究 
3. 2012/04~2013/03  心筋細胞カルシウムシグナル異常の統合的システムバイオロジー  
4. 2014/04~2015/03  心機能制御の臓器間ネットワーク: 心房と心外膜脂肪組織の相互作用  (キーワード:心臓)
5. 2014/04~2016/03  代謝性疾患に起因した細胞内カルシウムシグナル制御の破綻に よる不整脈発症機構の研究  (キーワード:心臓)
6. 2016/04~2017/03  代謝性疾患に起因した細胞内カルシウムシグナル制御の破綻に よる不整脈発症機構の研究 東邦大学共同研究費 (キーワード:糖尿病、心不全、不整脈、カルシウムシグナル)
7. 2018/04~  膵β細胞インスリン分泌制御における脂質代謝ー細胞内カルシウムシグナル連関機構 基盤研究(C) (キーワード:膵β細胞、インスリン、カルシウム、カルシウムチャネル)